特殊自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大型特殊自動車から転送)
移動先: 案内検索
日本の運転免許 > 特殊自動車

特殊自動車(とくしゅじどうしゃ)とは、日本の自動車の区分の中で、特殊な用途のために特殊な形状構造をした自動車を言う。一般的に表現すると、作業機を取り付けた車両で、走行や運搬よりも、その作業機を使うことが目的の自動車。運転席と作業機の操作台は同じである。大型特殊と小型特殊に分かれる。

8ナンバーのものは特種用途自動車を参照。

法的な例示[編集]

道路運送車両法[編集]

道路運送車両法施行規則の別表第1によると、以下のように規定されている。

大型特殊自動車
一 次に掲げる自動車であつて、小型特殊自動車以外のもの
イ ショベル・ローダ、タイヤ・ローラ、ロード・ローラ、グレーダ、ロード・スタビライザ、スクレーパ、ロータリ除雪自動車、アスファルト・フィニッシャ、タイヤ・ドーザ、モータ・スイーパ、ダンパ、ホイール・ハンマ、ホイール・ブレーカ、フォーク・リフト、フォーク・ローダ、ホイール・クレーン、ストラドル・キャリヤ、ターレット式構内運搬自動車、自動車の車台が屈折して操向する構造の自動車、国土交通大臣の指定する構造のカタピラを有する自動車及び国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車
ロ 農耕トラクタ、農業用薬剤散布車、刈取脱穀作業車、田植機及び国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車
二 ポール・トレーラ及び国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車
小型特殊自動車
1、前項の「イ」のうち、最高速度が15キロメートル毎時以下、全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.8m以下のもの
2、前項の「ロ」のうち、最高速度が35キロメートル毎時未満のもの。

ここに規定がないので、農耕作業用自動車に関してはいくら大きくても小型特殊であるとされている。

道路交通法[編集]

道路交通法施行規則(昭和三十五年十二月三日総理府令第六十号)(自動車の種類)第二条によると、以下のように規定されている。

大型特殊自動車
カタピラを有する自動車(内閣総理大臣が指定するものを除く。)、ロード・ローラ、タイヤ・ローラ、ロード・スタビライザ、タイヤ・ドーザ、グレーダ、スクレーパ、ショベル・ローダ、ダンパ、モータ・スイーパ、フォーク・リフト、ホイール・クレーン、ストラドル・キャリヤ、アスファルト・フィニッシャ、ホイール・ハンマ、ホイール・ブレーカ、フォーク・ローダ、農耕作業用自動車、ロータリ除雪車、ターレット式構内運搬車、自動車の車台が屈折して操向する構造の自動車及び内閣総理大臣が指定する特殊な構造を有する自動車(この表の小型特殊自動車の項において「特殊自動車」という。)で、小型特殊自動車以外のもの
小型特殊自動車
特殊自動車で、車体の大きさが下欄に該当するもののうち、一五キロメートル毎時を超える速度を出すことができない構造のもの
車体の大きさ
長さ=4.70メートル以下
幅 =1.70メートル以下
高さ=2.00メートル以下(ヘッドガード、安全キャブ、フレームその他これらに類する装置が備えられている自動車で、当該装置を除いた部分の高さが2.00メートル以下のものにあっては、2.80メートル)

法律的な相違により、新小型特殊自動車とでも言うべき区分が発生する。つまり、高さが2.0から2.8メートルの範囲の特殊自動車はヘッドガードなど以外の部分が2.0メートルを超えていると、道路交通法上は小型特殊でなく大型特殊となり大型特殊免許が必要になるが、道路運送車両法上は2.8メートル以下でさえあれば小型特殊であるので、登録的には市区町村の登録でよいことになる。

農耕作業用自動車については、道路運送車両法とは異なり車体の大きさの除外規定がないので、道路運送車両法上は小型特殊であっても大型特殊免許が必要になる場合があるので注意が必要である。

2004年7月1日の改正で、排気量制限(1500cc以下)は撤廃された。

特殊自動車の区分[編集]

  • 小型特殊自動車
    • 全長4.7m以下
    • 全幅1.7m以下
    • 全高:ヘッドガード高さ2.8m以下でヘッドガードを除いた部分は2.0m以下
    • 最高速度15km/h以下
    • 総排気量 - 制限なし
    • 税金 - 軽自動車税
    • ナンバープレート - 市町村役場(おおむね緑色、原付と同じ大きさ)
    • 車検 - 不要
    • 自賠責保険 - 公道を走る場合は必要(農耕作業用は自賠責保険に加入できないため不要)、構内だけ走行なら不要
    • 運転免許証 - 公道を走る場合は、小型特殊免許、大型特殊免許、大型自動車免許、中型自動車免許、準中型自動車免許、普通自動車免許、大型自動二輪車免許、普通自動二輪車免許などが必要。原付免許以外の免許なら、全ての運転免許証で小型特殊自動車を運転できる(これらの免許を保持している状態で小型特殊の試験を受けようとすると「その必要はない」と受験を拒否される)。つまり、日本では平成14年末現在では73,773,619人が小型特殊自動車を運転できる。
  • 小型特殊自動車
    • 全長4.7m以下(農耕作業用は制限なし)
    • 全幅1.7m以下(農耕作業用は制限なし)
    • 全高2.8m以下(農耕作業用は制限なし)
    • 最高速度15km/h以下(農耕作業用は35km/h未満)
    • 排気量 - 制限なし
    • 税金 - 軽自動車税4,700円(農耕作業用は1,600円 ただし、農耕用の運搬車は4,700円)
    • ナンバープレート - 市町村役場(おおむね緑色、原付と同じ大きさ)
    • 車検 - 不要
    • 自賠責保険 - 公道を走る場合は必要(農耕作業用は自賠責保険に加入できないため不要)、構内だけ走行なら不要
    • 運転免許証 - 公道を走る場合は、大型特殊免許あるいは大型特殊二種免許が必要
  • 大型特殊自動車
    • 全長12.0m以下
    • 全幅2.5m以下
    • 全高3.8m以下
    • 最高速度 - 制限なし※ただし時速49キロ以下の自主規制がある
    • 総排気量 - 制限なし
    • 税金 - 固定資産税
    • ナンバープレート - 公道を走る場合のみ陸運支局など(おおむね白色、中板165ミリ高・330ミリ幅、9,0ナンバー)
    • 車検 - 公道を走る場合のみ必要、構内のみの場合不要
    • 自賠責保険 - 公道を走る場合は必要、構内だけ走行なら不要
    • 運転免許証 - 公道を走る場合は、大型特殊免許あるいは大型特殊二種免許が必要

特殊自動車の種類の説明(道路運送車両法の例示順)[編集]

「一イ」の分類[編集]

自走する農耕用でない特殊自動車

  • ショベル・ローダ : 前方にシャベルのついた建設機械でリフトアームにより上下させてバラ物荷役を行う二輪駆動の車両
  • ホイール・ローダ : 前方にバケットのついた建設機器で油圧リンクにより上下させてバラ物荷役を行う四輪駆動(中折れ式)車両。アタッチメント交換により、除雪(Vバネ、ロータリー)、道路清掃、フォークリフトなどとしても使用される車両
  • タイヤ・ローラ : 道路の転圧に使われる建設機械
  • ロード・ローラ : 道路の転圧に使われる建設機械
  • グレーダ : モータクレーダ。路面の整地や除雪に使われる建設機械
  • ロード・スタビライザ : 路盤整備用建設機械
  • スクレーパ : 路面をはがす建設機械
  • ロータリ除雪自動車 : 拡幅除雪に使用する、雪を飛ばす車両
  • アスファルト・フィニッシャ : アスファルト舗装の仕上げ機械
  • タイヤ・ドーザ : ドーザブレード(土工板)を持つタイヤ式の車両、日本では道路維持作業車として、除雪用に使用される場合が多い。
  • モータ・スイーパ : 路面清掃用の車両
  • ダンパ : ISO用語における重ダンプトラック、不整地運搬車のこと。公道外を走行し、大量の土砂や岩石等を大量に運搬できるように、また過酷な作業条件にも十分耐えられることを前提に制作された。
  • ホイール・ハンマ : 移動式のクレーンなどにハンマーを取り付けたタイヤ式の車両。
  • ホイール・ブレーカ : 移動式のクレーンなどにブレーカーを取り付けたタイヤ式の車両。
  • フォーク・リフト : 台数は最も多いと思われる。構内で無登録の車両も多い、荷役運搬車。
  • フォーク・ローダ : 前方にフォークのついた建設機械でリフトアームにより上下させて木材等の荷役を行う二輪駆動の車両
  • ホイール・クレーン : 移動式のクレーンで、自走可能な車輪の付いた物
  • ストラドル・キャリヤ : コンテナヤードターミナル内でコンテナの運搬を行う
  • ターレット式構内運搬自動車 : 卸売り市場などで荷車を牽引する車
  • 自動車の車台が屈折して操向する構造の自動車 : 中折れ構造のものを一般に例示
  • 国土交通大臣の指定する構造のカタピラを有する自動車
  • 国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車
    • 平成13年11月26日国土交通省告示第1664号で指定された特殊な構造を有する自動車および平成27年7月10日国土交通省告示第854号で指定が追加された特殊な構造を有する自動車
      • 林内作業車
      • 原野作業車
      • ホイール・キャリア
      • 草刈作業車
      • 歩道等移動専用自動車(平成27年追加。いわゆるセグウェイなど)

「一ロ」の分類[編集]

農耕用特殊自動車、道路交通法では農耕作業用自動車とひとくくりだが、道路運送車両法では例示されている

「二」の分類[編集]

自走しない特殊自動車。道路交通法的には牽引する車両で規制できるので、何もうたわれていない

  • ポールトレーラ : 被牽引自動車であり、ドローバーで連結されて走行する
  • 国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車

通行可能な道路など[編集]

高速道路及び最低速度規制のある自動車専用道路を通行するには、最低速度規制を満たす必要がある。これらの道路の多くは最低速度が50km/h規制であり、その場合小型特殊自動車は構造上15km/h以上出せないため(農業用は最高速度35km/h未満)通行できないことになる。大型特殊自動車では最低速度規制を満たせば、法律的には、ホイールクレーン(車両重量20トンを下回るもの)は許可なく自動車専用道路を走っても問題はない(ただし車体や総重量や積載方法などに許可が必要な場合は別)。最低速度規制のない自動車専用道路では、理論上はトラクターでも自動車専用道路を走ってもよいことになる。

しかし、法律が許しても、農機や重機のハイラグタイヤなどは時速30キロ程度でも大変危険であり、ブレーキ性能、カーブ性能、加速性能、直進安定性、車両重心等に大いに問題がある。ポールトレーラ以外の特殊車両で自動車専用道路を通行することは、現実的ではない。

また、バスなどの優先通行帯規制がある場合、小型特殊自動車は原則、優先通行帯以外の通行帯に出てバスを優先させなければならない規定になっている。その一方、バス(現実にはバス・二輪が多い)や二輪などの専用通行帯規制がある場合には、専用通行帯の専用の車両および原付・自転車以外の車両は原則、専用通行帯以外の通行帯に出なければならないが、小型特殊自動車は専用通行帯から出なくても良い規定になっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]