西日本放送テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西日本放送 > 西日本放送テレビ
西日本放送テレビ
英名 Nishinippon Broadcasting Company, Limited
放送対象地域 香川県岡山県
ニュース系列 NNN
番組供給系列 NNS
略称 RNC
愛称 西日本放送
呼出符号 JOKF-DTV
呼出名称 RNCたかまつ
デジタルテレビジョン
開局日 1958年7月1日
本社 〒760-8575
香川県高松市丸の内8番15号
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 4
デジタル親局 高松 20ch
アナログ親局 高松 9ch
ガイドチャンネル 9ch
主なデジタル中継局 前田山・西讃岐・津山・高梁 15ch
笠岡・小豆島・新見 20ch
など
主なアナログ中継局 香川県
塩江 12ch、前田山 41ch
西讃岐 50ch、小豆島 61ch
ほか
岡山県
笠岡 17ch、新見 28ch
津山 58ch、児島 59ch
ほか
公式サイト http://www.rnc.co.jp/tv/
特記事項:
1979年3月31日までは香川県のみを放送対象地域とする県域局であった。
テンプレートを表示

西日本放送テレビ(にしにっぽんほうそうテレビ)は、西日本放送(RNC)の放送の1つで、テレビジョン放送部門を指す。RNCテレビ、あるいは単にRNCとも。また、デジタル放送受像機における局名表記はRNC西日本テレビとなっている。日本テレビ系列(NNNNNS)のフルネット局。コールサインJOKF-DTV(高松 20ch)、リモコンキーIDはキー局の日本テレビと同じ「4」。

西日本放送の放送のうちテレビは香川・岡山両県放送対象地域とする準広域局であるが、ラジオは香川県のみを放送対象地域とする県域局である。

西日本放送の会社情報については西日本放送を、ラジオについては西日本放送ラジオをそれぞれ参照。

概要[編集]

日本テレビ系列のリモコンキーID地図。
  • 岡山放送テレビせとうちは、主に岡山のニュースを中心に報道しているが、西日本放送では香川のニュースを中心に報道している。山陽放送瀬戸内海放送では、2県のニュースをほぼ同率で報道している。
  • この地域の他の民放が、ニュース原稿などで「岡山・香川では~」と岡山を先頭にしているが、RNCのみが「香川・岡山では~」と香川を先頭にしている。しかし近年、天気予報(差し替え枠や固定枠だけでなくZIP!などの早朝番組での天気ループ)や自社制作情報番組(『とことん!土曜〜び!!』)などでは、「岡山・香川」と言うなど一定していない。最近では、「岡山・香川」をひとまとめにして「エリア」という表現にしている場合もある。ytvの情報番組『なるトモ!』初回放送でRNCネット開始を告知した際、ytvアナウンサーは「香川・岡山」と香川を先頭にしていた。
  • 多くのNNN系列局が「日テレNEWS24」の深夜フィラーを実施している中、RNCは中四国地方のNNN系列局では唯一、実施しておらず、平日4:00からの『Oha!4 NEWS LIVE』についてのみ、定時番組としてネット受けしている(ただし、CS再送信ネットの第1部はメンテナンスで休止の場合がある)。しかし、2011年7月18日 - 7月23日の間は「日テレNEWS24」深夜フィラーを実施した。
  • 同じく多くのNNN系列局が自社制作の夕方ワイド番組を制作している中で、『news every.』の17時台をフルネット(天気コーナーを除く)している。
  • 2005年から毎年6月~9月まで(2005年は8月まで)の間、当局ではクール・ビズを採用し、男性局員は全てノーネクタイになる。当然、テレビの定時ニュース[1] でも、ノーネクタイで出演している。ニュース番組において、男性キャスター・アナウンサーがノーネクタイで出演する放送局は、香川・岡山エリアではRNCとRSK(2010年から)だけである[2]
  • RNCには『あなたと日テレ』のような時評・検証番組が全くない(番組モニター制度・番組審議会は存在する)。
  • 中継車はすべて三菱ふそう製だったが、最近納車されたハイビジョン中継車はいすゞ・エルフ。ラジオカーはトヨタ・マークIIバンだったが、日産・ADバンも加わった。
  • テレビアニメの放送は、全国ネット番組を除いて放映実績は少ない。特に深夜アニメは滅多にネットされず[3]UHFアニメに至っては、これまでに1作品のみネットしている[4]。2016年10月現在、当局のローカル枠でのアニメの放映は『それいけ!アンパンマン』の1本のみである。

沿革[編集]

テレビネットワークの移り変わり[編集]

送信所・中継局[編集]

  • 太字は大規模中継局あるいは親局である。
  • 1979年4月の瀬戸内準広域圏確立後は中継局を増やしたりしているが、難視聴が100%解消されているわけではない。

アナログ放送[編集]

デジタル放送[編集]

  • 斜体はデジタル新局。
  • 2009年(平成21年)7月31日 - 牛窓中継局
  • 2009年(平成21年)7月31日 - 観音寺中継局
  • 2009年(平成21年)8月14日 - 山陽中継局
  • 2009年(平成21年)9月30日 - 建部中継局
  • 2009年(平成21年)10月30日 - 備前伊里中継局
  • 2009年(平成21年)10月30日 - 日生中継局
  • 2009年(平成21年)12月22日 - 周匝中継局
  • 2009年(平成21年)12月22日 - 建部南中継局
  • 2009年(平成21年)12月22日 - 玉野和田中継局
  • 2009年(平成21年)12月22日 - 備前塩田中継局
  • 2010年(平成22年)2月26日 - 御津中継局
  • 2010年(平成22年)3月31日 - 虫明中継局
  • 2010年(平成22年)3月31日 - 神根中継局
  • 2010年(平成22年)3月31日 - 吉永高田中継局
  • 2010年(平成22年)3月31日 - 鴨方中継局
  • 2010年(平成22年)6月18日 - 詫間名部戸中継局
  • 2010年(平成22年)6月18日 - 詫間生里中継局
  • 2010年(平成22年)6月18日 - 備前佐伯中継局
  • 2010年(平成22年)11月30日 - 水島中継局
  • 2010年(平成22年)11月30日 - 矢掛西中継局
  • 2010年(平成22年)12月28日 - 勝田真加部中継局
  • 2010年(平成22年)12月28日 - 矢掛東中継局
  • 2010年(平成22年)12月28日 - 木見中継局
  • 2010年(平成22年)12月28日 - 総社中継局
  • 2010年(平成22年)12月28日 - 哲西中継局
  • 2011年(平成23年)3月31日 - 岡山津島中継局
  • 2011年(平成23年)3月31日 - 坂出川津中継局

主なチャンネル[編集]

金甲山送信所(TSCとの共同送信所)

親局所在の金甲山送信所はRNC社内では高松(金甲)局としており、送信所局舎はテレビせとうちと、送信鉄塔は山陽放送・テレビせとうちと、送信アンテナは山陽放送とそれぞれ共用している。そのほか、高松市の前田山局は他社は高松局としていて、施設は山陽放送・岡山放送・テレビせとうちと共用である。

※ch番号の前にVが付いた中継局は垂直偏波

デジタル放送[編集]

香川県
岡山県
  • 津山 15ch 50W(黒沢山)
  • 笠岡 V20ch 30W(塚の丸山)
  • 児島 15ch 3W(神道山)
  • 新見 20ch 3W(鳶が巣山)
  • 蒜山 20ch 3W(高張山)
  • 久世 15ch 1W(笹向山)
  • 高梁 15ch 1W(愛宕山)
  • 和気 15ch 1W(城山)
  • 山陽 34ch 1W(善応寺山)
  • 北房 34ch 1W(飯ノ山)
  • 井原 15ch 0.3W(城山)
  • 周匝 15ch 0.3W(茶臼山)
  • 備前佐伯 15ch 0.3W ほか

アナログ放送[編集]

2011年7月24日停波時点

香川県
岡山県

現在放送中の番組[編集]

  • 2010年7月5日以降、アナログ放送では全ての番組が16:9レターボックス形式での放送に切り替えている。特記がない限り、以下は全番組ハイビジョン製作である。
  • ※岡:岡山本社制作

自社制作番組[編集]

番組名 放送曜日・時間 時間
レースガイド 毎日 7:57頃・18:58頃 0.5分
RNCニューススポット 毎日 20:54 - 21:00 6分
天気予報[5] 月曜 - 土曜 26時台
火曜・水曜・木曜・日曜 21:54 - 22:00
土曜 22:54 - 23:00
6分
4分
WHAT'S なにこれ!? 月曜 24:54 - 25:24 30分
みどころラン[6] 月曜 - 水曜 25:24 - 25:29
木曜 25:54 - 25:59
5分
5分
RNCエクセレントショップ 火曜-金曜 11:25 - 11:30
土曜 11:35 - 11:45
5分
10分
情報あ〜る!! 金曜16:43-16:50 7分
RNC news every. 月曜-木曜15:50-19:00

金曜16:50-19:00

190分

130分

every.フライデー 金曜15:50-16:43 53分
シアワセ気分! 土曜 9:25 - 10:25 60分
JUST NEWS 土曜 16:55 - 17:00
日曜 17:25 - 17:30
5分
まるがめ競艇ウィークエンド情報局 土曜 17:20 - 17:25 5分
ルック〜地域発・輝くカンパニー〜 日曜 11:45 - 12:00 15分
中四国レインボーネット[7] 不定期土曜日午後放送 60分
大王製紙エリエールレディスオープン[8] 毎年11月第3週開催

ネット番組[編集]

NNS系列のネット番組[編集]

(スポンサードネット番組・プラチナイト枠除く)
日本テレビ制作[編集]
番組名 放送曜日・時間 遅れ日数
ニノさん(シーズン2) 火曜 24:54- 25:24 9日遅れ
AKBINGO! 木曜 26:29 - 26:59 37日遅れ
バズリズム 金曜 24:30 - 25:30 同時ネット
それいけ!アンパンマン 土曜 5:00 - 5:30 8日遅れ
メレンゲの気持ち 土曜 12:00 - 13:30 同時ネット
有吉反省会 土曜 23:30 - 23:55
所さんの目がテン! 日曜 7:00 - 7:30[9]
誰だって波瀾爆笑 日曜 12:00 - 13:30 7日遅れ[10]
東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…(シーズン9) 日曜 16:55 - 17:25 54日遅れ
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 日曜 23:25 - 23:55 同時ネット
NNNドキュメント 日曜 24:55 - 25:25[11]
24時間テレビチャリティー・リポート 日曜 25:55 - 26:00 約21時間遅れ
読売テレビ制作[編集]
番組名 放送曜日・時間 遅れ日数
にけつッ!! 月曜 25:29 - 26:59 14日遅れ
ガリゲル 木曜 25:24 - 25:54 約10ヶ月遅れ[12]
マヨなか笑人 木曜 25:29 - 26:29 27日遅れ
浜ちゃんが! 土曜 24:55 - 25:25 51日遅れ
上沼・高田のクギズケ! 日曜 9:55 - 10:50 7日遅れ
クチコミ新発見!旅ぷら 日曜 10:55 - 11:25 同時ネット
そこまで言って委員会NP 日曜 13:30 - 15:00
その他系列局制作[編集]
番組名 放送曜日・時間 制作局 遅れ日数
Oha!4 NEWS LIVE 月曜 - 金曜 4:00 - 5:50 日テレNEWS24CS放送 同時ネット[13]
番組制作会社制作[編集]
番組名 放送曜日・時間 制作会社 遅れ日数
コープのおいしめし 月曜 11:25 - 11:30 コープCSネット 同時ネット
大ちゃんの釣りに行こう! 日曜 5:30 - 6:00 だいすけプロダクション 1日遅れ[14]

他系列の番組[編集]

番販制作[編集]
番組名 放送曜日・時間 幹事局(または制作会社) 遅れ日数
秋山莉奈のゆめぐり旅じかん!! 土曜不定期放送 パワーテレビジョン 4ヶ月遅れ
アニキに恋して 水曜 25:29 - 26:29 台湾電視公司 1年7ヶ月遅れ
アンダー・ザ・ドーム 金曜 25:30 - 26:30 CBS
日本のチカラ 日曜 6:30 - 7:00 民間放送教育協会 7日遅れ
独立局制作[編集]
番組名 放送曜日・時間 幹事局(または制作会社) 遅れ日数
いろはに千鳥 月曜 25:59 - 26:29 テレ玉 6ヶ月遅れ
今夜野宿になりまして 金曜 10:25 - 10:55 東名阪ネット65いっしょ3ちゃんねる 約4年半遅れ
内村さまぁ〜ず 土曜 25:25 - 25:55 TOKYO MX 約1年2ヶ月遅れ
白黒アンジャッシュ 火曜 25:58 - 26:28 チバテレ 14日遅れ
テレショップ枠[編集]
  • 月曜 10:25 - 10:55
  • 火曜 10:55 -11:25
「ジャパネットたかた Liveで55」として生放送
  • 土曜 10:30 - 11:25
土曜10:30~11:25の時間帯は、不定期(ほぼ1ヶ月に1回)で『ジャパネットたかた生放送テレビショッピング』(一部のNNS系列局との同時ネット)が放送されている。因みに、この番組は2010年3月まではRNCのテレショップ枠では唯一のジャパネットたかた枠であった。それ以外の週はトーカ堂などを放送。週によっては日本テレビ制作の全国ネット特番(『土曜ロータリー』)が組まれる場合もある。

再放送等枠[編集]

※再放送バラエティ番組の数はエリアで圧倒的にRNCが一番多い。かつてはCM入り前に「RNC」のロゴが右上に表示されていた。

  • 月曜 - 木曜 15:58 - 16:53
2016年10月現在、日テレ・ytv制作のバラエティ番組を再放送している。またこの編成のため、2016年3月現在、固定の連続ドラマ再放送枠は設けられていない[15] 他、『news every.』が日本テレビ他一部の系列局にて同時間帯で放送されるようになってからも、RNCは17時台以降のみの放送となっている。
2009年1月頃まで(2007年10月~2008年3月は『情報ライブ ミヤネ屋』の第3部をネット)は、月曜~木曜はドラマ枠で日テレ制作の再放送(副音声解説放送付、HD)から韓国ドラマも放送する場合もあった。
また不定期に番宣番組や特別番組を組む場合もある。
  • 深夜枠
現在放送中の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(木曜 25:08 - 25:38)の再放送が行なわれている。
  • 土曜9:25 - 11:25枠
2番組が放送されるが9:25 - 10:25の放送枠は『シアワセ気分!』の枠移動による放送開始で2011年10月からは固定化されている。10:30 の放送枠はその週によって番組がいろいろ変化する。また単発特番や『ジャパネットたかたテレビショッピング』などの、通販番組が放送される場合が多い。また全国ネット放送の単発番組の放送に充てられる場合もある。
  • 土曜12:00~14:55枠
2016年10月現在は読売テレビ制作バラエティの『土曜はダメよ!』を放送している。ただし放送時間枠は一定しておらず、編成上の都合により放送されない週もある。2011年までは「行列のできる法律相談所」の再放送[16] が行なわれている。以前は『踊る!さんま御殿』の再放送が2006年4月から9月まで流れていた。ただし全国ネットの単発特番やスポーツ中継で休止の場合あり。
  • 土曜15:00~16:55枠「土曜アンコールドラマ
旧「火曜サスペンス劇場」の再放送(1990年代~末期の作品が中心)。ただし近年は頻繁に休止している。全国ネットの単発特番やスポーツ中継の影響や3時間ものの単発バラエティ特番の再放送を編成することもあるが大きい点では、本放送が終了したためストックが少なくなったことも起因している(古くても1990年代後半頃の作品で留まっている)。1990年代~2006年3月までは12:00~13:55で長年固定されていたが、同年4月からは13:00~14:55に繰り下げ、2010年7月からは次番組の『とことん!土曜〜び!!』と枠交換を行ない、現在の時間帯になった。かつては再放送でも副音声による解説放送を実施していたが現在はたまにしか実施されていない。2010年7月10日からは4:3SD作品に関しては両サイドにオリジナルのサイドパネルを表示するようになった。他局で放送されている火サス作品についてはサイドパネルはなく額縁放送となっている。2012年1月から上記の「土曜はダメよ」の復活による編成移動により、15:00からの放送枠に移動した。
2008年4月頃は廃枠となった平日16時台の連続ドラマ再放送枠の代替として放送[17] する場合もある。
  • 日曜16:25~17:25枠
2008年9月まで放送されていた日テレ系の同時ネットバラエティ枠(16:25~16:55、16:55~17:25)の廃止に伴い再放送枠となる。2012年現在は『嵐にしやがれ』『踊る!さんま御殿』の再放送に充てられる事が多い。
現状では直前の15:00~16:25の90分枠(「サタデーバリューフィーバー」の遅れネットになる場合もある枠)と16:25~17:25の60分枠が基本となるが、15:00~16:55の2時間枠と16:55~17:25の30分枠(主に『恋のから騒ぎ』の再放送)になることもある。15:00からの全国ネットの単発特番およびゴルフ・プロ野球等のスポーツ中継により枠が変わることもある。

※その他、編成の都合で『ナイナイサイズ!』を穴埋め番組として再放送している場合がある。

過去に放送した番組[編集]

自社制作番組[編集]

ネット番組[編集]

日本テレビ系列[編集]

※特記以外は日本テレビ制作。

NET系列 (基本的に瀬戸内海放送開局前)[編集]

※表記がないものはNETテレビ制作。

フジテレビ系列(相互乗り入れ前)[編集]

ほか多数。

TBS系列[編集]

テレビ東京系列[編集]

※★は、テレビせとうちの開局により同局にネット変更された番組。

その他[編集]

※斜線文字は、NNN系列ネット局の制作による番組。

過去の再放送枠[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

アナウンサー[編集]

局名告知[編集]

第7期(現行) 2006年12月1日 -
アナログ・デジタル共通
  オープニング クロージング
使用期間 2006年12月1日 -
時間 30秒 30秒
アナログ終了告知 前30秒 後30秒
制作 HD
中継局表示 チャンネル順
ナレーション 伊達典子
コールサイン読上 なし
BGM あり
曲名不明
あり
曲名不明
EPG オープニング クロージング
背景 瀬戸大橋瀬戸内海 瀬戸大橋と瀬戸内海

オープニング・クロージングとも第4期の撮り直し版で、撮影場所が坂出側から児島側に移動している。アナウンスはOP・ED共に伊達典子アナウンサー。

オープニングのナレーションは「皆さまおはようございます。ただいまから西日本放送のテレビジョン放送を開始します。今日も一日、お元気でお過ごし下さい。」で、画面は「瀬戸内海の日の出→下津井港の漁船航行風景→下津井瀬戸大橋の主塔→下津井港からの下津井大橋をバックに漁船の出港→下津井港防波堤の海鳥」の順に変わる。クロージングのナレーションは「西日本放送のテレビジョン放送はこれで終了いたします。」で、画面は「下津井大橋と瀬戸内海の夕日→夕日のアップ→瀬戸内海を航行する船と夕日」の順である。

OP・CLともにアナログ・デジタル共通のものであるが、コールサイン・呼出名称の違いのほかにアナログ版では行われる中継局表示がデジタル版では2010年7月4日まで一切行われていなかったという違いもある。

2010年7月5日から始まったその中継局表示はアナログ・デジタル共にチャンネル順に表示しているが、デジタル版では親局(20ch)が最も若いチャンネルではないため、例外的に親局を「20ch 高松(金甲山)」として20chのグループとは別に先頭に置いている[24]。7月5日はアナログ放送では一斉に全番組で上下に黒帯の入ったレターボックスに切り替えられた日でもあり、これに伴いOP・CLともアナログ版では上下に黒帯の入ったレターボックス方式に変わった。

第6期 2005年11月1日 - 2006年11月30日
オープニング…マスコット「ランちゃん」が出ているCGアニメーション。原型の背景がオレンジから青に(夜明けをイメージ)なる。
クロージング…上記と同じであるが原型の背景がオレンジから紺色(夕暮れをイメージ)になる。アナウンスはOP・ED共に伊達典子アナウンサー。
第5期 2003年11月27日 - 2005年10月31日
オープニング…第4期の別バージョン(日中版と夜景版の2種類が存在)。BGMが変更されている(詳細は不明)。
クロージング…上記オープニングと共通[25]。こちらもBGMが変更されている(詳細は不明)。アナウンスは伊達典子アナウンサー。
第4期 2003年9月26日 - 2003年11月26日
オープニング…坂出側から映された瀬戸大橋と瀬戸内海の映像。
クロージング…オープニングと共通。BGMは2003年7月以降の第3期EDのものを流用。アナウンスは森佳子アナウンサー。
第3期 1989年7月1日 - 2003年9月25日
オープニング…高松本社屋上の天気カメラから映した朝靄がかかっている高松市内とそのバックに連なる讃岐山脈。BGMはフランツ・シュミットの『ノートルダム』。アナウンスは森佳子アナウンサーによる「皆様、おはようございます。只今から西日本放送テレビの放送と、テレビジョン音声多重放送の開始です。今日も一日、お元気でお過ごし下さい。」というものであった。
クロージング…瀬戸内海国立公園で撮影された花の映像[26]。BGMはは1989年7月から1990年3月まではバイオリン演奏によるラフマニノフの歌曲『ヴォカリーズ』のアレンジで1990年4月以降はピアノ演奏による久石譲の『VIEW OF SILENCE』に変わり、1994年2月以降は再び『ヴォカリーズ』に変更された。さらに2003年7月にもBGMが変更されている(使用BGMは不明)。アナウンスもOPと同様に森佳子アナウンサーである。その文言は「皆様、今日一日ご苦労様でした。お休みの前には、火の元・戸締りには十分お気をつけ下さい。西日本放送テレビの放送と、テレビジョン音声多重放送は、これで終了いたしました。」であるが、1990年4月~1994年1月の間(いわゆる『VIEW OF SILENCE』時代)は「皆様、今日一日ご苦労様でした。お休みの前には、火の元・戸締りには十分気をつけて下さい。西日本放送テレビの放送と、テレビジョン音声多重放送は、これで、終了しました。」というものであった。
第2期 1984年4月1日 - 1989年6月30日
  オープニング クロージング
使用期間 1984年4月1日 - 1989年6月30日
時間 1分3秒 1分3秒
制作 不明
中継局表示 チャンネル順
ナレーション 森佳子
コールサイン読上 なし
BGM あり
ノートルダム
あり
ヴォカリーズ
EPG オープニング クロージング
背景 高松市内と讃岐山脈 夜の高松港の赤灯台
オープニング…第3期の記述と同じく、高松本社屋上の天気カメラから映した朝靄がかかっている高松市内と讃岐山脈。BGMは『ノートルダム』。
クロージング…夜の高松港の赤灯台を同じくお天気カメラから捕らえた映像(VTRによる撮影)が使われていた。アナウンスは第3期の記述と同様「皆様、今日一日ご苦労様でした。お休みの前には、火の元・戸締りには十分お気をつけ下さい。西日本放送テレビの放送と、テレビジョン音声多重放送はこれで終了いたしました。」というものであった。BGMは第3期の記述と同じく『ヴォカリーズ』。
第1期 1975年頃? - 1984年3月31日
オープニング…詳細は全く不明。BGMは第5期以降に引き継がれる。
クロージング…第2期の記述と同じく、夜の高松港赤灯台を同じくお天気カメラから捕らえた映像(フィルムによる撮影)。BGMは全く不明。

静止画ID[編集]

少なくとも第1期から現在にかけてOP後・ED前には静止画IDが5秒間流れ、「ご覧の放送は、西日本放送です。」とアナウンスされている[27]。この静止画は季節ごとのイラストを使っており、また演出によっては、OPは雪だるまの映像、EDはクリスマスの映像だったりする。
2006年11月以前は「JOKF-TV(改行)西日本放送」のようにコールサインも併記されていたが、地上デジタル放送の開始で同一画面を放送するようになった12月以降はコールサインをオミットさせ「西日本放送」のみになった。

長らく「ご覧の放送は、西日本放送です。」のアナウンスは伊達典子アナウンサーが行っていたが、2010年からは仁多田まゆみアナウンサーに代わった。

放送開始前[編集]

RNCの場合、通常クロージングが終了すると停波し、カラーバーやフィラーなどは一切放送されない。放送開始10分前からはカラーバーが表示され、中央に「試験電波発射中(改行)RNC」[28]と表示される。これはBGM付きで現在、開始前のカラーバーに同一の曲(曲名不明・ハープ系)が流れているがマスター更新以前は古澤巌のアルバム『ひばり』の曲が流れていた。番組表上はこのカラーバーの時間とオープニングは同一番組の扱いであり「オープニング」と表示される。ただし、放送終了時間と開始時間が近い場合は停波されず、常時カラーバーが表示と試験信号音が流され、開始10分前になると通常と同様にBGMが流れ始める。

サテライトスタジオ[編集]

(いずれも現在廃止・撤去)
  • RNC天満屋葦川会館テレビスタジオ(天満屋岡山店6階葦川(いせん)会館内、1970年~1980年の間開設)
    • RNCが岡山県内に初めて開設した本格的な放送拠点で、岡山本社社屋完成まで使用された。
  • RNCランちゃんスタジオ(高松サティ内)

情報カメラ設置ポイント[編集]

岡山・香川のテレビ局ではハイビジョン対応の情報カメラ設置が最遅となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JUST NEWS』『RNCニューススポット』『NNNストレイトニュース』(ローカル枠)『RNC news every.』(過去は『RNC NEWSリアルタイム』)
  2. ^ 2007年7月29日の参院選開票特番ではネクタイ着用だった。また『NEWS ZERO』の金曜・祝日版『KSBスーパーJチャンネル』(香川・岡山地区他局・ANN系列)の金曜版において、1年を通してノーネクタイで出演するケースはあった。現在はなくなったが『NEWS23』(TBS)においても、2005年~06年は「かりゆしウェア」を中心としたクール・ビズ仕様だった。
  3. ^ 最近では『MONSTER』(日テレ)・『エンジェル・ハート』(ytv)・『ケータイ少女』(Webアニメ)・『うどんの国の金色毛鞠』(日テレ。西日本放送も製作参加)の4作品をネット。
  4. ^ 同じ高松側の瀬戸内海放送(KSB)は、2007年4月より1本ネット開始(『らき☆すた』)。RNCは2009年4月より(『07-GHOST』)、2015年4月から『山田くんと7人の魔女』、2016年1月から『JKめし!』をネット。これにより、四国のNNS局各局で放映実績を持つことになった。
  5. ^ ライブナレーションではなく自動音声による放送。声は鴨居真理子アナ(2014年11月3日から)(2007年2月までは仁多田まゆみアナ2007年3月から2014年11月2日までは池田弥生アナ)。
  6. ^ RNCの番宣番組。RNCの女性アナウンサーが冒頭で登場して番組紹介を行う形式は90年代の番宣番組『ハロー!RNC』から受け継がれているものである。
  7. ^ 広島テレビ・日本海テレビ・山口放送・四国放送・高知放送・南海放送で放送。キー局は毎回持ち回り制作
  8. ^ 土曜は一部地域(NNS系20局前後、原則16:00〜16:55)のみ、日曜は日本テレビ系列+沖縄テレビで全国ネット放送(原則15:00〜16:25)。香川県三豊市財田町と愛媛県松山市で毎年交互開催。愛媛開催の場合は南海放送との共同制作。日本テレビからもアナウンサーが派遣される(土曜日にRNCアナウンサー、日曜日に日テレアナウンサーが実況担当することが通例だったが2007年の第26回大会は両日ともにRNCアナウンサーが実況を担当。ラウンドリポートとインタビューを日本テレビのアナウンサーが担当)。
  9. ^ アニメ『うどんの国の金色毛鞠』が放送された2016年10月から12月まで土曜の夕方に枠移動していた。
  10. ^ 字幕なし。
  11. ^ 通常は30分枠であるが、月1回24:50〜25:45までの55分枠で放送。
  12. ^ 2015年11月放送の「日本列島テレビ局最高の夕日さがし」(前編・後編)は、19日遅れで放送された。
  13. ^ 4:00 - 5:20の第1部はCS・日テレNEWS24の地上波再送信、5:20 - 5:50の第2部は番販ネット扱いでの放送。第1部はメンテナンスのため不定期で放送休止の場合あり。週によっては一週間放送しない場合もある。第1部は、RNC高松本社付近が雷雨など悪天候になった場合、衛星波の受信が不可能になり、地上波再送信が中断される場合がある。その際は、四国八十八箇所の紹介映像などに差し替えられる。
  14. ^ 釣具メーカーのシマノ(SHIMANO)が運営する「SHIMANO TV」にて、過去の放送が配信されている。
  15. ^ 連続ドラマ『怪物くん』の映画化に際して行われた再放送はこの放送枠で行われている。
  16. ^ おおむね2年位前の放送を再放送している。なお、レギュラーでもあった橋下徹弁護士が2007年11月に大阪府知事選に立候補表明した後も当局ではそのまま再放送(テロップ付き)されている。
  17. ^ 第1弾は『ごくせん』(第2シリーズ)
  18. ^ ハイビジョン制作であるが、映像ソースの関係で、地上デジタル放送では16:9SDの額縁放送、アナログ放送では16:9のレターボックスサイズでの放送
  19. ^ 岡山県内で販売されている地域生活情報誌「Osera」とタイアップした番組。
  20. ^ a b 香川県の広報番組
  21. ^ テレビ・ラジオ同時放送
  22. ^ 香川県が舞台のアニメで、同番組の制作委員会にも参加している。
  23. ^ 三豊市の広報番組。2011年9月~2012年2月末まで放送。
  24. ^ 同じチャンネルのグループ内の中継局は岡山→香川の順に表示している。
  25. ^ 映像をオープニングと共通にして放送されたこともあった。
  26. ^ 花の種類は1991年7月31日までは3種類だったが、同年8月1日以降は6種類となった。
  27. ^ 静止画IDは番組が始まる前にも使用していることがある。
  28. ^ それ以前にも「RNC(改行)試験電波発射中」と大きく表示されていた。
  29. ^ 2009年1月からハイビジョンカメラに。

外部リンク[編集]