ホンダ・ヴェゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダ・ヴェゼル
RU1/2/3/4型
前期型 HYBRID X
Honda VEZEL HYBRID X (RU3) front.JPG
Honda VEZEL HYBRID X (RU3) rear.JPG
後期型 HYBRID RS・Honda SENSING
Honda VEZEL HYBRID RS・Honda SENSING (DAA-RU3) front.JPG
製造国

日本の旗 日本メキシコの旗 メキシコ

中華人民共和国の旗 中国アルゼンチンの旗 アルゼンチン
販売期間 2013年-
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドア クロスオーバーSUV
エンジン L15B型:1,496cc 直4 DOHC(ガソリン車)
LEB型:1,496cc 直4 DOHC(ハイブリッド車)
駆動方式 FF/4WD
モーター H1型 交流同期電動機(ハイブリッド車のみ)
変速機 CVT(ガソリン車)
7速DCT(ハイブリッド車)
サスペンション 前:マクファーソン
後(FF):車軸式
後(4WD):ド・ディオン式
全長 4,295mm
全幅 1,770mm
全高 1,605mm
ホイールベース 2,610mm
車両重量 1,180-1,270kg(ガソリン車)
1,270-1,380kg(ハイブリッド車)
ハイブリッド方式 パラレル式フルハイブリッド(SPORT HYBRID i-DCD
姉妹車 XR-V
別名 ホンダ・HR-V
先代 HR-V
-自動車のスペック表-

ヴェゼル(Vezel)は、本田技研工業が生産・販売するコンパクトクラスのクロスオーバーSUVである。中国香港を除く主要海外市場ではHR-Vの車名で販売される。

本項目では、ハイブリッドカーヴェゼル ハイブリッド(Vezel Hybrid)についても記述する。

概要[編集]

ヴェゼルは、ホンダが進めるグローバルオペレーション改革の一翼を担う車両として、3代目フィットをベースに開発された小型クロスオーバーSUV(CUV)であり[1]、SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさや燃費性能とジャンルの枠を超えた多面的な価値を高次元で融合させることを目標にされていた。

国産コンパクトSUVのジャンルでは日産・ジュークと人気を二分しており、2014年、2015年にはSUV販売台数No.1に輝いた。

外観はSUVのような安定感のあるロアボディーとクーペライクのアッパーボディーという2つの塊を特徴的かつシャープなキャラクターデザインで融合させ、リアアウタードアハンドルはウィンドウグラフィックスに溶け込ませることで2ドアクーペのようなパーソナル感を高めた。内装はフィットなどに採用されているセンタータンクレイアウトを採用したことでリア席はミニバン並みにゆとりがあるひざ周り空間を確保し、座面長を上級セダンと同等レベルとし、シートバック角度を最適化したことでロングドライブでも疲れにくい着座姿勢を実現させた。

生産は埼玉県大里郡寄居町にある埼玉製作所寄居工場が担当する。

メカニズム[編集]

パワートレインはガソリンエンジン仕様とハイブリッド仕様が用意され、ともに新世代技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」を採用している。ガソリンエンジン仕様は1.5L直噴エンジンL15B型CVTの組み合わせを採用したことで力強い走りと低燃費を両立し、全車で「平成27年度燃費基準+10%」を達成している。ハイブリッド仕様は2代目フィットハイブリッドで初導入されたモーターのみのEV走行が可能なハイブリッドシステムである「SPORT HYBRID i-DCD」を採用し、エンジンのLEB型に直噴技術を取り入れたことでシステム最高出力を2.0Lエンジンに匹敵する112kW(152PS)のハイパワーを実現するとともに、電動サーボブレーキや電動エアコンコンプレッサーの採用により、JC08モードで27.0km/Lの低燃費(平成27年度燃費基準+20%達成)を達成している。ガソリン車の一部と、ハイブリッド車全車にはパドルシフトも備わる。

4WD車には電子制御により後輪の機動力を緻密かつ素早くコントロールする独自の「リアルタイムAWD」を採用しており、本車種用にコーナー旋回時におけるリアのトルク配分を強めに設定したことでコーナリング時における爽快感を高めた。なお、ホンダ車としては初めてハイブリッド車にも4WDが設定された。

また、全車に電子式パーキングブレーキHondaスマートキーシステムフルオートエアコン(「HYBRID Z」のみ左右独立温度調整機構を採用)が備わる。

エンジンやプラットフォームセンタータンクレイアウト、ハイブリッドシステムなどの主要コンポーネンツを3代目フィットと共用する一方で、フロントサスペンションにはアコードハイブリッドに採用する振幅感応型ダンパーを採り入れるなど、フィットを含めた他のホンダ車との部品共用率は約50%程度である[2]

被害軽減用に自動ブレーキもついているが、2014年10月に国土交通省がテストした結果、40点満点中6.7点であった[3]

だが、2016年2月に以前から搭載されていた「シティブレーキアクティブシステム」から高性能な「Honda SENSING」に載せ替え。点数は46点満点中37.9に点数が向上した。

初代 RU1/2/3/4型(2013年 - )[編集]

日本仕様の沿革[編集]

  • 2013年1月14日 - 2013年北米国際自動車ショーにおいて新型コンパクトSUVコンセプト「URBAN SUV CONCEPT」を世界初披露した。ヴェゼルはこのコンセプトモデルをベースとしているが、この時点では日本での車種名が明らかにされていなかった[4]
  • 2013年11月20日 - 第43回東京モーターショー2013において、ヴェゼルの市販予定車を公開し、併せて、公式発表・発売日を公表し、並びにホームページ上でエクステリアデザインを公開した[5]
  • 2013年12月19日 - 公式発表した(発売は翌12月20日)[6]。グレード体系はガソリン車は16インチフルホイールキャップ付スチールホイールや常時発光式3眼メーターなどを装備したベーシックグレードの「G」、LEDヘッドライト、クルーズコントロール、あんしんパッケージ(シティブレーキアクティブシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム、サイドカーテンエアバッグシステムの3つの安全装備をセット)、16インチアルミホイールを追加し、エアコンアウトレットリングやインナードアハンドルリングにクロームメッキを採用した充実グレードの「X」、ガンメタリック塗装ボディロアガーニッシュ、運転席&助手席シートヒーター、パドルシフト、コンフォートビューパッケージ、ステンレス製スポーツペダル、本革巻セレクトレバー、ルーフレール、17インチアルミホイール(スポーツタイプ)などを追加したスポーティー感を高めた最上位グレードの「S」の3タイプを、ハイブリッド車はクルーズコントロール&パドルシフト、リアクティブフォースペダル、16インチフルホイールキャップ付スチールホイールなどを装備したベーシックグレードの「HYBRID」、LEDヘッドライト、フォグライト、あんしんパッケージ、本革巻ステアリングホイール、16インチアルミホイールなどを追加した充実グレードの「HYBRID X」、カラードロアボディガーニッシュ、全ドアワンタッチ式パワーウィンドウ、自動防眩ルームミラー、左右独立温度コントロール式フルオート・エアコンディショナー、雨滴検知式フロントワイパー、17インチアルミホイール(スポーツタイプ)などを追加した上位グレードの「HYBRID Z」の3タイプを設定。4WD車は「G」・「HYBRID」・「HYBRID X」の3タイプに加え、ハイブリッド車には「HYBRID X」の装備内容に加え、コンビシート&専用インテリア、トノカバー、ルーフレール、17インチアルミホイールを追加した上位グレードの「HYBRID X・Lパッケージ」も設定される。
  • 2014年2月10日 - ハイブリッド車の「ヴェゼルハイブリッド」において、国土交通省にリコールの届出をおこない、自動変速機の部品交換(変速履歴でギアかみ合いの不具合が確認された場合のみ)と制御プログラムの変更を2月21日以降に行う。フィットハイブリッドに執られるのと同様の措置。また、埼玉製作所寄居工場で生産中の対象車及び顧客引き渡し前の対象車については、制御プログラムの変更を終了するまで出荷及び引き渡しが停止される[7]
  • 2014年7月10日 - 国土交通省に「ヴェゼルハイブリッド」の2度目のリコール届出。フィットハイブリッド同様、ECU不具合による特定条件下での意図しない加速及び急発進を防止するための対策プログラムへの書き換えを、翌11日から実施[8]
  • 2015年4月6日 - 2014年度(2014年4月~2015年3月)の日本国内での新車登録販売台数が100,479台となり、SUV(自販連区分でオフロード4WD(一部2WDを含む)に分類される国産車を指す)新車登録販売台数No.1を獲得したことを発表した。なお、暦年(年間単位)でも2014年のSUV新車登録販売台数No.1を獲得している[9]
  • 2015年4月23日 - 一部改良を発表した(翌4月24日販売開始)[10]。IRカット<遮熱>/UVカット機能付フロントウインドウガラス、IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス、プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナーを全タイプに標準装備したほか、メーカーオプションの「ナビ装着用スペシャルパッケージ」にはHDMI入力端子とUSBジャック(1ヶ所)を追加。FF車は振幅感応型ダンパーをリアにも装備したほか、「HYBRID X・Lパッケージ」と「HYBRID Z」にはスムースレザーを追加した本革巻ステアリングホイールを採用。4WD車のラインナップを拡大し、新たにガソリン車の「X」にも設定した。ボディカラーにはハイブリッド専用色の「ゴールドブラウン・メタリック」を新たに設定し、インテリアカラーにはこれまで「HYBRID Z」のみ設定だった「ジャズブラウン(ボディカラーで「アラバスターシルバー・メタリック」又は「クリスタルブラック・パール」設定時は設定不可)」を「HYBRID X・Lパッケージ」にも設定できるようにした。なおこの改良に伴い「HYBRID X・Lパッケージ」のルーフレールはオプション扱いになった。
  • 2015年7月6日 - 2015年上半期(2015年1~6月)の販売台数が38,218台となり、SUVの新車登録販売台数でNo.1を獲得したことを発表した[11]
  • 2015年9月17日 - 特別仕様車「スタイルエディション」を発表した(翌9月18日販売開始)[12]。「HYBRID X」の4WD車と「HYBRID Z」をベースに、ブルーとブラックのコンビシート(本革×プライムスムース)にアイボリーのソフトパッドやダークグレーのルーフライニング、ダーククロームのメッキ加飾、ボディカラーによって異なる専用ステッチカラーを施した本革巻ステアリングホイール(スムースレザー)などを組み合わせた専用インテリアを採用し、アイボリーレザーの専用本革シートをメーカーオプション設定したほか、Honda純正ナビ「Gathers」対応ナビ装着用スペシャルパッケージとETC車載器を標準装備。さらに、「HYBRID X(4WD車)」には「HYBRID X・Lパッケージ」に装備されている17インチアルミホイール、エキパイフィニッシャー、トノカバー、アクセサリーソケット(DC12V ラゲッジルーム内)も併せて装備した。ボディカラーは専用色の「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(オプションカラー)」を含む4色を設定した。
  • 2015年10月6日 - 2015年度上半期(2015年4~9月)の販売台数が31,843台となり、SUVの新車登録販売台数でNo.1を獲得したことを発表した[13]
  • 2016年1月8日 - 2015年(2015年1月~2015年12月)の日本国内での新車登録販売台数が71,021台となり、SUV新車登録販売台数No.1を獲得したことを発表した。これにより、暦年(年間単位)では2014年に続き2年連続のNo.1獲得となった[14]
  • 2016年2月5日 - 発売に先駆け、新タイプ「RS」に関する情報をホームページ上に先行公開したことを発表した[15]
  • 2016年2月25日 - 一部改良を発表した(発売は翌2月26日)[16]。新たに安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用し、「X」・「HYBRID X」・「HYBRID Z」に標準装備(これに伴ってタイプ名称を「X・Honda SENSING」・「HYBRID X・ Honda SENSING」・「HYBRID Z・Honda SENSING」に改名。なお、「Honda SENSING」非装備の設定も可能)、「G」と「HYBRID」にもメーカーオプション設定した。このほか、ドアの施錠・解錠に連動してドアミラーが自動開閉するオートリトラミラーを全タイプに、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器を「HYBRID X・Honda SENSING」と「HYBRID Z・Honda SENSING」にそれぞれ標準装備し、フルオート・エアコンディショナーは左右独立温度コントロール式をハイブリッド車全タイプに拡大設定。4WD車はこれまでフロントサスペンションのみだった振幅感応型ダンパーをリアサスペンションにも拡大して標準装備した。さらに、「HYBRID Z・Honda SENSING」は走行時の安定性に寄与するパフォーマンスダンパーを標準装備したほか、オプションでは運転席8ウェイパワーシート+助手席4ウェイパワーシートの設定を追加し、本革シートにはアイボリーのソフトパッドを追加。これまで設定されていなかった4WD車を新設定した。併せて、事前予告されていた新タイプの「RS」を追加。「HYBRID Z・Honda SENSING」同様にパフォーマンスダンパーを装備し、さらに、可変ステアリングギアレシオを採用したほか、外観には専用フロントグリル、クリスタルブラック塗装を施したボディーロアガーニッシュとドアミラー、専用18インチアルミホイールを、内装にはシート、インストルメントパネル、センターアームレストに専用スウェード調表皮として東レの「ウルトラスエード」をそれぞれ採用。ガソリン車には独自のCVT制御「G・Design Shift」も専用設定した。なお、「RS」にも「Honda SENSING」を標準装備(非装備化も可)しているため、タイプ名称は「RS・Honda SENSING」と「HYBRID RS・Honda SENSING」となり、いずれのタイプもFF車のみの設定である。ボディカラーの入れ替えも行い、「アラバスターシルバー・メタリック」及びハイブリッド車専用オプションカラーの「ゴールドブラウン・メタリック」、「ティンテッドシルバー・メタリック」を廃止する替わりに、「RS」系を除く全タイプに新色の「シナモンブロンズ・メタリック」と「ルナシルバー・メタリック」を追加し、特別仕様車「スタイルエディション」の設定色だった「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(オプションカラー)」を全タイプに設定できるカタログカラー化。さらに、ハイブリッド車(「HYBRID RS・Honda SENSING」を除く)専用色だった「ミスティグリーン・パール」と「ルーセブラック・メタリック」は「G」と「X・Honda SENSING」にも拡大設定した。なお、今回の一部改良により、ガソリン車の「S」とハイブリッド車の「HYBRID X・Lパッケージ」を廃止した。
  • 2016年4月6日 - 2015年度(2015年4月~2016年3月)の日本国内での新車登録販売台数が69,018台となり、SUV新車登録販売台数No.1を獲得したことを発表した。これにより、暦年(年間単位)に続き、年度単位でも2014年度に続き2年連続のNo.1獲得となった[17]
  • 東京都にはハイブリッドの個人タクシー仕様が存在する[18]。また、警視庁がガソリン車のAWDモデルをパトカーとして導入している。

海外仕様の動き[編集]

  • 2014年4月17日 - ホンダの米国法人がニューヨークモーターショー2014で米国仕様を発表。車名は「HR-V」となり、2014年2月に操業を開始したホンダのメキシコ新工場で組み立てられる予定。生産開始は2014年後半で、米国での発売は2014年冬の予定である[19]
  • 2014年8月29日 - 東風本田汽車が成都モーターショーにて「XR-V」を発表。ヴェゼルと前後デザインが異なる中国専用の姉妹車である[21]
  • 2014年10月25日 - 広汽ホンダがヴェゼルを発売開始[22]。エンジンは1.5L(2015年第一四半期発売予定)と1.8Lでそれぞれに6MTとCVTが設定される。また、1.8L CVT車のみAWDの設定が用意される。
  • 2014年10月29日 - サンパウロ国際モーターショー2014でブラジル仕様の市販予定車を公開することを発表。ブラジル仕様は1.8L SOHC i-VTEC フレックスフューエルエンジンとCVTの組み合わせとなり、車種名は米国仕様と同じ「HR-V」となる。発売は2015年第1四半期の予定である[23]
  • 2014年11月18日 - 東風ホンダがXR-Vを発売開始[24]。広汽ホンダ版ヴェゼルと同様に1.5Lと1.8Lのエンジンに6MTとCVTというラインナップである。
  • 2015年4月14日 - アルゼンチンカンパーニャ工場でHR-Vの生産が開始。同月28日からブラジルへの輸出が開始[25]。南米仕様車は1.8L SOHC i-VTECエンジンとCVTまたは6速MTの組み合わせとなる。
  • 2016年7月5日 - ホンダコリアを介し、韓国市場での販売を開始。車名は「HR-V」を名乗り、1.8L SOHC i-VTECエンジン+CVTのみ。

搭載エンジン[編集]

車名の由来[編集]

カットした宝石の小さな面(Bezel)とクルマ(Vehicle)を組み合わせた造語で、「角度によって表情を変える宝石のように、多面的な魅力と価値を持つクルマ」を意味する[26]

脚注[編集]

  1. ^ 2012年9月 社長会見 骨子
  2. ^ 【ホンダ ヴェゼル 発表】他モデルとの部品共用は5割程度ライブドアニュース2013年12月19日
  3. ^ ヴェゼル被害軽減ブレーキ試験CCRs20km/h車事故防止技術:国交省が格付け…自動ブレーキなど調査毎日新聞2014年10月25日
  4. ^ “2013年北米国際自動車ショーで新型コンパクトSUVコンセプト「URBAN SUV CONCEPT」を世界初披露” (プレスリリース), 本田技研工業, (2013年1月15日), http://www.honda.co.jp/news/2013/4130115.html 2013年12月19日閲覧。 
  5. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」市販予定車を「第43回東京モーターショー2013」で公開” (プレスリリース), 本田技研工業, (2013年11月20日), http://www.honda.co.jp/news/2013/4131120.html 2013年12月19日閲覧。 
  6. ^ “新型乗用車「VEZEL(ヴェゼル)」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2013年12月19日), http://www.honda.co.jp/news/2013/4131219-vezel.html 2013年12月19日閲覧。 
  7. ^ “新型「フィット ハイブリッド」「ヴェゼル ハイブリッド」市場措置(リコール)について” (プレスリリース), 本田技研工業, http://www.honda.co.jp/news/2014/c140210.html 2014年2月10日閲覧。 
  8. ^ 2014.7.10 フィット、VEZELのリコール”. 本田技研工業 リコール情報 (2014年7月10日). 2016年4月7日閲覧。
  9. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」が2014年度 SUV新車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業, (2015年4月6日), http://www.honda.co.jp/news/2015/4150406.html 
  10. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」を一部改良し発売 ~快適装備と4WD車の設定を拡充~” (プレスリリース), 本田技研工業, (2015年4月23日), http://www.honda.co.jp/news/2015/4150423-vezel.html 2015年4月23日閲覧。 
  11. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」が2015年上半期SUV新車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業, (2015年7月6日), http://www.honda.co.jp/news/2015/4150706a.html 2015年7月6日閲覧。 
  12. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」に特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」を設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業, (2015年9月17日), http://www.honda.co.jp/news/2015/4150917-vezel.html 2015年9月17日閲覧。 
  13. ^ 「VEZEL(ヴェゼル)」が2015年度上半期 SUV新車販売台数で第1位を獲得 - 本田技研工業 ニュースリリース 2015年10月6日
  14. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」が2015年 SUV新車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業, (2016年1月8日), http://www.honda.co.jp/news/2016/4160108b.html 2016年1月8日閲覧。 
  15. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」の新タイプRS(アールエス)をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業, (2016年2月5日), http://www.honda.co.jp/news/2016/4160205.html 2016年2月5日閲覧。 
  16. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」を一部変更し発売 〜Honda SENSING(ホンダ センシング)と新タイプ「RS(アールエス)」を設定〜” (プレスリリース), 本田技研工業, (2016年2月25日), http://www.honda.co.jp/news/2016/4160225-vezel.html 2016年2月25日閲覧。 
  17. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」が2015年度 SUV新車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業, (2016年4月6日), http://www.honda.co.jp/news/2016/4160406a.html 2016年4月7日閲覧。 
  18. ^ 東個協仕様Honda Cars 東京中央 公式サイト内 足立小台店 2014年4月26日ブログ
  19. ^ 【ニューヨークモーターショー14】ホンダ ヴェゼル、米国デビュー…車名は「HR-V」にe燃費 2014年4月18日
  20. ^ Honda、新価値コンセプトモデル「Concept B」を2014年北京モーターショーで世界初公開”. 本田技研工業ニュースリリース (2014年4月20日). 2015年1月14日閲覧。
  21. ^ 东风Honda成都车展双剑出鞘 ——全新思铂睿量产车亮相 紧凑型SUV XR-V首发” (中国語). 東風本田汽車 (2014年8月29日). 2015年1月14日閲覧。
  22. ^ 广汽本田首款SUV缤智(VEZEL)炫彩上市” (中国語). 広汽本田汽車 (2014年10月25日). 2015年1月14日閲覧。
  23. ^ サンパウロ国際モーターショー2014出展概要 ~新型「HR-V」市販予定車を公開~ - 本田技研工業 2014年10月29日
  24. ^ 东风Honda全新思铂睿和XR-V双车震撼发布” (中国語). 東風本田汽車 (2014年11月19日). 2015年1月14日閲覧。
  25. ^ HONDA INICIA LA PRODUCCIÓN DE LA HR-V Y SU EXPORTACIÓN A BRASIL” (スペイン語). Honda Motor de Argentina (2015年4月14日). 2015年4月17日閲覧。
  26. ^ ヴェゼルの名前の由来を教えて。本田技研工業公式サイト内 お客様相談センター

関連項目[編集]

外部リンク[編集]