藤野涼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふじの りょうこ
藤野 涼子
生年月日 (2000-02-02) 2000年2月2日(20歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 162 cm[1]
血液型 B型[2]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台CM
活動期間 2014年 -
事務所 ケイファクトリー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
ソロモンの偽証
輪違屋糸里 京女たちの幕末
テレビドラマ
ひよっこ
腐女子、うっかりゲイに告る。
テンプレートを表示

藤野 涼子(ふじの りょうこ、2000年2月2日 - )は、日本女優[1]。本名非公開。

神奈川県出身[2]ケイファクトリー所属[1]

2015年公開(2014年制作)の映画『ソロモンの偽証』で主演デビューした。芸名は同映画で演じた役名と同じである[3]

略歴[編集]

2000年、神奈川県に生まれ一人っ子として育つ[2]

2011年の10月[4]、小学5年生の頃、「テレビに出たかった」という理由で芸能事務所に所属する[5]

2014年、公立中学校[6]在学中14歳の時、宮部みゆきのミステリー大作を原作とし、松竹による前後編2部作として製作された成島出監督の映画『ソロモンの偽証』にて、メインキャストとなる中学生役に応募し、「日本映画最大規模」とされた半年間のオーディションに参加した約1万人の中から主人公の藤野涼子役に抜擢された[3][7][8]。当時はテアトルアカデミー所属で[9]、デビュー時点で藤野は演技経験がほとんどなく、出演経験があるのはエキストラのみで[5]オーディションもわずか3度目であった[2]。主演発表にあたって、映画のプロデューサーと監督から役名と同じ名でデビューしてはというアイデアが出され[2]、原作小説の生みの親である宮部からも「二つ返事」でOKを受けてこの名を芸名とした[3]

2016年、テアトルアカデミーからケイファクトリーへ移籍[1]

人物[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

舞台[編集]

公演中止[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • BS1スペシャル「難民110万人 ドイツの攻防〜受け入れ支持vs反対の闘い」(2017年6月29日、NHK BS1) - ナレーション[27]

CM[編集]

広告[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 藤野 涼子”. ケイファクトリー. 2018年1月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “藤野涼子、主演デビュー作の役名が芸名に!1万人オーディションで選ばれた14歳”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年10月31日). オリジナルの2014年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141031155856/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141030-OHT1T50337.html 2017年11月6日閲覧。 
  3. ^ a b c 役名で女優デビューする14歳・藤野涼子、人生初会見で初々しい決意表明”. 映画.com (2014年11月12日). 2015年3月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e 【報知映画賞】藤野涼子「一生分の幸せ」実力不足…悔し涙一転”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月26日閲覧。
  5. ^ a b 松田秀彦 (2015年3月5日). “藤野涼子「ソロモンの偽証」で本格映画デビュー”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1442345.html 2015年3月5日閲覧。 
  6. ^ “「ソロモンの偽証」藤野涼子 15歳 同世代へのメッセージ”. 東京新聞 (中日新聞社). (2015年3月12日). オリジナルの2015年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150404064727/http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2015031202000139.html 2017年11月6日閲覧。 
  7. ^ 宮部みゆき「ソロモンの偽証」映画化決定!超大規模オーディション開催”. 映画.com (2013年12月24日). 2015年3月3日閲覧。
  8. ^ 1万人から選出『ソロモンの偽証』主演・藤野涼子に“名付け親”宮部みゆき太鼓判”. cinemacafe.net (2014年11月12日). 2015年3月3日閲覧。
  9. ^ 藤野涼子 映画「ソロモンの偽証」主演に抜擢!!”. テアトルアカデミー (2014年11月4日). 2014年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月18日閲覧。
  10. ^ “黒沢清×西島秀俊「クリーピー」に藤野涼子&笹野高史が出演、公開は2016年6月”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年11月4日). http://natalie.mu/eiga/news/164930 2015年11月4日閲覧。 
  11. ^ 映画『クリーピー』ビジュアル公開 新キャストに藤野涼子&笹野高史”. ORICON STYLE (2015年11月4日). 2015年11月5日閲覧。
  12. ^ “藤野涼子主演で浅田次郎『輪違屋糸里』映画化、共演に溝端淳平、松井玲奈ら”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年10月4日). https://www.cinra.net/news/20181004-wachigaiya 2018年10月21日閲覧。 
  13. ^ 影踏み”. 藤野涼子オフィシャルブログ「りょうこの歩き方」Powered by Ameba (2018年10月16日). 2018年12月26日閲覧。
  14. ^ 福岡発地域ドラマ「たからのとき」”. 2016年11月1日閲覧。
  15. ^ “朝ドラ「ひよっこ」“乙女寮”に注目美女集結 有村架純の妹分・松本穂香、「ソロモンの偽証」藤野涼子ら”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年1月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1659527 2017年5月10日閲覧。 
  16. ^ “時代劇「冬の時代」に風穴なるか 松雪泰子、江口洋介主演の藤沢周平「橋ものがたり」”. アエラドット (朝日新聞出版). (2017年7月18日). https://dot.asahi.com/dot/2017071800114.html 2017年8月2日閲覧。 
  17. ^ “松雪泰子、藤野涼子と取っ組み合いのケンカ「感情がぶつかり合うようにやりたかった」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年9月5日). https://eiga.com/news/20170905/18/ 2017年9月5日閲覧。 
  18. ^ “藤野涼子 正月時代劇「家康、江戸を建てる『水を制す』(前編)」出演決定!!”. ケイファクトリー (株式会社 ケイファクトリー). (2018年7月5日). https://www.k-factory.net/information/act/post/11299 2018年12月26日閲覧。 
  19. ^ “「名古屋行き最終列車2019」追加キャスト発表!藤野涼子主演決定!Mr.マリックも「きてます」” (プレスリリース), 名古屋テレビ放送, (2019年2月19日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000494.000014977.html 2019年2月19日閲覧。 
  20. ^ “金子大地×藤野涼子『腐女子、うっかりゲイに告る。』4月スタート”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2019年2月1日). https://m.crank-in.net/news/62260 2019年2月1日閲覧。 
  21. ^ “佐藤流司が主演ドラマ「日暮里チャーリーズ」で七変化、IKKOや佐々木蔵之介も参加”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年7月22日). https://natalie.mu/eiga/news/388744 2020年8月3日閲覧。 
  22. ^ “藤野涼子:「ひよっこ」“豊子”が初大河 吉沢亮主演「青天を衝け」で天真らんまんなお兄ちゃん子に”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年7月10日). https://mantan-web.jp/article/20200710dog00m200024000c.html 2020年7月10日閲覧。 
  23. ^ “藤野涼子「深夜食堂 Tokyo Stories Season2」出演決定!!”. ケイファクトリー (株式会社 ケイファクトリー). (2019年10月7日). https://www.k-factory.net/information/act/post/12751 2020年1月6日閲覧。 
  24. ^ “青鞜の“女たち”と出演者の姿が重なる、二兎社「私たちは何も知らない」開幕”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年11月30日). https://natalie.mu/stage/news/357625 2019年11月30日閲覧。 
  25. ^ “佐々木蔵之介主演の舞台『佐渡島他吉の生涯』に石田明、壮一帆、谷村美月ら”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2020年1月7日). https://www.cinra.net/news/20200107-sadojimatakichi 2020年1月7日閲覧。 
  26. ^ “PARCO劇場、オープニング・シリーズ『ピサロ』、『佐渡島他吉の生涯』などの公演を中止”. SPICE (イープラス). (2019年4月8日). https://spice.eplus.jp/articles/267600 2019年4月8日閲覧。 
  27. ^ “藤野涼子「難民110万人 ドイツの攻防~受け入れ支持vs反対の闘い」ナレーション出演決定!!”. ケイファクトリー (株式会社 ケイファクトリー). (2017年6月26日). https://www.k-factory.net/information/act/post/10220 2019年11月11日閲覧。 
  28. ^ “藤野涼子、まさかの全国展開に「恥ずかしい」”. テレ朝news (テレビ朝日). (2018年2月23日). オリジナルの2018年2月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180223171653/https://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou/articles/hot_20180223_110.html 2018年2月23日閲覧。 
  29. ^ “神奈川県選管、モデルに県出身女優・藤野さん ポスターやネット広告で投票呼びかけ”. 産経ニュース (産経新聞社). (2019年3月21日). https://www.sankei.com/region/news/190321/rgn1903210023-n1.html 2019年3月21日閲覧。 
  30. ^ “「海街diary」が5冠、「お盆の弟」が4冠”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年12月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1575404.html 2015年12月5日閲覧。 
  31. ^ “日本アカデミー賞:「海街diary」が最多12部門でノミネート “4姉妹”もそろって選出”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2016年1月18日). http://mantan-web.jp/2016/01/18/20160118dog00m200015000c.html 2016年1月18日閲覧。 
  32. ^ 毎日映画コンクール 大賞に橋口監督の「恋人たち」”. 毎日新聞 (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
  33. ^ 2015年度・受賞者”. おおさかシネマフェスティバル2016. 2016年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月6日閲覧。
  34. ^ 日本映画批評家大賞 2016公式サイト”. 日本映画批評家大賞. 2016年5月26日閲覧。
  35. ^ “17歳藤野涼子が万年筆の賞を受賞し「まさか選ばれるとは…」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年11月6日). オリジナルの2017年11月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107152920/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171106-OHT1T50127.html 2017年11月6日閲覧。 
  36. ^ “『腐女子、うっかり~』最多3冠 藤野涼子が助演女優賞、金子大地が新人賞【第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2141444/full/ 2019年8月2日閲覧。 

外部リンク[編集]