吸湿発熱繊維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吸湿発熱繊維(きゅうしつはつねつせんい)とは、などの水分を吸収して発熱する繊維

スポーツウェアや肌着[1]膝サポーター腹巻、キルティングの中綿などに用いられる。吸湿発熱素材吸湿発熱ウェアと呼ばれることもある。

日本では、2003年ユニクロが「ヒートテック」を発売するなどがあり、定番商品となるくらい一般に普及した[2]

吸湿発熱の原理・概要[編集]

古くから、羊毛繊維などで吸湿して暖かくなることは知られていた。これは、水分が繊維表面の水酸基などに吸着されて、運動エネルギーが熱エネルギーに変換されるためである。こういった発熱反応凝縮熱吸着熱水和熱・吸湿発熱とも呼ぶ[3][2][4][5]

羊毛などよりも繊維を細くし全体の表面積を増やすことで水分を多く含むようにした合成繊維が開発された。このような吸湿性能を高めた繊維と綿などを混用した素材を「吸湿発熱素材」と呼び、商品化が行われている[3][2]

無限に発熱を続けるわけではなく、繊維の吸湿が飽和状態になるとそれ以上は発熱しなくなるため、衣料に用いた場合の効果は最初の数分から十数分に限られる[6][7][8]

商標例[編集]

その他[編集]

全くの別物として、吸湿発熱ではなく、太陽光を蓄熱する「蓄熱保温素材」(セラミックスによる吸光熱変換機能)[11]、加熱されることで遠赤外線を放射するセラミックス繊維[12]などもある[3]

脚注[編集]

  1. ^ 三省堂『スーパー大辞林3.0』 【発熱素材】
  2. ^ a b c 「発熱」は最初の3分だけ!? 大ブーム“あったか衣料”の真実”. 日経トレンディ (2010年12月29日). 2014年12月4日閲覧。 p-1
  3. ^ a b c KASEN TOPICS No.22:クールビズとウォームビズ対応素材”. 日本化学繊維協会 (2006年4月). 2014年12月5日閲覧。
  4. ^ 吸湿発熱性試験”. 一般財団法人ボーケン品質評価機構. 2014年12月5日閲覧。
  5. ^ ヒートテックって、ホントにあったかいの?”. Excite Bit コネタ/珍満軒/studio woofoo (2009年1月26日). 2014年12月5日閲覧。
  6. ^ a b c 「発熱」は最初の3分だけ!? 大ブーム“あったか衣料”の真実”. 日経トレンディ (2010年12月29日). 2014年12月4日閲覧。 p-2
  7. ^ 技術ラボ便り:吸湿発熱性について”. 一般社団法人ケケン試験認証センター (2014年8月26日). 2014年12月5日閲覧。
  8. ^ 【各種機能性】吸湿発熱性”. 一般財団法人ボーケン品質評価機構(旧・財団法人日本紡績検査協会). 2016年7月21日閲覧。
  9. ^ エクス - 日本エクスラン工業
  10. ^ 高吸湿発熱繊維 モイスケア - 東洋紡 AP事業部
  11. ^ ユニチカトレーディングの「サーモトロン」やクラレの「ブラックシリカ」など。
  12. ^ クラレの「ロンウェーブ」など。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]