三菱・ディグニティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ディグニティDIGNITY)は、三菱自動車工業が販売していた最高級乗用車。初代はリムジン型で、自社製造でわずか1年ほどしか販売されなかったが、兄弟車のプラウディアと同時に日産自動車からOEM供給を受け、ハイブリッド専用ロングボディのセダンとして、約11年ぶりに復活していた。

初代(2000年-2001年)S43A型[編集]

三菱・ディグニティ(初代)
S43A型
フロント
Mitsubishi Dignity front.jpg
リア
Mitsubishi Dignity rear.jpg
販売期間 2000年2月 - 2001年3月
乗車定員 4名
ボディタイプ 4ドアリムジン
エンジン 8A80 4.5L V型8気筒DOHC32バルブ(GDI
駆動方式 FF
最高出力 280ps/5,000rpm
最大トルク 42.0kg・m/4,000rpm
変速機 5AT
サスペンション F マクファーソンストラット式
・R マルチリンク式
全長 5,335mm
全幅 1,870mm
全高 1,485mm
ホイールベース 3,080mm
車両重量 2,150kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
  • トヨタ・センチュリー日産・プレジデントの対抗馬として、1999年(平成11年)12月に発表、2000年(平成12年)2月に投入された[1]
  • プラウディアリムジン仕様との位置付けであり、全体の骨格はプラウディアと共通で、非常に太いセンターピラーが最大の特徴。全長を伸ばし豪華な内装が与えられている。発売時の車両本体価格は999万円だった。
  • エンジンは、プラウディアの最上級グレード同様、最大出力280馬力を発揮する、排気量4,500ccのV8 DOHC GDI エンジンを横置き搭載したFF車であった。
  • 秋篠宮家公用車として宮内庁に納入された。後に二代目のディグニティが納車されたが、2020年に秋篠宮が皇嗣となった後も夫妻専用車として使用され続けている[2]
  • 当時の平成不況で需要が減少していた上に、三菱グループ重役専用車の印象が強く、非三菱系企業関係者に敬遠されたこと、販売開始からその半年後にリコール隠し問題が発覚したことや、FF車であったことが超高級車らしからぬ[注 1]と不評で[要出典]、翌年3月末までにプラウディアと共に販売終了となった。最終的な生産台数は59台[3]にとどまり、これまで市販された日本製乗用車で、限定車でないものでは生産実績が最も少ない車種である[注 2]

基本グレード[編集]

グレード 販売年 エンジン型式 エンジン 排気量 最大出力 最大トルク 変速機 燃費 価格
ベースグレード 2000年02月-2001年3月 8A80(GDI) V型8気筒DOHC32バルブ 4,498cc 280ps/5,000rpm 42.0kg・m/4,000rpm 5AT 7.8km/l 9,990,000円

2代目(2012年-2016年)BHGY51型[編集]

三菱・ディグニティ(2代目)
BHGY51型
VIP
Mitsubishi DIGNITY VIP (BHGY51) front.JPG
Mitsubishi DIGNITY VIP (BHGY51) rear.JPG
販売期間 2012年4月 - 2016年11月
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 日産・VQ35HR 3.5L V型6気筒DOHC24バルブ
駆動方式 FR
モーター HM34型 交流同期電動機
最高出力 エンジン
306ps/6,800rpm
モーター
68ps
最大トルク エンジン
35.7kg・m/5,000rpm
モーター
27.5kg・m
変速機 7AT
サスペンション フロント
独立懸架ダブルウィッシュボーン式
リア
独立懸架マルチリンク式
全長 5,095mm
全幅 1,845mm
全高 1,510mm
ホイールベース 3,050mm
車両重量 1,950kg
製造事業者 日産自動車
後継 無し
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示
2012年4月26日
2012年5月16日
  • 車名が「ディグニティ」となると発表された[5]
2012年7月4日
  • プラウディアと同時にフルモデルチェンジを公式発表(7月26日販売開始)[6]
  • 初代と同じく秋篠宮家公用車として宮内庁に納入された。
  • 自社製造されていた初代に比べ、全高は高くなっているが、全長や全幅が短くなり、車両重量は200kg軽量化されるとともに、ロングボディとなった。日本国内における三菱車では初のハイブリッドカーとなり、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(☆☆☆☆)」と「平成27年度燃費基準+20%」を同時に達成した(なお、2015年4月に新たに設けられた平成32年度燃費基準に対応しており、「平成32年度燃費基準+20%」を達成)。HGY51型シーマに対して、エンブレム類やフロントデザインを変更しているが(商標権の都合上、サイドとリヤの「PURE DRIVE/HYBRID」エンブレムも付かない)、フロントデザインはベースとなったシーマとは異なり、フーガをベースとしたプラウディアと共通のデザインとなる。同時に、リヤのクロームガーニッシュもシーマに採用されている格子状ではなく、プラウディア同様にフーガと同じものを採用する。また、ボディカラーのガーネットブラックパールとブレードシルバーメタリックはディグニティでは設定していない。なお、グレード体系は「VIP」のみのモノグレード体系だが、装備内容や価格はHGY51型シーマの最上級グレードである「HYBRID VIP G」と同等である。車両本体価格は先代から159万円値下げされている。なお、三菱が独自に設けている「10年間・10万km」の特別保障制度の対象外となっていた[7]
2016年11月
  • 登場から一度も改良されることなく、プラウディアとともに販売を終了。公式サイト上からも削除された。

基本グレード[編集]

グレード 販売年 エンジン型式 エンジン 排気量 最大出力 最大トルク 変速機 燃費 価格
VIP 2012年07月-2016年11月 VQ35HR V型6気筒DOHC24バルブ 3,498cc エンジン
・306ps/6,800rpm
モーター
・68ps
エンジン
・35.7kg・m/5,000rpm
モーター
・27.5kg・m
7AT 16.6km/l 8,640,000円

車名の由来[編集]

英語の"DIGNITY"に由来。意味は「尊厳」、「気品」。[8]

注/脚注[編集]

[編集]

  1. ^ プラウディア共々、ベースをFFのデボネア(3代目モデル)としていたことに由来する。国産最高級車とされるセンチュリー、プレジデントはFRであり、ドイツ車でもメルセデス・ベンツBMWなどの高級セダンはFRが中心である。ただしFF大型高級車も皆無ではなく、ホンダ・レジェンド(3代目モデルまで。4代目モデルはAWDだがFF用のプラットフォームを使用)とキャデラックの一部モデルなどが該当する。
  2. ^ 歴代の三菱車の中で生産実績が最も少ない車種は50台限定で生産されたピスタチオである

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]