演劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主人と奴隷の役を演じているところが描かれた 古代ギリシアの壺(紀元前350年ころ)。
モリエールの『町人貴族』が舞台で演じられている様子 (Moreau le jeune画)
シェイクスピア『ヴェニスの商人』の、かつての上演の様子を再現してみた画

演劇(えんげき、英語:theatre、theater)とは、観客に対し、俳優舞台上で身振り台詞などで、何らかの物語や人物などを形象化し、演じて見せる、芸術のこと[1]。俳優が観客を前にして、舞台上で、なんらかの思想や感情などを表現し伝達しようとする一連の行為[2]

概説[編集]

演劇とは、生身の俳優が舞台上で、仕草や身振り、表情や台詞などを用いて演技し、物語や人物などを観客に対して見せる芸術である。大抵は、作者(劇作家)がいて、筋書き(戯曲台本)が書かれ、それにもとづき(俳優が稽古をし)俳優が舞台上で、言葉・動作・台詞などを用いて演じて表現する[3]

また演劇は、その多くに演出者演出家)がいて、なんらかの劇作術にもとづいて俳優を指導し、舞台装置・照明・音楽・音響なども(総合的に)用いて効果をあげる[2]。演劇は総合芸術に分類される。演劇というのは、俳優による演技だけでなく、様々な芸術表現を組み合わせ作られるので、演劇は総合芸術の一つとして捉えられているのである。用いられる芸術分野は多岐に渡り、音楽舞踊舞台音響舞台照明舞台美術舞台機構、時には観客席側も含めた劇場空間、さらには劇場の建築物としてのデザインにまで至ることもある。演劇のために劇作家が執筆する戯曲は、それ単体でも文学作品となりうる。

呼称

演劇は「芝居」とも言われる。「芝居」は、平安時代の観客席が芝生であったことに由来している。[4]

舞台」と言われることも多い。[5]

演劇の起源と歴史[編集]

起源

よく言われる説としては、呪術や宗教的儀式が発展し演劇となっていたのではないか、というものがある。確かに古代ギリシアにおいては、悲劇の競演が行われる大ディオニュシア祭は、神ディオニュソスを称える祭儀としての側面を持っていた。また呪術や宗教的儀式には、なんらかの行為・現象の模倣やその再現が重要な要素として含まれていることも多く、宗教が起源という説にはある程度の説得力がある。

古代ギリシアの劇場。エピダウロスギリシャ

いずれにせよ、演劇が人類史の初期に生まれたであろうことは間違いない。 また、原始時代から人間が(本能としてあるいは社会的営みとして)行っていたであろう、遊戯的な模倣(「ものまね」遊び)が演劇の起源、とも言われている[2]。例えばある者が他人や動物の物まねなどをする。それを見て楽しむ者が生まれた時点で、演劇が発生したとするものである。

歴史

演劇の上演準備[編集]

上演の準備のありさまは、古典的な演劇と現代演劇など、分野や劇団ごとに異なっている。

現代演劇では、上演する前に、それなりの期間(多くは1ヶ月程度)にわたる俳優の稽古が必要となる。多くの演劇作品で上演時間は1時間半以上、長いものでは途中休憩等を除いても3時間以上もあり、出演する俳優たちは演出家の指示のもと、稽古を通してセリフや動き・他の俳優とのやり取りを身体で覚える必要がある。古典歌舞伎などの場合は、セリフや動きが型にはまっており、幼少時からの稽古で演目や演技の「」が役者の身体に染み付いているためか、(上演直前の)稽古期間は数日であるという。新作歌舞伎でも、その稽古期間は現代劇に比べ圧倒的に短い。また古典歌舞伎に演出家はいない。

上演[編集]

最初の開演日を「初日」といい、(上演期間が長い場合、ほぼ中間に当たる上演日を「中日(なかび)」といい)、最終公演を「千秋楽」という。[6]

演劇作品は、上演期間中でも演出家による様々な変更があったり、連日の観客の反応を見たうえで考慮して変更される箇所があったり、ひとりひとりの俳優たちも日々演技を改良・変更するため、上演期間中でも演劇作品は変化してゆく。上演期間中に複数回鑑賞する観客は、その変化を楽しむことができる。

また、上演するたびに、観客集団(実際の、個々の人々、面々)が異なっており、観客が異なればおのずとその反応のしかたも異なり、観客の反応次第によって俳優の気持ちが盛り上がり演技がうまくいったり、冷やかな反応だと反対に緊張して固くなってしまったりと、観客次第で俳優の演技も変化するので、演劇作品は(演出家や俳優だけが一方的に作るのではなく、実は)「観客が作る」とか「観客によって作られる」などと言われることがある。

俳優の台詞のちょっとした抑揚や「間」も(一定であろうとしても自然と)変化し、掛け合いのタイミング、動きなども毎度少しずつ異なるものとなり、またさらに、時には舞台上、劇場内で思わぬハプニングも起こることもあるので、演劇(の上演)というのは「生き物」である、などとも言われる。

分類[編集]


演劇の構成要素や用語[編集]

人形劇[編集]

文楽

[7]

[8]

コンクール[編集]

世界
日本

演劇をテーマとした作品[編集]

演劇と映画の比較[編集]

[誰?]によると、演劇と良く似た表現方法に映画がある。両者の大きな違いのひとつはライブであるか記録された映像かという単純な違いであるが、このことが両者を決定的に分け隔てているのである。つまり、演劇は「定点観測」であり、観客は目の前の「空間」で展開される物語に注目する。また製作的な視点から見ると演劇が開幕と共にノーカットで演目を進行し閉幕するのに対し、多くの劇映画は細かくシークエンスを刻んで撮影した上で編集をかける点があげられる。このことから演劇においての失敗(台詞忘れ、スタッフの見切れなど)は修復が効かない。また演技方の面から見ても、映画創世記に発明されたズームなどの演出手法は演劇に応用することは難しいため舞台役者はよりダイナミックな演技を求められることが多い。[要出典]

社会的な視点で見ると映画は映像の為、字幕を出して他言語を使用する観客に鑑賞させることが比較的容易でありポピュラーな鑑賞方法となっているが、演劇で字幕を出すことは映画に比べ普及しておらず言語の壁が存在する。また映画の基本的なフォーマットであるフィルムは複製が可能であるが、生の人間が舞台に立つ演劇は複製が出来ない為映画に比べローカライズされている場合が多い。鑑賞料金が映画に比べ高いことが多い。[要出典]

リアルタイムの演技提示ではない「映像作品中の演劇」(映画、テレビドラマなど)は、現代では演劇とは分けて考えられているが、例えばワンシーンが非常に長いなど、俳優やスタッフが入念に稽古やリハーサルを重ねて撮影された場合、そのシーンや作品自体を「演劇である」「演劇的だ」と評することがある。テレビドラマも開始当初は生放送(リアルタイム)であり、その後も撮影用ビデオテープは貴重であった時代が長く、演劇がそのまま撮影される手法が普通であったため、近年のドラマと1980年頃までのドラマを見比べると、昔の作品では一連の演技がそのまま撮影されており、セリフのちょっとしたミス(いわゆる「とちり」や「噛み」)の許容度が高いなどリアル感があり、より演劇的である。作品や監督によってはいわゆる「長回し」の手法が用いられるなど、演劇的であることが重視される場合も多い。[要出典]

モノクロ時代のクロサワ映画の予告編などを見ると、「映画演劇」という言葉が出てくる。この当時は劇映画を演劇の延長とみなしていたことがわかる。[要出典] [誰?]

脚注[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉「演劇」
  2. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典「演劇」
  3. ^ 広辞苑第六版「演劇」
  4. ^ 現在でも「(お)芝居を観に行く」というフレーズが日常的に用いられているのに対し、「演劇を観に行く」という表現はあまりされない。また演劇に携わる者が「芝居をやっている」という表現をよく使う。
  5. ^ 「舞台を観に行く」も日常的である。「俳優Xの舞台出演作」とは言われても「演劇出演作」という表現は一般的ではない。俳優が初めて演劇作品に出演する場合、または作品そのものについて、「初舞台」という言葉が使われる。「演劇」という言葉には、よりフォーマルで専門用語に近い位置づけがあるようである。
  6. ^ それぞれに、演出家や俳優やスタッフが祝われたり、お互いをねぎらったりする機会となる。
  7. ^ 日本はマンガがそれなりの文化として内外で認められつつあるが、絵画による演劇と見なすこともできよう。「絵画劇」と呼ぶこともできよう。劇画という言葉はその辺を意識して造語されたのかもしれないが、後に、重厚でリアルタッチな絵柄のストーリー・マンガを指すようになっていった。劇画とマンガの間にあるのは、もはや絵柄(小説で言えば文体)の差くらいしかない。[要出典]
  8. ^ 現代において、演劇と言ったら、舞台の上で人間が演じるものを指すのが一般的だが、映画も演劇、テレビドラマも演劇、画も演劇というように拡張されうる。[要出典]

関連項目[編集]

  • アドリブ
  • 芸術
  • 文化
  • コミュニケーション論
  • エンターテイメント
  • 落語 (演劇のような役ごとの化粧や役ごとの衣装は無いという違いはあるものの、実質的には、落語家がたった独りで、声の調子・表情・顔の左右への振り分け・身振りや小道具(扇子など)を用いて、複数の登場人物の役を見事に演じ分ける、一種の演劇のような部分を含む噺が多い。)

外部リンク[編集]