ホットロッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホットロッドはクラシックカーをベースに、エンジンを強力にしてルーフを低くカスタマイズされている

ホットロッド: Hot rod)は、アメリカ合衆国1930年代に生まれた、カスタムカーのジャンルである。今日では、パフォーマンスだけでなくスタイリングもホットロッドらしい特徴的なスタイルのカスタマイズも、ホットロッドと呼ばれている。

解説[編集]

ホットロッドの語源は不明である[1][2]。一般的には hot roadster 「熱いロードスター」あるいは hot pushrod 「熱いプッシュロッド」が短縮されたものと言われている。「プッシュロッド」は典型的(古典的)なサイドバルブOHV型のエンジン構成において、カムシャフトカムに突き上げられる棒である。サイドバルブ型ではバルブと一体であり、OHV型ではプッシュロッド→ロッカーアーム→バルブの順で動きが伝えられる。ここでは、ホットロッドに使用されていた、アメリカで製造されていた一般的なV型8気筒 OHVエンジンのそれを指す。また、一説にはロッドは「コネクティングロッド」と男性器のスラングである「ロッド」をかけたものとも言われる。

1920年代から1930年代にかけてのフォード・モデルTや、フォード・モデルA(2代目。英語版)や1932 フォード(特に'32年型デュースクーペ〈英語版〉)を使い、ボンネット、窓ガラス、屋根、バンパーなどを取り除いたり、ピラーを切り詰めるチョップドトップを行い、ボディーの軽量化や見栄えの向上を行う例が多い。さらに、エンジンの出力を上げたり、現代の高性能なエンジンに載せ替えることもある。また、サスペンションの交換や車高の変更を行った個体も多い。また、代表的なカラーリングとしてフレイムペイントと呼ばれる火炎のような塗装を施すものがある。

ホットロッドはアメリカ文化の一部となっている。この時代の団塊の世代(アメリカではベビーブーマー)には、退職後、青春時代の思いを復活させるべく再び1930年代頃のフォードを購入して、ホットロッドマシンを自宅で作り上げる者もいる。

  1. ^ Hot rod”. ブリタニカ百科事典英語版. 2020年10月2日閲覧。
  2. ^ What Is Hot Rodding?”. SEMA. 2020年10月2日閲覧。