道 (1954年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
La Strada
La Strada.jpg
監督 フェデリコ・フェリーニ
脚本 フェデリコ・フェリーニ
トゥリオ・ピネッリ
エンニオ・フライアーノ (協力)
製作 カルロ・ポンティ
ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 アンソニー・クイン
ジュリエッタ・マシーナ
音楽 ニーノ・ロータ
撮影 オテッロ・マルテッリ
配給 日本の旗 イタリフィルム / NCC
公開 イタリアの旗 1954年9月22日
日本の旗 1957年5月25日
上映時間 104分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
配給収入 1億1156万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

』(みち、: La Strada; ラ・ストラーダ)は、1954年製作・公開のイタリア映画

フェデリコ・フェリーニ監督作品で、第29回アカデミー賞外国語映画賞」を受賞した。自他共に認めるフェリーニの代表作の一つ。フェリーニの作品の中では最後のネオリアリズム映画といわれる。チネチッタ撮影映画。ストーリーは道化師たちの悲哀が展開し、破天荒な監督フェリーニの人生が反映されている。同じくネオリアリズムのビスコンティは伯爵貴族であったが一方フェリーニは、少年時に神学校を脱走してサーカス小屋に逃げ込んで連れ戻されたり、10代で駆け落ちをしたり、ローマで放浪生活をして詐欺師にまでなっていた過去がある。

家族主義やローマ・カトリックの色濃い国家イタリアで生まれ育ったフェリーニ監督の著書『私は映画だ / 夢と回想』(1978年)に、映画『道』に関する次のような記述がある[2]

  • 近代人としての私たちの悩みは孤独感です。そしてこれは私たちの存在の奥底からやってくるのです。どのような祝典も、政治的交響曲もそこから逃れようと望むことはできません。ただ人間と人間のあいだでだけ、この孤独を断つことができるし、ただ一人一人の人間を通してだけ、一種のメッセージを伝えることができて、一人の人間ともう一人の人間との深遠な絆を彼らに理解させ —— いや、発見させることができるのです。
  • まったく人間的でありふれたテーマを展開するとき、私は自分で忍耐の限度をはるかに越える苦しみと不運にしばしば直面しているのに気づきます。直観が生まれ出るのはこのようなときです。それはまた、私たちの本性を超越するさまざまな価値への信仰が生まれ出るときでもあります。そのような場合に、私が自分の映画で見せたがる大海とか、はるかな空とかは、もはや十分なものではありません。海や空のかなたに、たぶんひどい苦しみか、涙のなぐさめを通して、神をかいま見ることができるでしょう —— それは神学上の信仰のことというよりも、魂が深く必要とする神の愛と恵みです。

ストーリー[編集]

旅芸人のザンパノは芸の手伝いをする女が死んでしまったため、その姉妹のジェルソミーナをタダ同然で買い取った。粗野で暴力を振るうザンパノと、頭が弱いが心の素直なジェルソミーナは一緒に旅に出る。

道化の格好で芸をするジェルソミーナ。新しい生活にささやかな幸福さえ感じていたのだが、ザンパノの態度に嫌気が差し、街へと逃げていく。そこで陽気な綱渡り芸人イル・マットに出会う。ジェルソミーナはザンパノに連れ戻されるが、イル・マットのいるサーカス団に合流することになる。イル・マットはザンパノと古くからの知り合いらしく、何かとからかってザンパノを逆上させる。ある日、我慢の限界を超えたザンパノはナイフを持って追いかけるのだが、その行いで逮捕されてしまう。

イル・マットはサーカス団から追放され、ジェルソミーナに助言を与え、やがて去って行く。世の中のすべては何かの役に立ち、ジェルソミーナも役に立っている、それはが知っているという。この夜、ジェルソミーナはイル・マットが運転するザンパノのバイクの荷台に乗せられ、ザンパノのもとへ送られる。翌朝、2人は到着した。イル・マットは行き、ジェルソミーナはザンパノのバイクにもたれかかってザンパノを待ち、釈放されたザンパノはジェルソミーナがやってきて自分のバイクもここにあるこの事態に渋い表情を見せる。

ジェルソミーナとザンパノは再び2人だけで芸をする日々をすごした。しかし後日、ザンパノは自動車の車輪の不具合を直すイル・マットを見かける。仕返しする機会を待っていたザンパノはイル・マットを撲殺する。

ジェルソミーナは、イル・マットの死に放心状態となる。ザンパノは、大道芸のアシスタントとして役に立たなくなったジェルソミーナを見捨て、居眠りしている彼女を置き去りにして去ってゆく。

幾年かの時が流れ、見知らぬ海辺の町に立ち寄ったザンパノは、ジェラートをほおばりながら、耳慣れた歌を耳にした。それはジェルソミーナがよくラッパで吹いていた曲だった。これを歌っていた町娘にザンパノがたずねると、ジェルソミーナと思われる旅芸人が、この町に来ていたことがわかった。ある朝、この旅芸人は死んでいたという。少し老いたザンパノは、往年の鎖芸をこの町のサーカスで披露する。酒場で暴れた後、海岸にやってきたザンパノは天を仰ぎ地にしがみつき、絶望的な孤独感に打ちのめされ、ひとり嗚咽を漏らし、ラストを迎える。

キャスト[編集]

役名、俳優、テレビ版吹替声優[3]の順に記載。

  • ザンパノ:アンソニー・クイン小松方正)- Zampanòという名前の由来のzampa(ザンパ)は動物の脚やひずめ諧謔で人間のにも使われる。粗野の象徴。彼の粗暴は、同業の綱渡り道化師イル・マットを殴り倒し、自動車を川に沈め、ワイン酒場で喧嘩をして追い出され、店外に置いてあるドラム缶をスクリーンのほうに放り投げる。道化師としての彼は、ディケンズクリスマス・キャロル』さながらの鎖芸を見世物とする。これは、鎖を胸に巻き付け、鉤(フック)を破壊して封印を解くという素朴な怪力芸で、「鋼鉄の肺の男」の異名を持つ。彼はアメリカ製のバイクで巡業する。このバイクは、『道』の前年に公開されたチネチッタ作品『ローマの休日』の「ベスパ」のような小洒落たところのない、おんぼろバイクである(『ローマの休日』ヒロイン王女アンが序盤で忍び込む3輪トラックのような荷台が付いている)。旅先で女性たちといい仲になるが、ラヴ・シーンの映像はない。また同じくチネチッタ作品『クォ・ヴァディス』(1951年)についていえば、『道』には、「Dove vai?」(ドヴェ ヴァイ?)というザンパノの台詞が終盤に出て来る。このイタリア語はラテン語「Quo vadis?」(クォ ヴァディス?)と同義である(映画『クォ・ヴァディス』は、イエスが「最後の晩餐」の際に弟子ペトロから問われたその言葉「Quo vadis? / どこへ行かれるのですか?」が映画の題名になっている)。脚本ではザンパノは終盤のサーカスで鎖芸を失敗するが、映画の映像は失敗したかどうかはっきりわかる時点までを追わず、あくまでザンパノのそれはスクリーンの向こうの観覧者に委ねられる。
  • ジェルソミーナ:ジュリエッタ・マシーナ市原悦子)- Gelsomina[* 1]ジャスミンの花。純粋の象徴。このショートカット・ヘアの女の子ジェルソミーナを演じる俳優ジュリエッタ・マシーナはフェリーニ監督の妻で、ムッソリーニ政権から隠れて生活していた2人は政権崩壊後の1943年10月に結婚した。ジェルソミーナは映画の中でザンパノからぞんざいに扱われ、時に「Siete una bestia! / ケダモノ!」(スィエテ ウナ ベースティア!)とザンパノを罵る。彼女は旅の途中でトマトを栽培しようとする突飛な行動に出て、構わず巡業に出発するザンパノから「Che pomodori / ケッ、トマトだと」(ケッ ポモドーリ)と蔑まれつつ、リンゴを渡される[* 2]。彼女は中盤で綱渡り芸人イル・マットに付き従う。ザンパノがイル・マットを殺してからは、「うんうん」と声をあげながら、うわごとを言うようになる。ザンパノと離れて何年かの後、生命を終える。ジェルソミーナは、まるで天使のような役回り[5]
  • 綱渡り芸人:リチャード・ベイスハート愛川欽也)- il Matto狂人の意味[* 3]。映画のオープニングクレジットタイトルに「Il “Matto”」という役名が流れる。「イル・マット」や「キ印」(きじるし)と訳されることがある。芸達者な彼は綱渡りの綱の上にテーブルとイスをセットしてスパゲッティを食べる。ローマのある公演では空中ブランコの曲芸を披露。このほか、小型バイオリンを弾きこなし悲しいメロディ(映画『道』テーマ曲)を奏でながら、自分の尻に向けてジェルソミーナにラッパを「ブー」と吹かせるシーンがある。イル・マットはジェルソミーナに、ザンパノという男は犬と同じで、ジェルソミーナを好きで話をしたいのに吠えるしかないのだと説く。彼はザンパノをとことんからかい、ザンパノは大爆発する。ザンパノは喜劇でライフル銃を持ち、ライフル銃の意の単語「fucile」(フチーレ)をきちんと言わず、「ciufile」(チゥフィーレ)という馬鹿っぽく人畜無害な印象を与える言い方をして、そのせいでジェルソミーナはザンパノを怖がらない[6]。それにより人々らを面白がらせるのだが、「鋼鉄の肺を持つ男」であるザンパノは、いちいちイル・マットから可愛らしく「チゥフィーレ」呼ばわりされて相当頭に来ていた。ある日、彼はザンパノの3発(後にザンパノは2発と言っている[* 4])で打ちどころを悪くして死んでしまう。イル・マットを殴り倒した時、彼は「チゥフィーレ」のお礼だと捨て台詞を吐く。映画評論家・淀川長治の解説では、このイル・マットは神である[7]

音声[編集]

当時のイタリア映画の慣習から、撮影は音声の録音が行われず、会話と音楽と音響効果は後で追加された[8]。ゆえに、キャストたちはそれぞれの日常の使用言語を撮影中に話し、クインとベイスハートは英語、マシーナその他の面々はイタリア語であった[9]

クインはメキシコ・チワワ生まれのアメリカ育ち、ベイスハートはアメリカ・オハイオ生まれのアメリカ育ちで、この2人はイタリア語を話さず、イタリア語のオリジナル版における2人は吹き替えであった[10]。最初にザンパノの吹き替えをした声優に難色を示したフェリーニは、黒澤明羅生門』イタリア語吹き替え版において三船敏郎の声を担当したアルノルド・フォアen:Arnoldo Foà)の仕事に感銘を受けたことを思い出し、瀬戸際になってフォアを起用することができた[11]

英語吹き替え版において、クインとベイスハートは自分の役の吹き替えをしたが、マシーナは別の声優が吹き替えをした[8]

日本では、NHK教育テレビ1971年11月23日の10:30〜12:19に日本語吹き替え版での放送が行われた[3]。その日本語吹き替え音源は、紀伊国屋書店シネフィルブルーレイ化の際に収録するため捜索したものの、権利元が音源を紛失しており、視聴者の録画もネット上で公募したが[12]見つからなかったため、ソフト収録や放映が出来ない状態となっている。

主題曲[編集]

音楽・音声外部リンク
La Strada (Original Soundtrack - 1954) - YouTube

主題曲(Tema Della Strada)を始めとする本作の音楽は、フェデリコ・フェリーニ監督作品を数多く手掛けたニーノ・ロータが作曲した。

主題曲は、後に歌詞が付けられ歌手たちにカバーされた。イタリア語ではミケーレ・ガルディエーリ(Michele Galdieri)が作詞した歌をニラ・ピッツィ(Nilla Pizzi)らが歌っている。

本作が日本で公開された1957年第8回NHK紅白歌合戦で、「ジェルソミーナ」として中原美紗緒が日本語歌詞で歌っている(訳詞:音羽たかし)。ザ・ピーナッツあらかはひろしの訳詞、宮城まり子佐伯孝夫の訳詞、カルメン・マキ島田祐子は訳者不詳の日本語詞で同様に「ジェルソミナ」という曲名の歌を歌っている。

リュシエンヌ・ドリール(Lucienne Delyle)は、ホセ・しばさき(Jose Shibasaki)の日本語詞で「ジェルソミナ」、ロベール・シャブリエ(Robert Chabrier)作詞のフランス語詞で「Gelsomina」を歌っている。

自ら作詞して歌っている歌手に、沢田研二(曲名「ジェルソミーナ」)、美輪明宏(曲名「ジェルソミーナ」)がいる。

2010年バンクーバー冬季オリンピックフィギュアスケート男子シングル高橋大輔がこの曲を採用、同種目において日本人選手初のメダリスト(銅メダル)になった。

受賞とノミネート[編集]

部門 候補 結果
1954 ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞 フェデリコ・フェリーニ 受賞
金獅子賞 フェデリコ・フェリーニ ノミネート
1955 ナストロ・ダルジェント賞 最優秀監督賞 フェデリコ・フェリーニ 受賞
最優秀プロデューサー賞 ディノ・デ・ラウレンティス、カルロ・ポンティ 受賞
1956 ニューヨーク映画批評家協会賞 外国語映画賞 フェデリコ・フェリーニ 受賞
1956 ボディル賞 非アメリカ映画賞 フェデリコ・フェリーニ 受賞
1956 ナショナル・ボード・オブ・レビュー 外国語映画賞 フェデリコ・フェリーニ ノミネート
1956 英国アカデミー賞 作品賞 フェデリコ・フェリーニ ノミネート
主演女優賞 ジュリエッタ・マシーナ ノミネート
1957 アカデミー賞 外国語映画賞 ディノ・デ・ラウレンティスカルロ・ポンティ 受賞
脚本賞 フェデリコ・フェリーニ、トゥリオ・ピネリ[13] ノミネート
1957 キネマ旬報 外国映画監督賞 フェデリコ・フェリーニ 受賞
1957 ブルーリボン賞 外国作品賞 フェデリコ・フェリーニ 受賞

イル・マット役のベイスハートは第28回ナショナル・ボード・オブ・レビュー(1956年)においてジョン・ヒューストン監督『白鯨イシュメール役で助演男優賞を獲得、ジェルソミーナ役のマシーナは第10回カンヌ国際映画祭(1957年)においてフェデリコ・フェリーニ監督『カビリアの夜』カビリア役で女優賞を獲得、ザンパノ役のクインは第29回アカデミー賞(1957年)においてヴィンセント・ミネリ監督『炎の人ゴッホポール・ゴーギャン役で助演男優賞を獲得した。

影響[編集]

  • テレサ・テンは映画のヒロイン・ジェルソミーナの名前の付いた歌「ジェルソミーナの歩いた道」を1981年にリリースした。生前最後の単独コンサート(1985年、NHKホール)で、テレサ・テンは純白のウェディングドレスを着てこの歌を披露した。
  • 大槻ケンヂは自著『くるぐる使い』にて同映画に対し「『道』は大好きな映画で、僕は何度見てもホロホロ泣いてしまうのです。」と述べていて、表題作の短編の下敷きに使用したことを明かしている[14]

舞台[編集]

1984年版[編集]

文学座が「ジェルソミーナ」のタイトルで舞台化。主人公をジェルソミーナに変え太地喜和子が演じた。

公演日程
1984年10月26日 - 11月4日、PARCO西武劇場
スタッフ
共同脚本:金子成人小林勝也
演出:小林勝也
音楽:宇野誠一郎
舞台監督:鈴木正光
出演
太地喜和子北村和夫玉井碧金内喜久夫梅沢昌代三木敏彦安井裕美鵜沢秀行山名秀の田村勝彦篠倉伸子熟田一久永田紀美子伊藤喜久子菅生隆之塚本景子脇田茂奥山緑岡本正巳水原忍

2018年版[編集]

音楽劇」(La Strada)のタイトルで舞台化。 演出はデヴィッド・ルヴォー。主演・ザンパノを草彅剛が演じる。

公演日程
2018年12月8日 - 28日、日生劇場
スタッフ
演出:デヴィッド・ルヴォー
美術:伊藤雅子
衣裳:前田文子
音楽:江草啓太
振付:三東瑠璃
歌唱指導:西野誠
舞台監督:徳永泰子
主催:ぴあ梅田芸術劇場
脚本家:ゲイブ・マッキンリー
翻訳:阿部のぞみ
照明:西川園代
ヘアメイク:UDA
音響:長野朋美
クラウン指導:フィリップ・エマール
演出助手:山田翠
企画・制作:梅田芸術劇場


出演
ザンパノ:草彅剛
ジェルソミーナ:蒔田彩珠
イル・マット:海宝直人
モリール:佐藤流司
その他:池田有希子石井咲上口耕平、フィリップ・エマール、岡崎大樹金子大介鹿野真央土井ケイト西川大貴橋本好弘春海四方妃海風安田カナ

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 男性形は「gelsomino」(ジェルソミーノ)。
  2. ^ モノクロフィルムではっきりわからないが、これはリンゴ(: mela)である[4]。イタリア語を読み解くと、リンゴ(mela; メーラ)、ナシpera; ペーラ)などの形状の果実は総称で「pomo」(ポモ)としてくくられる。トマト(単数形: pomodoro; ポモドーロ、複数形: pomodori; ポモドーリ)の由来は、「pomo」(ポモ) + 「d'oro / 黄金の」(ドーロ)である。「d'oro」は「de」(デ) + 「oro」(オーロ)。ザンパノは、黄金(おうごん)でない果実をジェルソミーナに渡したことになる。他のヨーロッパ言語において、トマトは、英語「love apple / 愛の果実」(ラヴ・アップル)、フランス語「pomme d'amour / 愛の果実」(ポム・ダムール)、ドイツ語「paradeisapfel / 天国の果実」(パラディースアプフェル)等としても知られる。
  3. ^ また、タロットカードの「愚者」はイタリア語では「il Matto」である。
  4. ^ Gli ho dato solo due pugni / パンチを喰らわせてやったのは2発だけだ」(リ オ ダート ソロ ドゥエ プーニ)。

出典注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史-1924→2011』 (2012), p. 139
  2. ^ 冨重 (2017), p. 228
  3. ^ a b アーカイブス放送履歴”. NHK. 2013年2月19日閲覧。
  4. ^ Fellini (1969), p. 199: "E Zampanò, rallegrato, le dà una mela."
  5. ^ 2015/3/7〜3/13上映作品 | フェデリコ・フェリーニ監督特集 『道』/『甘い生活』”. 早稲田松竹.
  6. ^ Vincenzi & Casa (2019), p. 41: "Zampanò ha un fucile in spalla e lo mostra orgoglioso al pubblico, storpiandone il nome in “ciufile” per apparire ingenuo e innocuo e quindi non spaventare la vittima, che altrimenti si difenderebbe, mentre così abbassa le sue difese, pensando si tratti di uno scherzo."
  7. ^ 淀川長治 世界クラシック名画撰集:道”.
  8. ^ a b Order & Thomas (2009)
  9. ^ Baxter (1993), p. 110
  10. ^ Jacobson, Michael. “La Strada”. DVD Movie Central. 2013年10月6日閲覧。
  11. ^ Kezich (2006), p. 150
  12. ^ シネフィルDVDさんのツイート:2013年11月7日”.
  13. ^ Holden (2016)
  14. ^ 大槻 (1998), p. 256
  15. ^ 「サワコの朝 〜山田洋次▽寅さんが生まれた日〜」 2018年6月2日(土)放送内容”.
  16. ^ 井筒 (2005)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]