芦野宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芦野 宏(あしの ひろし、1924年6月18日 - 2012年2月4日)は、日本シャンソン歌手、声楽家。本名:羽鳥廣。

人物[編集]

1924年6月18日山形県村山市出身。東京音楽学校(現・東京芸術大学)声楽科卒業後、高等学校の音楽教師を経てシャンソン歌手に転向。1953年に『虹のしらべ』(NHKラジオ第一放送)に出演してデビューを果たす。

1956年に渡欧し、フランスパリオランピア劇場にアジア人として初出演を果たし、1960年にはフランス国営放送(RTF)のテレビ番組にてワンマンライブショーを行った。

日本に於ける1950年代後半から1960年代前半にかけてのシャンソン・ブームの立役者のひとりでもあり、『NHK紅白歌合戦』には1955年から10年連続出場を果たしている(詳細は下記参照)。

また、俳優としてもテレビドラマ『コメットさん』(1967年TBS国際放映)や映画『天使の誘惑』(1968年松竹)に出演している。

1995年に私財を投じて日本シャンソン館群馬県渋川市に開設し、自ら館長としてシャンソンに関する資料収集や展示、又はミニライブなどのイベントを積極的に進め、また、2010年7月には石井好子の後を受けて第2代日本シャンソン協会会長に就任し、後進の育成と指導、そして現役歌手としての音楽活動も行っていた。

2012年1月15日、日本シャンソン館で「愛は燃えている」「パリに抱かれて」の2曲を披露。同1月18日に体調を崩して入院。そして、同2月4日間質性肺炎のため、東京都中央区聖路加国際病院にて死去[1]。87歳没。没後の2012年3月に東京帝国ホテル)と群馬(日本シャンソン館)の2箇所にて芦野宏お別れ会がそれぞれ開催された[2]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第6回 (1955年12月31日、産経ホール) 『タブー』
  • 第7回 (1956年12月31日、東京宝塚劇場) 『ドミノ』
  • 第8回 (1957年12月31日、東京宝塚劇場) 『メケ・メケ
  • 第9回 (1958年12月31日、新宿コマ劇場) 『風船売り』
  • 第10回 (1959年12月31日、東京宝塚劇場) 『チャオチャオ・バンビーナ』
  • 第11回 (1960年12月31日、日本劇場(日劇)) 『幸福を売る男』
  • 第12回 (1961年12月31日、東京宝塚劇場) 『カナダ旅行』
  • 第13回 (1962年12月31日、東京宝塚劇場) 『カミニート
  • 第14回 (1963年12月31日、東京宝塚劇場) 『パパと踊ろう』
  • 第15回 (1964年12月31日、東京宝塚劇場) 『ほほにかかる涙』

主な出演[編集]

ラジオ[編集]

  • 『虹のしらべ』(1953年、日本放送協会)

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

賞詞[編集]

  • パリ市ヴェルメイユ勲章(1990年)
  • 紫綬褒章(1990年)
  • 勲四等旭日小綬章(1996年)
  • フランス共和国芸術文化勲章オフィシエ(2004年)
  • 第48回日本レコード大賞功労賞(2006年)

脚注[編集]

  1. ^ シャンソン歌手の芦野宏さん死去 日刊スポーツ 2012年2月7日閲覧
  2. ^ 芦野宏お別れの会のご案内 日本シャンソン協会オフィシャルブログ 2012年2月21日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]