三菱・ミニカトッポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミニカ トッポMINICA Toppo)は、三菱自動車工業が製造・販売していた軽トールワゴン。7〜8代目ミニカハイルーフ仕様である。通称「トッポ」(Toppo)。

なお、本車種の乗用シリーズは当時、「ワゴン」ではなく「セダン」と呼ばれていた。

概要[編集]

1989年に開催された第28回東京モーターショーに参考出品され、翌1990年に軽自動車の新規格化にあわせて生産・販売開始された。エンジン、駆動系、シャシ及び、バルクヘッド以前のボンネット(カウル、エンジンコンパートメント、フロントフェンダー、エンジンフード)は6代目ミニカと共通で、キャビン部分を背の高い形状として広々とした車内空間を作る、というのが売りであった。

サイドビューは左右非対称となっており、後席へのアクセスのため、右ドアよりも左ドアの方が大きい事も特徴となっている。リヤゲートは右側に開く横開きで、一部グレードにはガラスハッチを用意。ボディは初代が3ドアの5ナンバーのセダンと4ナンバーのバンの2タイプ、1993年登場の2代目はそれに加え、右1枚、左2枚のワン・ツードアを採用したセダンの3タイプが用意され、更に標準車両よりも車高が70mm高いスーパーハイルーフも設定された。特にスーパーハイルーフは、今日の「軽スーパーハイトワゴン」の先駆けとなった。

歴史[編集]

初代(1990年-1993年)[編集]

三菱・ミニカトッポ(初代)
セダン・前期型(1990年2月-1992年1月)
Mitsubishi Minica Toppo 1990.JPG
販売期間 1990年2月 - 1993年9月
乗車定員 2人/4人
ボディタイプ 3ドア 軽トールワゴン
3ドア 軽トールライトバン
エンジン 3G83型 0.66L
駆動方式 FF/4WD
変速機 フロア4MT
フロア5MT
フロア3AT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:3リンクコイル
(4WD車は5リンクコイル)
全長 3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,695-1,745mm
ホイールベース 2,260mm
車両重量 620-760kg
型式 H22A/H27A(セダン)
H22V/H27V(バン)
-自動車のスペック表-
  • 1990年2月 - 販売開始。セダンの廉価モデル「Q」または商用グレードを除きDOHC15バルブ(1気筒あたり5バルブ)を採用。CMキャラクターには無印ミニカ同様、浅野温子(後に2代目日産・プレセアのCMに出演)を起用。
  • 1991年3月 - 特装車「フラワーエクスプレス」発売
    • 5月 - 一部改良。「Q3」追加発売。バンの触媒装着化。
    • 8月 - 特別限定車「Q坊」発売
  • 1992年1月 - マイナーチェンジ。フロント部分の意匠を変更。キャンバストップターボ「Qt」、キャンバストップ「Qc」追加発売。
    • 8月 - 特別限定車「Q坊」発売
  • 1993年5月 - 特別限定車「Q坊」、「Q坊 4WD」発売


2代目(1993年-1998年)[編集]

三菱・ミニカトッポ(2代目)
バン・前期型
(1993年9月-1995年11月)
Mitsubishi Minica Toppo 001.JPG
セダン・タウンビー
(1997年1月-1998年10月)
Mitsubishi Minica Toppo Town Bee.jpg
販売期間 1993年9月 - 1998年10月
乗車定員 2人/4人
ボディタイプ 3ドア/4ドア 軽トールワゴン
3ドア 軽トールライトバン
エンジン 4A30型/3G83型 0.66L
駆動方式 FF/4WD
変速機 4MT/5MT/3AT/4AT
サスペンション 前:マクファーソンストラット
後:3リンクコイル
(4WD車は5リンクコイル)
全長 3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,695-1,795mm
ホイールベース 2,280mm
車両重量 640-790kg
型式 H32A/H37A(セダン)
H32V/H37V(バン)
後継 三菱・トッポBJ
-自動車のスペック表-


車名の由来[編集]

トッポ」は、イタリア語ネズミの意味である。また「背高ノッポ」からも転じている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]