TVer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TVer
URL https://tver.jp/
言語 日本語
タイプ ビデオ・オン・デマンド
インターネットサイマル配信
運営者 株式会社TVer
設立者 日本テレビ放送網
テレビ朝日
TBSテレビ
テレビ東京
フジテレビジョン
在京民放5局
収益 広告収入
営利性 営利
開始 2015年10月26日 (8年前) (2015-10-26)
現在の状態 運営継続中
株式会社TVer
TVer INC.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-0004
東京都港区新橋2丁目19番10号 新橋マリンビル6F
設立 2006年4月3日
(株式会社プレゼントキャスト)
法人番号 5010401061239
代表者 代表取締役社長 若生伸子
資本金 50億円
売上高 47億7500万円
(2023年01月18日時点)[1]
営業利益 12億1600万円
(2023年01月18日時点)[1]
経常利益 12億2000万円
(2023年01月18日時点)[1]
純利益 10億1000万円
(2023年01月18日時点)[1]
純資産 103億4700万円
(2023年01月18日時点)[1]
総資産 119億9700万円
(2023年01月18日時点)[1]
決算期 3月末日
主要株主 日本テレビ放送網株式会社 16.4%
株式会社テレビ朝日 16.4%
株式会社TBSホールディングス 16.4%
株式会社テレビ東京 16.4%
株式会社フジ・メディア・ホールディングス 16.4%
株式会社電通グループ 3.9%
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ 3.4%
株式会社MBSメディアホールディングス 1.8%
朝日放送テレビ株式会社 1.8%
関西テレビ放送株式会社 1.8%
讀賣テレビ放送株式会社 1.8%
株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ 1.6%
株式会社東急エージェンシー 1.0%
テレビ大阪株式会社 1.0%
主要子会社 株式会社TVer Technology
外部リンク https://tver.co.jp/
テンプレートを表示

TVer(ティーバー[2])は、在京民放キー局5社日本テレビテレビ朝日TBSテレビテレビ東京フジテレビ)と、在阪民放5社毎日放送朝日放送テレビ関西テレビ読売テレビテレビ大阪)、広告代理店4社(電通博報堂DYMPADK東急エージェンシー)が共同出資した株式会社TVer(旧・株式会社プレゼントキャスト)[3][4]が運営するOTTサービス

概要[編集]

海賊版コンテンツ不正コピーの防止・対抗を目的として2015年10月26日にサービスが開始された[5][6]スマートフォンタブレット向けのTVer専用アプリPC上のウェブブラウザを利用して、民放テレビ局が提供するテレビ番組動画コンテンツを視聴することができる[7]

在京民放5社は、当サービスの開始以前から独自の見逃し配信サービス[注 1]をそれぞれ運営しているが、「TVer」はこれらを一元的に集約させたポータルサービスとしての役割も担う[7]

インフラにブライトコーブの動画配信プラットフォームBrightcove Video Cloud[8]機械学習を使ったエンコード技術Context Aware Encoding[9]を採用している。

歴史[編集]

2006年
  • 4月3日 - 電通と在京キー局、博報堂DYメディアパートナーズ、 ADK、東急エージェンシーの出資で、株式会社プレゼントキャストが設立される[10]
2015年
  • 7月16日 - 番組無料配信サービスの提供を10月から開始すると発表[5]
  • 10月26日 - プレゼントキャストの運営で、Tverのサービス提供を開始[6]
  • 11月19日 - アプリの累計ダウンロード数が100万を超える[11][12]
2016年
2017年
  • 3月25日 - 在阪民放1社(読売テレビ)が参加[15]
  • 5月 - CDNIIJと日本テレビを中心とした東名阪の民放各局共同出資のJOCDNのサービスを導入[16]
  • 12月17日 - アプリの累計ダウンロード数が1000万を超える[17]
2018年
2019年
  • 4月8日 - 在阪民放1社(テレビ大阪)が参加[18]
  • 4月29日 - 同日午前0時から午前3時半頃にかけて、外部から不正アクセスを受け、アプリ及びウェブサイト上で画像の改竄や複数の番組タイトルの改変などが行われた。この事態を受けてTVerは事実を認めた上で公式に謝罪した[19]
  • 7月24日 - アプリの累計ダウンロード数が2000万を超える[20]
  • 8月10日 - 初のプロ野球中継ライブ配信(日本テレビ『Fun!BASEBALL!!』協力)を実施[21][22]
2020年
2021年
2022年
2023年
2024年
  • 1月17日 - 月間ユニークブラウザ数(MUB)が歴代最高となる3129万MUBを記録[58]
  • 3月1日 - 「TVerアワード2023」が発表[59]
  • 7月26日 - 同日から8月11日まで開催のパリオリンピックのライブ配信[注 4]を実施予定。併せて同大会からgorin.jpの機能を本サイトに統合予定[60][61]

配信番組[編集]

配信は、放映から1週間程度の期間(次回放送がそれを超える場合は、遅くとも次回放送開始前まで[注 5])行われ、従来の放送と同じようにコマーシャルが挿入される形式となっている[5]。また、放送局によっては番組開始前に局のロゴムービーを5秒ほど挿入してから開始している[注 6]テレビジョン放送とネット配信とで権利処理が大幅に異なるため、それらの関係で配信対象外となる放送回もある[注 7][注 8]。配信途中に新たな権利問題・侵害の発生に加え、番組出演者が不祥事を起こした場合も即座に配信終了となるが、当該パートを削除された上で再開されることもある。また、殆どのワイドショーや2時間以上に拡大された特別番組などの長時間番組や、一部のバラエティ番組は複数のパートやコーナー別に分けて配信されることもある。次回予告は、放送前映像の権利処理が準備段階としていることもあり、ノンフィクションを中心にカットされる番組も少なからず存在する。

サービス開始当初は、全国ネットでの放送番組(準キー局制作番組やBS・CS民放局の番組を含む)を中心とした番組ラインナップであったが、2016年秋から2018年春までにかけて全ての準キー局系の見逃し配信サービス[注 9](後述)が参画し、番組の直接配信を開始したことにより、放送エリアが制限されているローカル番組の視聴も可能となった[注 10]。これ以降、準キー局以外の系列局が制作したローカル番組も順次配信が行われている。

開始当初の配信番組はドラマ作品等が中心だったが、年を追うごとにバラエティ・アニメ・料理番組等ラインナップを増やし、2023年1月現在ではゴールデンタイム・プライムタイム等の番組を中心に約400番組以上がラインナップされている[63][53]。また、ドラマ・アニメ作品等では本サービス開始前に放送された作品(概ね1950年代から2010年代までの物)や、オリジナル作品等が配信されることもある[64][65]ニュース情報番組等については未だに、基本的に配信していないが、東日本大震災SDGsなどのキャンペーン企画実施時に例外として配信する場合がある[注 11][66]。ただし、全国ネットの番組であっても権利処理が難しいもの(映画番組等[注 12])や、製作側の事情から当サービスで配信が行われない番組もある[注 13]

配信番組は基本的に主音声(第1音声)のみが配信される。そのため、音声多重放送且つ副音声(第2音声以上)にて、2か国語放送解説放送副音声付放送等が行われた場合は副音声版を別途配信することもある[67][68]

「TVer」ではradiko(プレミアムを除く)とは異なり、配信番組の視聴にあたって国内でのエリア制限は施されていないことから、配信対象番組で放送枠の移動がある場合は、必ず放送時間のところに「一部地域をのぞく」の表記が入る。これは系列局が無い地域かクロスネット局で同時ネットの対象から外れた番組において遅れネットか非ネットの時があるため。一方、海外での利用はできず、この点は同様である。

2019年8月26日には、公共放送である日本放送協会(NHK)が制作する番組[注 14]についても配信が開始された。広告放送が禁止されている同協会の性質上、NHKの番組をTVerで視聴する際にはコマーシャルは流されず、代わりに同局の番組宣伝などが流れる[69]。なお、TVerでのNHKの番組視聴は受信契約の対象外であると同協会広報局が回答している[70]

2020年からは独立放送局も参入し、同年10月からはテレビ神奈川(tvk)[32]、2021年4月からは群馬テレビ[71]、同年7月からはテレビ埼玉(テレ玉)[72]、2022年2月からは東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)[73]、3月からは千葉テレビ放送(チバテレ)[74]、4月からはワールド・ハイビジョン・チャンネル(BS12 トゥエルビ)[75]、2023年4月からはサンテレビジョン(サンテレビ)[76]、5月からは日本BS放送(BS11)[77]、10月からはとちぎテレビ(とちテレ)[78]並びにBS松竹東急[79]、11月からは三重テレビ[80]制作番組の配信をそれぞれ開始した。

再生・ユーザー数[編集]

サービス開始当初の月間アクティブユーザー数の伸びは低調で、実際の利用状況は芳しくないとする調査結果があったが[81]、2018年3月期には月間動画再生数が3,871万回となり、前月の3,065万回を大幅に上回った[82]。2021年1-3月期に月間動画再生数が1億8,305万回、月間ユーザー数が1,697万人[83]を突破し、2023年4月には累計アプリダウンロード数が6000万[84]、同年8月には月間動画再生数が3.9億回、月間ユーザー数が3,000万人と、いずれも過去最高記録を更新した[85]

TVerの調査によると、全国15歳から69歳の6割以上で認知されており、特に10代女性ではSNSによる拡散もあり、85.4%に上がっている。主に連続ドラマやバラエティ番組の見逃し配信を中心に高い需要があるとしている[63][54]

再生数など、本サービスの配信にて得られたデータは続編などの企画・制作においての重要な指標になる[86]。サービス普及後は視聴率と並んでTVerの再生数やランキングを貼り出す局も登場しており[87]、マイリストの登録数を指標とする放送局もある[88]日本民間放送連盟会長の遠藤龍之介も「昔は翌朝に発表される世帯視聴率が全てだったが、今はTVerの再生数がどれだけあるか。ファーストランの地上波の評価を決める指標にもなっている」と述べている[89]

なお、再生数に応じて番組出演者に対して出演料が支払われることからTVerでの再生を推奨する声もあるが[86]、元々テレビ番組自体が地上波のスポンサーが制作費込みのCM料金を払った上で制作されているため、TVerでは高額のCM料金を取ることが出来ないことから、限定的であるとの指摘もある[90]

視聴方法[編集]

対応状況(PCブラウザ)[編集]

Windows
Windows 10/11以降かつMicrosoft Edge最新版、Google Chrome最新版、Firefox最新版が必要。
Mac
OS X 10.11以降かつSafari最新版、Google Chrome最新版、Firefox最新版が必要。

対応状況(モバイルアプリ)[編集]

民放公式テレビポータル
「TVer」(ティーバー)
開発元 プレゼントキャスト
初版 2015年10月26日 (8年前) (2015-10-26)[91]
最新版
iOS版:4.23.0 / 2020年11月27日 (3年前) (2020-11-27)
Android版:4.23.0 / 2020年11月27日 (3年前) (2020-11-27)
対応OS iOS 11.0以降
Android 5.0以降
プラットフォーム iOS、Android
サイズ iOS版:67.3 MB
Android版:21.94 MB
対応言語 日本語
サポート状況 公開中
種別 動画視聴アプリ
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト https://tver.jp/app
テンプレートを表示

2023年1月時点において、「Android 5.0以降」または「iOS 11.0以降」のモバイルOSを搭載したスマートフォンとタブレットに対応したアプリが提供されている[92]。なお、以下に記述するAndroidとiOSのモバイル端末は、上記のOS対応要件を満たした機種を想定しているものとする。

2015年10月のTVerの配信サービスのスタート時に、iPhoneなどのiOS搭載スマートフォンと、Android搭載スマートフォンに対応したアプリが提供開始された[7]。スマートフォンへの対応に続いてタブレット端末に対するアプリの迅速な対応が図られ、11月4日に iOS搭載タブレットのiPad対応のアプリが提供開始された[93]。12月1日には Android版アプリのアップデートによってAndroidタブレットにも対応した[94][95]

対応状況(テレビアプリ)[編集]

2018年1月15日から同年3月31日までの期間限定で、Android TV機能を搭載したソニー製テレビのブラビア向けに提供した[96]

2019年4月15日からは『TVerテレビアプリ』がAndroid TVの一部機種[注 15]Amazon Fire TV向けに正式リリースされ[97]、2020年6月23日からパナソニック製テレビのビエラ[98]、同年10月12日からGoogle製のChromecast[99]、同年11月25日から同日に発売されたChromecast with Google TV[100][101]に順次対応した。

なお、NHK番組の視聴に関しては対象外である[29][102]。倍速再生機能は競合サービスに遅れを採る形で2023年11月中旬のアップデート分から実装されるようになった。

リアルタイム配信も同様であるが、2023年9月中旬のアップデート分から「Special Live」にてライブ配信されている配信独占(テレビ放送は無し)のスポーツ中継を主とする一部コンテンツに限り、一部機種[注 16]で視聴することが可能になった[103]

その他特記事項[編集]

かつてはTVerのモバイル・テレビアプリでフジテレビ系列の番組を視聴する場合(関西テレビ制作番組を除く)、FODアプリを別にダウンロードする必要があったが、2021年4月12日のアップデート分から仕様が変更され、同アプリ単体での視聴が可能となった。

放送局リスト[編集]

日本テレビ系列[編集]

テレビ朝日系列[編集]

TBS系列[編集]

テレビ東京系列[編集]

フジテレビ系列[編集]

独立放送局[編集]

NHK[編集]

TVerアワード[編集]

TVerアワードは、前年1年間にTVerでの再生回数が多かった番組に与えられる賞。ドラマ・バラエティの2部門から「大賞」、更に特別賞の計3部門[注 22]が選出されており、表彰番組は受賞記念の特典映像および当該番組の過去放送分が配信されている[59][35][46][57]

2020年[編集]

  • ドラマ部門大賞:恋はつづくよどこまでも(TBSテレビ、1878万回再生)
  • バラエティ部門大賞:ロンドンハーツ(テレビ朝日、1574万回再生)
  • ドラマエピソード賞:恋はつづくよどこまでも 最終話(TBSテレビ、355万回再生)
  • バラエティエピソード賞:有吉の壁 3時間スペシャル(日本テレビ、70万回再生)
  • TVer特別賞:相席食堂(朝日放送テレビ、1114万回再生)※全国ネットではないバラエティ番組では再生回数1位

2021年[編集]

  • ドラマ大賞:最愛(TBSテレビ、2280万回再生)
  • バラエティ大賞:水曜日のダウンタウン(TBSテレビ、2382万回再生)
  • 特別賞:ロンドンハーツ(テレビ朝日)
  • 特別賞:逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!(TBSテレビ)※2021年に配信された単発ドラマでは再生回数1位。
  • 特別賞:相席食堂(朝日放送テレビ)※全国ネットではないバラエティ番組では再生回数1位。2年連続の受賞[104]
  • 特別賞:かまいたちの掟TSKさんいん中央テレビ)※東京と大阪以外の放送局が制作した全国ネットでない番組では再生回数1位。
  • TVerアワード感謝状:千鳥 ※前述の『相席食堂』を始め、『いろはに千鳥』(テレビ埼玉)、『千鳥の出没!ひな壇団』(RCCテレビ)も再生数の上位を占めるなど、TVerで配信するバラエティ番組の盛り上げに貢献したため。

2022年[編集]

  • ドラマ大賞:silent(フジテレビ、計7300万回再生)
  • バラエティ大賞:水曜日のダウンタウン(TBSテレビ)
  • 特別賞:ミステリと言う勿れ(フジテレビ)※第1話の再生数が当時の最高記録を大幅に更新した。
  • 特別賞(帯番組):ラヴィット!(TBSテレビ)※帯番組の中で再生数が1位。
  • 特別賞(新番組):King & Princeる。(日本テレビ)※2022年に配信が始まった新番組では再生数が1位。バラエティ番組全体でも上位にランクインした。
  • 特別賞(アニメ):ワンピース(フジテレビ)※アニメ番組の中で再生数1位。
  • 特別賞(関西制作バラエティ):相席食堂(朝日放送テレビ)※在阪放送局制作のバラエティとしては再生数1位。TVer独占で配信したスピンオフも再生数1位になった。
  • 特別賞(ローカル):いろはに千鳥(テレビ埼玉)※ローカル局が制作・配信する番組の中で再生数1位。
  • 特別賞(リアルタイム配信):報道ステーション(テレビ朝日)※リアルタイム配信で、最も多くリアルタイムで視聴された番組。
  • 特別賞(過去作品):ガリレオ(フジテレビ)※TVerで配信される過去作品の中で再生数1位。
  • 特別賞(SNS):クロちゃん安田大サーカス)※自身のSNSで出演番組を告知する際に「TVer見てね」と投稿したことや『水曜日のダウンタウン』の企画でも人気になったことが評価された。

2023年[編集]

補足[編集]

地方局・インターネット放送局制作番組の扱い[編集]

地方局(ローカル局)等が制作した番組は、原則として制作局が属している系列の番組として配信され、キー局の配信サービスに供給する形を採っている。しかし、以下のように一部例外がある。

  • 2023年から展開が始まったTVer社が自主的に製作した独占配信番組や、TVer社が運営するgorin.jp[注 23]から供給される近代オリンピックのハイライト映像[注 24]がどの系列にも属さないコンテンツとなっている。
  • 独立放送局制作番組の一部は日本テレビが運営している無料動画配信サービス「日テレ無料TADA!」に供給しており、TVerでは更にその供給を受ける形で配信されている。そのような経緯故に配信開始当初から「日本テレビ系列」の番組として地上波系列番組と一元的に分類されていたが、2024年2月から「独立局」として日テレ系から分離された系列ジャンルとなった。
  • 2020年10月から配信されている、全国高等学校サッカー選手権大会NNSを中心とする民間放送43社が共同で主催・制作しており、NNS加盟局と宮崎放送沖縄テレビ放送、独立放送局[注 25]も同大会における地方大会の中継と全国大会の放映に参加している。何れの試合映像は、「民間放送43社」(原文ママ)の製作局名義[注 26]かつ、主幹局である日本テレビ系列の番組として配信している[33][34]
  • 2022年からインターネット放送局であるABEMAが制作した一部のオリジナル番組についても期間限定で配信する場合がある[105]。ABEMAはテレビ朝日とサイバーエージェントとの合弁で運営していることから、何れのABEMAオリジナル番組もテレビ朝日の製作名義かつ、テレビ朝日系列の番組として配信している[106]
  • 関西地区にて準キー局にネットか、製作委員会に参加したUHFアニメや、準キー局が自主的に制作したUHFドラマ[注 27]のほとんどが、その局が運営する前述の見逃し配信サービスにも供給されており、TVerではそれらからの供給を受ける形で準キー局の番組扱いで配信されている。独自運営の無料見逃し配信サービスを持っていない朝日放送テレビとテレビ大阪も、同様の理由による。ただし、インターネットではフジテレビオンデマンド(FOD)で独占(最速)配信を行っている作品についてはフジテレビやBSフジでの放送の有無に関わらず、フジテレビの番組扱いで配信される。なお、当該局での放送後に配信されるため、スポーツ中継延長の影響により当該局での放送が休止となった場合、TVerでの配信スケジュールが変更されることがある[107]

リアルタイム配信の扱い[編集]

2021年10月から日本テレビ系列、2022年4月から日本テレビ以外の民放4系列にて、プライムタイム番組のリアルタイム(同時)配信サービスを開始した[43][108]。テレ朝系とテレ東系以外はネットワークセールス枠(全国ネット)の番組・時間帯[109]のみが対象であるが、一部地域でプロ野球中継に差し替える日であっても配信される。なお、プライムタイム以外の番組やスポーツ中継を同時配信する場合は「Special Live」と称した、通常のリアルタイム配信サービスとは別の特別枠にて実施される[110]

コマーシャルの扱い[編集]

コマーシャルメッセージ(CM・コマーシャル)は通常、開始前後と放送中のCM間に0~6本の範囲内に別動画として挿入されている。間接公告の放送が無いNHKの番組に関しては、開始前後のみに入るだけである。

  • 一社提供番組を配信する場合は、提供クレジットがテレビ放送と同じフォーマットで企業入りで配信されており、当サービスでは全編にわたって提供企業のコマーシャルのみに絞りこんで配信されている[注 28]。一社提供ではない番組の提供クレジット画面については配信する局とカットする局とに分れている。配信する場合、画面左右にテロップが表示されていた場合は削除する局もある。
  • 子供向けアニメ特撮ドラマといった児童向けフィクション番組の殆どに関しては、対象番組の主要スポンサーにおけるコマーシャルが最優先で配信され、系列共通のコマーシャルが後に続く形で配信されている。それらに該当しない番組も同様の措置が実施されることがある。
  • サービスを初めて使用する際にアンケートとして年齢などを入力する項目がある。この機能を活かして、業界団体などの自主規制により禁止されている加熱式たばこのコマーシャルが本サービスで流れることがある[111]
  • 視聴環境、見る番組によってはCMをカットすることが可能である[112]

ジャニーズ事務所所属タレントの扱い[編集]

  • サービス開始当初はジャニーズ事務所所属タレントが出演する映像はコマーシャルのみで、番組本編は配信されていなかったが、2016年頃より同事務所所属タレントが出演するドラマ番組も配信されるようになった[113]。また、2019年11月より[114]バラエティ番組も配信されるようになった。
  • 2020年10月から3か月間試験的に実施した日テレ系ライブ配信では、同事務所所属タレントが出演する番組も含む形で配信されていた[29][30]。2021年10月からの正式サービス開始時並びに2022年4月からサービスを開始した他系列の全リアルタイム配信でも同様の措置が取られている[43][108]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日テレ無料TADA!」・「テレ朝キャッチアップ」・「TBS FREE」・「ネットもテレ東キャンペーン」・「FOD見逃し無料」。
  2. ^ news every.』(日本テレビ)、『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日)、『Nスタ』(TBSテレビ)、『ゆうがたサテライト』と一部のアニメ番組など(テレビ東京)、『Live News it!』(フジテレビ)。
  3. ^ a b 民放が獲得している競技のみ。
  4. ^ 一部競技を除く。
  5. ^ ほぼ全ての生放送番組や、大半の地方局制作番組など、配信番組によっては本放送終了から数時間~数日程度遅れて配信が開始され、次回放送回の入れ替えもそれと同じタイミングで行われている。
  6. ^ 在京キー局では2024年1月現在、日本テレビ・TBSテレビ・テレビ東京・フジテレビがそれぞれ行っている。フジテレビはドラマのみに限定して挿入している。朝日放送テレビは開始前のコマーシャル枠を利用して挿入している。
  7. ^ スポーツ関係では主要な国際大会やプロスポーツなどの試合映像、外部の放送局・番組制作会社広告代理店が権利を有するテレビ番組(当サービスで配信されていない番組や、肖像権に厳しいタレントが出演する番組など、自社で管理する映像も該当することがある)、新聞雑誌ネットニュース記事、ごく一部の映画映像(民放番組で流す時は上映案内やビデオグラム版の宣伝も加えられていることが多いため、記事広告の性質上、ネット動画向けの利用許諾を受けやすい傾向にある)、音楽関係でもディスクジャケットにおける写真部分やミュージック・ビデオにおける映像部分の殆どやアーティスト音声部分(大まかにいえば音楽業界は基本的に発売・配信済の邦楽楽曲本編のみがネット動画の許諾を受けてもらえることが多く、著作隣接権はネット動画向けの許可を受けてもらえないことが多い)など、インターネットでの配信許諾を得られなかった外部事業者が有する著作物(映像・写真音楽)の使用頻度が高めの放送回や、選挙関連の放送回(政見放送と同様に、公職選挙法の関係で、テレビジョン放送のみに限られるため。再放送も不可能。)、ごく一部の一般人公共機関等をメインとしたものや報道関連の放送回など、ネット配信向けにおける関連権利の許諾が出来なかった放送回などが該当する。
  8. ^ 権利関係の問題で配信できない著作物を少しだけ含むか、出演者が生放送中に放送禁止用語下ネタといった性的言動などのアーカイブ配信に不適切な発言があった場合、当該箇所のみの蓋かぶせ(音響パートを残したまま「この部分は都合により配信できません」のテロップや番組ロゴなどを表示)か、使用パートごとカットまたは静止画などの別の映像に差し替えを行うことがある[62]。ネット配信が出来なかった背景音楽の場合は、配信の承諾を受けた別な音楽に差し替えることがあり、この傾向は洋楽の原曲が顕著で、この場合は著作権が緩めである同じ曲のインストゥルメンタルに差し替えている傾向にある。出演者が配信許諾を受けることが出来なかった外部版権音楽を歌唱演奏するシーンは、その部分だけ無音処理を施すこともある。
  9. ^ ytv MyDo!」・「MBS動画イズム」・「カンテレドーガ」。朝日放送テレビテレビ大阪は独自運営の見逃し配信サービスを直接持っておらず、前者・後者ともそれぞれのキー局が運営するサービスに供給を委託される形で配信している。
  10. ^ ローカル番組は原則制作局の最新放送回を配信しているため、地域によっては地上波のネット局よりも早く最新回を視聴することが可能となった。
  11. ^ 報道・情報番組では番組全般ではなく、テーマ・コーナーのみに切り出す形で配信されているものがある。
  12. ^ フジ系のリアルタイム配信でこのような事がある場合、番組表でも地上波での視聴を勧めるように喚起される。
  13. ^ 一例では、テレビ朝日製作番組でABEMAが製作に協力している番組はTVerでの見逃し配信を行っていない(無料見逃し配信自体はABEMAビデオが実施している)。
  14. ^ 主に日本放送協会が運営している動画配信サービスNHKオンデマンド」の無料視聴番組が対象となる。
  15. ^ 2023年1月現在、Android TV機能を搭載したソニー(ブラビア)・シャープアクオス)・FUNAI東芝レグザ)製テレビとケーブルテレビ局J:COMから貸与される4Kチューナー「J:COM LINK」、ケーブルテレビ会社から貸与される4Kチューナー「ケーブルプラスSTB-2」、KDDIから貸与されるauひかりセットトップボックス「STA3000」にのみ対応している[92]
  16. ^ サービス開始時点ではAndroid TVとAmazon Fire TVのみ。
  17. ^ 原文ママ。正式な放送局名は「広島テレビ」ではあるが、広島テレビ放送が運営するビデオ・オン・デマンドの「広島テレビオンデマンド」がTVerにおける正式な放送局の名義も兼ねるため。
  18. ^ フジテレビ系列とのクロスネット局で、FNNでは正式な加盟局だが、FNSでは業務協定に非参加の準加盟局に近い形を採っている。製作番組が無料動画配信サービス「日テレ無料TADA!」から供給している関係上、TVerでは日本テレビ系列の番組として扱われている。
  19. ^ 実績としては特別番組のみであり、レギュラー番組は未だに配信されたことがない。
  20. ^ 2015年以降、STSは使用されておらず、放送局名は「サガテレビ」であるが、TVerでは現在でも「STSサガテレビ」と表示されている。
  21. ^ 日本テレビ系列(NNN)、テレビ朝日系列(ANN)とのトリプルクロスネット局ではあるが、番組供給系列としてはFNSのみに加盟している関係で、配信番組に留まらず、同局が製作した全番組がフジテレビ系列の番組として扱われているため。
  22. ^ 2020年のみ、ドラマ・バラエティの2部門から「エピソード賞」も選出したため、計5部門。
  23. ^ 2022年に開催された北京オリンピックまで。
  24. ^ 同サービスからの供給映像である試合中継の映像自体はそれに応じる形で放映局の系列に属している。
  25. ^ TOKYO MXを除く。
  26. ^ この名称自体が製作委員会の名義でもあるため、当大会の試合映像は、前述の広島テレビオンデマンドとともに放送局以外の名義を放送局名として利用している。
  27. ^ 関東地区でのネット局が独立局の作品がそれにあたる。
  28. ^ テレビ放送では提供中に限って提供企業のCMが流れている(タイムCM)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 株式会社TVer 第16期決算公告
  2. ^ プライバシーポリシー”. 2022年6月18日閲覧。
  3. ^ 本田雅一 (2015年7月18日). “番組ネット配信「TVer」は"同床異夢"だった”. 東洋経済ONLINE (東洋経済新報社). http://toyokeizai.net/articles/-/77520 2017年1月16日閲覧。 
  4. ^ 長谷川博 (2021年6月23日). “在阪民放5社がTVerの株主に、在京民放に続き資本参加”. 日経クロステック (日経BP). https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/10661/ 2021年7月17日閲覧。 
  5. ^ a b c “民放5社、共同ネット配信”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年7月17日). http://www.asahi.com/articles/DA3S11863827.html 2015年11月27日閲覧。 
  6. ^ a b 佐藤美鈴 (2015年10月27日). “民放5社が無料見逃し配信サイト 違法動画に対抗”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASHBV63J2HBVUCVL02C.html 2015年11月27日閲覧。 
  7. ^ a b c 臼田勤哉 (2015年10月26日). “「民放5社による無料見逃し配信「TVer」が26日スタート”. AV Watch (Impress Watch). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/727414.html 2015年10月26日閲覧。 
  8. ^ 在京民放5社共同の無料見逃し配信「TVer(ティーバー)」にブライトコーブが採用。各社の放送中のドラマやバラエティがパソコン、スマートフォン、タブレットで視聴可能”. Brightcove. 2022年6月18日閲覧。
  9. ^ ブライトコーブ、機械学習によりストレージ・帯域を最大50%削減するエンコーディング技術を提供開始”. Brightcove. 2020年2月19日閲覧。
  10. ^ “TVerはスマホのTVになれるか?〜株式会社TVer誕生!社長にはTBSから龍宝氏が就任〜”. Media Border. (2020年5月30日). https://mediaborder.publishers.fm/article/22221/ 2023年11月13日閲覧。 
  11. ^ 滝沢卓 (2015年11月19日). “TVerアプリ、100万DL突破 ネットで番組配信”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASHCM56MDHCMUCVL019.html 2015年11月27日閲覧。 
  12. ^ “民放5社の無料見逃し配信「TVer」アプリ累計100万ダウンロード突破”. AV Watch (Impress). (2015年11月19日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/731431.html 2017年1月16日閲覧。 
  13. ^ “民放の無料見逃し配信「TVer」に在阪の毎日放送/朝日放送参加。コンテンツ拡充”. AV Watch (Impress). (2016年10月3日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1022985.html 2017年1月16日閲覧。 
  14. ^ “民放テレビ見逃し配信「TVer」が500万ダウンロード。8割がスマホ/タブレット視聴”. AV Watch (Impress). (2016年12月19日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1035822.html 2017年1月16日閲覧。 
  15. ^ “TVerに読売テレビが参加。「そこまで言って委員会NP」などを見逃し配信”. AV Watch (Impress). (2017年3月24日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1051142.html 2017年3月24日閲覧。 
  16. ^ "「TVer」の動画配信も支える日本のCDN、JOCDNが事業説明会". ASCII.jp×TECH(2020年3月5日作成). 2020年3月18日閲覧
  17. ^ "TVerのアプリダウンロード数が1,000万件突破。平昌五輪はgorin.jpと連携". AV Watch. Impress. 2017年12月18日. 2018年4月28日閲覧
  18. ^ 株式会社インプレス (2019年4月8日). "テレビ大阪がTVerに本格参入、「モウカリマッカー学園」など5番組を配信". AV Watch. 2020年6月25日閲覧
  19. ^ "「あなたの番です」が「あなたの番ナリ」に 民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティーバー)」が不正アクセス認め謝罪". ねとらぼ(2019年4月29日作成). 2019年12月29日閲覧
  20. ^ "2000万ダウンロード突破! スポーツもTVerで!" (PDF). 日本テレビ放送網株式会社・株式会社テレビ朝日・株式会社TBSテレビ・株式会社テレビ東京・株式会社フジテレビジョン(2019年7月24日作成). 2019年11月10日閲覧
  21. ^ "日テレがプロ野球中継を「TVer」で初生配信 8・10巨人VSヤクルトなど4試合". デイリースポーツ(2019年8月9日作成). 2019年8月11日閲覧
  22. ^ "「TVer」で初のプロ野球中継の生配信が決定!". テレビドガッチ(2019年8月9日作成). 2019年8月11日閲覧
  23. ^ "在京⺠放5社による放送の同時間帯同時配信に関する技術実証について" (PDF). 日本テレビ放送網株式会社・株式会社テレビ朝日・株式会社TBSテレビ・株式会社テレビ東京・株式会社フジテレビジョン(2019年11月6日作成). 2019年11月10日閲覧
  24. ^ "在京民放 5 社による放送の同時配信サービスに関する 技術実証実験について" (PDF). 日本テレビ放送網株式会社・株式会社テレビ朝日・株式会社TBSテレビ・株式会社テレビ東京・株式会社フジテレビジョン(2020年1月17日作成). 2020年1月17日閲覧
  25. ^ 一部番組で字幕対応を開始しました。』 - TVer
  26. ^ "民放キー局、TVerに増資 ユーチューブなどに対抗". 共同通信. 2020年5月27日. 2020年6月1日閲覧
  27. ^ a b "資本増強、社名変更および代表取締役の異動のお知らせ" (PDF). 株式会社プレゼントキャスト. 2020年5月29日. 2020年6月1日閲覧
  28. ^ "プレゼントキャスト、社名を「TVer」に変更 動画配信サービス事業の推進に向け資本増強へ". MarkeZine. 2020年6月1日. 2020年6月1日閲覧
  29. ^ a b c "【日本テレビ・読売テレビ・中京テレビ】TVerで地上波プライムタイムのライブ配信にトライアル10月3日(土)よる7時スタート!". 日本テレビ放送網株式会社・讀賣テレビ放送株式会社・中京テレビ放送株式会社. 2020年9月17日. 2020年9月17日閲覧
  30. ^ a b "日テレ系プライムタイム番組が「TVer」でライブ配信 10・3から3ヶ月トライアル実施". ORICON NEWS. 2020年9月17日. 2020年9月17日閲覧
  31. ^ "日テレ系ライブは12/30(水)21時で終了いたします。". 民放公式テレビポータル「TVer」. 2020年12月28日. 2020年12月28日閲覧
  32. ^ a b TVerさん [@TVer_official] (2020年10月3日). "tvk「水溜りボンドの○○いくってよ」水溜りボンドが横浜中華街を練り歩く". X(旧Twitter)より2020年10月4日閲覧
  33. ^ a b "高校サッカー地区決勝と全国大会をTVer無料配信". 日刊スポーツ. 2020年10月31日. 2020年11月2日閲覧
  34. ^ a b "日本テレビ、TVerで高校サッカー地区大会決勝・全国大会を無料ライブ配信". Screens. 2020年10月31日. 2020年11月2日閲覧
  35. ^ a b "1年間で最も再生された番組を表彰するアワードが始動!「TVerアワード2020」" (PDF). 株式会社TVer. 2021年3月18日. 2021年4月18日閲覧
  36. ^ "千鳥「相席食堂」が「第1回TVerアワード」特別賞 ノブ「うれしい」大悟「おかげで全国区」". デイリースポーツ. 2021年3月19日. 2021年4月18日閲覧
  37. ^ "上白石萌音&佐藤健の"恋つづ"が「TVerアワード2020」ドラマ大賞に 1年間の再生数は1878万回". ねとらぼ. 2021年3月19日. 2021年4月18日閲覧
  38. ^ "過去番組表から「TVer」動画を直接再生、フナイの4Kテレビから ただし地域限定". ITmedia NEWS. 2021年5月19日. 2021年5月21日閲覧
  39. ^ 第三者割当増資の実施について,株式会社TVer,2021年6月23日
  40. ^ "TVer、民放放送の東京五輪全競技を無料ライブ配信。実況・解説付き". AV Watch. 2021年7月12日. 2021年7月16日閲覧
  41. ^ "東京オリンピックをネット配信で視聴する方法". AV Watch. 2021年7月21日. 2021年7月22日閲覧
  42. ^ "TVerダウンロード数が4,000万突破。レギュラー配信番組は400に". AV Watch. 2021年8月25日. 2021年8月26日閲覧
  43. ^ a b c "日本テレビはTVerで、地上波プライムタイムを中心に日テレ系ライブ配信を開始します。". 日本テレビ放送網株式会社. 2021年9月17日. 2021年9月17日閲覧
  44. ^ "TVer、'21年10月動画再生数が初の2億超え". AV Watch. 2021年11月12日. 2021年11月14日閲覧
  45. ^ 日本テレビ (2021年12月6日). "北京五輪 日テレは羽生のショートを中継". 日テレNEWS24. 2021年12月6日閲覧
  46. ^ a b 株式会社TVer (2022年3月18日). "【TVerアワード2021】を発表!ドラマ大賞は『最愛』 バラエティ大賞は『水曜日のダウンタウン』". PR TIMES. 2022年3月18日閲覧
  47. ^ "TVerが大幅リニューアル。複数デバイスの連携や地上波放送のリアルタイム配信に対応". PHILE WEB. 2022年4月1日. 2022年4月1日閲覧
  48. ^ "『秘密のケンミンSHOW極』『ダウンタウンDX』4月14日(木)よる9時よりTVerで新たにリアルタイム配信スタート". 日本テレビ放送網株式会社. 2022年3月31日. 2022年3月31日閲覧
  49. ^ "テレ朝 TVerによる同時配信サービスは4・11開始へ「プライムタイムを中心に配信する方向」". スポーツニッポン. 2022年2月22日. 2022年2月22日閲覧
  50. ^ "フジテレビがリアルタイム配信を4月11日に開始 GP帯31番組が対象". サンケイスポーツ. 2022年2月25日. 2022年2月25日閲覧
  51. ^ "TBS、今春スタートする地上波番組の同時配信は「GP帯の番組を中心に」番組数は最終調整中". 日刊スポーツ. 2022年3月2日. 2022年3月2日閲覧
  52. ^ "テレビ東京が4月から「TVer」リアルタイム配信へ、「Youは何しに日本へ?」でスタート". 日刊スポーツ. 2022年3月24日. 2022年3月24日閲覧
  53. ^ a b "【TVer】2022年3月の動画再生数が2億5千万回/月を突破!". Kyodo News PR Wire. 2022年4月26日. 2022年8月26日閲覧
  54. ^ a b "TVerアプリ、ダウンロード数が5000万を超える". 民放online. 2022年8月18日. 2022年8月20日閲覧
  55. ^ "TVerでプロ野球「日本シリーズ」全試合をリアルタイム配信、日本初". ITmedia NEWS. 2022年10月20日. 2022年10月20日閲覧
  56. ^ 小口貴宏 (2023年1月31日). "TVerとZHDが業務提携へ--「国内エンタメ産業の活性化に向け様々な取り組み推進」". CNET Japan. 2023年1月31日閲覧
  57. ^ a b "【TVerアワード2022】発表!ドラマ大賞は『silent』、バラエティ大賞は2年連続で『水曜日のダウンタウン』". TVerプラス. 2023年3月1日. 2023年3月1日閲覧
  58. ^ "TVer、2023年12月歴代新記録・月間ユニークブラウザ数3,129万を達成「今後もさらなるサービスの向上を目指してまいります」". ORICON NEWS. oricon ME. 2024年1月17日. 2024年1月17日閲覧
  59. ^ a b ”TVerアワード2023”が発表 ドラマ大賞は「あなたがしてくれなくても」、バラエティ大賞は「水ダウ」が栄冠 特別賞には「薬屋のひとりごと」など覇権アニメも”. WEBザテレビジョン (2024年3月1日). 2024年3月2日閲覧。
  60. ^ "民放テレビ パリオリンピックの主要放送種目を発表". 民放online. 2024年2月22日. 2024年2月23日閲覧
  61. ^ "パリ五輪、TVerでほぼ全競技ライブ配信…NHKプラスでも". 読売新聞オンライン. 讀賣新聞社. 2024年2月22日. 2024年2月23日閲覧
  62. ^ 「エルピス」安倍元総理映像オンエアされるもTver版では静止画に ネットも気づく”. デイリースポーツ (2022年11月1日). 2022年11月2日閲覧。。特に知的財産権に厳しい著作物に関しては、それに関するものが全てカットされている。
  63. ^ a b 「恋つづ」1841万回再生…テレビ離れにあらず、完全定着した見逃し視聴”. 読売新聞 (2021年1月17日). 2021年1月17日閲覧。
  64. ^ 新垣結衣10代のギャル姿!「ギャルサー」などTVerで無料配信”. 日刊スポーツ (2021年6月13日). 2021年6月14日閲覧。
  65. ^ 佐久間宣行氏&伊集院光、日本テレビに眠る“お宝映像”を発掘 斬新な切り口で語りまくる”. ORICON NEWS (2022年5月2日). 2022年6月12日閲覧。
  66. ^ TVer「民放NHK6局防災プロジェクト」の特設ページを公開 参加番組を順次配信”. Screens (2021年3月5日). 2022年6月12日閲覧。
  67. ^ 「恋です!」 "五感ズ"解説コーナー&公園でのラストシーン 第1話プレイバック動画公開!”. 日本テレビ放送網株式会社 (2021年10月8日). 2022年3月5日閲覧。
  68. ^ 水ダウ話題の「帯」番組、副音声版も配信開始 ニューヨーク屋敷も必死の副音声推し”. デイリースポーツ (2021年12月23日). 2021年12月24日閲覧。
  69. ^ “NHK「TVer」に参加へ”. NHKニュース. (2019年8月23日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190823/k10012045911000.html 2019年8月23日閲覧。 
  70. ^ TVer経由のNHK番組の配信について”. NHK広報局(2019年8月23日作成). 2019年8月23日閲覧。
  71. ^ ジャンポケロード【公式】 (2021年4月20日). “「お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません!」本日、午前 10 時から #ジャンポケロード が #TVer にて配信開始!!見逃してしまった方や県外の方、もう一度見たいという方も、ぜひご覧ください”. ジャンポケロード【公式】@janpoke_road. 2021年5月13日閲覧。
  72. ^ 「いろはに千鳥」TVerで配信開始、次回は8カ月ぶり外ロケで日本橋へ”. お笑いナタリー (2021年6月30日). 2021年7月10日閲覧。
  73. ^ 北乃きい主演ドラマ「おじさんが私の恋を応援しています(脳内)」予告編など一挙解禁”. 映画ナタリー (2022年1月25日). 2022年3月5日閲覧。
  74. ^ 「白黒アンジャッシュ」TVerで配信開始へ 渡部建の1年8カ月ぶりテレビ復帰放送回から”. スポーツニッポン (2022年3月1日). 2022年3月1日閲覧。
  75. ^ ハワイに恋して!毎週月曜よる9時〜BS12で放送中@hawakoiのツイート”. Twitter (2022年4月12日). 2022年7月18日閲覧。
  76. ^ 【公式】「KOBE LIFE」@KOBELIFE_SUNのツイート”. Twitter (2023年3月28日). 2023年4月2日閲覧。
  77. ^ 『TVer』での見逃し配信開始します!”. BS11からのお知らせ. 日本BS放送株式会社 (2023年5月24日). 2023年6月20日閲覧。
  78. ^ カミナリのチャリ旅!シーズン7@gytkaminariのポスト”. X(旧・Twitter) (2023年10月5日). 2023年10月6日閲覧。
  79. ^ 【公式】BS松竹東急 ドラマ公式アカウント@BS260_dramaのポスト”. X(旧・Twitter) (2023年10月8日). 2023年10月9日閲覧。
  80. ^ 三重テレビ放送【公式】@mietvのポスト”. X(旧・Twitter) (2023年11月9日). 2023年12月10日閲覧。
  81. ^ 金井篤史 (2016年11月22日). “【Inter BEE 2016】見逃し番組配信「TVer」の現状は?ワイズ・メディア代表・塚本幹夫氏がApp Apeのデータを紹介”. App Ape Laboratory. Fuller. 2017年1月16日閲覧。
  82. ^ 庄司亮一 (2018年4月11日). “TVer、3月の月間再生数が過去最高の3,800万回突破”. AV Watch. 2018年4月28日閲覧。
  83. ^ 野澤佳悟 (2021年5月11日). “TVer、月間1億8,000万再生突破。アクティブユーザー数も過去最高に”. AV Watch. 2021年6月23日閲覧。
  84. ^ 【TVer】2023年3月動画再生数が初の3億回/月を突破!/累計アプリダウンロード数6,000万達成!”. AV Watch (2023年4月24日). 2023年6月3日閲覧。
  85. ^ 【TVer】2023年8月 歴代最高3,000万MUBを記録 ~CTVの再生数は昨年から約2倍に!~”. prtimes (2023年9月21日). 2023年10月15日閲覧。
  86. ^ a b テレビ見逃し「TVerで見て」番組が訴え 再生数で出演者に還元 「違法動画、何も良いことない」”. ITmedia NEWS (2021年1月5日). 2021年1月5日閲覧。
  87. ^ 『あたらしいテレビ』でTVerの重要性、リアリティーショーの在り方に言及。テレ東佐久間P「この1年を無駄にしたくない」”. QJWeb クイックジャパンウェブ (2021年1月2日). 2021年1月5日閲覧。
  88. ^ 中村光(ABCテレビ). “2021年5月12日”. 2021年5月15日閲覧。
  89. ^ 日本民間放送連盟の遠藤会長「世帯視聴率が時代に合わなくなってきた」TVerも評価の指標に”. 日刊スポーツ (2023年1月25日). 2023年2月9日閲覧。
  90. ^ 高堀冬彦 (2023年12月31日). "「新年かくし芸大会」に「平成あっぱれテレビ」…お正月の「おせち番組」はなぜ激減したのか". 週刊新潮. pp. 1, 3. 2024年1月2日閲覧
  91. ^ “民放5社が本気で取り組んだ「TVer」は告知不足すぎ!? その使い勝手とネット上の反応は……”. おたぽる (サイゾー). (2015年10月28日). https://otapol.com/2015/10/post-4431.html 
  92. ^ a b 動作推奨環境について”. 株式会社TVer. 2021年7月8日閲覧。
  93. ^ 臼田勤哉 (2015年11月5日). “「無料見逃し配信「TVer」アプリがiPad対応”. AV Watch (Impress Watch). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/729019.html 2020年1月24日閲覧。 
  94. ^ Android版「TVer」がタブレットに対応”. ガジェット通信. 東京産業新聞社 (2015年12月1日). 2020年1月24日閲覧。
  95. ^ 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」”. Google (2015年12月1日). 2015年12月5日閲覧。
  96. ^ 臼田勤哉 (2018年1月16日). “テレビ見逃し配信「TVer」がテレビ対応。ソニーAndroid TVで期間限定リリース”. AV Watch. 2018年4月28日閲覧。
  97. ^ 見逃し番組配信アプリ「TVer」のテレビ版が登場、ソニーのブラビアやFire TVで視聴できる”. TechCrunch Japan(2019年4月8日作成). 2019年12月26日閲覧。
  98. ^ 「TVerテレビアプリ」がパナソニックの4Kテレビ「ビエラ」に対応!”. 民放公式テレビポータル「TVer」 (2020年6月23日). 2020年11月30日閲覧。
  99. ^ TVer@TVer_officialのツイート”. Twitter (2020年10月12日). 2020年11月30日閲覧。
  100. ^ 「Chromecast with Google TV」使用レポート。新プラットフォーム「Google TV」の実力は?”. Phile-web (2020年11月25日). 2020年11月30日閲覧。
  101. ^ TVer@TVer_officialのツイート”. Twitter (2020年11月27日). 2020年11月30日閲覧。
  102. ^ NHKの一部番組の見逃し配信を開始”. 日本テレビ放送網株式会社・株式会社テレビ朝日・株式会社TBSテレビ・株式会社テレビ東京・株式会社フジテレビジョン(2019年8月23日作成). 2019年10月9日閲覧。
  103. ^ Special Liveはテレビアプリで視聴できますか?”. TVerヘルプ (2023年9月15日). 2023年9月24日閲覧。
  104. ^ 「相席食堂」が連覇!TVerアワード特別賞 千鳥「ローカル番組では1位です!」”. スポーツ報知 (2022年3月18日). 2022年3月18日閲覧。
  105. ^ 『私たち結婚しました2』1週間限定で無料配信 浅香航大&トリンドル玲奈の“ガチキス”連発が話題”. ORICON NEWS (2022年11月21日). 2022年11月29日閲覧。
  106. ^ 私たち結婚しました 2”. TVer. 2022年11月29日閲覧。
  107. ^ 『サクガン』TVアニメ公式@ANIMA_infoのツイート”. Twitter (2021年12月1日). 2021年12月16日閲覧。
  108. ^ a b 民放テレビの地上波リアルタイム配信が TVer に勢ぞろい! 2022 年 4 月 11 日(月)夜からスタート!”. 日本テレビ放送網株式会社・株式会社テレビ朝日・株式会社TBSテレビ・株式会社テレビ東京・株式会社フジテレビジョン・株式会社毎日放送・朝日放送テレビ株式会社・テレビ大阪株式会社・関西テレビ放送株式会社・讀賣テレビ放送株式会社・株式会社TVer (2022年4月8日). 2022年8月4日閲覧。
  109. ^ 例えばフジテレビ系列の月曜日 - 日曜日20時台番組の末尾6分間はローカルセールス枠のため、都合により配信できない旨のメッセージ(ふたかぶせ)が表示される。
  110. ^ 大会当日のテレビ・ラジオ中継について”. 東京マラソン2023. 一般財団法人東京マラソン財団 (2023年2月28日). 2023年3月5日閲覧。
  111. ^ 朽木誠一郎 (2021年6月19日). “消えたたばこCM、ネットで流れる理由 「二つの基準」へのモヤモヤ”. withnews. 2021年6月19日閲覧。
  112. ^ 「TVer」でやたらと挟み込まれるCMを完全カット”. ラジオライフ.com (2020年12月9日). 2022年11月2日閲覧。
  113. ^ ジャニーズ、Netfrixなど動画配信サービス次々参入……木村拓哉も登場でファン騒然”. サイゾーウーマン (2018年7月26日). 2019年10月3日閲覧。
  114. ^ 嵐・二宮和也、『ニノさん』ゲストを怒らせる!? 「なんだよそれ!?」と声荒げた人物”. サイゾーウーマン (2019年11月18日). 2020年1月26日閲覧。

関連項目[編集]

  • TVerプラス - 日本のテレビ番組にまつわるトピックスを中心としたニュースサイト。2022年3月までの旧称は「テレビドガッチ」。テレビドガッチ時代の2016年3月一杯をもって動画配信を終了。
  • gorin.jp - 当社が運営している近代オリンピックのニュースサイト。以前は日本国内限定の動画配信サービスだったが、OTTサービスとしてのTVerがサービスを開始して以降、2016年リオデジャネイロオリンピックから動画配信はTVerへと移行し、それと同時に全世界で閲覧できるようになった。
  • NHKプラス - NHK総合テレビEテレ常時同時配信・見逃し番組配信サービス。テレビアプリ版は見逃し配信のみに特化している。
  • GYAO! - TVerと共に見逃し配信を行なっている系列局の番組が多い。また、系列局制作や独立局制作の一部の番組はこちらで配信されている。2023年3月31日をもってサービスを終了し、独占見逃し配信テレビ番組はTVerに向けた供給元サービスへと移行した。
  • radiko - 民放ラジオ放送局を独占的にサイマル配信するインターネットラジオ。サービス提供地域こそ日本国内のみだが、配信対象地域(放送対象地域矛盾する)外にあるラジオ局の聴取は有料となる。
  • Locipo - 東海テレビ・中京テレビ・CBCテレビ・テレビ愛知の在名民放4局が共同で立ち上げた、テレビ番組の無料配信サービス。
  • エムキャス - TOKYO MXが直接運営している、同社および他局が製作した一部ネット番組(それらが運営するビデオ・オン・デマンドから供給する形を採る為、放送時と素材が異なる)の無料配信サービス。2022年1月まで自社製作番組は同サービスのみで配信されていたが、同年2月からTVerでも同局が製作している一部のドラマ・バラエティー番組の配信を開始した。
  • 豆しば - マスコットキャラクター。電通が制作したテレビドガッチのキャンペーンCMに使われていた関係で、電通と当社が共同で著作権を保有する。
  • もっとTV - 電通と在京5局が共同推進。2015年3月15日をもってテレビドガッチに統合されるかたちでサービスを終了。

外部リンク[編集]