二輪駆動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

二輪駆動(にりんくどう)とは、自動車オートバイ自転車などの駆動方法の一種で、装着されている車輪のうち二輪を駆動させる方式である。

概要[編集]

前輪にハブモーターを装備した電動自転車

4輪以上の車両[編集]

いずれか1つの車軸上にある1対の車輪で駆動する。一般的な四輪自動車の場合は英語のtwo-wheel driveを略して2WD、欧州式の表記で4x2(four-by-two/フォーバイツー)とも呼ばれる。前軸の車輪で駆動する「前輪駆動 (: Front Wheel Drive, FWD)」と、後軸の車輪で駆動する「後輪駆動」 (: Rear Wheel Drive, RWD) の2種類があり、用途によって使い分けられる。小中型クラスの乗用車は前輪駆動、それ以外は後輪駆動である場合が多い。

エンジンにより駆動される自動車においては、エンジン配置と駆動輪の組み合わせに応じてFF(フロントエンジン・フロントドライブ方式)、FR(フロントエンジン・リアドライブ方式)、MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ方式)、RR(リアエンジン・リアドライブ方式)の4種類が存在する。四輪駆動はこれらの方式に駆動系を追加する形で製造されるが、その特徴(運動性能や運転感覚など)はベースにした方式によって左右される。

四輪駆動をはじめとする複数の車軸で駆動する方式と比べると機構がシンプルであるため製造コストが低く、従って車両価格は安い。加えて重量が軽く駆動損失も抑えられるので燃費が良く、タイヤ・ブレーキなど部品の寿命も延ばせる。一方で駆動力が駆動輪の2輪のみに集中するため、ハイパワー車両の全開時や摩擦の低い路面では空転を起こしやすい[1]。特に火山灰が12cm以上積もった条件ではチェーンを装着しても走行に支障がある[1]。また差動装置に差動制限機構を持たない場合は、1つの車輪が空転する状況では駆動力が地面に伝わらなくなる場合がある。

上記の特性ゆえにラリーなど走破性の求められる競技では不利だが、四輪駆動の複雑な機構に起因するメカニカルトラブルに悩まされる心配が無い点や、比較的低コストで参加できるという点はメリットとなる。条件によっては四輪駆動車と互角以上に渡り合った事例もいくつかある(詳細は四輪駆動#モータースポーツにおける四輪駆動を参照)[2]

二輪車[編集]

自転車オートバイなどの2輪のものは後輪のみが駆動されるものが一般的となっているが、前後2輪の両方を駆動する二輪車もある[3]。2x2(two-by-two/ツーバイツー)とも呼ばれる。

一般的な1輪駆動と比較すると駆動力を2輪に分散して空転しにくくなる反面、機構が複雑になるためコストが高く重量が増える。また、機械損失も増えるため燃費が悪化(人力の場合は体力を消耗)する。車体側のエンジンから前輪にトルクを伝達する場合は、前輪の舵角を制限しないトルク伝達機構が必要になるが、前輪にインホイールモーターを搭載して前輪を直接駆動する例もある。

三輪車[編集]

前1輪後2輪の三輪自動車の場合は後2輪を駆動する場合が多い。前2後1輪のものには後輪駆動前輪(左右両輪)駆動の両方が見られる。サイドカーには、本車の後輪のみのものと、本車と側車両方の車輪を駆動するものがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b INC, SANKEI DIGITAL (2022年5月23日). “二輪駆動車、火山灰アウト 12センチ積もると立ち往生” (日本語). 産経ニュース. 2022年5月23日閲覧。
  2. ^ https://www.redbull.com/jp-ja/peugeot-3008-dkr-revealed-dakar-rally-2017-2017-15-04
  3. ^ ドリーム・トキ、両輪駆動式2輪車の受注開始-18年ぶりに復活:日刊工業新聞”. 株式会社日刊工業新聞社. 2014年2月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月16日閲覧。

関連項目[編集]