アマドゥ (キノコ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ツリガネダケ
アマドゥから作られたルーマニア帽

アマドゥ英語:Amadou)は、多孔菌から作られる可燃性スポンジ状の素材である。 一般的に、ツリガネダケ(別名:ホクチタケ)が使われる。キノコの外皮の下から、孔口部にかけての層がアマドゥとして使用できる[1]

利用[編集]

燃えやすく加工することで、古来から火をつける際の火口や、焚き付けとして使われる。また、フェルトのように衣類素材、水をぬぐうスポンジとして利用される。

火口
火口として利用するには、平坦に加工後、硝酸カリウムに浸し煮沸する必要がある。別のやり方としては、細かくスライスしたアマドゥを一週間炭酸ナトリウムに浸しながら、ときどき軽く叩く。平坦に均して乾燥させると、火口として利用できるようになる[1]
アマドゥはほくちとして古代から利用されていた。アルプス山脈山中で発見された紀元前33世紀の氷結ミイラアイスマン」は、黄鉄鉱火打石と共に本種をほくちとして所持していた。[2]
スポンジ
アマドゥは優れた吸湿性を持ち、フライ・フィッシング疑似餌の水をふき取るのに使われる[3]
衣類
フェルト状の繊維質を持つため、帽子などのアイテムを作るのに利用される[4][5]
医療
傷口に貼り燃やすことで焼灼止血法を行っていた。20世紀初頭まで、ヨーロッパでは薬局でガーゼ脱脂綿の代わりとしても販売されていた[6]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Jon Beer (2001年10月13日). “Reel life: fomes fomentarius”. The Telegraph. 2016年5月15日閲覧。
  2. ^ Cotter T. (2015). Organic Mushroom Farming and Mycoremediation: Simple to Advanced and Experimental Techniques for Indoor and Outdoor Cultivation. Chelsea Green Publishing. p. 281. ISBN 978-1-60358-456-2. http://books.google.com/books?id=cHnLCQAAQBAJ&pg=PA281. 
  3. ^ John Van Vliet (1999). Fly Fishing Equipment & Skills. Creative Publishing. ISBN 0-86573-100-4.
  4. ^ Greenberg J. (2014). Rivers of Sand: Fly Fishing Michigan and the Great Lakes Region. Lyons Press. p. 93. ISBN 978-1-4930-0783-7. http://books.google.com/books?id=rPpABAAAQBAJ&pg=PA93. 
  5. ^ Pegler D. (2001). “Useful fungi of the world: Amadou and Chaga”. Mycologist 15 (4): 153–154. doi:10.1016/S0269-915X(01)80004-5. ""In Germany, this soft, pliable 'felt' has been harvested for many years for a secondary function, namely in the manufacture of hats, dress adornments and purses."" 
  6. ^ Göra eld med fnöske”. 2016年5月15日閲覧。

関連項目[編集]