三菱・3G8型エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三菱・3G8型/4G8型エンジン
生産拠点 三菱自動車工業
製造期間 1986年12月 - 2013年12月
タイプ 直列3気筒SOHC6バルブ
直列3気筒SOHC12バルブ
直列3気筒DOHC15バルブ
直列4気筒SOHC8バルブ
排気量 0.55L
0.66L
0.8L
1.1L
テンプレートを表示
3G83
eKスポーツ用SOHC12バルブインタークーラーターボ仕様

三菱・3G8型エンジンは、三菱自動車工業1986年12月から2013年12月まで製造していたガソリンエンジンの系列である。登場当初は同社のサイクロンエンジンシリーズのバリエーションのひとつだった。

概要[編集]

1987年1月における同社製の5代目ミニカマイナーチェンジの際に、従来のG23B型の後継として採用されて以降、同社製の軽自動車に幅広く搭載されていた。

1990年1月の軽自動車の規格改定を境として、排気量が550ccクラスの3G81型および660ccクラスの3G83型が存在する。後者は前者の排気量を拡大したものであり、基本構造はほぼ共通である。また3G83型には軽自動車用3気筒エンジンとしては珍しくバランサーシャフトを採用している。

2006年に登場したi(アイ)に採用されている3B20型が事実上の後継とされるが、同機は当初、アイのパッケージングに合わせて専用設計された側面が強く、同社のその後の軽自動車分野の商品展開においても、当面の間は3G83型が引き続き採用されていたが2013年6月に3代目eKシリーズ、および初代日産・デイズ用に新たに再設計・再開発された第2世代の3B20型が登場し既存の軽乗用車用の3G83型は登場から24年目にしてようやくその役目を終えることとなった。2013年12月現在の時点ではミニキャブ、およびそのOEMにあたる日産・NV100/NT100クリッパー用の3G83型のみが製造されていたが、同社が同月末をもって電気自動車ミニキャブMiEVシリーズを除く軽商用車市場の全面撤退を表明したため、3G83型の製造は終了した。

三菱製軽自動車の輸出向け車両用としては、800ccの3G82型が製造されており、三菱の技術供与を受けていた台湾の中華汽車では、このエンジンにもう1気筒継ぎ足すかたちで拡大再設計された4G82型が製造されていた。なお、本稿では4G82型についても便宜上記述する。

機構[編集]

基本構成は水冷直列3気筒

当初は機械式キャブレター方式のジェットバルブ付・多球形燃焼室を用いたSOHC6バルブ仕様しか存在しなかったが、その後は改良が重ねられ、様々な仕様が登場した。1998年に8代目ミニカなどの新規格の軽自動車が登場して以降は、全てECI方式SOHC12バルブに統一されている。この際、MVVリーンバーン)仕様が登場したが、排気ガス規制の観点から2001年以降、従来型と混在するかたちで廃止されて行った。シリンダーブロックは鋳鉄製で、可変バルブ機構も未採用のままであり、今日の軽自動車用エンジンとしては設計の古さは否めないが、登場から26年に渡って熟成されてきたこともあり、信頼性がある。

550ccクラスの3G81型には、量産市販車では世界初となるDOHC5バルブ仕様(1気筒当たり吸気3、排気2)が存在した。これは6代目ミニカの初期に存在したグレード「ダンガン」に搭載され、ターボと組み合わせることによって、同社製軽自動車の中で初めて自主規制値の64馬力を達成した。同機は軽自動車の規格改定後も半年ほど550ccクラスのままで併売された。また、同じく5バルブで自然吸気仕様のものも存在した。

このDOHC5バルブ機構は後に3G83型や4気筒の4A30型にそのまま引き継がれた(3G83型DOHC5バルブ・1990年3月~1993年12月まで。4A30型DOHC5バルブ・1993年9月~2002年9月まで)。

諸元[編集]

※かっこはその諸元の仕様の存在が確認された年月であり、必ずしも初登場の年月を表すものではない。また、下記以外にも複数の仕様が存在する。

3G81[編集]

  • 構成 直列3気筒 SOHC 6バルブ (製造期間:1987年-1990年)
    • 排気量 548cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 62.3×60.0
    • 圧縮比 9.8
    • 出力・トルク
      • (1)30PS/6,500rpm 4.2kg·m/3,000rpm(ダウンドラフト1バレル式キャブレター)
      • (2)32PS/6,500rpm 4.3kg·m/4,000rpm(ダウンドラフト2バレル式キャブレター)
      • (3)30PS/5,500rpm 4.4kg·m/4,000rpm(サイドドラフト1バレル式・可変ベンチュリキャブレター)
    • 主な採用車種
1988年式ミニカエコノZEO(H14V型)の3G81ターボ。キャブターボ仕様であるが、回転域に応じてインタークーラーの使用の有無を切り換えてターボラグを最小限に抑える可変式エアインテークを備えている。
  • 構成 直列3気筒 SOHC 6バルブ インタークーラーターボ (製造期間:1987年-1988年)
    • 排気量 548cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 62.3×60.0
    • 圧縮比 8.5
    • 出力・トルク
      • 50PS/6,500rpm 6.7kg·m/3,500rpm(ダウンドラフト1バレル式キャブレター)
    • 主な採用車種
      • ミニカターボ、ミニカエコノターボ(5代目の1987年1月のマイナーチェンジより。)
  • 構成 直列3気筒 DOHC 15バルブ ECI インタークーラーターボ (製造期間:1989年-1990年)
    • 排気量 548cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 62.3×60.0
    • 圧縮比 8.5
    • 出力・トルク 64PS/7,500rpm 7.6kg·m/4,500rpm
    • 主な採用車種
      • ミニカ(6代目の「ダンガン」に採用。)
  • 構成 直列3気筒 DOHC 15バルブ (製造期間:1989年-1990年)
    • 排気量 548cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 62.3×60.0
    • 圧縮比 10.0
    • 出力・トルク
      • (1)38PS/7,000rpm 4.4kg·m/4,500rpm(ダウンドラフト2バレル式キャブレター)
      • (2)46PS/7,500rpm 4.7kg·m/5,500rpm(ECI)
    • 主な採用車種
      • ミニカ(6代目の1989年8月のマイナーチェンジと共に登場し、(1)キャブレター仕様と(2)ECI仕様が混在した。)
  • 構成 直列3気筒 SOHC 6バルブ スーパーチャージャー (製造期間:1987年-1991年)
    • 排気量 548cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 62.3×60.0
    • 圧縮比 8.5
    • 出力・トルク 46PS/6,000rpm 6.0kg·m/4,000rpm(サイドドラフト1バレル式・可変ベンチュリキャブレター)
    • 主な採用車種
      • ブラボー(初代)
      • ミニキャブ(4代目の1987年6月のマイナーチェンジより。)

3G82[編集]

1987年、日本国外輸出仕様の2G25エンジンの後継として登場。2G25と同じく800ccクラスのエンジンである。

  • 構成 直列3気筒 SOHC 6バルブ (製造期間:1987年1月-1988年11月)
    • 排気量 796cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 65.0×80.0
    • 出力・トルク 45PS
    • 主な採用車種
      • Mitsubishi Towny(ミニカ台湾仕様)
      • Minicab 800

3G83[編集]

  • 構成 直列3気筒 SOHC 6バルブ (製造期間:1990年-1998年)
    • 排気量 657cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 65.0×66.0
    • 圧縮比 9.8
    • 出力・トルク
      • (1)40PS/6,000rpm 5.2kg·m/4,000rpm(ダウンドラフト2バレル式キャブレター)
      • (2)38PS/5,500rpm 5.3kg·m/4,500rpm(サイドドラフト1バレル式・可変ベンチュリキャブレター)
    • 主な採用車種
      • (1)
        • ミニカ(6代目の規格変更に伴い1990年3月より。後に電子制御式キャブレターに移行。)
        • ミニカトッポ(初代より)
      • (2)
        • ブラボー(2代目)
        • ミニキャブ(4代目の1990年2月のマイナーチェンジより。)
  • 構成 直列3気筒 DOHC 15バルブ (製造期間:1990年-1993年)
    • 排気量 657cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 65.0×66.0
    • 圧縮比 10.0
    • 出力・トルク
      • (1)46PS/7,000rpm 5.3kg·m/4,500rpm(ダウンドラフト2バレル式キャブレター)
      • (2)52PS/7,500rpm 5.7kg·m/5,700rpm(ECI)
      • (3)50PS/7,000rpm 5.8kg·m/5,000rpm(ECI)
    • 主な採用車種
      • (1)・(2)
        • ミニカ(6代目の規格変更に伴い1990年3月より。(2)は「ダンガン」の自然吸気仕様に採用。)
        • ミニカトッポ(初代)
      • (3)ブラボー(2代目)
  • 構成 直列3気筒 DOHC 15バルブ ECI インタークーラー付ターボ (製造期間:1990年-1993年)
    • 排気量 657cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 65.0×66.0
    • 圧縮比 8.5
    • 出力・トルク
      • (1)64PS/7,000rpm 9.8kg·m/3,500rpm
      • (2)64PS/6,500rpm 9.6kg·m/3,000rpm
    • 主な採用車種
      • (1)ミニカ(6代目の規格改定後の「ダンガン」に採用。)
      • ミニカトッポ(初代後期モデルのQtに搭載)
      • (2)ブラボー(2代目)
  • 構成 直列3気筒 SOHC 12バルブ (製造期間:1991年-1998年)
    • 排気量 657cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 65.0×66.0
    • 圧縮比 10.0
    • 出力・トルク 42PS/6,000rpm 5.7kg·m/5,000rpm(サイドドラフト1バレル式・可変ベンチュリキャブレター)
    • 主な採用車種
      • ブラボー(2代目)
      • ミニキャブ(5代目より。)
初代日産・オッティの3G83 SOHC 12バルブエンジン
  • 構成 直列3気筒 SOHC 12バルブ ECI (製造期間:1997年-2013年)
    • 排気量 657cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 65.0×66.0
    • 圧縮比 10.2
    • 出力・トルク
      • (1)50PS/6,500rpm 6.3kg·m/4,000rpm
      • (2)48PS/6,000rpm 6.0kg·m/3,500rpm
      • (3)48PS/6,000rpm 6.3kg·m/4,000rpm
    • 主な採用車種
  • 構成 直列3気筒 SOHC 12バルブ ECI インタークーラー付ターボ (製造期間:2002年-2013年)
    • 排気量 657cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 65.0×66.0
    • 圧縮比 8.5
    • 出力・トルク
      • (1)64PS/6,000rpm 9.5kg·m/3,500rpm
      • (2)64PS/6,000rpm 8.8kg·m/3,000rpm
    • 主な採用車種
      • (1)
        • eK(eKスポーツおよびeKアクティブのみ。初代および2代目の日産・オッティを含む。)
        • トッポ
      • (2)タウンボックス(2002年8月のマイナーチェンジより。日産・クリッパーリオを含む。)

4G82[編集]

  • 構成 直列4気筒 SOHC 8バルブ(製造期間:1991年 - 2000年)
    • 排気量 1,061cc
    • ボア(mm)×ストローク(mm) 65.0×80.0
    • 出力・トルク 43kw(58PS)/5,500rpm 9.1kg·m (89N·m)/3,500rpm[1]
    • 主な採用車種
      • CMC Varica - 初代/2代目 中華汽車・菱利(4代目/5代目ミニキャブの台湾版)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mitsubishi Varica New Tone 1100 (catalog). Old Car Manual Project. (1991). http://storm.oldcarmanualproject.com/mitsubishi/China%20Varica%201100%201991%200102.jpg 2010年10月12日閲覧。.