台本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

台本(だいほん)とは、演劇映画テレビ番組・行事や催し物(イベント)などにおける事象の進行を実時間順に書き記した物。

作品もしくは催し物の関係者が台本に従って行動することで、作品もしくは催し物は統制がとれたものとなる。このように関係者間の共通認識を形成し、関係者全体の協調を図るために作成し使用する。

台本は以下のような分野で使用される。

  • 演劇の台本 - 戯曲もしくは脚本と呼ばれることもある。
  • 映画の台本 - 脚本もしくはシナリオと呼ばれることもある。
  • オペラミュージカルといった音楽劇などの台本。リブレット参照。
  • テレビドラマやアニメの台本 - 脚本もしくはシナリオと呼ばれることもある。アニメによっては原作者が自ら脚本を書き下ろすこともある。
  • その他テレビ番組の台本 - 番組進行の内容を記すため、進行台本と呼ばれることがある。
  • 催し物(イベント)の台本 - 催し物の進行の段取りを記すため、進行台本と呼ばれることがある。

ドラマやアニメ用の台本の表紙には作品名、話数、サブタイトル、制作会社・放送局名、さらに「決定稿」や「最終決定稿」の文字などが入っており、著作権と機密保持の観点から「複製・貸与・譲渡・インターネットオークションの出品を禁止する」旨の注意書きが入っていることもある。番組関係者以外への流出を防ぐため貸与制であったり、通し番号を印字し、厳重に管理されていることもあるが、機密の解除された台本が抽選でプレゼントされるか、BD/DVDの限定版に特典として複製の台本が付属することもある。

放送局や劇場が密集する大都市部には、台本の印刷製本を専門に行う外部業者が古くから存在する。しかし、近年は合理化により台本の大げさな印刷製本を求めないケースが大半を占め、ITの普及(DTPや高性能プリンタ)により自前で作った方が制作フローを反映しやすい上、外部業者を利用する過程で生じる時間や費用が大きく軽減される。

さらに、外部業者への委託により事前に放送内容が閲覧されるため、「レアな商品」として台本(または印刷前のデータや複製)がインターネットオークションになど流出するリスクも懸念される。

外部への流出を裂けるため、あえて外部業者を利用する意味もなくなっている。

関連項目[編集]