ラストダンスは私に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラストダンスは私に
ドリフターズ楽曲
収録アルバム Save the Last Dance for Me
リリース 1960年
ジャンル ポピュラー音楽
リズム・アンド・ブルース
時間 2分34秒
レーベル アトランティック・レコード
作詞者 ドク・ポーマス
モルト・シューマン
作曲者 ドク・ ポーマス
モルト・シューマン
プロデュース ジェリー・リーバー
マイク・ストーラー
チャート順位
  • 週間1位(ビルボード
  • 1960年度年間26位(ビルボード)

ラストダンスは私に」(英語Save the Last Dance for Me)は、アメリカのコーラス・グループドリフターズ日本のコントグループ・音楽バンドとは異なる)の楽曲。レコード発売当時のリード・ボーカルは、その後間もなくグループを脱退するベン・E・キング。日本では越路吹雪が歌唱したものがヒットしたことによって知られている(岩谷時子による日本語詞)。

概要[編集]

作詞者のドク・ポーマスは本楽曲を作詞した当時、小児麻痺の影響で脚に金具を付け両手で松葉杖をついて歩くという状態にあったため片手を女性の手に添え、もう片方の手は相手の肩か腰に当てて、ダンスを踊るということができなかった。でも、女性に手を取ってもらい肩に手を当ててもらいながら、自分は松葉杖をついてでも動くから、ラストダンスだけは私のために残して置いてくれ、そして一緒に踊ろう、というドク・ポーマスの思いが詞にこめられているという[1]

オリジナルがヒットしたこともあって世界中で数多くの歌手によって歌われており、アメリカ国内では1983年ドリー・パートン2006年マイケル・ブーブレがそれぞれシングルとしてカバーした。

ポール・マッカートニーは、ドリフターズの「ラストダンスは私に」を聴きながらビートルズの楽曲「ヘイ・ジュード」を作曲したというエピソードがある。これを元に、1981年にはザ・キングトーンズ大滝詠一プロデュースで、2つの楽曲をシンクロさせたシングル「ラストダンスはヘイジュード」をリリースしている。

日本では越路吹雪が歌唱していることなどから、シャンソンと思われることが多い。本楽曲はアメリカ生まれであり、本来はシャンソンという分類には入らないが、フランスの歌手ダリダダニエル・ダリューフランス語の訳詞でヒットさせたため、シャンソンに分類されることもある。

日本での歌唱[編集]

越路吹雪のシングル[編集]

ラストダンスは私に
越路吹雪シングル
B面 月影のマジョルカ
リリース
規格 シングル
録音 1961年
日本の旗 日本
ジャンル ポピュラー音楽
レーベル 東芝音楽工業
作詞・作曲 岩谷時子(訳詞)
テンプレートを表示

日本では岩谷時子の訳詞により越路吹雪が歌ったものが特に有名である。越路のシングルは50万枚を売り上げるヒットとなり[2]、『愛の讃歌』『サン・トワ・マミー』などとともに越路の代表曲の一つとなっている。

NHK紅白歌合戦では1961年の『第12回NHK紅白歌合戦』、および1963年の『第14回NHK紅白歌合戦』と越路によって2回歌唱されている。

原詞では男性の目線で描かれ、男性が女性に話しかける歌詞になっているが、岩谷時子による訳詞では越路が歌唱するにあたって女性の目線で描かれ、女性が男性に話しかける歌詞になっている。

越路の歌唱による音源は、オリジナルシングルに収録されている藤家虹二の編曲によるモノラル版と、後年収録された内藤法美(越路の夫)の編曲によるステレオ版の二種類のアレンジが存在する。越路の没後に発売されたベストアルバムやカラオケ、テレビ番組の特集などでは内藤の編曲によるステレオ版が主に用いられており、こちらのほうがより広く親しまれている。

フジテレビのドラマ『古畑任三郎』の主人公古畑任三郎は本楽曲を数少ない歌のレパートリーとしており、ドラマ内でも歌唱されている。また、同ドラマの第42回のサブタイトルは本楽曲のタイトルが使われた「ラスト・ダンス」であり、同回のドラマ内でも本楽曲が使われている。

NHK連続テレビ小説の『てるてる家族』第90話でも本楽曲が使用された。

収録曲[編集]

  1. ラストダンスは私に
  2. 月影のマジョルカ
    • 作詞:岩谷時子、作曲:アルストーン、編曲:内藤法美

主なカバー一覧 [編集]

世界のカバー[編集]

日本のカバー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ジミー・スコットをめぐる人々
  2. ^ 岩谷時子の歴史(岩谷時子音楽文化振興財団)
  3. ^ ただし、「ゲット・バック・セッション」において録音し、未発売に終わったアルバム"Get Back"に収録したものであって、ビートルズは公式リリースしていない。
  4. ^ “PUSHIMが歌う陽水、百恵、坂本九…ノスタルジックな昭和歌謡カバー集”. 音楽ナタリー. (2016年9月12日). http://natalie.mu/music/news/201584 2016年9月13日閲覧。 
  5. ^ “越路吹雪37回忌、トリビュートアルバム&メモリアルコンサートに宝塚OGら”. ステージナタリー. (2016年10月26日). http://natalie.mu/stage/news/206881 2016年10月26日閲覧。 
先代:
ラリー・ヴァーン「ミスター・カスター」
Billboard Hot 100 1位獲得作品
(ドリフターズ・バージョン)

1960年10月17日
次代:
ブレンダ・リー「乙女の青春」
先代:
ブレンダ・リー「乙女の青春」
Billboard Hot 100 1位獲得作品
(ドリフターズ・バージョン)

1960年10月31日 - 11月7日
次代:
レイ・チャールズ我が心のジョージア