吸湿性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吸湿性(きゅうしつせい Hygroscopy)とは、物質が水分吸収、もしくは吸着する性質のことである。セルロース鎖を持つ砂糖などが、空気中の水分を吸収して溶ける性質(潮解)が身近な例である。

吸湿性を利用した製品等[編集]

  • 乾燥剤:吸着性を利用したシリカゲルや、潮解性を利用した塩化カルシウムを利用した吸湿剤。前者は湿気を嫌う煎餅などの食品包装中に、後者は押入などの局所的な乾燥に用いられる
  • 土壁:珪藻土などの吸湿性に着目して、かつて日本家屋で多用された。
  • 紙おむつ:高分子吸収体を配合したおむつ
  • 防寒衣料:ウール合成繊維に加工を施し、吸湿性を高め人体の熱損失を抑えた衣料(吸湿発熱繊維)。

関連項目[編集]