アザミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アザミはスコットランドで紋章のバッジとして用いられる。

アザミ(薊)は、キク科アザミ属 (Cirsium) 及びそれに類する植物の総称。標準和名を単にアザミとする種はない[1]スコットランド国花。アザミの根は、山牛蒡(やまごぼう)として漬け物に用いられている。

特徴[編集]

は深い切れ込みがあるものが多い。また、総苞にトゲが多く[1]、さわるととても痛いものが多い。触れれば痛い草の代表である。

頭状花序管状花のみで作られていて、多くのキクのように周囲に花びら状の舌状花が並ばない。花からは雄蘂や雌蘂が棒状に突き出し、これも針山のような景色となる。花色は赤紫色紫色がほとんどで、まれに白色もある[1]。種子には長い冠毛がある。

若いときには根出葉があり、次第に背が高くなり茎葉を持つが、最後まで根出葉の残る種もある。草原や乾燥地、海岸などに出るが、森林内にはあまり出現しない。別名刺草。名前の由来は、アザム〈傷つける、驚きあきれる意〉がもとで、花を折ろうとするととげに刺されて驚くからという説がある。

文化[編集]

紋章や象徴
スコットランドでは、そのトゲによって外敵から国土を守ったとされ国花となっている。花言葉は「独立、報復、厳格、触れないで」。
ロレーヌ公国を象徴する花となっている。
食用
食用とする部位は、主に若い茎葉である[1]。例えばノアザミは若い茎葉を、サワアザミは春の太い芽立ちを根本近くから摘んで食べる[1]。その他のアザミ類でも、スジが固かったり、香りが少なかったりはしても、芽先だけ摘んでくれば食べることは出来る[1]。新芽は山菜として、灰汁があるため茹でて灰汁抜きしたあとに、油でいためてから煮物にしたり、そのほか和え物天ぷらなどにして食べられる[1]青森県津軽地方や青森市、東北町を中心とする東北地方や長野県の一部では、春先にアザミの若芽がスーパーマーケットに並び、食用として売られ、主に味噌汁の具として使われる。
根はゴボウのように食べることができ、きんぴら味噌漬物などにする[1]。「山ごぼう」や「菊ごぼう」などといわれることもあり、味噌漬けなどの加工品として山間部の観光地・温泉地などで販売される「山ごぼう」は多くの場合、栽培されたモリアザミの根である[1][注 1]
蜜源植物としてはちみつが生産される。また、この植物は鳥や蝶など多くの種を養っている。
民間医療
古代では、育毛剤。近代では、頭痛、ペスト、潰瘍の痛み、めまい、黄疸の治療薬と考えられた[3]
畜産や園芸
とげがあり、繁殖力もあり、一部の種は強くはないが毒があるため、あまり歓迎されない[4][5]

[編集]

世界に250種以上があり、北半球に広く分布する。地方変異が非常に多く、日本でも70種以上あるとされるが[1]、現在も新種が見つかることがある。種類を見分けるのは容易ではなく[1]、さらに種間の雑種もあるので分類が難しい場合もある。

以下の種は比較的分布が広いものである。

  • ノアザミ C. japonicum DC.:春のアザミは大体これと考えてよい。本州〜九州。この種の園芸品種をドイツアザミというが、実際はドイツとは無関係である。
  • タイアザミ C. nipponicum var. incomptum:大薊。大きなアザミのことで、別名、トネアザミ(利根薊)という。ナンブアザミの変種で関東地方に多い。
  • フジアザミ C. purpratum (Maxim) Matsum.:花の直径が8cmにも達する(花の画像:フラボン)。関東〜中部地方の山地。
  • ノハラアザミ C. tanakae :秋に花を咲かせる。本州中部地方以北の山地。
  • ハマアザミ C. martitimum Makino:海岸性のアザミで、葉が厚くてつやがある。本州中部以南、九州までの太平洋岸。
  • モリアザミ C. dipsacolepis (Maxim) Matsum.:本州〜九州の草原。時に食用に栽培される。
  • ナンブアザミ C. nipponicum (Maxim) Makino:本州中北部では普通。変種を含めると、四国まで一帯に分布。
  • オニアザミ C. borealinipponense Kitam.:中部地方、東北地方の日本海側。
  • キセルアザミ C. sieboldii :湿原。
  • サワアザミ C. yezoense :近畿以北の日本海側沢沿。
  • タチアザミ C.inundatum Makino: 北海道から本州の日本海側の湿地。
  • ツクシアザミ C. suffltum (Maxim.) Matsum.:九州では一番普通なアザミ。四国、九州に分布。
  • タカアザミ C. pendulum Fisch. ex DC.:北海道、本州の北部に分布。東アジアにも分布する。

ごく分布の限られたものも多い。

南方島嶼には以下の種がある。

繁殖方法[編集]

根が冬越しする他に、綿毛(冠毛)の着いた果実が風で飛散して増える。受粉は昆虫による虫媒花である。

近縁な群[編集]

アザミ属の植物とよく似ていたり、名前に「アザミ」が付いたりするが、アザミ属の植物でない物もある(ヒレアザミキツネアザミミヤコアザミマツカサアザミルリタマアザミなど)。また、トウヒレン属ヒゴタイ属もよく似た花を咲かせる。ゴボウも花はよく似ている。「チョウセンアザミ」の和名を持つアーティチョークはアザミ属ではなく、チョウセンアザミ属である[注 2]

有毒植物との区別と注意[編集]

学術上の種名、ヤマゴボウヨウシュヤマゴボウはいずれもキク科ではなく、モリアザミなどのアザミとは類縁関係の遠いヤマゴボウ科であり、薬用にはなるが、食用になるどころか有毒植物であり、混同して誤食しないよう注意を要する。

その他の画像[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ヤマゴボウ(ヤマゴボウ科)という名の植物も別にあるが、この植物の根は有毒のため食べてはいけない[2]
  2. ^ フェリーニの映画『』のヒロイン・ジェルソミーナがピエロのイルマットに「アザミ顔」と言われているアザミはアーティチョーク(: carciofo)のことである。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 吉村衞 2007, p. 28.
  2. ^ 吉村衞 2007, p. 29.
  3. ^ Grieve, Maud. “A Modern Herbal”. 2011年6月3日閲覧。
  4. ^ W. T. Parsons; Eric George Cuthbertson (2001). Noxious Weeds of Australia. Csiro Publishing. pp. 189–. ISBN 978-0-643-06514-7. https://books.google.com/books?id=sRCrNAQQrpwC&pg=PA189 
  5. ^ Watt, John Mitchell; Breyer-Brandwijk, Maria Gerdina: The Medicinal and Poisonous Plants of Southern and Eastern Africa 2nd ed Pub. E & S Livingstone 1962

参考文献[編集]

関連項目[編集]