中尾隆聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかお りゅうせい
中尾 隆聖
プロフィール
本名 竹尾[注 1] 智晴[2][3][4]
(たけお ともはる)[5][6]
愛称 トモちゃん[6]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都[7][8]
生年月日 (1951-02-05) 1951年2月5日(68歳)
血液型 A型[2]
身長 165 cm[7]
職業 声優俳優歌手演出家
事務所 81プロデュース[8]
配偶者 あり[9]
著名な家族 長男:竹尾一真[7]
公式サイト 中尾 隆聖|株式会社81プロデュース‐声優プロダクション
俳優活動
活動期間 1954年 -
ジャンル テレビドラマ舞台
デビュー作フクちゃん[10][11]
声優活動
活動期間 1965年 -
デビュー作 『わが家はいっぱい』[10]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

中尾 隆聖(なかお りゅうせい、1951年2月5日[2][12] - )は、日本声優俳優歌手演出家東京都出身[8]81プロデュース所属[8]

本名、竹尾 智晴(たけお ともはる)[2][5][6]。かつては本名[5][6]南谷 智晴(みなみや ともはる)[13][3][4]中尾 竜生[3][4](なかお りゅうせい)名義で活動した。早稲田実業学校を卒業[2]

来歴[編集]

幼少期から家庭の都合で、祖父母に育てられ、祖父母の勧めで[9]、3歳の頃に児童劇団劇団ひまわり」に入団[10]。5歳でラジオドラマフクちゃん』でデビュー[10][11]。その後1957年より東京俳優生活協同組合に所属[2]。中学生で祖父母が経営していたアパートで一人暮らしを始める[9]。同期には、池田秀一小柳徹太田博之志垣太郎などがいる。

吹き替えは『わが家はいっぱい』[10]テレビアニメでは1965年の『宇宙パトロールホッパ』の主人公ジュン役がデビュー作となる[1]。高校を卒業すると、新宿二丁目スナックを経営をしながら、役者の仕事を続けた[11]。声優でも草分け的存在になるが、声優業と並行して1970年代半ばまで数々のテレビドラマに出演しており、81プロデュースに所属するまでは自身を「声優」と呼ばれることに反発していたという。

当初は本名で活動していたが、妻の勧めで姓名判断で芸名を『中尾隆聖』に改名[6]

81ドラマティックカンパニーでの舞台に多数出演。また同公演での演出も多数担当し、ミュージカルを中心とした舞台活動を行なっている。その他にもラジオ番組パーソナリティのほかレコードも数多くリリース。

受賞歴[編集]

人物[編集]

やなせたかしから「セクシーな声」と形容される、独特の声質の持ち主[17]。また、中尾自身は自分にとっての役作りになる、欠点の多い人間を演じるのが好きであると話している[18]

エピソード[編集]

役者仲間からは本名を元にした「トモちゃん」の愛称で呼ばれている[6]。 1980年代初期に神谷明内田直哉福沢良一(福沢良)らとユニット「フォーインワン」を組んでいた。

子役時代を経て、声優としての仕事が安定するようになるまでの間、中尾は俳優として鳴かず飛ばずの時期が長く続き、マスコミの仕事の激減をはじめ、精神的にかなり堪えた時期が続いたという。その間、舞台出演が多くなり、野沢那智劇団などへの客演の機会を数多く経験し、役者としての自信を取り戻していったという。「声優として今も仕事を続けていられるのは野沢さんのおかげ」と中尾は回想している。

ばいきんまん[編集]

それいけ!アンパンマン』でのばいきんまんが喜びを表す時に使う「ハ〜ヒフ〜ヘホ〜!」やアンパンマンを皮肉る時に発する「出たな、お邪魔虫!」などの台詞は中尾のアドリブという噂があったが、本人が著書で否定している[19]

トッポ・ジージョ』のトッポ・ジージョや『にこにこぷん』のぽろり・カジリアッチIII世などのねずみのキャラクターを演じていたため、ばいきんまんの絵を初めて見たとき、「また、ねずみかと思った」と語っていたという。また、中尾は『アンパンマン』放送開始当初は『にこにこぷん』でぽろり、終了後の『ドレミファ・どーなっつ!』でれっしーも演じていた。このために「視聴者が重なる子供向け番組で、同じ声で一方が主役で一方が悪役だと、子どもに混乱や悪影響を与えるのでは」と考え、声質が重ならないようだみ声を作ったという話を語ったこともある。

ばいきんまんの独特なダミ声は、元々は遊び半分から出した作り声であり、喉への負担が一番大きい。しかし、初めてばいきんまんのビジュアルを見た際に「普通の声で演じても面白くない」「他の作品と差別化しよう」と考え、オーディションでは更に潰した声で臨んでいた[20]。実際のその声が非常に好評となり、加えて番組が放送30年を超えるロングランとなったため、中尾は現在に至るまでその発声の維持に苦しむことになった。特に、舞台公演期間とアフレコが重なった時の労力は半端ではないという。『アンパンマン』放送30周年を記念した戸田恵子(アンパンマン役)との対談では「ここまで続くのならもっと楽な声にしておくんだった(笑)」「(今は慣れたが、当時は)『何でこんな大変な声を作ってしまったんだろう』と毎回のように思っていた」と振り返っている[20]

劇場版やスペシャル、もしくはばいきんまんがメインの話では、中尾は滝のように汗をたらしながら演じるという。その姿は壮絶で、共演の山寺宏一は「あの姿見たらマジにならずにはいられないと触発される」と語っている。中尾は「(『アンパンマン』の放送が)スタート直後は、まさかこんな長寿番組になるとは思わなかった」と回顧している。

フリーザ[編集]

ドラゴンボール』にてタンバリン役で出演した後、続編『ドラゴンボールZ』ではフリーザを担当。これは経歴の中でも、はまり役として紹介されることの多いキャラクターの1つである。中尾はフリーザを見た時、時代劇公家イメージしたと語る。また、『ドラゴンボールZ』出演を長男に話した際は非常に喜ばれたが、フリーザ役については「ああ、悪い奴だね…」と言われた[18]。後年の中尾のインタビューでは、タンバリン役については長男の反応は悪かったが、「フリーザ役をやるよ」と言ったときは尊敬のまなざしに変わったと語っている[21][22]野沢雅子は「フリーザの悪役ぶりがいいだけに頭に来る」とコメントしている(野沢はフリーザを嫌いなキャラクターとして挙げている)が、アートネイチャーマープマッハのCMでは悟空とフリーザの合体発声している。

タンバリンとフリーザはクリリンを殺害しており、役柄上クリリンを「2回も殺した」ため、「他のキャラクターをやるならクリリンがやりたい」と答えたこともある[23]田中真弓は他の番組で中尾と共演する際にも「中尾が来ると殺される」と言って逃げ出すという[21][22]

劇場版ではクウラも担当。中尾は「フリーザの延長線上にいるキャラクター」と解釈し、かなり自由にやらせてもらったという[18]

2009年より放送された再編集版『ドラゴンボール改』においてもフリーザを再び担当。リハーサルを見て自分が現れる以前に「面白い」と思ったと話している[24]

2017年8月13日に丸井渋谷で開催されたドラマティックカンパニー25周年記念イベントに山本正剛をゲストに招き、中尾自身が山本のネタである『ベッピンさんベッピンさん1人飛ばしてドドリアさん』を披露した。山本は光栄だとコメントしており、中尾は山本フリーザを間近で見ると迫力があるとコメントしている。

趣味[編集]

趣味として、乗馬スキースケートダイビングを嗜んでいる[2]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1965年
1968年
1969年
1970年
1971年
1973年
1975年
1976年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
  • ONE PIECE(2001年 - 、エリック[31]、父親、シーザー・クラウン[32]
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年

劇場アニメ[編集]

1985年
1986年
1987年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

OVA[編集]

1985年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1998年
1999年
2000年
2001年
2004年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
  • 人類は衰退しました 「人間さんの、じゃくにくきょうしょく」(白イタチ)

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

1990年
1993年
  • ドラゴンボールシリーズ(1993年 - 2018年、フリーザ / ゴールデンフリーザ、クリーザ、クウラ / メタルクウラ、タンバリン、フロスト) - 33作品[注 2]
1994年
1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
  • 仁王2(今川義元[67]
  • ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS(ワクチンマン[68]

ドラマCD[編集]

ラジオドラマ[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

人形劇[編集]

特撮[編集]

1966年
  • ウルトラQ(チルソナイトを発見した子供・守役)
1980年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2011年
2015年

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

ナレーション[編集]

ラジオ[編集]

※はインターネット配信

  • 週刊FMアニメストリート(1986年 - 1989年、FM横浜)

テレビ番組[編集]

※はインターネット配信

バラエティ[編集]

教育番組[編集]

CM[編集]

ばいきんまんの声で出演

  • ムヒ こどもアイスーパー(目薬)、塗るかぜ薬、ムシペールミニ(虫よけスプレー)
  • バンダイ ジャムおじさんのNewネンドパン工場
  • ネピア おむつ Genki!
  • シャープ 除菌イオン搭載エアコン
  • JA共済 こども共済

フリーザの声で出演

その他[編集]

音楽[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この苗字は母方の祖父の姓で母は6回結婚経験があり、祖父が「もうお前は竹尾でいろ」と言ってもらって現在の姓になったという[1]
  2. ^ 超武闘伝』(1993年)、『偉大なる孫悟空伝説』『武勇烈伝』(1994年)、『アルティメットバトル22』『真武闘伝』『超悟空伝 -覚醒編-』(1995年)、『偉大なるドラゴンボール伝説』『ハイパーディメンション』(1996年)、『ファイナルバウト』(1997年)、『ドラゴンボールZ』(2003年)、『ドラゴンボールZ2』『舞空闘劇』(2004年)、『超ドラゴンボールZ』『スパーキング!』『舞空烈戦』『ドラゴンボールZ3』(2005年)、『真武道会』『スパーキング!ネオ』(2006年)、『真武道会2』『スパーキング!メテオ』『遥かなる悟空伝説』(2007年)、『インフィニットワールド』『バーストリミット』(2008年)、『天下一大冒険』『レイジングブラスト』(2009年)、『タッグバーサス』(2010年)、『ヒーローズ』(2011年)、『ヒーローズ アルティメットミッション』(2013年)、『ヒーローズ アルティメットミッション2』(2014年)、『ゼノバース』(2015年)、『スーパードラゴンボールヒーローズ』(2016年)、『ヒーローズ アルティメットミッションX』(2017年)、『ファイターズ』(2018年)

出典[編集]

  1. ^ a b 大野裕之 (2019年7月22日). “中尾隆聖が語る 声優業の草創期「舞台が一番、 映画は次、テレビなんて」(#2)”. 本がすき. 光文社. 2019年11月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『テレビ・タレント人名事典』日外アソシエーツ、2001年、第5版、740頁。ISBN 4-8169-1677-6
  3. ^ a b c 中尾 隆聖 - CDJournal”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2019年9月28日閲覧。
  4. ^ a b c 中尾 隆聖”. タワーレコード. 2019年9月18日閲覧。
  5. ^ a b c 今週のゲストは声優の中尾隆聖さん”. ラジチューブ. CBCラジオインフォメーション. CBCラジオ (2018年11月4日). 2019年9月20日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 声優・中尾隆聖が仲間内で「トモちゃん」と呼ばれる理由”. ラジチューブ. CBCラジオインフォメーション. CBCラジオ (2018年11月6日). 2019年9月20日閲覧。
  7. ^ a b c 中尾隆聖(出典:VIPタイムズ社)”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年9月20日閲覧。
  8. ^ a b c d 中尾 隆聖|株式会社81プロデュース‐声優プロダクション”. 2019年9月26日閲覧。
  9. ^ a b c 徳重辰典 (2017年12月3日). “"ばいきんまん"中尾隆聖さんが語る芸能生活60年 ドキンちゃん役・鶴さんの訃報は「右手をもがれたよう」”. BuzzFeed Japan. 2019年11月19日閲覧。
  10. ^ a b c d e 大野裕之 (2019年7月15日). “レジェンド・中尾隆聖が語る ホントにあった スゴい現場(#1)”. 本がすき. 光文社. 2019年11月19日閲覧。
  11. ^ a b c ①さまざまな方と触れあい、話を聞いた経験がなければ、きっと何もできない人間だった”. 声優グランプリ. 中尾隆聖の声優道. 主婦の友社 (2015年1月15日). 2017年9月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年11月19日閲覧。
  12. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年、555頁。ISBN 978-4415008783
  13. ^ 南谷 智晴”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年9月20日閲覧。
  14. ^ “批評家大賞アニメ部門で永井豪が最高賞に、功労賞・渡辺宙明を串田アキラが祝福”. 映画ナタリー. (2016年5月25日). http://natalie.mu/eiga/news/188463 2016年5月25日閲覧。 
  15. ^ “「第11回 声優アワード」受賞者の一部を先行発表! 小林清志さん・清水マリさん・堀絢子さん・中尾隆聖さん・島本須美さんが受賞決定”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年2月21日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1487652061 2017年2月21日閲覧。 
  16. ^ 声優200人が本気で選んだ「声優総選挙2017」結果発表”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2017年1月9日). 2019年2月4日閲覧。
  17. ^ やなせたかし戸田恵子『アンパンマンVSアンパンマン』フレーベル館、2000年、[要ページ番号]ISBN 4-577-70185-5
  18. ^ a b c 「鈴木晴彦編「天下一声優陣 其之二 フリーザ役 中尾隆聖」」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGON BALL」天下一伝説』集英社ジャンプ・コミックス〉、2004年7月7日、170-171頁。ISBN 4-08-873705-9
  19. ^ 「ばいきんまん」のオーディションに山寺宏一もいた! 声優界のレジェンド中尾隆聖が語る『声優という生き方』”. ダ・ヴィンチニュース (2019年6月3日). 2019年6月3日閲覧。
  20. ^ a b テレビアニメ30周年記念アンパンマン役・戸田恵子×ばいきんまん役・中尾隆聖スペシャル対談【再掲】”. 超!アニメディア (2018年10月5日). 2019年3月13日閲覧。
  21. ^ a b Vジャンプ』2015年5月特大号、集英社、 306-307頁。
  22. ^ a b サンケイスポーツ特別版『ドラゴンボールZ 復活の「F」新聞』
  23. ^ 「『Z』スタッフ・声優さんQ&A」『DRAGON BALL Z DVD BOX DRAGON BOX VOL.1付属解説書 Dragon Books』111頁。解説書では「3回も殺しちゃいましたからね」と書かれていた
  24. ^ 近藤裕(編)「アニ企」『Vジャンプ』2009年5月号、集英社、 329頁、 雑誌11323-05。
  25. ^ パトロールホッパ宇宙っ子ジュン”. 東映アニメーション. 2016年6月11日閲覧。
  26. ^ ゼロテスター - 文化庁メディア芸術データベース
  27. ^ 科学救助隊テクノボイジャー - 文化庁メディア芸術データベース
  28. ^ 「Miss Lonely Yesterday あれから君は…」(1998年)
  29. ^ デビルマンレディー”. トムス・エンタテイメント. 2016年5月6日閲覧。
  30. ^ 学校の怪談”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月3日閲覧。
  31. ^ a b 「シーザー役・中尾隆聖さんとアツく語っちゃうぜ!!」の巻”. ONE PIECE.com (2014年2月12日). 2016年6月14日閲覧。
  32. ^ “ワンピース・パンクハザード編の声優発表”. 日刊スポーツ. (2012年12月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20121222-1063001.html 2012年12月22日閲覧。 
  33. ^ 手配者リスト KIR”. KING OF BANDIT JING. アニプレックス. 2017年3月26日閲覧。
  34. ^ 蒼天航路”. マッドハウス. 2016年6月25日閲覧。
  35. ^ EPISODE16”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年7月20日閲覧。
  36. ^ 『ナースウィッチ小麦ちゃんR』の放送開始日&OPテーマが判明! 桃井はるこさん演じる吉田小春など追加キャラ設定画も公開に”. アニメイトTV (2015年12月2日). 2015年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年12月3日閲覧。
  37. ^ スタッフ&キャスト”. 『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』公式サイト. 2016年8月24日閲覧。
  38. ^ Staff&Cast”. TVアニメ『ACCA13区監察課』公式サイト. 2017年9月6日閲覧。
  39. ^ ストーリー(第10話「ウソ孫」)”. TVアニメ「笑ゥせぇるすまんNEW」公式サイト. 2017年9月6日閲覧。
  40. ^ “『アニメガタリズ』水瀬いのりさん、加隈亜衣さんら出演声優の追加情報や新キャラクターが公開! 声優陣出演のネット生番組の放送や、イベントの開催も決定!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年9月4日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1504498466 2017年9月6日閲覧。 
  41. ^ STAFF&CAST”. TVアニメ「魔法少女サイト」公式サイト. 2018年3月2日閲覧。
  42. ^ STAFF/CAST”. TVアニメ「ガイコツ書店員 本田さん」公式サイト. 2018年10月3日閲覧。
  43. ^ 中尾隆聖:「タッチ」“続編”「MIX」で再び西村勇に 「久しぶりの人間の役」”. まんたんウェブ. 2019年2月26日閲覧。
  44. ^ キャスト/スタッフ”. MIX(ミックス). 読売テレビ. 2019年3月15日閲覧。
  45. ^ 中尾隆聖:テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期で吸血鬼エリートに”. まんたんウェブ. 2019年5月18日閲覧。
  46. ^ “「テレビ野郎 ナナーナ」に石坂浩二、藤波辰爾、玄田哲章、花江夏樹ら出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年4月11日). https://natalie.mu/comic/news/327293 2019年6月14日閲覧。 
  47. ^ STORY”. TVアニメ「ナカノヒトゲノム【実況中】」. 2019年8月11日閲覧。
  48. ^ ブンボーグ009のツイート2019年9月1日閲覧。
  49. ^ キャラクター”. TVアニメ「織田シナモン信長」公式サイト. 2019年11月8日閲覧。
  50. ^ 名探偵コナン 14番目の標的”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。
  51. ^ “人気声優・諏訪部順一&中尾隆聖、プリキュア映画で“敵キャラ”熱演”. ORICON NEWS. (2015年9月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2059688/full/ 2019年2月4日閲覧。 
  52. ^ 公式サイト”. 劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』. 2014年12月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年12月7日閲覧。
  53. ^ “「ぼくらの7日間戦争」追加キャストに宮本充、関智一、中尾隆聖!新場面写真も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年10月25日). https://natalie.mu/comic/news/352911 2019年10月25日閲覧。 
  54. ^ 『ポプテピピック』×JRA、完全新作アニメに小松未可子さん・上坂すみれ・中尾隆聖さん・若本規夫さん出演! 特設サイトで公開スタート”. animateTimes (2018年6月14日). 2018年7月3日閲覧。
  55. ^ CHARACTER”. スクウェア・エニックス. 2012年9月19日閲覧。
  56. ^ 週刊ファミ通』2014年2月20日号、エンターブレイン、2014年2月6日、 [要ページ番号]
  57. ^ CHARACTERS”. CHAOS RINGS III. 2014年9月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月3日閲覧。
  58. ^ 三国志英歌”. 2014年10月24日閲覧。
  59. ^ 電撃Girl's Style』2014年1月号、アスキー・メディアワークス、2013年12月10日、 [要ページ番号]
  60. ^ 『週刊ファミ通』2015年4月9日増刊号、エンターブレイン、2015年3月26日、 [要ページ番号]
  61. ^ キャラクター紹介”. 戦国修羅SOUL公式サイト. 2015年11月12日閲覧。
  62. ^ キャラクター”. スターオーシャン:アナムネシス Twin Eclipse 公式サイト. 株式会社スクウェア・エニックス. 2018年7月18日閲覧。
  63. ^ CAST”. 龍が如く6 命の詩。. セガ. 2016年8月19日閲覧。
  64. ^ 『ザンキゼロ』キャスト決定! 中尾隆聖と野沢雅子がゲーム内コンビ!? 豪華すぎてワクワクする!【先出し週刊ファミ通】”. ファミ通.com. 2018年4月25日閲覧。
  65. ^ CAST”. アトリエオンライン公式サイト. 2018年10月3日閲覧。
  66. ^ キャスト一覧”. ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S. スクウェア・エニックス. 2019年4月2日閲覧。
  67. ^ 週刊ファミ通』2019年10月31日号、KADOKAWA、2019年10月17日。
  68. ^ CHARACTER”. ONE PUNCH MAN A HERO NOBODY KNOWS. バンダイナムコエンターテインメント. 2019年7月12日閲覧。
  69. ^ 日曜洋画劇場(@nichiyo_youga)による2012年8月23日のツイート2019年2月5日閲覧。
  70. ^ トム声優・森川智之ほか「ミッション:インポッシブル」最新作で続投!”. 映画.com. 2018年5月29日閲覧。
  71. ^ バナナマン&佐藤栞里、日本語吹替え予告WEB解禁! 沢城みゆき、銀河万丈、中尾隆聖、豪華声優陣も参加決定!!”. 映画「ペット」. 2016年2月26日閲覧。
  72. ^ 忍びの13 燃えよ!ニンジャ運動会”. 手裏剣戦隊ニンニンジャー. 東映. 2015年5月17日閲覧。
  73. ^ Vシネマ『特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER』”. 2015年7月27日閲覧。
  74. ^ 81PRODUCE Presents若手リーディング公演 声瞬-SEISHUN-”. 81プロデュース公式サイト. 2013年11月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月5日閲覧。
  75. ^ “はま寿司「大とろ祭り」TVCM 中尾隆聖さんナレーションで、6月15日から全国で放映開” (PDF) (プレスリリース), ゼンショーホールディングス, (2017年6月14日), http://www.hamazushi.com/hamazushi/topics/170614_press_release.pdf 2017年8月18日閲覧。 
  76. ^ 「帝京魂!」のフレーズで話題のファミリーマート店内CMに声優の中尾隆聖氏を起用 -- 帝京平成大学 - 大学プレスセンター、2019年3月26日発行、2019年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]