オープンフィンガーグローブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
掌まで空いている、総合格闘技用オープンフィンガーグローブ
Open palm MMA or grappling protective traing gloves.jpg

オープンフィンガーグローブ(open-fingered gloves)は、指が露出した手袋総合格闘技や各種スポーツでも使用されている(#そのほか)。

歴史[編集]

1889年明治22年)、日本伝講道館柔道の創始者であり当時学習院教頭であった嘉納治五郎は「柔道一班並ニ其ノ教育上ノ価値」と題し、柔道の概略と教育的価値についての講演を行っている。その中で嘉納は柔道の目的を「体育法(体育)」「修心法(教育)」「勝負法(真剣勝負・武術)」と説き、当身を含み対処する柔道の「勝負法の乱取り」の可能性、構想について述べた。その中においてオープンフィンガーグローブの原形の構想についても言及されている。「実際の勝負に効験のある手は(略)初めから一種の約束を定めておいて又打ったり突いたりする時は手袋の様なものをはめて致しますれば、勝負法の乱捕も随分できぬこともございませぬ。(略)やはり一種の乱捕があった方がよかろうと思われます。」[1]

また、海外に渡り多くの異種格闘技戦を戦った柔道家前田光世は海外から日本在住の友人薄田斬雲宛に手紙を送っており、斬雲はそれを雑誌『冒険世界』『武侠世界』に投稿している。それをまとめた単行本『世界横行・柔道武者修行』(1912年)『新柔道武者修行 世界横行 第二』(1912年)において前田の考案したオープンフィンガーグローブについての言及が確認出来る。 「何らかの道具を新案して、当てる蹴るの練習をする必要がある。僕はいま、ゴム製の拳闘用手袋風にして、指が一寸ばかり(約三センチ)出るようなものを新案中だ。それから、軽い丈夫な面を、これもゴム製にして、目と鼻腔の呼吸をなし得るものを新案中だ。胸は撃剣の胴のようなものをつけてもよい。これで当てることと蹴ることの練習をやる。それから袖をとりに来る手の逆を取ること。以上の練習は柔道家には、ぜひとも必要と考える。」[2][3]

1927年東京帝国大学唐手研究会が剣道籠手をベースにして製作し、防具付き空手の発祥となった[4]。この時は同時に以外の胴体を保護するものも合わせて製作された[4]1945年以降、韓武舘錬心舘錬武舘などに引き継がれ、1967年には極真会館も発表しており、これらの団体はオープンフィンガーグローブのみではなく、全身の防具の一つとして製作されている[5][6][7]1977年にはアントニオ猪木チャック・ウェプナーとの試合で佐山聡が試作していたオープンフィンガーグロープを使用。佐山はシューティングを創始した際に、「打・投・極」がスムーズに行えるように早くからオープンフィンガーグローブを採用し、ほとんどの総合格闘技で採用されている。

オープンフィンガーグローブは手を被う部分が限定的であるため、価格はボクシンググローブに比べ割安となっている。また製作の際には市販の手袋生産のノウハウが流用できるため、生産しているメーカーもボクシンググローブより幅広い。オープンフィンガーグローブと呼ばれるなかでも、とくに修斗で使われだしたオープンフィンガーグローブのことを、シュートグローブと呼ぶことがある。

形状は大きく分けると修斗グローブのように親指にもグローブが付いているものと、UFCで使われる親指が完全に露出しているサムレススタイルがある。後者は親指が自由な分グラップリングを行いやすい反面親指を痛めやすい。

難点としてはボクシンググローブと比較すると露出している指を痛めやすく、故意もしくは不注意によりサミングが頻発する点が挙げられる。実際、総合格闘技の試合ではオープンフィンガーグローブ越しのサミングで試合がストップになる事例も数多く見られる。

メーカー[編集]

そのほか[編集]

指抜きグローブ

ゴルフ自転車競技等のスポーツで通常のグローブ同様、グリップ力の上昇や手の保護の為に用いられる。指先が空いているため厚手であっても指先の感覚が鈍くなることはない。

一方で四輪のモータースポーツにおいては、手袋に火傷対策の意味もあるため、2016年の規約では、オープンフィンガーグローブを禁止する文言そのものは無いものの、使用できるグローブとして「レーシンググローブ(耐火炎性)」という規定を設けているものが多く、事実上使用はできない[8][9][10]。また、二輪についても、少なくともロードレースにおいては、サーキット走行のみでも「肌を露出しないもの」が推奨されているサーキットもあり[11][12]、2016年現在の国際競技規則の「指関節部プロテクションが施されていなければならない」という規定[13]を合わせると、オープンフィンガーグローブの使用は事実上できないと思われる。レーシングカートについては、2016年現在の規定において、グローブは「手首まで完全に覆う物」と定められている[14]。さらに、ATVスノーモービル水上オートバイのモータースポーツにおいても手袋に受傷防止対策の意味もあるため、オープンフィンガーグローブの使用は明確に禁止されているのが一般的である。[要出典]

女性用のパーティーなどの礼装用「ドレスグローブ」と呼ばれるものにも、このオープンフィンガータイプ(指の部分だけ露出するもの、あるいは手首だけ露出するサポーター風のもの)が実在する。

脚注[編集]

  1. ^ 『嘉納治五郎大系 第二巻』講道館 本の友社
  2. ^ 『世界横行・柔道武者修行』前田光世・記
  3. ^ 『―日本プロレス秘話―力道山以前の力道山たち』小島貞二 三一書房
  4. ^ a b 儀間真謹藤原稜三 『対談・近代空手道の歴史を語る』 ベースボール・マガジン社、1986年10月、147頁。ISBN 4583026064
  5. ^ 「全日本空手選手権大会の構想進行中」、『近代カラテ』第12巻第14号、1967年6月
  6. ^ 大山倍達 『ダイナミック空手』 日貿出版、1967年NCID BA66358869
  7. ^ 大山倍達 「第八章」『100万人の空手』 東都書房、1969年NCID BA66250705。「これが新しい空手だ」
  8. ^ 2016 岡山国際サーキット 4輪レース一般競技規則書 (PDF)”. 岡山国際サーキット. p. 8. 2017年1月9日閲覧。
  9. ^ 2017国内競技車両規則 第4編付則 (PDF)”. 一般社団法人日本自動車連盟. 2017年1月9日閲覧。
  10. ^ 安全なモータースポーツのためのドライバーガイド (PDF)”. 国際自動車連盟. p. 6. 2017年1月9日閲覧。
  11. ^ FISCOライセンステキスト (PDF)”. 富士スピードウェイ. 2017年1月9日閲覧。
  12. ^ 2輪走行車両規定”. エビスサーキット. 2017年1月9日閲覧。
  13. ^ 2016FIMロードレース世界選手権グランプリ規則 (PDF)”. 一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会. 2017年1月9日閲覧。
  14. ^ 2016国内カート競技規則 (PDF)”. 一般社団法人日本自動車連盟. 2017年1月9日閲覧。