第68回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NHK紅白歌合戦 > 第68回NHK紅白歌合戦
第68回NHK紅白歌合戦
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
司会者  総合  内村光良[1]桑子真帆[2]
 紅組 有村架純[1]
 白組 二宮和也
出演者 #出場歌手および#ゲスト出演者の節を参照
オープニング 作曲:宮川彬良
エンディング蛍の光
製作
制作 NHK
【放送媒体:総合テレビ
放送
音声形式解説放送(副音声)
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2017年12月31日日曜日
放送時間19:15 - 20:55
21:00 - 23:45(JST
放送分265分
回数1
第68回 NHK紅白歌合戦 公式サイト
番組年表
前作第67回(平成28年)
次作第69回(平成30年)
テンプレートを表示
第68回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 2017年12月31日
放送時間 19:15 - 20:55
21:00 - 23:45(JST
放送局 NHKラジオ第1
パーソナリティ 小郷知子
二宮直輝
特記事項:
その他の項目は媒体固有のものを除きテレビと共通
テンプレートを表示

第68回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうはちかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2017年平成29年)12月31日19時15分から23時45分まで放送された通算68回目のNHK紅白歌合戦である。

放送まで[編集]

日付はいずれも2017年。

  • 9月7日 - 開催が発表された。同時に放送時間も決定[3]
  • 11月13日 - 司会者が発表された[1][4]
  • 11月16日 - 出場歌手を発表。初出場は紅組4組、白組6組の計10組。総合司会に桑子真帆を起用することも併せて発表[2]
  • 12月1日 - ラジオ中継、テレビ中継副音声『紅白ウラトークチャンネル』[5]、生配信企画『紅白楽屋トーク』の担当をそれぞれ発表[6]。またSHISHAMOの楽曲「明日も」を応募楽曲として、当日SHISHAMOと共演する“高校生ホーン隊”の募集企画も併せて発表された[7]
  • 12月4日 - 「AKB48」の紅白歌合戦出場選抜メンバー48名が発表される[8]。また紅白歌合戦史上初の試みとして「AKB48選抜メンバーが当日のステージで歌唱する“スペシャルメドレー曲”」について、視聴者が1曲を選んで紅白歌合戦公式サイトでの事前投票により決定する『AKB48曲目投票企画』発表[8]
  • 12月7日 - 前回まで「蛍の光」の指揮者を務め、この年の7月21日に亡くなった平尾昌晃[注釈 1]の後任に都倉俊一が決まったことを発表[10]
  • 12月19日 - 2018年9月16日を以て音楽界からの引退を表明した安室奈美恵が特別枠として出演することが発表された[11]。なお、安室は第54回(2003年)以来、14年ぶりに紅白のステージに登場することとなる。
  • 12月20日 - ゲスト審査員8名[12]と審査方法が発表された。
  • 12月22日 - 桑田佳祐が特別枠として出演することが発表され、同時に『ひよっこ』特別編の制作が発表された[13]。なお、桑田は第65回(2014年)サザンオールスターズとして出場したとき以来3年ぶり(ソロとしては第61回(2010年)以来7年ぶり)に紅白に登場する。
  • 12月23日 - 出場歌手の曲目と曲順が発表された。曲目と曲順が同時発表されたのは第65回以来3年ぶり。
  • 12月27日 - AKB48として出場予定だったHKT48・AKB48兼任の兒玉遥が休養することを発表。代役はAKB48チーム8の小田えりなが選出された。

当日のステージ[編集]

前半[編集]

後半[編集]

  • 欅坂46が内村と「不協和音」のコラボダンスを披露した際、平手友梨奈鈴本美愉志田愛佳の3人が過呼吸が原因でステージ上で倒れ、手当てを受けた[25]
  • 五木ひろしは、この年亡くなった作曲家の平尾昌晃が手がけた「夜空」を歌唱した。曲中では当時のレコーディング風景が流れた[26]
  • 乃木坂46のステージには、日村勇紀バナナマン)扮する「ヒム子」が登場した[27]。なお、北野日奈子は休業中のため不出場、伊藤理々杏岩本蓮加はオープニングまでの出演[28]
  • X JAPANYOSHIKIが、頸椎人工椎間板の置換手術後、自粛していたドラムパフォーマンスを初めて行った[29]
  • AKB48は、視聴者投票で選ばれた上位3曲をメドレーで披露した。渡辺麻友は、このステージをもってグループを卒業したため最後の出場となった[30]
  • Superflyは、第66回2015年)以来2年ぶりにテレビで歌唱した。曲紹介は、当時総合司会を務めた黒柳徹子が行った[31]
  • 氷川きよしは、巨大な宝船のセットの上で歌唱した[32]
  • 今回最大の目玉は、引退を電撃発表した安室奈美恵の出演だった。安室は、長らくテレビ出演からは距離を置いており紅白には14年ぶり、テレビ番組の生放送で歌うのは2010年7月30日の『ミュージックステーション』以来約7年ぶりのパフォーマンスということで、久々の地上波出演に大きな注目が集まった。はじめに、安室の歌手人生25年間の軌跡を振り返るVTRが流れ、安室が過去に出演した『ポップジャム』や紅白の映像の数々が放送された。その後内村からの呼び掛けにより、101スタジオにいる中継先の安室が登場した。安室はVTRを振り返ってどうだったかと聞かれ、「とにかくいろいろ経験させていただいて、充実した25年間になったなと思っています。」と答えた。トークの最後にファンの皆さんへのメッセージとして「いつも応援してくださっているファンの皆様、ありがとうございます。来年の9月に、私は引退致します。私らしく、引退の日を迎えたいなと思っておりますので、みなさん是非、応援よろしくお願い致します。」と述べ、昨年のリオオリンピックパラリンピックNHK放送テーマソングHero」を熱唱した。安室は歌い終わった後、何度も礼をしながら眼に涙を浮かべて堪えている様子で中継は終わった[33][34]
  • 安室の中継終了後、内村が「イモトー!安室ちゃんはやっぱかっこよかったよー!」と叫ぶ一幕があった[35]。イモトとは、内村が司会を務めている日本テレビのバラエティ『世界の果てまでイッテQ!』に出演しているお笑いタレントのイモトアヤコのことである。イモトは、"大の安室ファン"であることで知られている。しかしイモトは大晦日当日、南極のロケに行っており、2018年2月18日の『イッテQ』では紅白の録画をし忘れた事を本気で悔やむ様子が放送された。ただ、友人である竹内結子が紅白を録画してくれており、安室の最後の紅白を見ることができたとも後に語っている[36]
    • そして2018年7月29日の『イッテQ』では、ついにイモトと安室の初対面が実現した。安室は、当番組で最後の紅白について語っており、司会の内村とは直接会わなかったものの「リハーサルから優しくしていただいて、スゴい暖かい空気を出して下さって、パパみたいな安心感があった」と感謝の言葉を述べた[37]
  • 特別歌手の桑田佳祐神奈川県横浜市横浜アリーナから中継で出演し、有村が主演の『ひよっこ』の主題歌「若い広場」を歌唱した。曲前には、出演者の沢村一樹木村佳乃もNHKホールに登場したほか、横浜アリーナには中継リポートとして有働由美子(NHKアナウンサー[※ 3])も参加した。曲中のパフォーマンスには有働も加わり、桑田が「愛の言葉を有働」と歌詞を変えて歌う一幕もあった[38]
  • 紅組トリを務めた石川さゆりは、葛飾北斎富嶽三十六景の映像をバックに歌唱した[39]
  • 白組トリで大トリを務めたゆずの曲紹介には、陸上競技選手の桐生祥秀が登場した。自身が100m走で当時の日本記録を更新し、日本人初となる9秒台を記録した際に、「栄光の架橋」を聴いていたと語った[40]
  • エンディングでは、都倉俊一の指揮就任後初めて「蛍の光」の大合唱が行われた。今回は都倉によるフルオーケストラの編曲がなされており[41]、それまでの藤山一郎宮川泰平尾昌晃時代の物に比べ音程が下がり、平尾時代の第61回から第63回までエンディングアレンジの終結に使用されていた3連音が復活するなど、一線を画す物となった。翌年は前年までの平尾末期のアレンジ(アウトロに第九が織り交ぜられたもの)に戻された。

結果[編集]

総得票数による審査の結果、2,237,644対1,432,371で白組が第65回2014年)以来3年ぶりに優勝し、宮本信子から優勝旗が授与された。

今回の白組優勝および審査方法(後述)について、ネット上では「実態に合っていない」との批判が起こった。「そもそも男女に別れて争う必要があるのか」と番組の根本を問う意見もあり、“国民的番組”のあり方が問われている(兼松康)。放送直後から、「さすがに差がつきすぎ」「ゲスト審査員の存在が生かされてない」など、審査方法への批判が相次いだ。上智大学碓井広義教授(メディア文化論)も「第67回に比べて分かりやすくなった面もあるが、何百万と投じられた視聴者の票とゲスト審査員らの票の重みを同一視するのはあまりに極端。これではゲスト審査員も無力感を覚えるだけ」と指摘する。碓井教授はさらに、平均すると1対戦あたり17万票弱という視聴者投票数に着目し、「意外に少なく、視聴者は勝敗にさほど興味を持っていないのかもしれない。以前は“合戦”の様相もあったが、今は音楽番組の構成として、紅白に分けて歌い合っているだけ。男女に分かれて勝ち負けを決める時代でもないのではないか」と、番組の枠組み自体に疑問を呈した[42]

前回・今回と審査方法のあり方に連続して批判が寄せられたため、翌年の第69回でも再び審査方法の変更が行われた。

出場歌手[編集]

      特別企画      初出場      返り咲き

紅組 白組
曲順 アーティスト名 楽曲 曲順 アーティスト名 楽曲
前半
2 Little Glee Monster 好きだ。 〜夢を歌おう ver.〜[※ 4] 1 Hey! Say! JUMP [※ 5] Come On A My House
4 E-girls 5 Love ☆ Queen 3 山内惠介 3 愛が信じられないなら 〜貴公子たちの舞踏会〜
5 SHISHAMO 明日も 〜紅白2017ver.〜 6 三山ひろし 3 男の流儀 〜けん玉世界記録への道〜
7 AI × 渡辺直美 3[※ 6] キラキラ 8 竹原ピストル よー、そこの若いの
9 丘みどり 佐渡の夕笛 10 Sexy Zone 5[※ 7] ぎゅっと
11 市川由紀乃 2 人生一路 12 福田こうへい 4 王将
14 天童よしみ 22 道頓堀人情 13 三代目 J Soul Brothers 6 HAPPY 〜紅白スペシャルバージョン〜
16 倉木麻衣 4 渡月橋 〜君 想ふ〜 15 SEKAI NO OWARI 4 RAIN
17 TWICE TT -Japanese ver.- 18 三浦大知 三浦大知 紅白スペシャル[※ 8]
19 水森かおり 15 早鞆ノ瀬戸 20 WANIMA ともに
21 島津亜矢 4 The Rose 22 郷ひろみ 30 2億4千万の瞳 〜GO! GO! バブルリミックス〜
『紅白 HALFTIME SHOW』
渡辺直美「Poker FaceBorn This Way
オースティン・マホーン×ブルゾンちえみ[※ 9] with BDirty Work
後半
23 欅坂46 2 不協和音 24 関ジャニ∞[※ 10] 6 なぐりガキBEAT
26 坂本冬美 29 男の火祭り 25 福山雅治[※ 11] 10 トモエ学園
27 西野カナ 8 パッ 28 TOKIO 24 AMBITIOUS JAPAN!
30 乃木坂46 3[※ 12] インフルエンサー 29 五木ひろし 47 夜空
白組司会特別企画『紅白歌手全員「いつでも夢を」』[43]
紅組司会特別企画『ひよっこ 紅白特別編』[44]
31 松田聖子 21 新しい明日 32 平井堅 8 ノンフィクション
33 椎名林檎(5)とトータス松本(初)[※ 13]目抜き通り
34 Perfume[※ 14] 10 TOKYO GIRL 35 X JAPAN 8 ENDLESS RAIN 2017 紅白スペシャル[※ 15]
36 AKB48 10 視聴者が選んだ夢の紅白SPメドレー[※ 16] 37 エレファントカシマシ 今宵の月のように
38 松たか子 3 明日はどこから 39 星野源 3 Family Song
40 Superfly 2 愛をこめて花束を N/A
紅組司会特別企画『ひよっこ 紅白特別編 Part2』[45]
N/A 41 9 嵐×紅白スペシャルメドレー[※ 17]
42 髙橋真梨子 5 for you… 43 氷川きよし 18 きよしのズンドコ節
安室奈美恵Hero[46]
桑田佳祐[※ 18]若い広場[46]
44 石川さゆり[※ 19] 40 津軽海峡・冬景色 45 ゆず 8 栄光の架橋
  1. ^ 渡辺麻友柏木由紀指原莉乃松井珠理奈宮脇咲良岡田奈々向井地美音高橋朱里北原里英荻野由佳の10名。
  2. ^ 2020年に解散。
  3. ^ 翌年NHKを退社。
  4. ^ Jupiter」「好きだ。」を順に披露(Jupiterは冒頭のみ)。
  5. ^ メンバーの山田涼介知念侑李は過去にNYCおよびNYC boysとして4回出場。
  6. ^ AIの出場回数。
  7. ^ メンバーの中島健人菊池風磨は過去にNYC boysとして1回出場。
  8. ^ Cry & Fight」「EXCITE」を順に披露。
  9. ^ 現:藤原しおり
  10. ^ 現:SUPER EIGHT
  11. ^ 自身のカウントダウンコンサートを開催する神奈川県横浜市西区パシフィコ横浜展示ホールからの中継。
  12. ^ メンバーの生駒里奈は過去に兼任していたAKB48として1回出場。
  13. ^ ウルフルズとして過去2回出場。
  14. ^ 東京都渋谷区セルリアンタワー屋上からの中継。
  15. ^ 「ENDLESS RAIN」「」を順に披露。
  16. ^ 大声ダイヤモンド」「365日の紙飛行機」「11月のアンクレット」を順に披露。
  17. ^ GUTS !」「Doors 〜勇気の軌跡〜」を順に披露。
  18. ^ 自身のカウントダウンコンサートを開催する神奈川県横浜市港北区横浜アリーナからの中継。
  19. ^ 紅組の紅白最多出場記録更新。

出場者について[編集]

曲順を巡って[編集]

紅組トリに2年連続で石川さゆり、白組トリおよび大トリにこの年デビュー20周年を迎えたゆずが起用された。石川は現役紅組歌手最多の8回目のトリ、ゆずは初トリ[64]

チーフ・プロデューサーの矢島良はトリ選出に関し、前者について「石川さんは今年で紅白出場40回目。世論調査でも上位。幅広い世代から支持を得ている。20年の東京五輪に向け、世界に向けて日本の文化を伝えていきたい」、後者について「今年でデビュー20周年。トップアーティストとして第一線で活躍している。今年はベストアルバムもヒットし、世論調査でも上位。今年の活躍は顕著だった。『栄光の架橋』は、NHKのアテネ五輪テーマ曲として発表されて以来、聴く人の夢を後押しする応援歌。全世代から愛させる歌として存在している。紅白のテーマ『夢を歌おう』に一番合致する」と説明した[65]

各種メディアが挙げていたトリの候補は以下の通り。

  • サンケイスポーツ(2017年11月16日付) - 「紅組トリは石川が濃厚。白組トリおよび大トリはが最有力」[66]
  • スポーツニッポン(2017年11月16日付) - 「紅組トリは石川、松田聖子髙橋真梨子が候補。白組トリおよび大トリは嵐が有力、白組トリの候補にはTOKIOも挙がる」[67]
  • 日刊スポーツ(2017年12月23日付) - 「石川の紅組トリ、ゆずの白組トリおよび大トリが内定」[68][69]

当初、白組トリおよび大トリは2年連続で嵐が務める予定だったが、安室奈美恵桑田佳祐の特別出演が決まり、さらに「大トリを飾っても安室に瞬間最高視聴率争いで勝てない」との判断から嵐側がトリを辞退し、代わってこの年デビュー20周年を迎えたゆずが起用されたとの報道もある[70]

特別出演する安室を「究極の大トリ」に起用する案があるとも報じられていた[71]

司会者[編集]

有村は2年連続2度目、二宮は嵐として担当して以来3年ぶり6度目(単独では初)、内村[1]と桑子[2]は初司会。

審査方法[編集]

前回の教訓(第67回#結果参照)を踏まえて事前に発表。前回同様視聴者審査員が対戦ごとに紅白いずれかに番組連動データ放送で投票を行い最後の対戦が終わった後、ゲストおよび会場審査員が同様の投票を行う。票の価値は全て同等に戻されるほか今回はワンセグ搭載型の携帯電話スマートフォン・アプリによる投票は行われない。

  • ゲスト審査員(別記
  • 会場審査員(NHKホールの観客全員)
  • 視聴者審査員(総合テレビジョンの視聴者 定員なし)

メイン演奏[編集]

ゲスト出演者[編集]

ゲスト審査員[編集]

上述のとおり、2017年12月20日に発表された。

スペシャルゲスト[編集]

紅白 HALFTIME SHOW[編集]

前回同様前半最後にスーパーボウルのハーフタイムショーをイメージしたステージを行う。

ひよっこ 紅白特別編[編集]

VTR企画。ドラマの舞台である1968年(昭和43年)の大晦日の「すずふり亭」の忘年会からストーリーが進んでいく。

企画・応援ゲスト[編集]

演奏ゲストなど[編集]

その他の番組担当者[編集]

  • ラジオ中継:小郷知子二宮直輝(いずれも東京アナウンス室)
  • テレビ放送副音声『紅白ウラトークチャンネル』:バナナマン塚原愛(東京アナウンス室)
  • 生配信企画『紅白楽屋トーク』:渡辺直美
  • 横浜アリーナ中継:有働由美子(東京アナウンス室)

企画[編集]

SHISHAMOと一緒に紅白のステージへ![編集]

ホーンセクション(トランペットトロンボーンテナーサックス)でSHISHAMOと共にパフォーマンスに参加する高校生を募集する。

AKB48 曲目投票企画[編集]

『紅白史上初! パフォーマンス曲を視聴者投票で決めちゃいます!』 - AKB48の披露楽曲を番組公式サイトで募集(メジャーシングル50曲とNHKにゆかりの深い3曲を合わせた計53曲)、上位3曲を披露する[72]

AKB48 曲目投票企画 投票結果[73][74]
順位 楽曲 得票数 中間結果順位
1位 11月のアンクレット 91,820票 2位
2位 365日の紙飛行機 83,882票 1位
3位 大声ダイヤモンド 38,584票 4位

視聴率[編集]

番組平均視聴率は前半(19:15 - 20:55)が35.8%、後半(21:00 - 23:45)が39.4%で2年ぶりに40%を割った。これは第55回(2004年)の39.3%に次ぐワースト3位である(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[75][76]

瞬間最高視聴率は安室奈美恵歌唱時の48.4%だった[77]

ワースト3位の視聴率に終わったことについて、NHKの上田良一会長は翌年1月11日の定例会見で「幅広い世代に見ていただけた。視聴者の4割の方々に生放送でご覧いただけたことに感謝しています。」とコメントした[78]

歌手別視聴率[編集]

順位 歌手 視聴率
1位 安室奈美恵 48.4%
2位 ゆず 46.4%
3位 桑田佳祐 45.8%
4位 石川さゆり 45.3%
5位 氷川きよし 43.3%
6位 42.4%
7位 高橋真梨子 42.2%
8位 エレファントカシマシ 41.3%
9位 AKB48 41.2%
10位 X JAPAN 40.4%
  • 数字は関東地区[79]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 平尾昌晃藤山一郎(歌手)、宮川泰(作曲家)の後を受けた3代目「蛍の光」指揮者として第57回(2006年)から第67回(2016年)まで11回にわたって務めた[9]
  2. ^ 前年は投票で48位以内に入ったHKT48の“なこみく”(矢吹奈子と田中美久)が、当時まだ中学生だったため労働基準法第6章第61条の規定によりAKB48の出演時間帯に出演できず天童よしみのバックダンサーに回り、49位と50位のメンバーが繰り上げられた。また、前述の通り、当初は兒玉遥も出演予定であったが、休養のため出演できなくなり、AKB48チーム8の小田えりなに変更された[8]
  3. ^ 石川は第34回1983年)のみ産休中のため歌手として出場していないが、特別ゲストとして当日の放送に顔見せで登場している[60]
  4. ^ この年の1月から「放牧宣言」と称して活動を休止していた。2018年11月に「集牧宣言」と称して活動を再開、第69回で返り咲き出場を果たしている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f “『第68回NHK紅白歌合戦』 総合司会は内村光良に決定 紅組は有村架純 白組は嵐・二宮和也”. ORICON NEWS. (2017年11月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2100493/full/ 2017年11月13日閲覧。 
  2. ^ a b c “紅白歌合戦、桑子アナが総合司会!トータス松本ら初出場10組発表”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年11月16日). https://hochi.news/articles/20171116-OHT1T50084.html 2017年11月16日閲覧。 
  3. ^ 『NHK紅白歌合戦』2年目の「夢を歌おう」 放送時間決定 ,ORICON NEWS,2017年9月8日
  4. ^ 司会者 NHK紅白歌合戦公式サイト
  5. ^ 紅白ウラトークチャンネル』(HTML)(プレスリリース)日本放送協会、2017年12月1日http://www.nhk.or.jp/kouhaku/uratalk/2017年12月5日閲覧 [リンク切れ]
  6. ^ 紅白楽屋トーク』(HTML)(プレスリリース)日本放送協会、2017年12月1日http://www.nhk.or.jp/kouhaku/gakuyatalk/2017年12月5日閲覧 [リンク切れ]
  7. ^ SHISHAMO『明日も』“高校生ホーン隊”募集』(HTML)(プレスリリース)日本放送協会、2017年12月1日http://www.nhk.or.jp/kouhaku/shishamo/2017年12月5日閲覧 [リンク切れ]
  8. ^ a b c AKB48 曲目投票企画』(HTML)(プレスリリース)日本放送協会、2017年12月4日http://www.nhk.or.jp/kouhaku/akb48/2017年12月5日閲覧 [リンク切れ]
  9. ^ “紅白の顔「蛍の光」指揮者11年、平尾昌晃さんの後任は?”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年7月23日). https://web.archive.org/web/20170726171725/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170723-OHT1T50297.html 2017年11月14日閲覧。 
  10. ^ 「蛍の光」新しい指揮者が決定!』(HTML)(プレスリリース)日本放送協会、2017年12月7日http://www.nhk.or.jp/kouhaku/topics/topics_171207.html2017年12月7日閲覧 [リンク切れ]
  11. ^ 「夢を歌おう」特別企画 安室奈美恵 出場決定!』(HTML)(プレスリリース)日本放送協会、2017年12月19日http://www.nhk.or.jp/kouhaku/topics/topics_171219.html2017年12月19日閲覧 [リンク切れ]
  12. ^ ゲスト審査員 決定、第68回NHK紅白歌合戦、2018年1月2日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ 「夢を歌おう」特別企画 桑田佳祐 出場決定!』(HTML)(プレスリリース)日本放送協会、2017年12月22日http://www.nhk.or.jp/kouhaku/topics/topics_171222.html2017年12月22日閲覧 [リンク切れ]
  14. ^ 【紅白】豪華絢爛!渋谷舞台映像で華やかに幕開け 初司会ウッチャン大興奮”. ORICON NEWS (2017年12月31日). 2023年8月5日閲覧。
  15. ^ 「紅白歌合戦」の舞台美術はどのように生まれたのか? NHKデザインセンター森内大輔に聞く”. 美術手帖. 2023年8月5日閲覧。
  16. ^ AKB48グループ“男装選抜”10名がリハ 山内惠介とコラボ<紅白リハ1日目>”. モデルプレス. 2023年1月14日閲覧。
  17. ^ E-girls、美脚輝く階段パフォーマンス “11人”の笑顔弾ける<紅白本番>”. モデルプレス. 2023年1月15日閲覧。
  18. ^ SHISHAMO「明日も」高校生ホーン隊と/紅白”. nikkansports.com. 2023年1月15日閲覧。
  19. ^ 三山ひろし、けん玉ギネス失敗「また挑戦」 日刊スポーツ 2017年12月31日
  20. ^ 紅白歌合戦:SEKAI NO OWARI 産休Saoriに代わってNakajinがピアノ演奏 まんたんウェブ 2017年12月31日
  21. ^ 倉木麻衣「最高でした」十二単でコナンと熱唱/紅白”. nikkansports.com. 2023年1月15日閲覧。
  22. ^ 初出場の三浦大知、無音シンクロダンスで魅了/紅白”. nikkansports.com. 2023年8月5日閲覧。
  23. ^ WANIMA、紅白へ続くレッドカーペットを疾走!「全力で歌いたいと思います」 (音楽ナタリー、2017年12月29日)2020年8月3日閲覧
  24. ^ 【紅白】郷ひろみ&登美丘高校ダンス部がド派手にバブルコラボ”. ORICON NEWS (2017年12月31日). 2023年7月15日閲覧。
  25. ^ 欅坂・平手友梨奈ら3人、過呼吸で倒れた 内村光良とコラボ中に/紅白”. 産経ニュース (2018年1月1日). 2023年7月15日閲覧。
  26. ^ 五木ひろし「平尾先生への追悼含め歌う」/紅白リハ”. nikkansports.com. 2023年1月15日閲覧。
  27. ^ 乃木坂インフルエンサーに優しいヒム子登場/紅白”. nikkansports.com. 2023年1月15日閲覧。
  28. ^ 乃木坂46紅白、中学生メンバー伊藤理々杏&岩本蓮加への粋な計らいが胸熱<紅白本番> - モデルプレス”. モデルプレス (2017年12月31日). 2023年7月15日閲覧。
  29. ^ YOSHIKI、紅白で封印解禁!圧巻のドラムプレーで1年締めくくる、スポーツ報知 2017年12月31日
  30. ^ 【紅白】AKB48まゆゆが有終の美 視聴者人気1位は「11月のアンクレット」”. ORICON NEWS. 2023年1月15日閲覧。
  31. ^ 【紅白】Superfly、2年ぶりテレビ歌唱 徹子も大興奮「ご縁ですね」”. ORICON NEWS. 2023年1月15日閲覧。
  32. ^ 紅白歌合戦:氷川きよし ド派手な宝船バックに金色スーツの“金よし”に”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2023年1月15日閲覧。
  33. ^ 【紅白】安室奈美恵「充実した25年間」【コメント全文】”. ORICON NEWS (2017年12月31日). 2023年7月15日閲覧。
  34. ^ 【紅白】安室奈美恵、14年ぶり&“最後”の紅白出場 熱唱後には感涙…”. ORICON NEWS (2017年12月31日). 2023年7月15日閲覧。
  35. ^ 「イッテQ」内村光良も叫んだ イモトばり「安室ちゃ〜ん!」安室涙のラスト紅白秘話 曲紹介「震えた」”. Sponichi Annex. 2023年7月15日閲覧。
  36. ^ 安室の紅白見られず…悲痛のイモト救う竹内結子に感動の声 (2017年12月29日)”. エキサイトニュース (2017年12月29日). 2023年7月15日閲覧。
  37. ^ 内村光良も絶叫「安室ちゃーん!」- 紅白“涙”の真相に感動”. マイナビニュース (2018年7月29日). 2023年7月15日閲覧。
  38. ^ 有村架純、沢村一樹&木村佳乃サプライズ登場で茨城弁再び 桑田佳祐は替え歌「愛の言葉を有働」<紅白本番> - モデルプレス”. モデルプレス (2017年12月31日). 2023年7月15日閲覧。
  39. ^ 【紅白リハ】石川さゆり、10回目「津軽海峡・冬景色」へ込めた想い オリコン 2017年12月29日
  40. ^ ゆず、初の紅白大トリ 「栄光の架橋」でエール届ける<紅白本番>”. モデルプレス (2017年12月30日). 2023年7月15日閲覧。
  41. ^ 紅白『蛍の光』4代目指揮者・都倉俊一氏が明かす当日の流れ”. NEWSポストセブン. 2023年7月15日閲覧。
  42. ^ 「紅白」審査方法に今回も疑問の声 男女で勝敗…そもそも必要なのか!?(1/3ページ)”. 産経ニュース (2018年1月16日). 2023年8月5日閲覧。
  43. ^ https://twitter.com/nhk_kouhaku/status/946293723427586048?s=46&t=iX8oVcQY_Jy0c4oIRZsMkw”. X (formerly Twitter). 2023年9月27日閲覧。
  44. ^ https://twitter.com/nhk_kouhaku/status/947448876507676674?s=46&t=iX8oVcQY_Jy0c4oIRZsMkw”. X (formerly Twitter). 2023年9月27日閲覧。
  45. ^ https://twitter.com/nhk_kouhaku/status/947464342647087108?s=46&t=iX8oVcQY_Jy0c4oIRZsMkw”. X (formerly Twitter). 2023年9月27日閲覧。
  46. ^ a b https://twitter.com/nhk_kouhaku/status/946544795928768512?s=46&t=iX8oVcQY_Jy0c4oIRZsMkw”. X (formerly Twitter). 2023年9月27日閲覧。
  47. ^ 三浦大知が初紅白「光栄、視聴者としても楽しみ」,日刊スポーツ,2017年11月16日
  48. ^ 【紅白】Hey!Say!JUMP、初出場決定「10周年の大きなプレゼント」,ORICON NEWS,2017年11月16日
  49. ^ 【紅白】エレカシ初出場 宮本独壇場で爆笑連発,ORICON NEWS,2017年11月16日
  50. ^ 紅白出場歌手発表 トータス松本がソロとして初出場,サンケイスポーツ,2017年11月16日
  51. ^ 竹原ピストル、紅白初出場に喜び語る「父ちゃん、母ちゃん喜ぶだろうな〜」,スポーツ報知,2017年11月16日
  52. ^ “竹原ピストルやリトグリらも紅白内定 あす正式発表”. 日刊スポーツ. (2017年11月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201711150000104.html 2018年8月26日閲覧。 
  53. ^ 【紅白】SHISHAMO、高校時代からの活動つながり「うれしい」,ORICON NEWS,2017年11月16日
  54. ^ 第68回NHK紅白歌合戦:三太郎で人気のWANIMAが初登場 「取り消しにならないように全力で」,MANTANWEB,2017年11月16日
  55. ^ リトグリ初紅白「夢見ていた」、初武道館は1分完売,日刊スポーツ,2017年11月16日
  56. ^ TWICE初紅白 韓国グループ6年ぶり「光栄」,ORICON NEWS,2017年11月16日
  57. ^ 丘みどり、紅白初出場「天国の母との約束果たせた」 ,スポーツ報知,2017年11月16日
  58. ^ 松たか子、18年ぶり紅白!…朝ドラ「わろてんか」主題歌で ,スポーツ報知,2017年11月16日
  59. ^ 【紅白】倉木麻衣、12年ぶり4回目の出場へ 「コナン」コラボでギネス記録も,ORICON NEWS,2017年11月16日
  60. ^ “石川さゆり、歌が大きな存在/紅白を語る”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2009年12月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20091226-578681.html 2017年11月16日閲覧。 
  61. ^ “石川さゆり、女性歴代最多40回目の紅白出場…でも本当は「41回通っている」訳とは”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年11月16日). https://web.archive.org/web/20171117065546/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171116-OHT1T50211.html 2017年11月18日閲覧。 
  62. ^ TOKIO紅白逃す 連続出場24でストップ【落選15組の顔ぶれ】/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online. 2023年1月15日閲覧。
  63. ^ “水樹奈々が切り拓いた『紅白』声優枠が消滅した理由――μ'sが2年前に犯した失態”. サイゾーウーマン. (2017年12月31日). https://www.cyzowoman.com/2017/12/post_168310_1.html 2021年5月16日閲覧。 
  64. ^ 第68回NHK紅白歌合戦:曲目・曲順を発表 大トリはゆず「栄光の架橋」,マイナビニュース,2017年12月23日
  65. ^ 紅組トリは石川さゆり、NHKが「世論調査で上位」,日刊スポーツ,2017年12月23日
  66. ^ 嵐、紅白2年連続大トリ!トリは紅組最多40回出場の石川さゆり,サンケイスポーツ,2017年11月16日
  67. ^ 嵐、2年連続大トリ有力 TOKIOも候補に,スポーツニッポン,2017年11月16日
  68. ^ ゆず、NHK紅白歌合戦の白組トリ&大トリに内定
  69. ^ ゆず紅白初の大トリ、紅組は石川さゆり きょう発表
  70. ^ 嵐は安室奈美恵を前に敵前逃亡!? 『紅白』大トリが「ゆず」に決まった裏事情とは,日刊サイゾー,2017年12月27日
  71. ^ 安室奈美恵、紅白「特別出演」決定 番組側は“究極の大トリ”検討 ,スポーツニッポン,2017年12月20日
  72. ^ AKB48 曲目投票企画”. 第68回NHK紅白歌合戦. 日本放送協会. 2017年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月18日閲覧。
  73. ^ 「AKB48 曲目投票企画」投票結果”. 第68回NHK紅白歌合戦. 日本放送協会. 2017年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月2日閲覧。
  74. ^ 「AKB48 曲目投票企画」中間結果”. 第68回NHK紅白歌合戦. 日本放送協会. 2017年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月2日閲覧。
  75. ^ “「紅白」後半視聴率 安室出演も歴代ワースト3位39.4% 前年下回り2年ぶり大台40%割れ”. スポーツニッポン. (2018年1月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/02/kiji/20180101s00041000314000c.html 2018年1月2日閲覧。 
  76. ^ “紅白視聴率40%届かなかった背景にテレ東の大健闘”. 日刊スポーツ. (2018年1月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801030000077.html 2018年1月7日閲覧。 
  77. ^ “紅白視聴率、安室奈美恵熱唱で瞬間最高48・4% 第1部はブルゾンちえみで39・2%”. スポーツ報知. (2018年1月4日). https://hochi.news/articles/20180104-OHT1T50170.html 2018年1月4日閲覧。 
  78. ^ “NHK会長 紅白視聴率歴代ワースト3位も「幅広い年代に見ていただけた。」”. スポーツニッポン. (2018年1月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/11/kiji/20180111s00041000168000c.html 2018年1月11日閲覧。 
  79. ^ 安室奈美恵、ラスト紅白に花!歌手別視聴率で最高48・4%”. スポーツ報知 (2018年1月5日). 2024年1月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]