一発試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一発試験(いっぱつしけん)とは、主に日本における自動車運転免許証を取得する際に、各都道府県公安委員会公認の指定自動車教習所あるいは届出自動車教習所に通わず、学科および技能試験を直に運転免許試験場で受講(受験)し、合格後に指定自動車教習所において運転免許取得時講習を受講し、運転免許試験場に申請する、もしくは事前に特定届出自動車教習所で特定教習を受講し技能試験を直に運転免許試験場において受講(受験)することで免許を取得する方法の通称である。

概要[編集]

運転免許証の取得の際、日本では公安委員会指定の自動車教習所で技能教習を受け、卒業検定の合格により卒業証明書を受け、各都道府県運転免許試験場(免許センター)では卒業証明書の提出により技能試験が免除されて、学科試験のみの合格で運転免許の交付となることが一般的になっている。

これに対し、一発試験は自動車教習所に通うことなく、運転免許試験場(免許センター)において普通自動車第一種免許以上の免許を学科試験および技能試験(実技試験)や限定解除審査を直接受験することで運転免許証を取得する方法を指す。それゆえに、自動車教習所やそれに相当する施設の存在しない国においては、一般試験を受験することが免許取得においての必須条件となる。「飛び込み試験」「飛び入り試験」[1]などとも呼ばれる。

いずれも俗称であるが、試験場では「飛び入り試験」と記述されることもある。試験合格後直ちに免許証が交付されるわけではなく、指定自動車教習所において運転免許取得時講習が義務付けられており、それを受講した後に運転免許試験場に申請することで交付される。また、特定届出自動車教習所において事前に特定教習を受講し、試験に合格した後、免許が交付される。

普通免許未満の下位免許である原付免許小型特殊免許には、教習に関する規定がなく、取得希望者全員が運転免許試験場にて試験を受けるが、これらの免許は免許試験場での技能試験がもともとなく、学科試験のみで取得できることもあって、ことさらに「一発試験」と呼ばれることは少ない。一部の都道府県の指定自動車教習所では原付講習を受講し、修了証明書を発行してもらい学科試験を受験、合格した後、免許証を交付してもらうこともできる。一方で、大型特殊自動車第二種運転免許牽引自動車第二種運転免許には教習の規定がなく、一発試験に合格しなければ取得できない。

過去には、普通自動車第二種免許・大型自動車第二種免許、及び自動二輪免許の限定解除審査(現在の大型自動二輪免許)も、指定自動車学校での教習規定がなく、教習所では免許が取得できなかったため、これらの免許を取得しようとした場合においても、必然的に一発試験を受験する必要があった。

特徴[編集]

最大のメリットは自動車教習所に通うことなく、運転免許が取得可能であること。つまり、教習所の教習料金および教習に関わる時間を節約できることである。しかしながら、運転免許試験場における技能試験(一発試験)は、指定自動車教習所の技能検定(審査・検定)に比較して合格点は同一であるものの採点基準が非常に厳格であるため、合格率はかなり低く難関である[2]。また、運転免許試験場では受験の度に各種手数料を支払う必要があるため、ある程度の受験回数で合格しなければ一発試験のメリットは小さくなる。

自動二輪車免許では、服装から厳しく、半袖半ズボン、スカートは不可で、夏でもヘルメット、プロテクター、長袖長ズボン、手袋着用の他、サンダル、下駄、ハイヒールも不可であるため、ライダーブーツ、ライダーシューズが基本となるが、ない場合はくるぶしが隠れるほどの普通のブーツ、運動靴、スニーカー、革靴、安全靴でも可能である。特に、紐靴で受験する場合は、AT限定に関しては特に問題はないが、MTは右足で後輪ブレーキ、左足でギアチェンジを行わなくてはならないため、紐が絡まる恐れがあり、フロントロックによる転倒を引き起こすこともあるため注意が必要となる(受験することは可能)。手袋もオープンフィンガーグローブは不可とされており、基本的にはライダーグローブとなるが、ない場合は革手袋や軍手でも可能である。試験場によってはヘルメットを貸し出ししているが、持参が基本である。持参するヘルメットも試験場によっては転倒の際の安全のため半キャップは不可とされフルフェイスまたはジェットとなっている所もある(試験場によっては受験生の表情などを確認するためジェットを推奨している所もある。その際、バイザーを挙げるよう指導される試験場もある。)。試験場によってはプロテクターも任意の所と義務の所があり、貸し出しをしている所もあるが持参が基本である。その際、ずれたりはずれないように注意が必要である。

そういった条件を満たさない場合、受験は拒否される場合がある。特に大型自動二輪車では試験を受ける前日に事前審査も行われており、それに合格しなければやはり受験を拒否される。

大型特殊第二種免許およびけん引第二種免許には、教習に関する規程がないため指定自動車教習所届出自動車教習所での教習や技能検定は行われていない。従ってこれらの免許を取得する場合は、必ず一発試験を受験し、合格しなければ免許を取得することが出来ない。

都道府県においては大型特殊第二種免許やけん引第二種免許について、一発試験を実施していない都道府県も存在している。免許センターの側でも、受験を予約制にしたり連続試験に制限をつけたりすることで、間接的に一発試験の受験に何らかの規制を加えている所もある。

試験官[編集]

一発試験の技能試験における試験官は、運転免許試験官としての教養(新規指定者680時間再指定者63時間以上の)教育を修了し公安委員会より指定を受けたもので25歳以上かつ巡査部長以上の階級の警察官(多くが白バイ隊員、もしくは、自動車警ら隊員経験者)若しくはそれに相当する警察職員によって行われる。

各都道府県公安委員会公認の自動車教習所の修了検定・卒業検定が、その自動車教習所に勤務している技能検定員にて試験される場合とは異なっている[3]

採点基準[編集]

一般試験の採点基準は、警察庁交通局運転免許課が定める「運転免許技能試験に係る採点基準」によって持ち点100点からの減点方式により採点される。

このうち、左折時の巻き込み防止措置不適の項目で一部試験官により採点基準が表と異なっているものもあり、必ずしも採点基準表どおりに採点は行われていない。[要出典]

実例として、愛知県の平針にある運転免許試験場では、大型特殊自動車の左折時には、道路左側端から30cm以上車輪が離れると巻き込み防止不適当判定もしくは、右左折方法違反(大回り)とされ、減点対象となる。[要出典]しかし、採点基準表には、おおむね1m以上離れている時と記載されている。また、交差点の隅きり半径3m未満の場合に至っては1.5m以上と記載されており、道路状況などを考慮したこのような採点基準のため、一発試験をより難化させている。[要出典]

技能試験合格基準[編集]

車種・試験別の技能試験合格点数は次の通り。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 普通・準中型受験手続き(飛び入り)”. 兵庫県警察. 2017年10月6日閲覧。
  2. ^ 東京都にある届出自動車教習所の関係者によれば、過去に免許を持っていた人も含めても、合格率は「概ね2割程度」だという。 クルマの「一発免許」、初心者には到底オススメできないワケ(2ページ目) 乗りものニュース、2017年2月26日(2017年3月14日閲覧)。
  3. ^ ただし、指定自動車教習所においても教習が適正に行われているかを確認することを目的に、技能試験の際に管轄の公安委員会から試験官を派遣して検定を実施したり、また卒業後に各運転免許試験場で学科試験を受験する際に、合否には関係しないが無作為に選んだ数人に場内コースを運転(抽出検査)させることもある。

外部リンク[編集]