スカジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

スカジャンとは光沢のある化繊刺し子地で作られ、背中に大型で派手な刺繍が施されているスタジャンに似た形状のジャケット。リバーシブルになっていることが多い。

第二次世界大戦後に、日本を占領する連合国軍として横須賀周辺に駐留したアメリカ軍兵士達が自分のジャケットに和風の刺繍を入れてもらったのが始まりで、日本発祥の洋服といわれることもある。ファッションの象徴のひとつとして、現在ではファッションとして幅広い年代に愛用されている。

名前の由来[編集]

第二次世界大戦後間もない頃、横須賀米軍基地で日本駐留のアメリカ軍兵士達が記念としてなどのオリエンタル柄や自分の所属していた部隊や基地などのエンブレムをデザインした刺繍をテーラーショップにオーダーしたのが始まり。 最初期のものは米兵が各々持ち込んだ落下傘の生地(当時はシルク)を染色し、ジャンパーに仕立てた後、刺繍職人が希望の刺繍を施す完全オーダー品であった。

戦後、アメリカ軍兵士たちの間では、お土産物のジャケットを意味する「スーベニールジャケット」「スーベニアジャケット」などの呼び方で親しまれた。

1960年代頃から「スーベニールジャケット」は「スカジャン」と呼ばれるようになった。由来については以下の2つがある。

  • 「横須賀ジャンパー」の略
  • 横須賀のジャンパーによくスカイドラゴンの刺繍が施されていたことから、スカイドラゴンジャンパーの略

なお定番の鳥の刺繍は、鷲なのかなのかで議論になることもあるが、横須賀の老舗ショップでは一般的に「鷹」と呼ぶ。

生地[編集]

スカジャンには「サテン」と「別珍」という二つの生地が使われることが主流である。サテンには、レーヨンアセテートポリエステル等がある。シルクが使われているものもある。

防寒性を高めたスカジャンによく使われるキルティングは、スカジャンを作る時の材料不足を補うための苦肉の策から生まれた。シルクと同じように当時は綿も豊富になかったので紡績工場などから出る綿クズを固めて足りない分の綿を補ったのだが、これでは真綿のように絡み合うことがないため着ている内にどんどん下の方に中身が落ちてしまう。それを防ぐためにダウンジャケット同様のキルティングが採用された。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]