三菱・カリスマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カリスマのプラットフォームを利用した、プロトン・ワジャ

カリスマCarisma )は、三菱自動車工業ボルボオランダ政府の合弁(当時)によるネッドカーで製造され、三菱自動車工業が輸入していた乗用車

概要[編集]

日本では同社のミラージュランサーギャランの間に投入されたモデル。欧州市場向けMPVスペーススターおよびボルボ・S40/V40とはプラットフォームを共有している。日本仕様はFF4ドアセダンのみだが、欧州仕様は3ボックスセダン風の5ドアハッチバックも設定された。 エンジンは日本仕様は1.8リットルのみだったが、欧州仕様はルノー製のディーゼルエンジンも設定された。日本での取扱はカープラザ店専売だった。かつて、欧州版のランサーエボリューションカリスマGTの名で販売されていた。

同社のギャランなどのセダンとは異なり、日本仕様のみ5ナンバー枠のボディであったことも特徴のひとつであった。

車名の由来[編集]

「神からの授かり物」というギリシア語の"KHARISMA"と、英語の"CAR"を合わせて、『CARISMA』とした造語。

歴史[編集]

三菱・カリスマ
カリスマ(前期型・5ドア)
Mitsubishi Carisma front 20080111.jpg
カリスマ(後期型・5ドア)
Mitsubishi Carisma.JPG
カリスマ(後期型・5ドア・リア)
Mitsubishi Carisma rear 20071026.jpg
販売期間 1996年10月 - 2005年(生産中止)
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 4G93 1.8L SOHC 16バルブ
4G93 1.8L DOHC 16バルブ(GDI)
サスペンション F マクファーソンストラット
R マルチリンク
全長 4450 mm
全幅 1695 mm
全高 1405 mm
-自動車のスペック表-
  • 1996年10月 - 発売。エンジンは全車1.8LSOHC16バルブ(4G93)。グレードは「L」、「LX」、「LS」の3バリエーション。LSのみフロントスポイラー、サイドエアダム、フルオートエアコンが標準装備。
  • 1997年10月 - 一部改良、全車1.8L DOHC16バルブGDIエンジン(4G93)に差し替え。内装色がグレー系からブラック系に変更されたのに伴い、シート生地の変更をうける。外観ではフロントグリルがボディ同色のものに変更やマフラーがデュアルタイプになり、スポーティーな外観となる。グレードは「LX」、「LS」の2バリエーションに縮小される。
  • 2000年 - 日本国内の輸入中止。直接的な後継車はいないが、実質的な後継車は国内製造車種にして8代目ギャランの姉妹車種であるアスパイアとなる。
  • 2001年 - マイナーチェンジを行うが、マイナーチェンジ後も日本には輸入されなかった。
  • 2005年 - 生産中止


販売[編集]

元々日本では逆輸入車ということもあり、車自体の知名度も低く、当初から販売は低迷した。そのため日本に残る現存個体は非常に少ない。また、ディーラーによっては、廉価グレードを大幅値引きして販売するというテコ入れもあったが、焼け石に水であった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]