宮城まり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みやぎ まりこ
宮城 まり子
宮城 まり子
宮城まり子(1955年)
本名 本目 眞理子(ほんめ まりこ)
生年月日 (1927-03-01) 1927年3月1日(90歳)
出生地 日本の旗 日本 東京府蒲田
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 歌手
女優
映画監督
福祉事業家
活動期間 1944年 -
備考
東京都名誉都民

宮城 まり子(みやぎ まりこ、本名:本目 眞理子(ほんめ まりこ)[1]1927年3月21日 - )は、日本歌手女優映画監督・福祉事業家。東京都名誉都民

来歴[編集]

東京府東京市蒲田区に2人姉弟の姉として生まれ、幼くして母と死別するつらい少女時代を送った。父親の仕事の関係で、小学校3年から大阪で育つ[2]。小学校5年の時、父親が事業で失敗、母親が病死する。そのため小学校卒業と同時に、弟と共に吉本興業に入り、歌謡曲を歌うようになった[3]。戦時中の1944年10月、宮城千鶴子の芸名で15歳で大阪花月劇場(吉本興業直営)にて初舞台を踏む[4]

その後、自らの一座を率いて九州を巡業し、終戦を迎える。戦後の1948年、父親、弟の八郎と上京、浅草の舞台に立つ。翌年、菊田一夫の推薦で日劇の舞台に主役として迎えられる。1950年2月 テイチクから「なやましブギ」でデビュー、ポリドールを経て、ビクター移籍第二弾『あんたほんとに凄いわね』が初ヒットになった。そして、1953年、レコードで歌った『毒消しゃいらんかね』が流行し一躍歌手としてその名が知れ渡った。1955年には、後のレコード大賞作詞家宮川哲夫の手による『ガード下の靴みがき』も大ヒットした。その後も『納豆うりの唄』『てんてん娘』『夕刊小僧』などヒットを連発。弟八郎は宮城秀雄の名前で作曲家として活躍した。

NHK紅白歌合戦にも1954年の第5回から1958年の第9回までと、1960年の第11回から1962年の第13回までの計8回出場している(詳細は下記参照)。1958年、日本初のカラー長編アニメ映画『白蛇伝』で声優を務める。その後、女優業に進出し、1958年、『12月のあいつ』で芸術祭賞1959年、『まり子自叙伝』でテアトロン賞を受賞。

1968年肢体不自由児社会福祉施設ねむの木学園」を設立。この頃より、タレント活動は事実上引退状態となる。1973年吉川英治文化賞受賞。1974年には記録映画『ねむの木の詩』を製作・監督し、第6回国際赤十字映画祭で銀メダル賞を受賞した。1976年には、『まんが世界昔ばなし』の声優として名古屋章とともに出演。1977年には『ねむの木の詩がきこえる』を製作した。1979年、「ねむの木養護学校」を設立。1975年1981年に実施された、近畿放送(KBS京都)テレビ番組『宮城まり子のチャリティーテレソン』を通して身体障害者の社会参加を訴えた。これらが評価され、1979年総理大臣表彰された。また、身体障害者に対する手描き友禅、合唱の指導なども行っている。なお、ねむの木学園設立時のエピソードは、1981年12月22日にテレビ朝日ハウスこども劇場」枠において、『小さなラブレター まり子とねむの木の子供たち』としてアニメ化された。

作家吉行淳之介と交際し、彼の死までよきパートナー関係(都内の互いの自宅で同居)であった。また、信心厚いクリスチャンプロテスタント)でもある。また、同じく作家室生犀星にも可愛がられていた。犀星の見舞いにクリスタルカップを贈ったが、森茉莉に取られてしまった。(犀星のエッセイより)

2007年3月、日本経済新聞私の履歴書』に自伝を執筆した。

2011年1月、自宅で転倒し腰椎を骨折して入院。

2011年2月、宮城の口座から現金約3100万円をだまし取ったとして、ねむの木学園元職員と音楽家の朝比奈圭の2人が詐欺罪で逮捕。9月、東京地裁よりそれぞれ懲役2年、懲役4年6月の有罪判決を受けた[5]。同学園や宮城の個人口座からは計約5億円が引き出されているという[6]。2012年2月16日、東京高裁は一審判決を破棄し、朝比奈圭に懲役4年の有罪判決を言い渡した(ねむの木学園元職員は実刑確定)[7]

2012年11月銀座ヤマハホールシャンソンを歌い、歌手活動を30年ぶりに再開する[8]

代表曲[編集]

テレビ番組[編集]

著作[編集]

  • ともだち ねむの木 そして私
  • ねむの木のこどもたち
  • としみつ
  • ねむの木の詩

監督作[編集]

  • ねむの木の詩(1974年
  • ねむの木の詩がきこえる(1977年
  • HELLO KIDS!がんばれ子どもたち(1986年

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第5回 (1954年12月31日、日比谷公会堂) 『毒消しゃいらんかね』
  • 第6回 (1955年12月31日、産経ホール) 『ガード下の靴みがき』
  • 第7回 (1956年12月31日、東京宝塚劇場) 『屑屋の歌』
  • 第8回 (1957年12月31日、東京宝塚劇場) 『納豆うりの唄』
  • 第9回 (1958年12月31日、新宿コマ劇場) 『ジャワの焼鳥売り』
  • 第11回 (1960年12月31日、日本劇場(日劇)) 『陽気な水兵さん』
  • 第12回 (1961年12月31日、東京宝塚劇場) 『まり太郎の歌』
  • 第13回 (1962年12月31日、東京宝塚劇場) 『ドレミの歌

その他の表彰歴[編集]

関連施設[編集]

以下の施設は、いずれも静岡県掛川市にある。

  • ねむの木のどかな家
  • 森の喫茶店MARIKO
  • がらすやさん
  • 雑貨屋さん
  • 毛糸やさん
  • 地域交流インフォメーションセンター
  • 吉行淳之介文学館
  • ねむの木こども美術館

脚注[編集]

  1. ^ 特別支援学校ねむの木児童・生徒募集のお知らせねむの木学園公式サイト
  2. ^ 佐藤正弥編著 『データ・バンク にっぽん人』 現代書林、1982年、218頁。
  3. ^ 「女立志伝 私はこうして世に出た 流行歌手 宮城まり子さん」『読売新聞』1957年7月30日朝刊5頁。
  4. ^ 香川登志緒著 『大阪の笑芸人』 晶文社、1977年、252頁。
  5. ^ ねむの木学園詐欺:元職員ら2人に実刑-東京地裁判決 毎日新聞 2011年9月15日
  6. ^ ねむの木職員、宮城まり子園長の1500万詐取 読売新聞 2011年2月17日
  7. ^ “音楽家に懲役4年判決 ねむの木学園被害詐欺控訴審”. 静岡新聞. (2012年2月17日). http://www.at-s.com/news/detail/100100371.html 2012年2月17日閲覧。 
  8. ^ 宮城まり子さん、30年ぶり歌手復帰 読売新聞 2012年10月23日
  9. ^ 第6回の宮城の歌の音声は、2013年発売のCD-BOX『宮城まり子BOX 唄の自叙伝』に収録されている。
  10. ^ 『紅白歌合戦アルバム NHK20回放送のあゆみ』(デイリースポーツ社、1970年) ※第8回のページに宮城の歌唱中の写真が掲載されているが、第6回の歌唱中の写真の誤りと思われる。

外部リンク[編集]