レクリエーショナル・ビークル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レクリエーショナル・ビークルアメリカ英語: Recreational Vehicle)は、自動車のカテゴライズの一つ。

海外におけるRV[編集]

海外におけるRVの例

英語の原義としては、日本語で「キャンピングカー」と呼ばれる自動車に相当する。 →「キャンピングカー

欧米では人や物を運ぶためでは無く、住むための車は馬車の時代からある伝統的なもので、特に北米開拓において重要な役割を果たした。

日本におけるRV[編集]

日本におけるRVの例

早くから公共交通機関が発達した日本では、自動車の中で中長期間に渡って寝泊りしてドライブするオートキャンプ習慣が定着していなかったことや、保管場所車検保険道路交通法などの問題からキャンピングカーの需要は欧米に比べて少ない。そのため「RV」は、1980年代以降のレジャー向け車種の流行とともに、レジャー、レクリエーション用途向けの車全般(クロスカントリーカー/オフローダーSUVステーションワゴンミニバントールワゴンなど)を広く指す用語として用いられるようになった[1]。最初のうちは「クロカン」のようなSUVに対して用いられていたが[2]、商業的・文化的な事情もあり、幅広く捉えるようになった[3]1990年代のRVブームは凄まじく、一般的な乗用車にグリルガードルーフレール、背面スペアタイヤ(あるいはスペアタイヤカバー風収納ボックス)などを取り付けてRVを名乗る車種が多く登場するなど[4]、RVの指す範囲は販売戦略と共に拡大されていった。

従来人気であったセダンクーペを凌ぐボリュームに成長したこれらの自動車は、その後カテゴリの細分化が進み、例えば、「ステーションワゴン」はその市場の縮小と共にRVの呼び名が外れて元通りとなり、MPVトールワゴンは「ミニバン」が一般的となり、「SUV」という用語も自動車メーカーCMマスメディアで一般的になっており、日本的な意味でのRVは死語と化した。ただし現在も「多目的レジャー車」、つまりSUVを指す単語としてメディアで時々見ることができる[5][6]

なお正式なカテゴライズではないが、北米ではサッカー・マムズ・ビークル(Soccer Mom's Vehicle、サッカーの練習や試合に参加する息子を送り迎えする母親が乗る車=ミニバンや3列シートのSUV)という言葉が、かつての日本で言うRVの一つに相当する[7]

日産レンタカーでは「RVクラス」が存在するが、これはSUVをレンタルする際の料金区分である。

脚注[編集]

  1. ^ “【池原照雄の単眼複眼】新車統計…RVはもういいでしょう”. Response. (2013年7月17日). https://response.jp/article/2013/07/17/202302.html 
  2. ^ クロスオーバーSUVの先駆けとされるトヨタ・RAV4のRAVはRecreational Active Vehicleの略である。
  3. ^ 一例として、かねて「フルライン・○○」(○○には4WDターボDOHCなどが入る)を標榜していた三菱自動車は「フルライン・RV」のキャッチコピーを用いていた。この「RV」に、ランサーワゴン / リベロギャランスポーツスターワゴン / スペースギアパジェロなどの様々な車種を含んでキャッチコピーを根付かせようと目論んだ。
  4. ^ 一例としてはトヨタ・スターレットRemix日産・ルキノS-RV三菱・ギャランスポーツスバル・インプレッサスポーツワゴングラベルEXダイハツ・ミラRV-4などが挙げられる。
  5. ^ “県内新車販売9月6.1%増 2カ月連続、RVがけん引”. 日本経済新聞. (2017年10月6日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21946030V01C17A0L82000 
  6. ^ 大辞泉では2018年現在、「レクリエーション用自動車。米国ではSUV(sports utility vehicle)という言い方が一般的」と記されている。
  7. ^ “Top 10 Coolest Vehicles for Soccer Moms (and Dads)” (英語). Edmunds.com. (2014年4月17日). https://www.edmunds.com/car-reviews/top-10/top-10-coolest-vehicles-for-soccer-moms-and-dads.html 

関連項目[編集]