繻子織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しゅす織りの一種である本しゅす(サテン)。

繻子織(しゅすおり、朱子織とも書く)は、経糸(たていと)・緯糸(よこいと)五本以上から構成される、織物組織三原組織)の一つである。経・緯どちらかの糸の浮きが非常に少なく、経糸または緯糸のみが表に表れているように見える。密度が高く地は厚いが、斜文織よりも柔軟性に長け、光沢が強い。ただし、摩擦や引っかかりには弱い。

主なしゅす織り[編集]

関連項目[編集]