特殊部品市場協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

特殊部品市場協会[1]Specialty Equipment Market Association)、略称SEMA(セマ)は、アメリカ合衆国の自動車用アフターマーケット部品メーカーで構成される団体である。

特殊機器市場協会、専門装置市場協会、特別装備部品市場協会、特殊装備市場協会 などとも。

本部はカリフォルニア州ダイヤモンドバーDiamond Bar[2]。6383社が加盟している。

歴史[編集]

1963年Speed Equipment Manufacturing Association として、10社で設立された。創設者は、ロイ・リヒターRoy Richter)、エド・イスケンデリアン(Ed Iskenderian)、ウィリー・ガーナー(Willie Garner)、ボブ・ヘッドマン(Bob Hedman)、ジョン・バートレット(John Bartlett)、フィル・ウェイアンド・ジュニア(Phil Weiand, Jr.)、アル・シーガル(Al Segal)、ディーン・ムーンDean Moon)、ヴィック・エデルブロック・ジュニアVic Edelbrock, Jr)。

1970年、現在の名称に改名。

SEMAショー[編集]

アフターマーケット向け自動車部品メーカーが主体になって開催される見本市である。部品単体での展示、部品メーカー主導で作成されたデモカー、チューニングショップ主導で作成されたデモカー、自動車メーカーによる自社車両の展示(比較的高性能、ドレスアップされた車両、自動車メーカー傘下のレーシングチームやチューニングメーカーが作成した車両)等が展示される。ラスベガス・コンベンションセンターで毎年11月に開催されている。アメリカではモーターショーに準じている[誰によって?]

日本の自動車関連の見本市で比較すると、完成車主体の東京モーターショーでは無く、同じくアフターマーケット向け自動車部品の協会である『日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)』が開催する東京オートサロンに類似している。

出典[編集]

外部リンク[編集]