全地形対応車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

全地形対応車(ぜんちけいたいおうしゃ、: All Terrain Vehicle、略:ATV: Véhicule Tout-Terrain、略:VTT)は、低圧タイヤを用いて不整地を含む様々な地形を進むことのできる原動機付きの車両である。

米国規格協会(ANSI)の定義によると、全幅50インチ以下、重量600ポンド以下で、低圧タイヤを装着し、跨座式シートと棒形ハンドルで操縦される車両とされている[1]日本ではバギー四輪バギー、日本国外ではクアッドクアッドバイクとも称されている。

横二人乗り・四人乗りの場合はサイド・バイ・サイド・ビークル(S×S)に分類される。

概要[編集]

三輪ATVのホンダ・200s

三輪または四輪のタイヤで走行し、乗車定員が1名ないし前後座席で2名の乗り物である。オートバイの技術を流用した車体構成となっていて、ハンドルやシートをはじめとする乗車装置がオートバイと同様の構造であることから、乗車姿勢もオートバイに類似している。二輪のオートバイとは異なり、アクセルは親指で押すレバー式が多い。変速操作にはペダル式やハンドレバー式のほか、無段変速機を搭載したものがある。

ホンダが1961年にカナダトロントで開発した「ジガー」という6輪の水陸両用車が、ATVの源流とされる。1967年に「冬でも乗れるバイクが欲しい」という米国法人の要請に応じて、ホンダのオサム・タケウチがオフロード三輪のUS90(発売半年後にATC90へ改名。ATCとは"All Terrain Cycles"の意味で、後発の三輪もATCと呼ばれた)を開発して北米でヒットを飛ばし、ここにヤマハカワサキも参入して一大市場を築いた。1980年代前半に入るとスズキ、続いてホンダが四輪のATVを開発して、三輪に代わりこれが発展して現在のATVの原型となった。なお当時は運転者の安全への意識が低く事故が多発したため、消費者製品安全委員会 (CPSC) の調査が入り、全米のATV卸売業者たちに総額1億円を費やしての安全プログラムの拡大を約束させている。この時三輪は特にトレーニングプログラムが厳重化されたことで、事実上終焉を迎えた[2][3][4]

エンジンは基本的に二輪車の流用であり、駆動形式は後輪駆動とパートタイム式四輪駆動がある。

ATVは大きく分けてスポーツ型とユーティリティ型に分けられる。スポーツ型は、主にモトクロスラリーレイドなどの競技に用いられる車種として発展したもので、ダカール・ラリーバハ1000スーパークロスなどにATV専門の部門やクラスが存在する。二輪車に比べると安定感や走破性は高いが、タイヤの接地面積が大きい上にサスペンションストローク量が少ないため身体に衝撃を受けやすく、またブロックタイヤの振動も受けてしかも重いフロント二輪を操縦し続ける必要があり、常人離れした屈強な握力・腕力・背筋力が求められる[5]。ダカールでは1997年にフランス人ライダーのダニエル・ジルーによって初めてATVが完走を記録し、2009年に部門として独立している[6]

レジャー用として嗜む排気量50ccのエンジンを搭載したライトユーザー向けのスポーツ型もあり、台湾中国でも生産されている。

ユーティリティ型は農林業で移動・荷役・巡視・家畜の統率など幅広く用いられている。積載能力の高い六輪の物[7]水陸両用の特殊な構造のものなどがある。用や障がい者の足としてオートバイの代わりに採用している国もある。

私有地などの限定された敷地内では運転免許や年齢制限などの運転資格は要求されず、アメリカでは一定の条件を満たせば16歳以下の子供でも公有地を運転することが許可される州もある[8]。一方、日本では体験操縦できる施設[9]や競技組織[10]においては年齢制限を設けている。また、メーカーによっては車種ごとに対象年齢を指定している場合もある[11]

日本の法規における扱い[編集]

日本では道路運送車両法に基づく保安基準を満たした一部の車両のみ公道を走行することができる。

50cc超[編集]

排気量が50ccを超えるもののうち、三輪のものは自動二輪車の保安基準を満たすことで側車付自動二輪の一種であるトライクとして登録できる場合がある。四輪のものは自動車として扱われ、保安基準も同等のものが適用される。このうち衝突安全性の基準や排出ガスの基準については、これらを満たした製品は日本では販売されていない。

2006年GGが製造し、GARAGE BOSSが輸入販売していたGGクアッドは小型自動車として登録できる[12]

現在は特殊自動車にも該当する分類がなく、「その他の車両」の分類として認める告示は国土交通省から発布されていないため、小型特殊自動車大型特殊自動車としての登録はできない[13]

50cc以下[編集]

2007年8月以降、日本では輸入車を含み道路運送車両法に基づく保安基準、排気ガス規制を満たしたATVは販売されていない。

主なメーカー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ANSI/SVIA 1-1990
  2. ^ [1]
  3. ^ This is a brief time line of the history of the ATV.
  4. ^ The History of ATVs Here is the Whole Story
  5. ^ 南米大陸に挑んだいろんな乗り物 ダカールラリー2017同行取材で観た!(その2)
  6. ^ Quad : the Giroud method
  7. ^ 2011 Polaris Sportsman Big Boss 6x6 800 ATV : Overview”. POLARIS INDUSTRIES INC.. 2011年6月24日閲覧。
  8. ^ Oregon Parks and Recreation Department: ATVs ATV Permits” (英語). Oregon Parks and Recreation Department. 2011年7月25日閲覧。 “Operator requirements (applies only to public OHV riding areas)”
  9. ^ 那須バギーパーク - 施設によって異なる(おおよそ6歳以上)
  10. ^ [2] - 日本ATV協会では「8歳以上」と年齢制限をかけている
  11. ^ ヤマハ発動機・ATV(四輪バギー)Q&AYFM50R(2007年モデル・国内販売終了)
  12. ^ GARAGE BOSS商品ページ
  13. ^ 荷台や乗員を保護する枠構造を持つサイド・バイ・サイド・ビークルは大型特殊自動車として登録が認められた例がある。
  14. ^ ATV(四輪バギー)”. ヤマハ発動機株式会社. 2017年5月16日閲覧。
  15. ^ Standard Motor Corporation”. Standard Motor Corporation. 2011年7月25日閲覧。
  16. ^ HOTA INDUSTRIAL MFG”. HOTA INDUSTRIAL MFG. 2013年8月11日閲覧。
  17. ^ ACCESS MOTOR”. ACCESS MOTOR. 2014年3月9日閲覧。
  18. ^ CEC”. CEC. 2014年3月9日閲覧。
  19. ^ Gibbs Sports Amphibians”. GIBBS SPORTS AMPHIBIANS INC. 2013年1月9日閲覧。
  20. ^ CFMOTO”. CFMOTO. 2017年5月27日閲覧。
  21. ^ Viar Motor”. Viar Motor. 2017年11月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]