Bセグメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セグメント (自動車) > Bセグメント

Bセグメント(B-Segment, Subcompact car, Supermini)とは、主に欧州で利用されている乗用車分類方法であるセグメントの1カテゴリーであり、AセグメントCセグメントの中間に位置付けられる車格である。同一セグメントにセダンステーションワゴンクーペハッチバックなどのボディスタイルを包括する。

調査会社であるグローバルインサイト社の分類では、スポーツ・クーペ、マルチパーパスビークル(MPV)、スポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)、クロスオーバーSUV(CUV)を含むとしている。

欧州で「以前に使用されていた最も狭義の分類」[1]においては、スポーツ・クーペ、MPV、SUV、CUVは別のセグメントに分類される。

車両の寸法と排気量は、衝突安全性、排出ガス規制燃費などの基準や要求と共に変化しているが、2019年現在の基準ではおおむね全長が3,800 mmから4,200 mmまで、全幅が1,695mmから1,750mmまでの車種であり、排気量が1 Lから1.5 Lのガソリンエンジンを搭載することが多いが、車両サイズ、全長、価格、車両の装備や車両の持ち合わせるイメージなどの複数要件に因る分類のために、明確な数値基準はない。また、セダン、およびクーペ、ステーションワゴンの全長がおおむね4,300 mmから4,500mmまであるものはフルBセグメントもしくはBCセグメントという場合(ただし、日本メーカー製の一部の国内専用車種として開発された小型セダンや小型ステーションワゴンの場合は日本国内の道路・交通環境等の関係上、Cセグメント扱いになる場合も決して少なくない)もある。

なおピックアップトラックバン/ライトバンなどのいわゆる商用車は、乗用車のセグメント分類には属さないとされている。

アメリカにおける分類のサブコンパクトカーや、イギリスにおける分類のスーパーミニ・カー、日本でいうところのコンパクトカーがBセグメントに、フルBセグメント(BCセグメント、主に旧来Cセグメントにカテゴライズされていた車種)が上級コンパクトカーに近似する。ただし2019年1月現在、国内市場で販売されているコンパクトカーのうちパッソ/ブーンマーチソリオ/デリカD:2イグニストール/ルーミー/タンク/ジャスティなどのエントリークラス、および全ての軽乗用車はAセグメントに分類され、これより1ランク上の車格に当たるヴィッツノートフィットデミオスイフトバレーノなどの全長の短いモデルがBセグメントに、カローラアクシオ/カローラフィールダーグレイスシャトルなどの全長の長いモデルがフルBセグメント(BCセグメント)にそれぞれ分類される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://ec.europa.eu/competition/mergers/cases/decisions/m1406_en.pdf

関連項目[編集]