火口 (点火具)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
左から火打石(フリント)、火打金、炭の火口、灰汁に付けて乾燥させたキノコの火口

火口(ほくち)とは、火打石火打金などで起こしたを最初に着火させるために用いる燃えやすい燃料である。着火した火口を火種とし、その火を目的物に接近させて点火する。どんな火花からでも燃焼する「燃えやすさ」を持った素材が用いられる。

火口や火打石などの点火用の道具一式を入れた箱を火口箱という。

燃焼しやすい条件[編集]

燃えやすい条件として、以下の条件があげられる[1]

これらを備えると、火口として使える。

代表例[編集]

木材を燃えやすくする加工(フェザースティック

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ マンガでわかる危険物乙4類試験 p.172 著者: 望月あきら、ウェルテ
  2. ^ Cooper, Donald C. (2005). Fundamentals of search and rescue. National Association for Search and Rescue (U.S.) (illustrated ed.). Jones & Bartlett Publishers. p. 341. ISBN 0-7637-4807-2. http://books.google.com/books?id=JWNcKsY6DfMC&pg=PA71 2009年4月14日閲覧。.