第12回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第12回NHK紅白歌合戦
Tokyo Takarazuka Theater in Taisho and Pre-war Showa eras.JPG
会場の東京宝塚劇場(写真は太平洋戦争以前)
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1961年12月31日(NHK紅白歌合戦第12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第12回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1961年12月31日
放送時間 1961年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第12回NHK紅白歌合戦』(だいじゅうにかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1961年12月31日東京宝塚劇場で行われた、通算12回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時40分にNHK生放送された。

出演者[編集]

司会者[編集]

メイコは3年連続の司会だが、「子供が3歳となるのでそろそろ御節料理など日本正月の風習を教えてあげたい」との理由により今回が最後という条件で紅組司会を引き受けた。また、高橋は9年連続だが、この年に退職してフリーアナウンサーに転身したが翌1962年3月までNHKと1年間の専属契約(事実上、後の嘱託職員)を締結していたためこの年最後の司会担当[1]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
朝丘雪路(4) チャチャで飲みましょう 神戸一郎(4) 東京ラプソディ
藤本二三代(4) 花のマーブル通り 藤島桓夫(6) 波止場気質
中原美紗緒(6) ボーイ・ハント 芦野宏(7) カナダ旅行
水谷良重(4) ペピート 守屋浩(2) 月のエレジー
雪村いづみ(5) マック・ザ・ナイフ アイ・ジョージ(2) 硝子のジョニー
松山恵子(5) 恋の三度笠 村田英雄(初) 王将
石井好子(4) 鐘よ鳴れ 林伊佐緒(11) 恋の幌馬車
西田佐知子(初) コーヒールンバ 平尾昌章(2) タック・ロック
こまどり姉妹(初) 姉妹酒場 和田弘とマヒナ・スターズ(3) 惚れたって駄目よ
花村菊江(2) 木曾の花嫁さん 三浦洸一(6) 恋しても愛さない
松尾和子(2) 再会 水原弘(3) 禁じられた恋のボレロ
ペギー葉山(8) ブリア フランク永井(5) 君恋し
江利チエミ(9) スワニー 三橋美智也(6) 石狩川エレジー
美空ひばり(6) ひばりの渡り鳥だよ 橋幸夫(2) 南海の美少年
宮城まり子(7) まり太郎の歌 春日八郎(7) 長良川旅情
藤沢嵐子(5) さらば草原よ 高英男(7) カミニート
寿美花代(初) ジャズ・バンド 森繁久彌(3) 五つ木の子守唄
神楽坂浮子(2) 東京の下町娘 井上ひろし(初) 別れの磯千鳥
ザ・ピーナッツ(3) スク・スク ダークダックス(4) 北上夜曲
淡谷のり子(8) マリア・ラオ 伊藤久男(10) メコンの船歌
坂本スミ子(初) アロロコ 坂本九(初) 上を向いて歩こう
楠トシエ(5) 石松金毘羅道中 ジェリー藤尾(初) 石松野郎の歌
森山加代子(2) シンデレラ 佐川ミツオ(初) 背広姿の渡り鳥
越路吹雪(7) ラスト・ダンスは私に フランキー堺(4) 金色夜叉
島倉千代子(5) 襟裳岬 三波春夫(4) 文左たから船

選考を巡って[編集]

審査員[編集]

演奏[編集]

その他ゲスト[編集]

当日のステージ・エピソード[編集]

  • 7対4で白組の優勝(通算6勝6敗)。
  • テレビとラジオで同時中継されたが、現存しているのはラジオ中継の録音のみで、テレビ映像は現存しない。これは放送局用の2インチVTRが当時世に出たばかりで機器・テープ共々非常に高価で大型であり、資料として録画・保存するどころではなかったためである。
  • 今回使用したマイクロホンは、司会者用はAIWA VM-17(BTS呼称、RV1-1A)、歌手用はNHK放送技術研究所と SONY の共同開発の真空管マイク C-37A(BTS呼称、CU1-2)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 合田, p. 76.

参考文献[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)
  • 合田道人 『紅白歌合戦の舞台裏』 全音楽譜出版社、2012年12月15日ISBN 978-4-11-880178-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]