ホンダ・ヴェゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホンダ・ヴェゼル
RU1/2/3/4型
2018年2月改良型 HYBRID RS・Honda SENSING
The frontview of Honda VEZEL HYBRID RS Honda SENSING (DAA-RU3).jpg
The rearview of Honda VEZEL HYBRID RS Honda SENSING (DAA-RU3).jpg
製造国

日本の旗 日本メキシコの旗 メキシコ

中華人民共和国の旗 中国アルゼンチンの旗 アルゼンチン
販売期間 2013年12月20日 -
(発表:2013年12月19日)
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン ガソリン車:L15B型:
1,496cc 直列4気筒 直噴DOHC
ハイブリッド車:LEB型:
1,496cc 直列4気筒 直噴DOHC
駆動方式 前輪駆動
四輪駆動リアルタイムAWD
モーター ハイブリッド車
H1型:交流同期電動機
最高出力 ガソリン車
96kW (131PS)/6,600rpm
ハイブリッド車
エンジン:
97kW (132PS)/6,600rpm
モーター:
22kW (29.5PS)/1,313-2,000rpm
システム最高出力:
112kW (152PS)
最大トルク ガソリン車
155N·m (15.8kgf·m)/
4,600rpm
ハイブリッド車
エンジン:
156N·m (15.9kgf·m)/
4,600rpm
モーター:
160N·m (16.3kgf·m)/
0-1,313rpm
変速機 ガソリン車無段変速オートマチック (CVT)
ハイブリッド車:7速DCT
サスペンション 前:マクファーソン式
後:車軸式 (FF)
後:ド・ディオン式 (4WD)
全長 4,295mm
2013年12月-2018年2月
4,330mm
2018年2月-
RS、HYBIRD RS
4,305mm
2016年2月-2018年2月
4,340mm
2018年2月-
全幅 1,770mm
1,790mm
RS、HYBIRD RS
全高 1,605mm
ホイールベース 2,610mm
車両重量 1,180-1,380kg
2013年12月-2016年2月
1,180-1,390kg
2016年2月-
ブレーキ 前:油圧式ベンチレーテッドディスク
後:油圧式ディスク
姉妹車 XR-V(中国市場専用モデル)
理念・VE1
-自動車のスペック表-

ヴェゼル (VEZEL) は、本田技研工業が製造・販売するコンパクトクラスのSUVである。中国香港を除く主要海外市場ではHR-Vの車名で販売されている。

初代 RU1/2/3/4型(2013年 - )[編集]

概要[編集]

ヴェゼルは、ホンダが進めるグローバルオペレーション改革の一翼を担う車両として、3代目フィットをベースに開発された小型SUVであり[1]、SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさや燃費性能とジャンルの枠を超えた多面的な価値を高次元で融合させた車種として開発された。

エクステリアは、「Dynamic Cross Solid」をコンセプトに、SUVのような安定感のあるロアボディーとクーペライクなアッパーボディーという、二つの塊を特徴的かつシャープなキャラクターデザインで融合。また、リアアウタードアハンドルはウィンドウグラフィックスに溶け込ませることで2ドアクーペのようなパーソナル感を高めた。

インテリアでは、「Expansible Cockpit」をコンセプトに、広さとパーソナル感の両立を追求。手に触れるほとんどの箇所にやわらかな素材を採用。リア席は、ミニバン並みにゆとりがあるひざ周り空間を確保したほか、上級セダンと同等の座面長としたうえ、シートバック角度を最適化したことでロングドライブでも疲れにくい着座姿勢を実現している[2]

パワートレインは、ガソリン車、ハイブリッド車ともに直噴技術を採用。ガソリン車に搭載される1.5Lエンジン「L15B」型は、96kW(131PS)の最高出力と155N·m (15.8kgf·m)の最大トルクを発生する。トランスミッションは、無段変速オートマチック(CVT)で、「S」のみ「7スピードモード+パドルシフト」付となる。

ハイブリッド車は、軽量コンパクトな1モーターシステムながら、モーターのみのEV走行が可能な「SPORT HYBRID i-DCD」を採用。エンジンの「LEB」型は、前述の通り直噴技術を採用し、システム最高出力は2.0Lエンジンに匹敵する112kW((152PS)を発生する。また、JC08モードで27.0km/Lの低燃費を実現。トランスミッションは7速DCTを組み合わせ、全タイプにパドルシフトを採用する[3]

走行性能では、上級セダンと同等の吸音材や遮音材の採用による静粛性の向上や、走行シーンに応じて最適な減衰特性を発揮する振幅感応型ダンパーの採用による、乗り心地と操縦安定性の両立を図っている。

4WD車には電子制御により後輪の駆動力を緻密かつ素早くコントロールする「リアルタイムAWD」を採用。コーナー旋回時のリアのトルク配分を強めに設定するヴェゼル専用セッティングが施されている。なお、ホンダのハイブリッド車に4WDが設定されたのは、このヴェゼルが初となる。

また、スイッチを軽く引き上げるだけで作動する電子制御パーキングブレーキ、信号待ちや渋滞などで停止した際、ブレーキペダルを放しても自動的に停車状態を保持するオートブレーキホールド機能を全タイプに標準装備。また、燃費によい運転をアクセルペダルで知らせるリアクティブフォースペダルを、ハイブリッド車の全タイプに標準装備。アクセルの踏み込みすぎをペダルの反力を通じて抑制するとともに、雪道など滑りやすい路面でも同様の抑制をする機能である。

安全性能では、シティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)、前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)、サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)をセットにした「あんしんパッケージ」を設定(「G」・「HYBRID」はメーカーオプション。その他のタイプは標準装備。) また、2016年2月の一部改良では、あんしんパッケージに替わって安全運転支援システム「Honda SENSING」を採用し、予防安全性能の機能強化を実施している。


年表[編集]

2013年1月15日
2013年北米国際自動車ショーで新型コンパクトSUVコンセプト「URBAN SUV CONCEPT」を世界初披露[4]
  • このコンセプトをベースとした新型コンパクトSUVモデルを2013年末に日本で発売し、順次グローバルに展開していくこと、また、米国では、2014年春に稼働予定のメキシコの新工場で生産を行い、2014年中に発売する予定であることを発表した。
2013年11月20日
「第43回東京モーターショー2013」において、ヴェゼルの市販予定車を公開。ヴェゼルは発表日を12月19日、発売日を12月20日に予定しており、同日、ホンダのホームページにおいてエクステリアデザインを先行公開した[5]
2013年12月19日
「新型乗用車「VEZEL(ヴェゼル)」を発売[6]。(12月20日発売)
  • ラインアップは、ガソリン車に「G」、「X」、「S」の3タイプを、ハイブリッド車は「HYBRID」、「HYBRID X」、「HYBRID X・Lパッケージ」、「HYBRID Z」の4タイプを設定。
  • ボディカラーは全8色。ガソリン車には、新色の「モルフォブルー・パール(有料色)」に加え「ホワイトオーキッド・パール(有料色)」、「アラバスターシルバー・メタリック」、「クリスタルブラック・パール」、「プレミアムディープロッソ・パール(有料色)」の5色を設定。ハイブリッド車はさらに、「ルーセブラック・メタリック(有料色)」、「ミスティグリーン・パール(有料色)」の新色2色と「ティンテッドシルバー・メタリック(有料色)」が加わり、設定される全てのボディカラーから選択できる。
  • インテリアカラーは、「G」・「X」・「HYBRID」・「HYBRID X」は、「ブラック(ファブリック)」を、また、「S」と「HYBRID X・Lパッケージ」には「パッションブラック(コンビシート)」が標準設定。[注 1][7]。「HYBRID Z」は、「パッションブラック」に加え、専用設定の「ジャズブラウン」のコンビシートが設定される[注 2]。また、「G」FF車および「HYBRID」以外のタイプには、ブラックレザー(本革シート)がメーカーオプション設定となる。
2015年4月6日
2014年度(2014年4月-2015年3月)における日本国内での販売台数が100,479台となり、SUV新車登録販売台数第1位を獲得したことを発表。なお、2014年暦年(1-12月)でもSUV新車登録販売台数第1位を獲得した[8]
2015年4月23日
一部改良[9]。(4月24日発売)
  • IRカット<遮熱>/UVカット機能付フロントウインドウガラス、IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス、プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナーを全タイプに標準装備したほか、メーカーオプションの「ナビ装着用スペシャルパッケージ」にはHDMI入力端子とUSBジャック(1ヵ所)を追加した。また、FF車は振幅感応型ダンパーをフロントに加えリアにも装備し、乗り心地と操縦安定性の両立を図ったほか、「HYBRID X・Lパッケージ」と「HYBRID Z」の本革巻ステアリングホイールに「スムースレザー」採用した。
  • ボディカラーは新色「ゴールドブラウン・メタリック(有料色)」(ハイブリッド車のみ)を新設し、全9色を設定。
  • インテリアカラーでは、「HYBRID Z」のみの設定だった「ジャズブラウン(本革×プライムスムース コンビシート)」[注 3]を「HYBRID X・Lパッケージ」にも設定を拡大。一方、「G」 4WD車と「X」 FF車へのブラックレザー(本革シート)のメーカーオプション設定を廃止した。
  • ガソリン車の「X」に4WDを追加設定した。
2015年7月6日
2015年上半期(1月-6月)における日本国内での販売台数が38,218台となり、SUV新車登録販売台数で第1位を獲得したことを発表[10]
2015年9月17日
特別仕様車「スタイルエディション」を設定[11]。(9月18日発売)
  • 「HYBRID X」の4WD車と「HYBRID Z」をベースとした、「HYBRID X 特別仕様車 スタイルエディション」、「HYBRID Z 特別仕様車 スタイルエディション」の2タイプをラインアップした。
  • 「コンビシート(本革×プライムスムース)&専用インテリア(クールアイボリー)を特別装備。ブルーとブラックのコンビシートに、アイボリーのソフトパッド、ダークグレールーフライニング、ダーククロームメッキ加飾を採用するとともに、専用ステッチカラーを施した本革巻ステアリングホイール(スムースレザー)[注 4]を組み合わせるほか、メーカーオプションとして、アイボリーレザーの専用本革シートを設定した。加えて、Honda純正ナビ「Gathers」対応ナビ装着用スペシャルパッケージとETC車載器を特別装備とした。
  • 「HYBRID X スタイルエディション」にはさらに、17インチアルミホイール、エキパイフィニッシャー、トノカバー、アクセサリーソケット(DC12V ラゲッジルーム内)が追加される。
  • ボディカラーには、新色「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(有料色)」を専用色として設定するほか、「ホワイトオーキッド・パール(有料色)」、「クリスタルブラック・パール」、「モルフォブルー・パール(有料色)」の全4色から選択可能。
2015年10月6日
2015年度上半期(2015年4月-9月)における日本国内での販売台数が31,843台となり、SUV新車登録販売台数で第1位を獲得したことを発表[12]
2016年1月8日
2015年暦年(2015年1月-12月)における日本国内での販売台数が71,021台となり、同期間のSUV新車登録販売台数第1位を獲得したことを発表[13]
2016年2月5日
2016年2月下旬に発売を予定している新タイプ「RS」に関する情報を、ホームページ上に先行公開した、と発表[14]
2016年2月25日
一部改良。同時に新タイプ「RS」を追加[15]。(2月26日発売)
  • 新たに安全運転支援システム「Honda SENSING」を新採用し、「X」・「HYBRID X」・「HYBRID Z」に標準装備(これに伴ってタイプ名称を「X・Honda SENSING」・「HYBRID X・ Honda SENSING」・「HYBRID Z・Honda SENSING」に改称。なお、「Honda SENSING」を装備しない仕様も設定される)、「G」と「HYBRID」にメーカーオプション設定した。Honda SENSINGは、衝突軽減ブレーキ(CMBS)、歩行者事故低減ステアリング、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)、LKAS(車線維持支援システム)、路外逸脱抑制機能、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能の8つの機能で構成される。衝突軽減ブレーキ(CMBS)はミリ波レーダー+単眼カメラ方式を採用し、従来設定されていた「シティブレーキアクティブシステム」(赤外線レーザーレーダー方式)に対し、歩行者検知機能を加える等の機能強化を実施している。
  • 新タイプの「RS・Honda SENSING」と「HYBRID RS・Honda SENSING」(いずれもFF車のみ)を追加。走行時の安定性に寄与するパフォーマンスダンパー、可変ステアリングギアレシオを採用したほか、ガソリン車の「RS・Honda SENSING」には、ホンダ独自のCVT制御「G・Design Shift」を専用設定した。エクステリアでは、RS専用フロントグリル、クリスタルブラック塗装を施したボディーロアガーニッシュ・ドアミラー、225/50R18 95VタイヤとRS専用18インチアルミホイールを採用。インテリアでは、RS専用スウェード調表皮「ウルトラスエード」を採用している。なお、ガソリン車の「S」とハイブリッド車の「HYBRID X・Lパッケージ」は廃止されている。
  • 「HYBRID Z・Honda SENSING」は、パフォーマンスダンパーを標準装備したほか、運転席8ウェイパワーシート+助手席4ウェイパワーシートを本革シートとセットでメーカーオプション設定とした。また、本革シートは従来までの「ブラックレザー」に加え、「ブラックレザー(ブラック×アイボリー)」を新設。また、新たに4WD車を新設定した。
  • その他の装備面では、ドアの施錠・解錠に連動してドアミラーが自動開閉するオートリトラミラーを全タイプに、また、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器を「HYBRID X・Honda SENSING」・「HYBRID Z・Honda SENSING」・「HYBRID RS・Honda SENSING」にそれぞれ標準装備。さらに、左右独立温度コントロール式フルオート・エアコンディショナーをハイブリッド車全タイプに拡大採用した。
  • 走行性能では、4WDのリアサスペンションにも「振幅感応型ダンパー」を標準装備し、乗り心地を向上させた。
  • ボディカラーは、全タイプ共通設定の「アラバスターシルバー・メタリック」、ハイブリッド車専用色の「ティンテッドシルバー・メタリック(有料色)」、「ゴールドブラウン・メタリック(有料色)」に替わり、「ルナシルバー・メタリック」、「シナモンブロンズ・メタリック」の新色2色を追加。また、特別仕様車「スタイルエディション」専用色であった「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(有料色)」が新たに全タイプで選択できるようになったほか、従来はハイブリッド車専用色であった「ルーセブラック・メタリック(有料色)」、「ミスティグリーン・パール(有料色)」も全タイプに設定され全8色構成となった。なお、「RS・Honda SENSING」と「HYBRID RS・Honda SENSING」は「ホワイトオーキッド・パール(有料色)」、「クリスタルブラック・パール」、「プレミアムクリスタルレッド・メタリック(有料色)」、「モルフォブルー・パール(有料色)」の4色の設定となる。
2016年4月6日
2015年度(2015年4月-2016年3月)における日本国内での販売台数が69,018台となり、2015年度SUV新車登録販売台数で第1位を獲得したことを発表[16]
2017年1月11日
2016年暦年(2016年1月-12月)における日本国内での販売台数が73,889台となり、3年連続でSUV新車登録販売台数第1位を獲得したことを発表[17]
2017年4月6日
2016年度(2016年4月-2017年3月)における日本国内での販売台数が73,583台となり、暦年に続き年度でも3年連続でSUV新車登録販売台数第1位を獲得したことを発表[18]
2017年7月7日
特別仕様車「HYBRID X・Honda SENSING BRILLIANT STYLE EDITION」を発売[19]
  • 「HYBRID X・Honda SENSING」をベースに、特別装備としてLEDフォグライト、17インチアルミホイール(スポーツタイプ)、ルーフレール、専用サイドシルガーニッシュ(プラチナクロームメッキ加飾)、ラゲッジルームハーフボードを追加している。
  • ボディカラーは、「ホワイトオーキッド・パール(有料色)」、「クリスタルブラック・パール」に加え、特別仕様車専用色の「ルージュアメジスト・メタリック」、「プレミアムイエロー・パールII(有料色)」、「ミッドナイトブルービーム・メタリック(有料色)」を加えた5色を設定する。
2017年12月
ボディカラーの設定を変更。「ミスティグリーン・パール(有料色)」と「モルフォブルー・パール(有料色)」の2色が廃止された。
2018年1月25日
2月中旬にマイナーモデルチェンジ予定の改良モデルに関する情報を、ホームページ上に先行公開したことを発表[20]
2018年2月15日
マイナーモデルチェンジ[21]。(2月16日発売)
  • キャッチフレーズは「次の世界ヴェゼルへ。」でCMソングはSuchmosの「808」が起用された。
  • フロントバンパー、フロントグリル、ヘッドライトのデザインを変更。LEDヘッドライトはインラインタイプとなり、ハイビームにもLEDを採用した。
  • ボディカラーは「ホワイトオーキッド・パール(有料色)」に替わり、「プラチナホワイト・パール(有料色)」を新設定。また、「シナモンブロンズ・メタリック」を廃止し、「シルバーミストグリーン・メタリック」、「オーロラアメジスト・メタリック(有料色)」の新開発色2色と、特別仕様車「HYBRID X・Honda SENSING BRILLIANT STYLE EDITION」専用色であった「ミッドナイトブルービーム・メタリック(有料色)」追加し、全8色となった。なお、「RS・Honda SENSING」と「HYBRID RS・Honda SENSING」は、「ルナシルバー・メタリック」、「ルーセブラック・メタリック(有料色)」、「シルバーミストグリーン・メタリック」を除く5色が設定される。
  • インテリアでは、フロントシートの形状を刷新するとともにステッチが変更され、ホールド性と質感を向上させた。また、一部タイプはスマートフォンをUSBで接続し、音楽再生や通話、マップアプリケーションの操作などを、ナビ画面や音声で行える「Apple CarPlayAndroid Autoに対応した。
  • インテリアカラーは「HYBRID Z・Honda SENSING」の設定を変更。コンビシート(パッションブラック)はメーカーオプション設定に変更となり、標準設定はコンビシート(ジャズブラウン)となった。また、メーカーオプションの本革シートは「ブラック」のみに変更された。
  • 「G」と「HYBRID」は従来メーカーオプション設定だった「Honda SENSING」が標準装備化され、それぞれ「G・Honda SENSING」・「HYBRID・Honda SENSING」に改称。(非装備仕様も設定される)。
  • 走行性能では、ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」にチューニングに施すとともに、ブレーキペダルにリンク機構を新採用し、加速フィール、ブレーキフィールの向上を図った。また、ボディに制振材を追加し最適配置することで、走行時の静粛性をさらに向上させたほか、エンジン内の高圧燃料ポンプの構造を見直すことで、エンジン音を低減した。さらに、カムチェーンの摩擦低減などにより、ガソリン車の燃費が0.6km/L向上しFF車は21.2km/L、4WD車は19.6km/Lとなった(「RS・Honda SENSING」は0.4km/L向上し20.2km/L、いずれもJC08モード)。「リアルタイムAWD」は改良され、雪上での旋回や登坂発進時に、より安心かつ上質な乗り味を実現した。

海外仕様の動き[編集]

  • 2014年4月17日 - ホンダの米国法人がニューヨークモーターショー2014で米国仕様をの概要を発表。車名は「HR-V」となり、2014年2月に操業を開始したホンダのメキシコ新工場で同年後半に生産開始されることもあわせて発表された[22]
  • 2014年8月29日 - 東風本田汽車が成都モーターショーにて「XR-V」を発表。ヴェゼルと前後デザインが異なる中国専用の姉妹車である[24]
  • 2014年10月25日 - 広汽ホンダがヴェゼルを発売開始[26]。エンジンは1.5L(2015年第一四半期発売予定)と1.8Lでそれぞれに6速MTとCVTが設定される。また、1.8L CVT車のみAWDの設定が用意される。
  • 2014年10月29日 - サンパウロ国際モーターショー2014でブラジル仕様の市販予定車を公開することを発表。ブラジル仕様は1.8L SOHC i-VTEC フレックスフューエルエンジンとCVTの組み合わせとなり、車種名は米国仕様と同じ「HR-V」となる。発売は2015年第1四半期の予定とされた[27]
  • 2014年11月18日 - 東風ホンダがXR-Vを発売開始[28]。広汽ホンダ版ヴェゼルと同様に1.5Lと1.8Lのエンジンに6速MTとCVTというラインナップである。
  • 2014年11月18日 - ロサンゼルスモーターショーで米国仕様を正式発表[29]
  • 2015年4月14日 - アルゼンチンカンパーニャ工場でHR-Vの生産が開始。同月28日からブラジルへの輸出が開始[31]。南米仕様車は1.8L SOHC i-VTECエンジンとCVTまたは6速MTの組み合わせとなる。
  • 2018年6月28日 - 北米仕様がマイナーチェンジ[32]
  • 2018年8月13日 - 欧州仕様がマイナーチェンジ[33]。1.5Lターボエンジンが新たに追加された。

搭載エンジン[編集]

車名の由来[編集]

カットした宝石の小さな面 (Bezel) とクルマ (Vehicle) を組み合わせた造語で、「角度によって表情を変える宝石のように、多面的な魅力と価値を持つクルマ」を意味する[34]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ コンビシート:フロントシートの座面・背もたれのサイド部分、ヘッドレスト前面に本革を使用。リアシートのサイド部分、各シートの側面、フロントシートの背面、シートバックポケットなどにはプライムスムースを使用。
  2. ^ 「ジャズブラウン」は、「アラバスターシルバー・メタリック」、「クリスタルブラック・パール」以外のボディカラーを選択時に設定。
  3. ^ 「ジャズブラウン」は、「アラバスターシルバー・メタリック」、「クリスタルブラック・パール」以外のボディカラーを選択時に設定。
  4. ^ ステッチカラーは、ボディカラーがプレミアムクリスタルレッド・メタリックの場合は「レッド」、モルフォブルー・パールは「ブルー」、ホワイトオーキッド・パールとクリスタルブラック・パールは「グレー」となる。

出典[編集]

  1. ^ “2012年9月 社長会見 骨子” (プレスリリース), 本田技研工業, (2012年9月21日), http://www.honda.co.jp/news/2012/c120921a.html 
  2. ^ “新型乗用車「VEZEL(ヴェゼル)」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2013年12月19日), https://www.honda.co.jp/news/2013/4131219-vezel.html 
  3. ^ “新型乗用車「VEZEL(ヴェゼル)」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2013年12月19日), https://www.honda.co.jp/news/2013/4131219-vezel.html 
  4. ^ “2013年北米国際自動車ショーで新型コンパクトSUVコンセプト「URBAN SUV CONCEPT」を世界初披露” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2013年1月15日), https://www.honda.co.jp/news/2013/4130115.html 
  5. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」市販予定車を「第43回東京モーターショー2013」で公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2013年11月20日), https://www.honda.co.jp/news/2013/4131120.html 
  6. ^ “新型乗用車「VEZEL(ヴェゼル)」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2013年12月19日), https://www.honda.co.jp/news/2013/4131219-vezel.html 
  7. ^ 「ホンダヴェゼル カタログ」、2013年12月発行。13CVZ・K・1312
  8. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」が2014年度 SUV新車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年4月6日), https://www.honda.co.jp/news/2015/4150406.html 
  9. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」を一部改良し発売 〜快適装備と4WD車の設定を拡充〜” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年4月23日), https://www.honda.co.jp/news/2015/4150423-vezel.html 
  10. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」が2015年上半期SUV新車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年7月6日), https://www.honda.co.jp/news/2015/4150706a.html 
  11. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」に特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」を設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年9月17日), https://www.honda.co.jp/news/2015/4150917-vezel.html 
  12. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」が2015年上半期SUV新車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年10月6日), https://www.honda.co.jp/news/2015/4150706a.html 
  13. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」が2015年 SUV新車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年1月8日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160108b.html 
  14. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」の新タイプRS(アールエス)をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年2月5日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160205.html 
  15. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」を一部変更し発売 〜Honda SENSING(ホンダ センシング)と新タイプ「RS(アールエス)」を設定〜” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年2月5日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160225-vezel.html 
  16. ^ “「VEZEL(ヴェゼル)」が2015年度 SUV新車販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年4月6日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160406a.html 
  17. ^ [https://www.honda.co.jp/news/2017/4170111b.html “「VEZEL(ヴェゼル)」が、2016年暦年 SUV新車登録販売台数 第1位を獲得 〜3年連続でSUVベストセラーに〜”] (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年1月11日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4170111b.html 
  18. ^ [https://www.honda.co.jp/news/2017/4170406b.html “VEZEL(ヴェゼル)」が2016年度 SUV新車販売台数 第1位を獲得 ~年度においても3年連続SUVベストセラーに~”] (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年4月6日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4170406b.html 
  19. ^ “「VEZEL」に特別仕様車「HYBRID X・Honda SENSING BRILLIANT STYLE EDITION」を設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年7月7日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4170707-vezel.html 
  20. ^ “「「VEZEL」の改良モデルをホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2018年1月25日), https://www.honda.co.jp/news/2018/4180125.html 
  21. ^ “「VEZEL」をマイナーモデルチェンジして発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2018年2月15日), https://www.honda.co.jp/news/2018/4180215-vezel.html 
  22. ^ “【ニューヨークモーターショー14】ホンダ ヴェゼル、米国デビュー…車名は「HR-V」に”. Response. (イード). (2014年4月18日). https://response.jp/article/2014/04/18/221495.html 
  23. ^ “Honda、新価値コンセプトモデル「Concept B」を2014年北京モーターショーで世界初公開” (プレスリリース), 本田技研工業, (2014年4月20日), http://www.honda.co.jp/news/2014/4140420a.html 2015年1月14日閲覧。 
  24. ^ 东风Honda成都车展双剑出鞘 ——全新思铂睿量产车亮相 紧凑型SUV XR-V首发” (中国語). 東風本田汽車 (2014年8月29日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月14日閲覧。
  25. ^ “【パリモーターショー14】ホンダ ヴェゼル、「HR-V」の名前で欧州初公開…1.6ディーゼル設定”. Response. (イード). (2014年10月2日). https://response.jp/article/2014/10/02/233981.html 
  26. ^ 广汽本田首款SUV缤智(VEZEL)炫彩上市” (中国語). 広汽本田汽車 (2014年10月25日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月14日閲覧。
  27. ^ “サンパウロ国際モーターショー2014出展概要 〜新型「HR-V」市販予定車を公開〜” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2014年10月29日), https://www.honda.co.jp/news/2014/4141029.html 
  28. ^ 东风Honda全新思铂睿和XR-V双车震撼发布” (中国語). 東風本田汽車 (2014年11月19日). 2015年1月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年1月14日閲覧。
  29. ^ “【ロサンゼルスモーターショー14】ホンダ HR-V、北米向け ヴェゼル 初公開…1.8リットルエンジン搭載”. Response. (イード). (2014年11月20日). https://response.jp/article/2014/11/20/237824.html 
  30. ^ “【ジュネーブモーターショー15】ホンダ ヴェゼル 欧州仕様、「HR-V」を初公開…1.6ディーゼル搭載”. Response. (イード). (2015年2月19日). https://response.jp/article/2015/02/19/244702.html 2018年8月16日閲覧。 
  31. ^ HONDA INICIA LA PRODUCCIÓN DE LA HR-V Y SU EXPORTACIÓN A BRASIL” (スペイン語). Honda Motor de Argentina (2015年4月14日). 2015年4月17日閲覧。
  32. ^ “ホンダ HR-V、最新の先進運転支援とコネクト搭載…米2019年モデル”. Response. (イード). (2018年6月29日). https://response.jp/article/2018/06/29/311381.html 
  33. ^ “ホンダ HR-V、欧州仕様に1.5ターボ搭載…ヴェゼル は?”. Response. (イード). (2018年8月14日). https://response.jp/article/2018/08/14/313041.html 
  34. ^ ヴェゼルの名前の由来を教えて。”. お客様相談センター. 本田技研工業. 2013年12月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]