トールワゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイハツ・トール
ルノー・カングー

トールワゴンとは、日本の自動車雑誌などで、3列シートを持たない「1.5ボックス」タイプのミニバンを指す日本独自和製英語である。

概要[編集]

車高が一般的な機械式駐車場に入らない1,550mmを超え、3列シートを持たないハッチバックがトールワゴンに分類される。車内が通常のハッチバックより広いのが特長。

「ハイトワゴン」と呼ぶ専門誌も多く、「2列シートミニバン」と呼ばれることもある。またハッチバックと合わせてコンパクトカーと呼称する場合もある。

ヨーロッパなどではミニバンの呼称であるMPVに含み、呼び分けはおこなわれない。

日本においては1980年代から全高1,500mmで「セミトールワゴン」とも言えるトヨタ・スプリンターカリブや、ミニバンの日産・プレーリーの二列シートモデルなどがあったが、1991年に登場した三菱・RVRが先駆けといえる。1993年、軽トールワゴンスズキ・ワゴンRが爆発的に売れその人気がコンパクトクラスにも波及した。その後日産・キューブトヨタ・ラウムトヨタ・ファンカーゴトヨタ・bBなどがベストセラーとなり一定の市場を獲得し、現在に至る。

トールワゴン車種一覧(現行車種)[編集]

日本車[編集]

軽自動車については軽トールワゴンを参照。

日本車以外[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]