ベラクルス州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベラクルス州
Veracruz de Ignacio de la Llave
ベラクルス州の旗 Coat of arms of Veracruz.svg
ベラクルス州の旗 ベラクルス州の紋章
ベラクルス州の位置
メキシコの旗 メキシコ
州都 ハラパ
自治体の数 212
最大の都市 ベラクルス
州知事 フィデル・ヘレラ・ベルトラン
連邦下院議員 PRI 6
PAN 11
PRD 2
Convergencia 2
連邦上院議員 PRD 1
PAN 1
Convergencia 2
面積
 - 総面積
メキシコ31州中 第11位
71,699 km²
人口2010年
 - 総計
 - 人口密度
メキシコ31州中 第3位
7,638,378
106.3人/km²
時間帯
- 夏時間
UTC -6
UTC -5
略称 (ISO 3166-2)
郵便略号
MX-VER
Ver.
公式サイト ベラクルス州政府

ベラクルス州 (Veracruz de Ignacio de la Llave) は、メキシコ合衆国の31の州の一つで、メキシコ湾の西岸、タマウリーパス州の南隣、タバスコ州の北西、北緯17°10' から22°38'、西経93°55' から98°38'に位置する南北方向に細長い州である。面積は、 72,815km2で、メキシコで11番目であり、2010年センサスで州の人口は7,638,378人でメキシコで3番目に人口の多い州である[1]

気候は、海岸沿いでは、高温多湿であり、やや内陸の丘陵地帯は、多湿であるが涼しくなる。プエブラ州イダルゴ州オアハカ州との州境に近い山岳地帯は、やや寒冷で多雨である。 6月から10月にかけては、カリブ海などで発生するサイクロンの影響を受ける。

州のフォーマルな名称は、「Veracruz de Ignacio de la Llave(イグナシオ・デ・ラ・ジャベの聖十字架)」あるいは、短縮して「Veracruz-Llave」という。州の名称が、単なる「Veracruz」になったのは、フランスがメキシコに侵攻していた1863年に、将軍イグナシオ・デ・ラ・ジャベが亡くなったときからである。 ベラクルス州には、210の自治体があり、住民の80%は、メスティーソで、20%がインディヘナである。山岳地帯でも山頂に近い場所へ行くと、貧しいインディヘナの人々に出会うことがある。工業化された港湾都市のベラクルス、オリサバ、コアツァコアルコスと対照的である。

ベラクルス州は、先古典期には、オルメカ文明の中心部にあたり、州南部には、サン・ロレンソトレス・サポーテスなどの祭祀センターが築かれ、繁栄した。古典期に入ると、州南部では、トレス・サポーテスに加えて、セロ・デ・ラス・メーサス (Cerro de las Mesas) と呼ばれる祭祀センターが築かれ繁栄した。セロ・デ・ラス・メーサスは、点を1、横棒を5と表示する長期暦の日付けのある石碑で知られる。両方ともテオティワカンの強い影響を受け、円筒型三足土器の出土がみられる。州の中部には、トトナカ文化の中心都市で、「壁龕のピラミッド」で知られる世界遺産の祭祀センターエル・タヒンや笑う土偶で知られるレモハーダス文化が繁栄した。

主な都市[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]