クロスオーバーSUV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クロスオーバーSUVとは、自動車カテゴリのひとつである。略称はCUV(Crossover Utility Vehicle)またはXUV。本記事ではCUVを用いる。

概要[編集]

発売当時、一連のCUVとしては全く類を見なかったノッチバックセダン型CUVのスバル・アウトバックセダン(北米市場専売車種)

舗装路での性能を重視したSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)で、俗に「街乗りSUV」とも呼ばれる。狭義にはSUVと呼ばれる自動車のうち、ライトトラッククロスカントリー車に採用されるフレーム構造ではなく、セダンクーペステーションワゴンなどと同様にモノコック(ユニボディ)構造である車を指す。一方で時代の流れと共にカテゴライズの範囲が拡大し続けており、古くからの「SUV」のイメージにこだわると理解が難しくなるケースも増えている。

自動車のカテゴリとしては比較的新しい部類で、趣味性と実用性を両立したジャンルとして1990年代に確立されて以降爆発的にヒットし、今日ではSUVタイプの主流となってきている。そのバリエーションは高級車から軽自動車ミニバン(3列シート)、セダン、クーペ、オープンカーまで多岐にわたり、世界中の自動車メーカーから多種多様なクロスオーバーSUVが販売されている。

特徴[編集]

ラダーフレーム構造のクロスカントリー系SUVに比べると、モノコック構造の恩恵(重量・燃費騒音・振動・ハーシュネス・居住空間・衝突安全性・高剛性)が得られるため、主に舗装路性能・日常遣いで優れている。モノコック構造は変形に弱く、補強無しに悪路で長期間使用すると骨格が歪んでしまうが、実際には大陸の広大な砂漠荒野などに住んでいない限りは問題とはならない。

一般的な乗用車(ハッチバックセダンステーションワゴンなど)に比べると、積載性や室内の広さ、視点の高さ、乗降のしやすさといった実用性面で優れる。特に視点の高さは見通しの悪い市街地でも有効である。一方、価格と維持費が高く、重量の大きさと高い重心のため操縦安定性でも劣る。ミニバントールワゴンに比べると逆に積載性では劣るが、運動性能では優れる。

元々、乗用車のコンポーネンツを利用し、魅力的な外観や新しいライフスタイルの提案といった差別化利益率を高める手法[1]で生まれた車種のひとつであり、SUVの名称が用いられてはいるが、ラダーフレーム構造のクロスカントリーカーほどの不整地走破能力は与えられていない。

歴史 [編集]

AMC・イーグルセダン

異なる車種を掛け合わせる「クロスオーバー・ビークル (Crossover Vehicle) 」という考え方自体は米国で形作られた。1957年に登場したフォード・ランチェロ(英語版)と、1959年登場のシボレー・エルカミーノGMC・キャバレロ(英語版)のGM姉妹車が、フルサイズセダンのボディをラダーフレームの上に乗せたクロスオーバーとして登場し、これが「ハイブリッド・ビークル」と呼ばれ、「クロスオーバー」という概念の先駆けとなっている。1960年代になるとライトトラックの耐久性とステーションワゴンの実用性を兼ねたシボレー・ブレイザーが登場した[2]。また同時期の北米ではSUVという言葉も、ピックアップトラックの荷台に空間を作ることで誕生している。このように「クロスオーバー」と「SUV」の概念の発祥地となっている北米だが、北米最初のモノコック構造のSUVは1980年発売のAMC・イーグルである。そして1984年発売ジープ・XJチェロキーのヒットが、SUVをオフロード愛好家以外にも身近にした[3]。なお2010年代以降の米国では小型・二輪駆動のCUVは乗用車に含まれるカテゴリー名であり、税・保険区分上トラックに分類されるクロカン系SUVとは異なり、区別されている。

日本では、1972年にステーションワゴンの車高を上げ四輪駆動化させたスバル・レオーネ エステートバン4WDが始祖とされ、1982年にトヨタ・ターセルの車台に当時としては異例の全高1,500 mmのセミトールワゴンボディを載せ、四輪駆動化したトヨタ・スプリンターカリブがよりSUVに近いスタイルを見せた[4]。これらはラダーフレーム車をモノコック車に近づけた北米とは逆のパターンで、四輪駆動を前提にしているクロスオーバーである点が異なる。

その後日本はクロカンブームに突入し、1988年に『クロスカントリーセダン』を謳ってカジュアルさと街乗り性能を重視して開発された、「ライトクロカン」のスズキ・エスクードが登場[5][6]。これに触発されたトヨタが1994年にクロカンのデザインと走破性を持ちながらカローラ系の横置きエンジン・FF車のモノコック構造を採用したRAV4を開発[7] し、現在の定義に合致する初の国産CUVとなった[8][9]

また1998年に北米で発売されたレクサス・RX(日本名トヨタ・ハリアー)は、クロカンを意識したCUVが溢れる中、セダンの車高を上げたようなスタイリングで現代の主流である、完全に街乗り向けCUVのジャンルを切り拓いたとされる[10]

CUVの動向[編集]

広汽三菱 Eupheme

1995年にスバル・レガシィアウトバック日産・パスファインダー(2代目)、1996年にトヨタ・RAV4、1997年にホンダ・CR-V、1998年にスバル・フォレスターなど、日本車メーカーが主に国内市場の流行に合わせて開発したモノコック構造のクロカンを、北米にも続々と投入した[11]。こうしたムーブメントに米国自動車ジャーナリズム界も「クロスオーバーSUV」という呼称を用いることが増え、やがていちジャンルとして確立された。RAV4とCR-Vはその後もヒットを飛ばし続け、2017年には世界で最も売れたSUVの1位と2位を占めている[12]

1998年、ハリアーを日本市場で高級車として成功させたトヨタは、同車種をレクサスRXとして米国に投入した。RXは大きな反響を呼び、北米でもCUVは大衆車のみならず高級車カテゴリにもなりうることを示した。またこの頃から徐々にクロカンのCUV化が進んでいった。

一方でCUV人気の成長と同時にSUVの安全性に対する批判が起こるようになり、さらに2003年末から起こったガソリン価格の高騰がSUVブームを失速させたとされている。しかしその内実は従来の燃費の悪いラダーフレーム構造のクロカン系SUVが失速していただけであり、オンロード重視のCUVはクロカン系SUVの市場を食って成長するありさまであった[13][14]。2006年にはCUVがSUVの北米販売台数の過半数に到達。専門家の中には、燃費だけを求めた一時的な流行であるとする論調もあったが[15]、結局その数字が元に戻ることはなかった。

一方元々トラックやクロカンSUVの需要が低く、環境意識が強い欧州におけるCUVは北米に比べると人気の伸び幅は小さかったものの、欧州車メーカーがCUVを開発していた影響もあって着実に売上台数を伸ばしていった。特にキャシュカイはアメリカ人の好みに合わせたRAV4やCR-Vとは異なり、ルノーとの提携も活かして欧州人好みにしたことで、日本車の中では欧州市場で最も成功した一台となった[16]。2010年に日産はさらにコンパクトで廉価なジュークを投入、これを欧州でも北米でもヒットさせて現代のCUV人気を決定的にした。

2010年代以降はエンジンやハイブリッドの技術の進歩、経済の回復、アメリカのシェールオイルの普及などで価格・維持費の面でのマイナス要因が減ったため、さらにCUVの快進撃は加速。欧州では2016年にほとんどの国で売上の増加を示した上、コンパクトカー市場を上回ってSUVがベストセラーカテゴリとなった[17]

またポルシェランボルギーニといったスポーツカーのメーカーがCUVに参入したり、ランドローバー・イヴォークを奔りとした、ホンダ・ヴェゼルトヨタ・C-HR三菱・エクリプスクロスなどに代表される2ドアのスタイルや走りを意識したクーペSUVと呼ばれるジャンルも登場していたりと、採算が取れずごく一部のメーカーで撤退が相次ぐクーペやスポーツカー、セダンの各購入層の受け皿にもなってきており、趣味性・実用性において死角のないジャンルになりつつある。

さらに車離れが叫ばれているはずの若者にも人気は絶大で、アメリカでは若者に最も人気の車は日産・ジュークという調査結果がある他[18]、日本でも2019年発売の5代目(日本では4代目が日本未発売だったため4代目)トヨタ・RAV4の購入者の、実に4割は20代の若者であったという[19]

老若男女や車両価格問わず、「出せば売れる」と言っても過言ではないこの有様に、世界中の自動車メーカーが各クラスに隙間なくCUVを揃えるのが一般的になりつつある。逆にステータス性・趣味性・嗜好性が非常に高く、主に富裕層に好まれやすいクーペスポーツカーはともかく、かつて「自動車の基本形」と呼ばれるほどデファクトスタンダードであったセダンサルーン)は現在でもかなり需要が安定している中国を除き、世界市場のほとんどで縮小傾向で、日本市場におけるスズキ[20]三菱自工[21]ダイハツ[22]、米国市場における米国FCAクライスラー)や米国フォードリンカーン含む)、欧州市場における伊国FCAフィアットランチア)やグループPSAプジョーシトロエンオペル[23])、欧州フォードなど、局所的に生産・販売から順次撤退するメーカーも出てきていることから、「(2ドアの)クーペはおろか、スポーツカーやセダン(サルーン)に取って代わって『車の基本形はSUV』と言われる時代が来ているのでは」という声も決して少なくない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 発想と手法はスペシャルティカーと同じ。
  2. ^ A Look Back: A History of Crossovers
  3. ^ http://amesha-world.com/testride/detail.php?id=2146 乗用車フィーリングと4WDの動力性能に利便性 AMC イーグル ワゴン (AMC EAGLE WAGON) すなわちワゴンボディを載せたジープ
  4. ^ ≪トヨタ スプリンターカリブ≫時代を先取りしたクロスオーバーSUV!
  5. ^ 国産クロスオーバーSUV隆盛前夜 スズキ・エスクードの功績
  6. ^ ただしエスクードは4代目こそ純然たるモノコック構造であるものの、2代目までラダーフレーム構造、3代目のモノコックもビルトインラダーフレームであり、しかも3代目までは縦置きエンジン副変速機を持つなど、CUVというより狭義のSUVに近い構成といえる。
  7. ^ FF乗用車系の第2開発センターではなく、ランドクルーザーを初めとするSUVや商用車を手掛ける第3開発センターが担当。
  8. ^ 元祖「都会派SUV」初代トヨタ RAV4のMT車は今や激レア
  9. ^ 新モデルの投入が続き、今もっとも注目のジャンル 国産車がリードしてきた「SUV」の歴史と最新トレンド
  10. ^ ハリアー 開発責任者に聞く 2017.06.08 13:30 GAZOO.com
  11. ^ Why Crossovers Conquered the American Highway The crossover is a mutt that combines elements of cars, SUVs, and minivans. And this new type of vehicle just may become the most popular vehicle in America. 2014年6月10日
  12. ^ world best selling SUV.Nissan X-trail is not the leader 2018年2月16日  Focus2move
  13. ^ Ⅳ-3. 米国ピックアップトラック産業にみる保護主義政策の功罪 みずほ銀行産業調査部
  14. ^ なぜGMは破綻したのか? ─ リーダーシップ論の視点から ─ 菖蒲 誠
  15. ^ CUVがSUV総売上の過半数に Response 2006年5月8日
  16. ^ 日産デュアリスが欧州でトップ・クラスのシェアって知ってた? 大人気の理由、なぜ? AUTOCAR JAPAN
  17. ^ SUVは初めてヨーロッパでベストセラーセグメントを引き継ぐ
  18. ^ https://forbesjapan.com/articles/detail/14264/1/1/1
  19. ^ トヨタ「RAV4」発売1カ月で2万4000台受注 20~30代が4割
  20. ^ ただし中国を含むアジア市場ではこれまで通り自社製のセダンを現地で製造している(例・ディザイアシアズ、アリビオ)。
  21. ^ ただし台湾を含むアジア市場に限り、これまで通り自社製のセダンを現地で製造している(例・アトラージュ、ミラージュG4グランドランサー)。
  22. ^ ただし日本国内専売車種として現在、親会社のトヨタが製造・販売するトヨタ・カムリOEMとなるアルティスを現在販売している。
  23. ^ ただしプジョーとシトロエンは中国市場に限り、これまで通り自社製のセダンを現地で製造している。

関連項目[編集]