プリズナーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プリズナーズ
Prisoners
Hugh Jackman Kira Davis Melissa Leo Denis Villeneuve2.jpg
監督と主要キャスト
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本 アーロン・グジコウスキ
製作 ブロデリック・ジョンソン英語版
キーラ・デイヴィス英語版
アンドリュー・A・コソーヴ
アダム・コルブレナー
製作総指揮 エドワード・L・マクドネル
ジョン・H・スターク
ロビン・マイジンガー
マーク・ウォールバーグ
スティーヴン・レヴィンソン
出演者 ヒュー・ジャックマン
ジェイク・ギレンホール
ヴィオラ・デイヴィス
マリア・ベロ
テレンス・ハワード
メリッサ・レオ
ポール・ダノ
音楽 ヨハン・ヨハンソン
撮影 ロジャー・A・ディーキンス
編集 ジョエル・コックス
ゲイリー・D・ローチ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 ポニーキャニオン松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年9月20日
日本の旗 2014年5月3日
上映時間 153分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $46,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $122,126,687[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $61,002,302[1]
日本の旗 1億600万円[2]
テンプレートを表示

プリズナーズ』(Prisoners)は、2013年アメリカ合衆国で制作されたクライムドラマ映画。

ストーリー[編集]

ペンシルベニア州のとある田舎町。小さな工務店を営むケラー・ドーヴァーは愛する妻グレイス、息子ラルフ、娘アンナ、隣家のフランクリン・バーチ、ナンシー、イライザ、ジョイと共に感謝祭を迎えていた。だがその最中、遊びに行ったはずのアンナが、隣家の娘ジョイと共に行方不明になってしまう。この事件を担当することになったデビッド・ロキ刑事は、二人が何者かに誘拐されたと見て、現場付近で目撃された不審なRV車を手がかりに、それに乗っていた青年アレックス・ジョーンズを拘束する。しかし、アレックスは10歳程度の知能しかなく、まともな証言も決定的な証拠も得ることはできずに、釈放の期限を迎えてしまう。

一向に進展しない警察の捜査に業を煮やしたケラーは、アレックスに詰め寄り娘の居場所を聞き出そうとする。その際、アレックスが発した一言から、ケラーは彼が犯人だと確信する。愛する娘を取り戻したいというケラーの思いは、次第に暴走していき、ついにはアレックスを拉致監禁して、無理やりにでも娘の居場所を吐かせようとする。

一方、捜査を進めていたロキ刑事は、別の容疑者がいると考え、性犯罪の前科のある人物を容疑者と想定して捜査にあたる。容疑者とされるパトリック・ダン神父の家を家宅捜査すると地下室から、ミイラの死体が出る。ミイラは円形の『迷路』のペンダントを身に着けていた。神父を拘束し尋問すると、死体は告解に来た男性で子供を10人以上誘拐し殺害したという男性で、神父が殺したという。ミイラの死体の身元は不明のままであった。

ケラーの家の周辺には事件の無事解決を祈る人達が集会していた。ロキ刑事はその集会で不審な男を見かける。尋問しようとすると不審人物は脱兎のごとく駆け出した。この不審人物について似顔絵を公開したところ、スーパーマーケットから通報があり、似たような男をよく見かけ、いつも子供服を買っていくとのことであった。ロキ刑事は見かけたら至急通報をするよう依頼する。

ある夜、ケラーと隣人のフランクリンの家に不審な男(ロキ刑事が尋問しようとした不審人物)が不法侵入するが、誰にも見られることなく、逃げ去る。逃げ去った形跡から、ケラーの妻グレイスはアナが帰ってきたと錯乱状態で主張するが、ロキ刑事はグレイスが睡眠薬に頼っていることからあまり信用せず、地下室にアルカリ剤や普通の家庭では備えているはずのないものが大量にあったことから、むしろケラーに疑惑を抱く。

一方ケラーは廃屋で即席の拷問部屋を作り、アレックスを尋問していた。だが、ケラーをマークしていたロキ刑事が廃屋に訪れる。ロキ刑事を廃屋の中を案内していた矢先、スーパーマーケットから「似顔絵の不審人物が来た」と連絡が入り、緊急追跡する。不審人物はボブ・テイラーと言い、自宅で尋問したところ怪しい行動を取ったため拘束し、家宅捜査をする。ボブの自宅では、大量の蛇と血の付いた衣服が見つかり、ボブは二人の子供を殺したと自供したため、逮捕する。

だが、ロキ刑事は二人の遺体がまだ見つかっていないことから、ボブに遺体のある場所を描くよう要請する。しかし、ボブは「『迷路』を解いたら出してやる」と意味不明なことを口走り、ひたすら『迷路』を書き続けるばかりで一向に埒が明かず、しまいには尋問してきた警官の銃を奪い拳銃自殺する。ボブが書いた『迷路』は神父の家で見つかったミイラの死体のアクセサリーと同じ『迷路』だった。

ボブが今回の事件の犯人とされたが、ボブの自宅で見つかった血液は豚の血液で、衣服はケラーとフランクリンの家から窃盗したものであり、ボブは無関係であることが分かった。

ケラーはアレックスの尋問により『迷路』についての情報を得る。意味を理解できないケラーはアレックスの事実上の親である叔母のホリー・ジョーンズに尋ねてみたが、ホリーの主人は既に亡くなっており、蛇が大好きだったという情報くらいしか得られず、ホリー宅を辞去する。

ホリー宅を後にすると、ケラーのもとに隣人の娘ジョイが無事保護されたと連絡が入る。ジョイは衰弱しきっていたが、アナの場所について問いただすと「あなたもあそこにいた」と証言する。ケラーは直近の行動からアナはホリーの家にいると断定し、ホリーの家に急行する。そしてホリーは遂に本性を明かす。ホリーは夫と共謀し数多くの子供を誘拐・殺害し、アレックスとボブもその被害者の一人であった。ケラーは隙を突かれ、逆に地下の密室に監禁されてしまう。地下室には娘が大切にしていたホイッスルが置いてあった。

一方ロキ刑事はケラーは廃屋に向かったと誤認し、駆けつける。廃屋でアレックスを発見し、アレックスの無事を報告するためホリーの家に向かう。しかしロキ刑事はホリーの家に飾られている写真に『迷路』を見つけ、神父の家で見つかったミイラはホリーの主人であり、ホリーが今回の事件の犯人ではないかと考え、尋問しようとしたところ、ホリーがアナに薬物を注射しようとしていたため射殺し、アナの救出に成功する。

事件終結後、ケラーは行方不明となっていたが、ロキ刑事は静寂に包まれたホリーの家でホイッスルを耳にし、音のする方向を振り向く。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

日本語吹き替え[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 BSジャパン
ケラー・ドーヴァー ヒュー・ジャックマン 東地宏樹 山路和弘
ロキ刑事 ジェイク・ギレンホール 高橋広樹 東地宏樹
ナンシー・バーチ ヴィオラ・デイヴィス 喜田あゆ美 朴璐美
グレイス・ドーヴァー マリア・ベロ 山像かおり 藤本喜久子
フランクリン・バーチ テレンス・ハワード 坂詰貴之 中尾隆聖
ホリー・ジョーンズ メリッサ・レオ 佐藤しのぶ 一柳みる
アレックス・ジョーンズ ポール・ダノ 寸石和弘 浪川大輔
ラルフ・ドーヴァー ディラン・ミネット 河本啓佑
イライザ・バーチ ゾーイ・ソウル英語版 御沓優子 松浦裕美子
アンナ・ドーヴァー エリン・ゲラシモヴィッチ 渚兎奈 宇山玲加
ジョイ・バーチ カイラ・ドリュー・シモンズ 朝井彩加
リチャード・オマリー警部 ウェイン・デュヴァル 浦山迅
パトリック・ダン神父 レン・キャリオー
ボブ・テイラー デヴィッド・ダストマルチャン
役不明又はその他 西村太佑
園田泰隆
桂一雅
野沢聡
宮沢きよこ
マンモス西尾
後藤ヒロキ
丸山壮史
玉野井直樹
新田万紀子
堂坂晃三
佐々木啓夫
美名
祐仙勇
水瀬郁
内野孝聡
森田了介
演出 乃坂守蔵 高橋剛
翻訳 徐賀世子 高山美香
調整 中西一仁
効果 桜井俊哉
担当 別府憲治
宮地奈緒(HALF H・P STUDIO)
配給 松竹株式会社
プロデューサー 夏目健太郎
久保一郎(BSジャパン)
制作 ポニーキャニオンエンタープライズ BSジャパン
HALF H・P STUDIO
初回放送 2016年12月30日
23:00-1:30
『年忘れシネマスペシャル』[3][4][5]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Prisoners” (英語). Box Office Mojo. 2014年8月27日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 88頁
  3. ^ ふきカエに囚われた者たちへ”. ふきカエル大作戦!!. 2016年12月10日閲覧。
  4. ^ 「プリズナーズ」【新・吹き替え版】”. BSジャパン シネマ・アディクト. 2016年12月10日閲覧。
  5. ^ 12/30(金)夜11時から、BSジャパンにて新録の吹替え版『プリズナーズ』放送!”. ふきカエル大作戦!!. 2016年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]