NHK BS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本放送協会 > NHKのBS放送 > NHK BS(リモコンキーID BS(2K)1)
NHK BS
基本情報
運営(番組供給)事業者 日本放送協会
旧チャンネル名 NHK BS1
NHK BSプレミアム
(再編前のベースとなった系統)
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
放送事業者 日本放送協会
チャンネル番号 Ch.101(HD)、102(サブ)
独立データ放送 Ch.700、701、707
リモコンキーID 1
物理チャンネル BS-15ch
HD放送開始 2023年12月1日
テンプレートを表示

NHK BSは、2023年12月1日から日本放送協会(NHK)で放送されている衛星基幹放送テレビジョン放送国内放送である。

概要[編集]

NHKは「肥大化」の是正を度々求められていて、その中で衛星放送の超高画質化に伴い、衛星基幹放送のチャンネルを画質別に縮小整理するよう求められていた[誰によって?]

このため2022年10月11日に、NHKは衛星放送再編の修正案を発表し、2011年4月1日から放送されているBSプレミアム2024年3月末をめどに停波、それに先駆けて2023年12月1日にチャンネル再編を実施するとした[1]。その際に仮の名称として、BS1を下地とした「新BS2K」と、BSプレミアム・2018年12月1日から放送されているBS4Kを下地として統合する「新BS4K」という2つが示された。

そして再編まで8か月を切った2023年4月19日、再編後のチャンネル名が正式発表され[2][3][4]、このチャンネルは2K画質で放送されることからNHK衛星放送の“エントリーチャンネル”として「NHK衛星放送といえばまず、これ!と認識してほしい」という思いから「NHK BS」という名称となった。チャンネルの色はBS1の青色を引き継ぐ。

日本政府の方針として、衛星テレビジョン放送は海外の事例も踏まえ更なる高画質化を進めることになっていて、このチャンネルは24時間放送を続ける予定だが、NHK衛星放送のメインチャンネルとしての役割は同日に再編開局となる「NHK BSプレミアム4K」に移され、編成は従前の2K画質放送2チャンネルの内容から厳選されたものになる予定である。解像度は1440×1080ピクセル。またビットレートは約17.8Mbps。

一連の再編をPRするメインパーソナリティーには、再編年の大河ドラマどうする家康』で主演を務める松本潤が起用された。

ジャンルはドラマ・教養番組・ドキュメンタリー・紀行番組・国際情報・スポーツなどであるが、再編前のBS1・BSプレミアムの番組の大半はそのまま残る予定で、例として朝にワールドニュースを放送したのち、連続テレビ小説の過去作のアンコール(7時15分 ‐ 7時30分)→新作の先行放送(7時30分 ‐ 7時45分)を放送し、土曜日には週間総集編(全5本をノーカット再放送)を継続、大河ドラマも日曜18時枠で先行放送、プレミアムシネマまたは大相撲中継(平日13 ‐ 15時台)などを編成する[5]。スポーツ中継に関しては土・日の放送が中心で、夜間の場合は通常編成を優先させるため、サブチャンネルでの放送となることが多い。平日の場合はプレミアムシネマやドキュメンタリー・紀行番組の放送を休止して放送の場合もある。Jリーグ中継やプロ野球などのスポーツ中継は2024年度以降は平日は午前、水曜~土曜の18時 - 22時前後に放送枠が組まれている。

1日の放送編成の大略[編集]

※2024年度上半期の月 - 金曜の場合[6]

  • 13:00 - 16:00 プレミアムシネマ、BSセレクション(大相撲期間中は大相撲中継、スポーツ中継で休止の場合もあり)
  • 16:00 - 17:00 ワールドニュース(スポーツ中継の場合もあり)
  • 17:00 - 18:00 にっぽん縦断こころ旅、にっぽん百名山、美の壺などの紀行・バラエティ枠

土 - 日曜

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g ※「エキサイティング・スポーツ」は国内放送番組時刻表の上のみで使用している呼称。この枠であっても、不定期でスポーツ以外の「BSセレクション」として放送する時間帯もある。また翌2:00以降は時刻表には記載ないものの、実際にはフィラー番組映像散歩」が放送されることが多い。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]