news every.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
news every.
news every.
ジャンル 帯番組 / 報道番組 / 情報番組
演出 田中裕樹(総合演出)
出演者 以下及び現在の出演者を参照
オープニング 作曲:MAYUKO
エンディング 同上
製作
製作総指揮 富永有一(制作)
プロデューサー 中村光宏
大野伸(統括P)
納富隆治(CP)
制作 日本テレビNNN
放送
音声形式2013年12月以前:モノラル→モノステレオ
2014年1月以降:ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
news every.【平日版】
(第1シリーズ)
出演者藤井貴彦
陣内貴美子
小熊美香
ほか
放送期間2010年3月29日 - 2013年12月27日
放送時間【月 - 木】16:53 - 19:00
【金曜日】17:00 - 19:00
→16:50 - 19:00
放送枠日本テレビ系列夕方ニュース枠
放送分【月 - 木】127分、【金曜日】120→130分
news every.【平日版】
(第2シリーズ)
出演者藤井貴彦
陣内貴美子
鈴江奈々
中島芽生
徳島えりか
ほか
放送期間2014年1月6日 -
放送時間月 - 金曜日 15:50 - 19:00
放送枠日本テレビ系列夕方ニュース枠
放送分190分
news every.サタデー
出演者杉野真実
山本健太
ほか
放送期間2010年4月3日 -
放送時間毎週土曜日 17:30 - 18:00
→17:00 - 17:30
放送枠日本テレビ系列夕方ニュース枠
放送分30分
news every.【年末年始版】
出演者藤田大介
桝太一
岩本乃蒼
市來玲奈
河出奈都美
ほか
放送期間後述を参照
放送時間同上
放送枠日本テレビ系列夕方ニュース枠
放送分30分

特記事項:
平日版の第2シリーズの放送時間について、2016年3月までは金曜日に限り、16:50開始であった。
平日版のNNN枠は17:53 - 18:15。
土曜版(サタデー)のNNN枠は17:00 - 17:19。
年末年始も平日に限り本番組の短縮版として放送(詳細は後述)。
テンプレートを表示
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

news every.』(ニュース・エブリィ)は、2010年平成22年)3月29日から日本テレビおよびNNN系列各局で、平日土曜年末年始夕方に放送されているニュース情報番組である[1][2]ステレオ放送リアルタイム字幕放送を実施。略称および番組タイトルコールは『every.』(新聞ラテ欄では『[N]every.』と表記[注釈 1])。

概要

平日版

1988年4月4日から2010年3月27日まで22年間放送された『NNNニュースプラス1[3]→『NNN NEWS PLUS1[4]→『NNN NEWS REALTIME[5](以下、プラス1→PLUS1→REALTIME)の後継番組として、2010年3月29日より放送が開始された。

番組コンセプトは「ミンナが、生きやすく[1]。メインキャスターには、2005年3月に『ニュースプラス1』を降板して以来5年ぶりに夕方の報道番組へ復帰となった藤井貴彦(日本テレビアナウンサー)、『リアルタイム』から続投のスポーツコメンテーター・陣内貴美子[注釈 2]、2010年3月まで『NNNストレイトニュース(平日版)』(日テレNEWS24制作)や『おもいッきりDON!』『情報ライブ ミヤネ屋』(後者は読売テレビ制作)のニュースコーナーを担当していた丸岡いずみ(当時日本テレビ報道局記者)を起用。また、水曜日の曜日キャスターとして人気アイドルグループ・NEWSのメンバー・小山慶一郎を起用した。

同局系夕方の全国ニュースで番組名に「NNN」を冠さないスタイルは、1966年4月のNNN発足以来初となる[注釈 3]。年末年始には後述の通り、一部の日を除き本番組の30分の短縮版として編成される。2011年10月3日からステレオ放送(モノステレオ放送)を実施、2014年1月6日からフルステレオ放送になった。

開始当初、平日版は全曜日2部制を敷いており、『リアルタイム』時代から引き続き16:53 - 17:50(金曜日は17:00[注釈 4] - 17:50)の第1部と、17:50 - 19:00の第2部(17:50 - 18:16は全国ネット)で構成されていた。

2011年8月末から、丸岡が突如「夏休み」を理由に出演しなくなり、結局丸岡は同年9月30日をもって体調不良を理由にこのまま降板[注釈 5]。同日、丸岡の降板発表は地方局での視聴者に配慮して全国ネット枠終了間際の18:15過ぎに行われ、藤井が「ここで視聴者の皆様にご報告があります。これまで私たちと一緒にニュースをお伝えしてきた丸岡いずみさんが体調不良のため番組を離れることになりました。ご心配をおかけしましたが、回復まで温かく見守っていただければと思います」とコメントした。その後、同年10月3日からはそれまで丸岡の代役を務めてきたサブキャスターの小熊美香(当時日本テレビアナウンサー)が正式にメイン格に昇格。また、同日から枠切りが変更となり、16:53 - 17:53(金曜日は17:00[注釈 4] - 17:53)の第1部と、17:53 - 19:00の第2部(17:53 - 18:15は全国ネット)で構成される(関東地区での番組全体の放送時間は従前通り)。2013年4月以降、金曜日は放送時間が16:50 - 19:00に変更された(日本テレビで直前に編成する『それいけ!アンパンマン』の放送時間も10分繰り上げ)。

2014年1月6日より月曜日 - 木曜日の開始時刻を15:50に繰り上げた[注釈 6]。月曜日 - 木曜日は、15:50 - 16:53を第1部、従前の第1部・第2部をそれぞれ第2部・第3部に改称。金曜日は従前通りとし、パート名の改称は行われなかった。月曜日 - 木曜日の第1部は小山と鈴江奈々(後者は日本テレビアナウンサー)がメインキャスターを務めるほか、コメンテーターとしてかつて『NNNニュースダッシュ』や『NNNきょうの出来事』でキャスターを務めた経験を持つ小栗泉(当時日本テレビ解説委員、現:報道局専門局次長)を起用した。これと同時に第1部の一部コーナーにて、マイスタジオを使用するようになる。これにより、日本テレビの月曜日 - 木曜日は2008年4月 - 7月以来5年5か月ぶりに4:00から19:00まで15時間ほぼ連続の生放送(11時台のミニ番組『ママモコモてれび』と『キユーピー3分クッキング』を除く)となり[注釈 7]、突発的な大事件・大事故や自然災害に即座に対応できるようになった。

2014年3月28日で、番組開始から4年間出演してきた小熊が同月31日から『ZIP!』へ異動のため降板、同日から小熊と入れ替わる形でそれまで同番組に出演していた中島芽生(日本テレビアナウンサー)がメインキャスターとして登板した。

2016年3月28日から、それまで月曜日 - 木曜日の第1部のみの出演だった鈴江が全曜日で番組全体のメインキャスターを務めることとなった(中島はサブキャスターに配置転換)ほか、同年4月1日より2部制のまま存置されていた金曜日も15:50開始となり月 - 木曜日同様の枠切りでの3部制に移行することとなった[6]。これにより、同局の平日夕方のニュース番組の放送時間が2005年3月までの『ニュースプラス1』以来11年ぶりに全曜日で統一されることになる。なお、当番組の金曜日の3部制に移行に伴い、関東地区では16時台前半の通販番組女神のマルシェ』を金曜日10:25 - 10:55枠に、後半のアニメ『それいけ!アンパンマン』を金曜日10:55 - 11:25枠に移動するため、月 - 金曜日10:25 - 11:30枠で放送されていた『PON!』は月 - 木曜日のみの放送になった。また、金曜日の新・第1部は月曜日 - 木曜日と異なり芸能コーナー担当の伊藤綾子(フリーアナウンサー)がメインを張る形となった(ただし、月に一回程度小山も新・金曜第1部に出演)。

2016年9月5日から同年11月25日まで、NEWSスタジオが設備等の改修や新セット建て込みのため使用出来なくなったため、別のスタジオに従来のセットを移築して放送[注釈 8]。その後、同月28日から番組開始以来初めてスタジオセットやテーマ曲、テロップなどの演出を一新した。

2017年3月31日をもって、『リアルタイム』時代から9年半芸能コーナー担当として出演してきた伊藤が降板。同年4月3日からは伊藤の後任として、過去に『王様のブランチ』(TBSテレビ)でリポーターを務めるなどの経験があった同じ事務所の後輩・寺田ちひろが登板した。さらに、2018年6月には、小山が未成年と飲酒していたことを一部メディアに報じられたことから同月8日から無期限出演自粛となり、前日には番組冒頭で小山が藤井と共に謝罪し、出演自粛を報告した[注釈 9]。その後、小山は自らの意向により同年12月をもって番組を降板することを決め、同月19日の番組内でこのことが藤井が小山の手紙を代読する形で報告された。これ以降は、それまで出演していなかった藤井が第1部のメインキャスターも担当する事になった。

2019年9月27日をもって、2年半「カルスポっ!」のコーナーキャスターを務めていた寺田が降板、同月30日からは後任としてかつて山梨放送でアナウンサーをしていた経験のあるハードキャッスル・エリザベス(フリーアナウンサー)が登板[注釈 10]。さらに、中島が同年10月6日から日曜朝の情報バラエティー番組『シューイチ』にニュースキャスターとして出演することとなったため、出演曜日を月曜日 - 木曜日に縮小、空いた金曜日には同月4日から市來玲奈(日本テレビアナウンサー)が登板した。

2020年4月13日から2021年3月31日までは、新型コロナウイルス感染防止対策で、陣内は日本テレビマイスタジオから、鈴江・中島は報道フロアからの出演となった。

2020年9月28日からキャスター陣の一部入れ替えが行われ、藤井・陣内は従前通り全曜日のメインキャスターを務める一方で、鈴江の出演曜日が月曜日 - 水曜日に縮小され、木曜日・金曜日は中島がメインキャスターを務めることとなった。また、木曜日・金曜日のサブキャスターとして後呂有紗(日本テレビアナウンサー)が登板した(月曜日 - 水曜日は市來がサブキャスターを担当)。また、同年10月1日から関東地区では後続番組への接続がステブレレスとなり、これでテレビ東京以外の在京民放キー4局では夕方の報道番組から19時台の番組への接続が全てステブレレスとなった[注釈 11]

2021年6月2日をもって、これまで約7年半出演してきた鈴江が第2子出産に伴う産休に入るため降板。このため、同月7日からは中島の出演曜日が月曜日 - 水曜日に変更されたほか、同月10日から木曜日・金曜日のメインキャスターとして徳島えりか(日本テレビアナウンサー)が登板した。

2021年10月1日をもって、エリザベスが海外を拠点に働く一般男性との結婚によるキャスター引退に伴い降板、同月4日からは後任としてかつて出演していた伊藤や寺田と同じ事務所に所属するフリーアナウンサー・刈川くるみが登板した。

2022年5月5日から鈴江が復帰。ただしキャスター陣の顔ぶれは変動せず藤井の第1部出演を月 - 水曜日に縮小させて木・金曜の第1部メインキャスターを鈴江が担当する事になった。

土曜版

土曜版の正式名称と地デジEPGの番組名は『news every.サタデー』で、2010年4月3日放送開始。17:19(以前は17:50)までは全国ネットによるNNN全国ニュース扱い、以降はローカルニュース枠だが、山梨放送に限り、2011年3月26日までローカルニュースは18:30から別枠の『ワイドニュースサタデー』を放送していたため、唯一日本テレビと同時ネットしていた。

2022年6月11日より番組冒頭で平日版第2部のオープニング映像を挿入している[7][8]。また、前座番組『リアルタイム』は一時期テロップ類やBGMが土曜版専用のものが使用されていたが、この番組は平日版と同じものになった(CM前後のアイキャッチ動画や「every!」コールは使用されていない)。

『リアルタイム』同様、日本テレビでは全編スポットCM枠になっているが、当番組も系列局に配慮し提供クレジット枠を設けている。

2013年4月から読売テレビ制作のアニメ枠が日曜朝7時台前半から当枠に移行することになったため、当番組は30分繰り上げて放送することとなった[9][10]。『読売新聞ニュース』1996年3月終了して以来17年ぶり。『TVおじゃマンボウ』2006年3月終了して以来7年ぶりとなる。

日曜夕方の全国ニュースは『真相報道 バンキシャ!』が割り当てられている。ただし、毎年8月下旬の『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の放送や年末年始などで『バンキシャ!』が休止される場合は代替としてローカルニュースを内包した5 - 10分枠の『NNNニュース』もしくは『NNNニュース&スポーツ』を放送する事例がある。

年末年始版

30分の短縮版として放送される。年末年始の夕方ニュースは2021年始までは『news every.サタデー』を含めて放送を休止し、前述の『真相報道 バンキシャ!』と同様に、ローカルニュースを内包した5 - 10分枠の『NNNニュース』、『ニュース』(一部地域を除く)もしくは30分枠の『NNNニュース&スポーツ』が編成されていたが、同年末以降は一部の日を除き、通常の夕方ニュースの短縮版として放送されており、これを踏襲している[11]。詳細は後述

視聴率

関東地区において、2011年1 - 2月・2012年1月には、第2部の月間平均視聴率が同時間帯の夕方ニュース番組の中で同率1位を獲得した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯。以下略)[12][13]。2011年4月以降、16:53-19:00全体ではテレビ朝日スーパーJチャンネル』が月平均で民放同時間帯首位を維持している[14]が、17:53以降に限れば当番組の第2部が2012年に11週連続で同時間帯トップを獲得した[15]ほか、2012年10月クールでも同時間帯トップを獲得している[16]

2014年1月第2週(同年1月6日 - 12日)から2月第1週(同年2月3日 - 9日)までの月 - 木曜日第1部の平均視聴率は、2013年10月クールの同時間帯の平均視聴率に比べ、1.2ポイント上昇し[17]、2014年1 - 9月の月 - 木曜日第1部の平均視聴率は5.7%を記録し、前年比で大きく上昇している[18]。2014年9月現在の月 - 木曜日第3部および金曜日第2部の平均視聴率は10%を超えている[19]

2019年6月26日放送分でTBSNスタ』を下回り視聴率1位をそちらに譲った[20]

2020年5月6日(水曜日・振替休日)には月 - 金曜日第3部の世帯視聴率としては歴代最高となる18.5%を記録した[21]

現在の出演者

2022年5月5日 - 現在。特記以外は全員日本テレビアナウンサー。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
メインキャスター 第1部 藤井貴彦 鈴江奈々
第2・3部 藤井貴彦
陣内貴美子(スポーツジャーナリスト)
サブキャスター 第1~3部 中島芽生 徳島えりか
河出奈都美 市來玲奈
「知りたいッ!」担当 第1部 近野宏明
(日本テレビ報道局経済部デスク)
加納美也子
(日本テレビ社会部者)
小林史
(日本テレビ報道局解説委員)
カルチャーキャスター 第1~3部 刈川くるみフリーアナウンサー
スポーツキャスター 第1~3部 伊藤遼 伊藤大海
「いまダケッ」生中継キャスター 第1部 渡辺裕太俳優 渡辺裕太(俳優)
お天気キャスター 第1~3部 木原実気象予報士
第1・3部 そらジロー(マスコットキャラクター)
第2部 くもジロー(同上)《隔週交代》
ぽつリン(同上)《隔週交代》
マンスリーキャスター 月1回 横山だいすけタレント
奥山佳恵女優

news every.

○は第1部、●は第2・3部に出演。

メインキャスター

サブキャスター

  • 中島芽生○● (月 - 水) - 2014年3月より出演。2016年3月までは基本的に●担当。2016年より鈴江と交替する形で○担当となったが、●の一部パートは引き続き受け持つ。2019年9月27日までは月 - 金曜日、2020年9月24日までは月 - 木曜日、2021年6月4日までは木・金曜日を担当していた。鈴江の産休に伴い徳島が木・金曜日を担当するため(2021年6月10日 - )[26]、配置替えで同月7日より月 - 水に移動。
  • 河出奈都美○●(月 - 水) - 2021年10月4日より出演。市來が木・金曜日を担当するため、市來が担当していた曜日を担当。
  • 徳島えりか○● (木・金) - 2021年6月10日より出演[27]。鈴江の産休に伴い、中島が月 - 水曜日を担当するため、中島が担当していた曜日を担当[26]
  • 市來玲奈○●(木・金) - 2019年10月4日より出演。2020年9月25日までは金曜日、2021年9月29日までは月 - 水曜日に出演し、カルチャーキャスターも兼務していた。河出が月 - 水曜日を担当するため(2021年10月4日 - )、配置替えで同年10月7日より木・金に移動。

マンスリーキャスター

月一回、金曜日の○に出演する。その日の「トク4」も当該出演者が担当する。

「ナゼナニっ?」→「知りたいッ!」(2022年4月より)

  • 近野宏明○(日本テレビ報道局経済部デスク、月曜日) - 2022年2月28日より出演。前番組NNN Newsリアルタイムのメインキャスター担当していた。
  • 加納美也子(日本テレビ社会部記者、火曜日) - 2022年2月22日より出演。系列局であるテレビ信州のアナウンサー時代には前番組NNN NewsリアルタイムのローカルパートTSB Newsリアルタイムのメインキャスター担当していた。
  • 小林史○(日本テレビ報道局解説委員、水 - 金曜日) - 2022年2月中旬までは木曜日のみ担当。

カルチャーキャスター

スポーツキャスター

every. TIME4ではニュースも担当する。

  • 伊藤遼○● - 月 - 水曜日担当、2020年9月28日より出演。
  • 伊藤大海○● - 木・金曜日担当、2019年4月4日より出演。2020年9月25日まではevery. TIME5も兼務。

every.×time4・いまダケッ 生中継キャスター(リポーター)

お天気キャスター

2017年10月30日から頸椎損傷のため休養し[29]、2018年3月26日に復帰[30]。この間、杉江勇次が代理で出演していた。さらに、実娘である木原実優(吉本坂46)が2020年12月4日に新型コロナウイルスで陽性と判定されたため、同年12月7日から12月17日まで出演を見合わせていた(木原本人はPCR検査で陰性と判定されたが、保健当局の指導により番組出演見合わせる)[31]が、2020年12月18日より復帰[32]。出演見合わせ中は、杉江勇次が代理出演した。
木原とマスコットキャラクターは、NNN全国枠(第3部)には登場しない。 ただし、重大な気象事案発生時は、木原のみNNN全国枠に出演する場合がある。

特定コーナー担当

  • 原聡子●(日本テレビ政治部、火曜日) - 『ギモン』担当[注釈 13]
  • 矢岡亮一郎●(日本テレビ政治部、火曜日) - 『ギモン』担当
  • 高柳裕美●(日本テレビ政治部、火曜日) - 『ギモン』担当
  • 坂田陽子●(タレント) - 『every.特集』担当
  • やない由紀●(タレント) - 『every.特集』担当
  • 井上貴美●(タレント、女優) - 『every.特集』担当
  • 池田沙絵美●(ファッションモデル) - 『every.特集』担当
  • 中川倫子●(フリーアナウンサー) - 『every.特集』担当
  • 安藤絵里菜●(タレント) - 『every.特集』担当
  • 小山愛理●(タレント) - 『every.特集』担当
  • 尾花貴絵●(ファッションモデル) - 『every.特集』担当
  • 磯部さちよ●(タレント、女優) - 『every.特集』担当
  • 松原江里佳●(フリーアナウンサー) - 『every.特集』担当
  • 小尾渚沙●(フリーアナウンサー) - 『every.特集』担当
  • 春輝●(ファッションモデル) - 『every.特集』担当
  • 柳亭市弥●(落語家) - 『every.特集』担当
  • 朝倉未菜●(タレント) - 『every.特集』担当
  • 曽田茉莉江●(タレント) - 『every.特集』担当
  • 大坪あきほ●(タレント、女優) - 『every.特集』担当
  • 中田あすみ●(タレント) - 『every.特集』担当
  • 矢野智美○(テレビ岩手アナウンサー) - 『every.×time4』いまダケッにて岩手県で中継を行う場合に出演
  • 小川香織○(山形放送アナウンサー) - 『every.×time4』いまダケッにて山形県で中継を行う場合に出演[注釈 14]
  • 清家夕貴○(南海放送キャスター) - 『every.×time4』いまダケッにて愛媛県で中継を行う場合に出演
  • 野口七海○(四国放送アナウンサー) - 『every.×time4』いまダケッにて徳島県で中継を行う場合に出演
  • 高橋若葉●(声優・タレント) - 『気になる!』担当、俳協公式サイトによれば木曜日のレギュラーナレーター[33]
  • 伊藤英敏○●(声優・ナレーター) - ニュースナレーション担当[34]

news every.サタデー

メインキャスター
お天気キャスター

代役について 

平日版

夏休み等の取得に加え、災害発生時及び東日本大震災周年企画の際には藤井自ら現地リポートに赴き、スタジオは鈴江、中島や代理のアナウンサーが担当する場合がある。

土曜版

現在は資格の必要な木原を除き、欠員が出る場合でも代役は置かず、配置変更で対応する事が多い。

過去の出演者

news every.

月 - 木曜日は2013年12月まで、金曜日は2016年3月まで第2部・第3部をそれぞれ第1部・第2部と呼称していた。

メインキャスター・サブキャスター

期間 第1部 第2・3部
メイン サブ マンスリー
(金曜日のみ)
メイン サブ ウィークリー
(水曜日のみ)
女性 男性 女性
月 - 水 月 - 水 月 - 水
2010年3月29日 2011年9月30日 (放送なし) 藤井貴彦1 陣内貴美子 丸岡いずみ
小熊美香
小山慶一郎2
2011年10月3日 2013年12月27日 小熊美香1
2014年1月6日 2014年3月21日 小山慶一郎
鈴江奈々
(放送なし)
2014年3月24日 2016年3月25日 中島芽生1
2016年3月28日 2017年3月31日 小山慶一郎7 小山慶一郎3
伊藤綾子4
藤井貴彦
中島芽生
(配置なし) 鈴江奈々
中島芽生
2017年4月3日 2017年7月14日 小山慶一郎3
中島芽生
藤井貴彦
鈴江奈々5
中島芽生6
藤井貴彦
鈴江奈々5
2017年7月17日 2018年3月30日 奥山佳恵 (配置なし)
2018年4月2日 2018年6月6日 横山だいすけ
2018年6月7日 2019年9月27日 鈴江奈々
中島芽生
藤井貴彦 (配置なし)
2019年9月30日 2020年9月25日 鈴江奈々
中島芽生9
鈴江奈々 藤井貴彦 藤井貴彦
市来玲奈8
鈴江奈々
中島芽生9
鈴江奈々
市来玲奈8
2020年9月28日 2021年6月4日 藤井貴彦 市來玲奈 後呂有紗8 鈴江奈々
市來玲奈
中島芽生9
後呂有紗8
2021年6月7日 2021年10月1日 中島芽生9
市來玲奈
徳島えりか9
後呂有紗8
2021年10月4日 2022年4月29日 河出奈都美9 市來玲奈 中島芽生9
河出奈都美9
徳島えりか9
市來玲奈
2022年5月2日 2022年5月6日 藤井貴彦 藤井貴彦
鈴江奈々
2022年5月9日 現在 藤井貴彦 鈴江奈々

  • 1 第1部にも出演(中島は2014年9月以降不定期出演)。
  • 2 開始当初は毎週木曜日、2011年以降は毎週水曜日に出演。
  • 3 月1回程度で金曜日にも出演。
  • 4 小山の出演出来ない金曜日に出演。
  • 5 毎週金曜日のみ出演。月 - 木曜日は第1部には出演しない。
  • 6 毎週月 - 木曜日のみ。金曜日は上記の通りメインキャスターとして出演。
  • 7 2018年6月7日より、芸能活動の自粛に伴い当分の間、出演を見合わせ[35]。2018年12月19日放送分限りで正式に番組降板[36]
  • 8Oha!4 NEWS LIVE』を兼務。
  • 9シューイチ』を兼務。

  • 陣内・小山・伊藤・奥山・横山以外は出演当時日本テレビ所属。
  • 丸岡は、2011年8月30日放送分から体調不良のため休養中だったが、9月30日放送分限りで治療に専念することが発表された。
  • 伊藤に関しては小山と違い金曜メインキャスターの案内は日本テレビより出されていない。
  • 小山は、2010年4月の放送開始より、サブキャスターとして週1回出演していた。2014年1月の番組改編に合わせ、小山がメインキャスターを務めるようになる[37]。2018年6月7日、小山は未成年女性との飲酒問題により芸能活動を自粛することを発表し、以降番組出演を見合わせていた[38]。2018年12月19日、番組を正式に降板する旨のメッセージを送り、藤井が代読した[36][注釈 15]
  • 鈴江、中島は2020年9月以降、第1部には出演しない。

コーナー担当キャスター、リポーター

期間 ニュースFLASH カルチャー スポーツ お天気 リポーター
月 - 水 月 - 水 木・金
2010年3月29日 2010年7月2日 丸岡いずみ
小熊美香
伊藤綾子1 佐藤義朗 木原実5 鳥羽博剛 小西美穂2
2010年7月5日 2011年9月30日 鳥羽博剛
加藤聡
2011年10月3日 2012年9月28日 小熊美香 加藤聡
2012年10月1日 2013年12月27日 山本紘之
2014年1月6日 2014年3月21日 加藤聡 渡辺裕太3
2014年3月24日 2014年12月26日 中島芽生
2015年1月5日 2017年3月31日 川畑一志 藤田大介
2017年4月3日 2018年9月28日 寺田ちひろ 山﨑誠
2018年10月01日 2019年3月29日 渡辺裕太
2019年4月1日 2019年9月27日 平松修造 伊藤大海4
2019年9月30日 2020年9月25日 中島芽生6 市来玲奈4 ハードキャッスル エリザベス
2020年9月28日 2021年10月1日 市來玲奈 後呂有紗4 伊藤遼4
2021年10月4日 現在 河出奈都美6 市來玲奈 刈川くるみ

  • 番組開始時点の出演者は全員『リアルタイム』から続投。
  • 1 2016年4月から金曜第1部メインキャスターを兼務。
  • 2 「企画取材キャスター」として不定期出演。
  • 3 第1部のみ出演。水曜日は原則として出演なし。
  • 4Oha!4 NEWS LIVE』を兼務。
  • 5ズームイン!!SUPER』を兼務。
  • 6シューイチ』を兼務。

  • 伊藤綾子・木原・渡辺・寺田・ハードキャッスル・刈川以外は出演当時日本テレビ所属。
  • 佐藤は、東日本大震災関連の報道で藤井が不在・小熊の報道フロア担当時に限りNNN枠にも出演し、サブキャスター的役割を代行した。

コメンテーター

期間 第1部 第2・第3部
月・水 1
2010年3月29日 2010年7月9日 (放送なし) (不在) 鎌田實2 (不在)
2010年7月12日 2012年9月28日 (不在) 粕谷賢之
2012年10月1日 2013年3月29日 粕谷賢之 野村修也
2013年4月1日 2013年12月27日 小栗泉 野村修也3
2014年1月6日 2014年3月頃 小栗泉 (放送なし) 青山和弘
2014年4月頃 2015年12月25日 青山和弘
2016年1月4日 2016年3月25日 (不在)
2016年3月28日 2017年5月31日 小野高弘
2017年6月1日 2017年6月2日 (不在)
2017年6月5日 2018年3月30日 小西美穂
2018年4月2日 2018年7月19日 小西美穂 小林史 小西美穂 (不在)
2018年7月20日 2020年4月10日 (不在)
2020年4月13日 2022年2月18日 小林史
2022年2月21日 現在 近野宏明[40] 加納美也子 小林史

  • 1 2012年10月から2014年4月頃まで隔週交代で出演。
  • 2 2014年1月から第1部「every.キーワード」も担当。不定期に欠席あり、その日はコメンテーター不在。
  • 3 2016年4月から2017年11月まで「野村修也の会議のミカタ」が新・第1部に枠移動したため、同パートにも出演していた。

  • 鎌田・野村・以外は出演当時日本テレビ報道局所属。
  • 2018年7月17日、金曜日コメンテーターの野村修也が憲法に違反するアンケートを行っていたとして1か月の懲戒処分を受け[41]、ツイッターにてテレビ出演自粛を表明し[42][注釈 16]、当番組の出演を見合わせることとなった。

news every.サタデー

期間 メインキャスター1 お天気
男性 女性 気象予報士
2010年4月3日 2011年3月26日 菅谷大介3 森富美2 杉江勇次4
2011年4月2日 2013年3月30日 豊田順子2
2013年4月6日 2016年5月28日 山下美穂子5
2016年6月4日 2017年9月30日 豊田順子6
2017年10月7日 2018年9月29日 久野静香
2018年10月6日 2020年4月4日 藤田大介8 杉野真実5・6
2020年4月11日 2020年6月13日 安藤翔8
2020年6月20日 2020年9月26日 藤田大介7
2020年10月3日 2021年3月27日 山﨑誠
2021年4月3日 現在 山本健太


年末年始版

2021年度(2021年末 - 2022年始)
日付 メインキャスター1 お天気キャスター
男性 女性 気象予報士
2021.12.28 藤田大介 岩本乃蒼 岡田沙也加3
2021.12.29 奈良岡希実子4
2021.12.30 市來玲奈2 宮崎由衣子5
2021.12.31 奈良岡希実子4
2022.1.1 放送なし
2022.1.2
2022.1.3 桝太一 河出奈都美2 岡田沙也加3

  • 1 出演当時、日本テレビアナウンサー。
  • 2 通常版(平日)の『news every.』を兼務。
  • 3 日本テレビでは『日テレNEWS24』の気象情報(月・木・金・日)を担当。
  • 4 日本テレビでは『日テレNEWS24』の気象情報(月~水)を担当。当番組と裏被りにならないTBSの『Nスタ』(日曜版)にも出演している。
  • 5 日本テレビでは『バゲット』のお天気コーナーを担当。

放送時間

すべて日本時間で記す。NNN枠以外は日本テレビ(関東地方)における放送時間。NNN枠は平日が22分間、土曜が19分間。

期間 平日
月 - 木 NNN枠
2010.03.29 2011.10.01 16:53 - 19:00
(127分)
17:00 - 19:00
(120分)
17:50 - 18:16
(26分)
17:30 - 18:00
(30分)
2011.10.03 2013.03.30 17:53 - 18:15
(22分)
2013.04.01 2013.12.27 16:50 - 19:00
(130分)
17:00 - 17:30
(30分)
2014.01.06 2016.03.25 15:50 - 19:00
(190分)
2016.03.28 現在 15:50 - 19:00
(190分)
  • 2017年4月3日より第1部が3分短縮、第2部が3分前拡大となった(第3部は従前通り)。

放送内容

ニュースを読み上げる時にはCGモニターが表示される事が多い。前番組まで、大半のニュース・特集ではこの「だ・である」調のナレーションが多かったが、当番組では全て「です・ます」調になっている。

平日の主なコーナー

  • オープニング
    第1部では2020年9月29日から、挨拶の後すぐに、トップニュースを伝える。
    第2部では、番組開始から2014年までの全曜日、並びに金曜日が2部制だった時には17時台(旧・第1部)の冒頭に「きょうのワンシーン」と題した注目のニュース映像を流してからオープニングCGとなっていたが、2015年1月の3部制開始に伴い即座にオープニングCGに入るようになった。この時間までの藤井の挨拶では夕方ワイド内に内包あるいは単独番組扱いでネットする地域に配慮し「全国の皆さん、こんばんは(こんにちは)」と挨拶している。
    毎年3月11日(当日が土曜日・日曜日にあたる場合は直近の金曜日)にはメインキャスター陣及びコメンテーターが東日本大震災の被災地に出張し、現地から生中継する。
  • every.トップニュース
    第1部で重要度の高いニュースを一つ伝える。ここで扱ったニュースが「ナゼナニっ」で補足される事が多い。
  • 知りたいッ![43]
  • every TIME4・every TIME5
    第1部のevery.トップニュースの後に行われる。それまでに入っているニュースをダイジェスト形式で読み上げる。
    主要ニュース、スポーツ、カルチャーと連続して伝え、その後中継リポート「いまダケッ」を行う。
    every TIME5は、2017年10月2日より、第2部の17時10分頃から放送。
  • いまダケッ
    「every×time4」での生中継コーナー。基本的に月・火・木・金曜日は渡辺裕太が、水曜日は海外勤務のNNN記者が担当。「今だけしか体験できない」グルメや観光スポット等を紹介する。2018年4月2日よりこのコーナー名が付いた。
  • カルスポっ!
    第2部で、刈川と伊藤遼(月 - 水担当)・伊藤大海(木・金担当)がカルチャー・スポーツニュースを伝える。寺田と山崎がキャスターになった2017年4月3日から第2部での放送時に「カルスポっ!」というコーナータイトルが付くようになった。
  • そらジローあのね
    「トク4」の直前に放送(週2~3回程度)。大屋根広場で子供達がそらジローに聞いてもらいたいことを一言話す。そらジロー(声はTARAKO)による相槌が打たれる他、スタッフが内容について質問することもある。
  • みんなだいすきそらジロー
    火曜日の「せいかつ天気」の中で放送するショートアニメ。そらジロー#アニメを参照。
  • 木原さんのお天気
    木原とそらジロー(第2部は週によってぽつリンかくもジロー)が担当。関東地方と静岡県の天気を伝える(静岡県の予報は第1部の「くわしくッ天気」のみ)[注釈 17]。補足的に全国の天気もある。日本テレビ及び静岡第一テレビ以外の一部ネット局でも差し替えなしでそのまま放送される。
    第1部は16時頃からの「くわしくッ天気」(2018年4月2日から。2018年3月30日までは16時30分頃に「せいかつ天気」、「お帰り天気」)と、16時35分前後の「ワンポイント天気」。2018年3月30日までの「せいかつ天気」では仕事や学校から帰宅する人向けに、19時から1時間ごとの天気を向こう5時間分伝えていた。また2017年3月31日までは小山と中島が同席していた(マイスタジオに移動していない場合はワイプ中継、もしくは出演なし)。コーナー終了時、中島が「日本テレビからのお知らせ」としてバラエティ番組や特別番組の予告を行うこともある。2017年4月3日からは日テレタワー・大屋根広場で木原とそらジローが関東・静岡の天気予報と天気にまつわる話題を伝える。小学生以下の子供とその保護者が参加でき、「こんにちはーっ!」の挨拶で始まる(前身番組時代から2017年3月31日までは第3部にあたる18時台で行っていたため「こんばんはーっ!」と挨拶していた)。この模様及び天気予報の内容は放送終了後にも公式サイトにて視聴可能である[注釈 18][44]。ただし、2020年2月20日以降は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、大屋根広場からの中継と子供連れの参加は廃止された[45]。しかし、木原は2021年12月27日の放送(2021年最後のレギュラー放送)のエンディングでの年末挨拶の中で「来年はコロナが終息して早くまた子供たちと天気予報を伝えられる世の中になってほしい」と話し、将来的な大屋根広場からの中継と子供連れの参加の復活を望んでいる。また、大屋根広場からの中継が18時台だった2017年3月までは『ニュースプラス1』→『Newsリアルタイム』時代と同様、エンディングで藤井の締めの挨拶に続いてスタジオの引きの映像が流れた後、大屋根広場にいる子供連れらが手を振るなどしている様子を映して番組終了していた。
    『every.』の天気は関東ローカルが前提のため、関東の天気と全国天気が一体となっている。これは『ニュースプラス1』時代からであるが、徐々に16台ないしは17時台のネット局が増えてきたことから、16時台の「くわしくッ」と17時台は前後をCMで挟み、差し替えしやすい構成となっている。
  • 「トク4」(every.16時特集)[46]
    2018年1月からスタート。第1部の最後に放送。知名度がそれほど高くないが期待の人物や、知っておきたい物・店の話題を伝える。
  • ニュースFLASH
    第2部・第3部の各所で放送する、短くニュースをまとめて伝えるコーナー。月〜水曜日は河出、木・金曜日は市來が担当[注釈 19]
  • 東京の新型コロナウイルス感染者数
    第1部の16時44分頃に放送。藤井がその日の東京都の新型コロナウイルスの新規感染者数を各医療機関の医師の解説を交えて速報で伝える。
  • 気になるミダシ
    2019年4月から第2部の17時30分頃に放送。見出しが気になるニュースを紹介する。
  • every.特集[47]
    18時15分頃から放送。グルメ特集や密着取材ものなどの日替わり企画を放送するほか、車2台のうち目的地まで高速と一般道を両方利用するチームと高速のみ利用するチームのどちらかの車が先に到着するかを競うドライブレース企画「渋滞家族」も不定期に放送する。グルメリポート等は坂田陽子やない由紀らが行い、ナレーションは木原実や屋良有作茶風林羽佐間道夫、TARAKOなどの声優が日替わりで担当(木原は稀にリポートに参加することもある)。
  • 気になる![48]
    18時45分頃から放送。今知りたい物・情報、話題の人物を『every.』独自の視点で注目する。一部系列局でも同時ネット。ニュースや「every world まさかの出来事」放送時は中止する。
  • every world まさかの出来事
    月曜日の第3部に放送(『気になる!』の時間を間借りする)。世界で起きた驚きの瞬間を映像で伝える。
  • きょうコレ
    当日のニュース、スポーツニュース、エンタメニュースを、バーチャル画面でこれまでに入っている主なニュース項目を表示し、短く伝える。原則としてサブキャスター2人が担当する(欠員が出た場合はスポーツキャスターが加わる)。
  • エンディング
    当日の日経平均株価終値と17時現在の円相場を表示する。
    その後全員が一礼し、画面再左列にいる月~水は河出、木・金は市來がイラストとコメントの付いた、あるいはPRする番組が記されたボードを掲げて放送終了。さらに年内最後の放送などでは一礼する直前に藤井をはじめ出演者が一人ずつコメントを付け加える場合もある。2020年6月頃から18時57分頃から18時59分頃に移動し、一部ネット局でも放送される。
  • その他
    第1部において、同パートの非ネット地域で重大な事件・事故・災害が発生した場合、その地域で放送されている自社制作の生ワイド番組を部分ネット受けすることがある(同パートがNNN枠となった場合を除く)。
    逆に第1部の非ネット地域でも全国での重大な事件・事故・災害が発生した場合は、自社制作の生ワイド番組で冒頭の部分ネットや一部のニュースの録画ネットを行うことがある。
    編成や内容の都合により、通常はほとんどの地域で非ネットの「every.特集」が第2部や臨時のNNN枠で放送される場合がある。また、「きょうコレ」と「エンディング」も臨時のNNN枠で放送されることがある。

土曜日の主なコーナー

  • 杉江さん 教えて天気!
    土曜版で唯一名前の付いたコーナーである。杉江が関東地方と山梨県、静岡県(ただし山梨放送、静岡第一テレビではこのコーナー非ネット)の天気を伝える。
    17時27分30秒からは、補足的に全国の天気を伝えるが、札幌テレビでは前述の時刻から飛び乗りとなるため、それに配慮してこの時間帯でいったん話を区切る。参考として各地のライブ映像を背景にする。一部アニメーションでくもジローが登場するが、着ぐるみは出演しない。
    そのままエンディングを兼ねているが、ほとんどの場合挨拶等はせず、全国の天気予報などの画面を映した状態で終了する。年内最後のみ年末挨拶がある。

過去に放送されたコーナー

  • newsな現場
    話題のニュースの現場に突撃取材する。
  • Dr.鎌田實のガンバラナイ
    鎌田が「医療」「介護」「福祉」に関係する話題にスポットを当て、「みんなが暮らしやすく」をテーマに詳しく解説する。
  • 月刊北朝鮮
    月1回の放送。北朝鮮の動きをまとめて放送する。
  • every day @永田町
    『ニュースプラス1』→『Newsリアルタイム』時代に放送されていたコーナー「マル秘ウオッチ永田町」を改題。コミカルな演出を交え、直近1週間の永田町(政界)の様子を振り返った。番組開始時から2012年3月まで毎週火曜日に放送[注釈 20]。なお、コーナー終了後も政治の話題を伝えるニュースは青山和弘の降板まで継続した。
  • パパとママには”ナイショ”
    大屋根広場に来た親子連れの子供に直接、自分の夢や家族にまつわる質問をして答えてもらう。「内緒」と銘打たれてはいるが、隣にいる父親や母親の話題になることも多く、聞いた親が赤面するやりとりが定番であった。現在は子供の話を聞くコーナーは「そらジローあのね」に引き継がれている。
  • 今、私がいる理由(わけ)〜家族が見た戦争の記憶〜
    第二次世界大戦終戦から70年となった2015年に放送。キャスターやタレント等の親族及び関係者から戦争の体験を聞く。新谷良子らがナレーションを担当。
  • every.キーワード
    小栗及び鎌田がニュースや健康・海外情勢に関する話題を解説、一言のキーワードやポイントにまとめ、その内容を詳しく説明する。
  • 野村修也の会議のミカタ
    さまざまな会議の一つにスポットを当てて、どのような事が話し合われているか解説する。中島が司会進行の他、現地での取材も行う。
  • きいトクっ
    金曜日の第2部に放送していた。「聞いて得する法律の話題」を野村が解説する。「野村修也の会議のミカタ」の後継にあたるコーナー。
  • 小山の日替わりコーナー
    月- 木曜日16時35分頃から小山が担当。未来に向かって活動を続ける人々を取材する『明日へのキボウ』、注目の話題を紹介する『コレキテル』、職人やスポーツ選手の技術を紹介する『スゴウデ』等がある。VTR終了時に「think.」と題し、小山自身の考えを伝える。
  • プラマイっ
    水曜日の第2部に放送されていた。小山が司会を務め、日本テレビ経済部の記者がコメンテーターを担当。世の中のトレンドの価値を分析し、人々の暮らしに「プラスになるか、マイナスになるか」を解説する。「今週の“お値段”」の後継にあたるコーナー。
  • TOKYO2020
    2020年夏季オリンピックを目指すアスリートの卵を取材。その競技のベテラン選手・元選手から、メッセージ入りのタオル等が入った金の卵が贈られる。永田亮子等がナレーションを担当。
  • every.×タネをまく人
    2016年1月より火曜日を中心に放送。一人の著名人にスポットを当て、その人物が未来に伝えたい想いを取材する。
  • every.×RIO(エブリオ)
    2016年4月より金曜日に放送。リオデジャネイロオリンピック日本代表の選手を、金曜日特別スポーツキャスターの田中理恵浜口京子朝原宣治が取材。
  • ギモン
    2016年から火曜日の第2部に放送。日本テレビ政治部の記者が政治の話題を解説する。
  • MOTTO(モット)[49]
    2016年4月より金曜日の第2部に放送。鈴江が担当。インターネット上で話題の出来事を追う。ただし、鈴江が不在の場合は、このコーナーを行わない。
  • ナゼナニっ?[50]
    「every.トップニュース」で扱ったニュースをはじめ、その日の重要度が高い内容を近野が詳しく解説する。

ネット局

平日版のネット状況

  • 2022年4月現在。
  • 第1部(15:50 - 16:50)・第2部(16:50 - 17:53)・第3部(17:53 - 19:00)の3部構成で放送(第3部の17:53 - 18:15はNNN系列28局ネット)。
  • 第3部のNNN枠(17:53 - 18:15)を除き、全編ローカルセールス枠のため、制作局の日本テレビ以外のネット局では祝日などを中心に以下の通り臨時にネット状況を変更する場合がある。
    • 制作局を除く各局では自社制作の休止などにより、日によっては通常時第1部・第2部が×の局、第3部が△の局でも臨時に第1部と第2部はどちらかまたは両方を◎・○・△、第3部は◎・○・▲のいずれかに変更する場合がある。また、その逆として第1部もしくは第2部を臨時に△または×に変更する場合がある。
    • 本番組の天気予報は前述の通り、第1部は関東地方と静岡、第2部と第3部は関東地方のみの予報を伝えるため、日本テレビ以外の第1部・第2部が通常時◎の局、あるいは第3部を臨時に◎に変更する局でも、○に変更する局もある一方、編成上では第1部・第2部が通常時○の局でも臨時に各々◎に変更する場合がある(日によっては全国の天気も伝えることもある。下表参照)。
    • 第1部・第2部が△の局や、第3部が▲の局、または第3部を臨時に18:15以降のコーナーを途中までネット受けする局では、16:50の飛び乗り・飛び降りポイントや17:53の飛び乗りポイント、18:15の飛び降りポイント以外に明確な枠区切りが無いため、唐突に日本テレビ発の映像からローカル放送へ切り替わったり、逆に緊急時等はローカル放送から唐突に日本テレビ送出の映像に切り替わる場合もある。
  • 番組タイトルは、各局公式HPの週間番組表および各番組のHPを参考にしている。
  • ネット局では時刻表示を行っているが、番組送出ではなく各局別の送出となっており、読売テレビと静岡第一テレビは制作局と同じピンクの時刻デザインを表示している他、日本テレビと一部ネット局ではお天気ループも送出している。また、一部時間帯に、QRコードをかざして新型コロナの最新情報を確認出来る『暮らしを守る新型コロナ情報』のQRコード付きテロップも番組送出で表示されている[51][52][53]
  • 沖縄県の一部エリアでも、沖縄ケーブルネットワーク宮古テレビのコミュニティチャンネルにて、鹿児島読売テレビから受信したものを同時放送している[54][55]。ただし、データ放送字幕放送には対応していない。
  • 放送時間が15:50に変更となった2014年1月6日[注釈 21]以降の状況について記す。
  • 放送時間について
    • ◎…フルネット
    • ○…第1部・第2部において、編成上はフルネットだが、第1部の「くわしくッ・天気」、第2部の「木原さんのお天気」を自社発の内容に差し替え
    • △…第1部・第2部の一部時間帯と、第3部の全国ネット枠(17:53 - 18:15)をそれぞれネット
    • ▲…第3部の全国ネット枠(17:53 - 18:15)に加えて、関東ローカル枠内の一部コーナーもネット(エンディングをネットする局も含む)
    • ×…非ネット
『news every.』ネット局(いずれもNNN系列
18:15以降の対応についての詳細はNNN夕方ローカルニュース一覧を参照。
放送対象地域 放送局 番組タイトル 放送時間 備考
第1部
月曜 - 金曜
15:50 - 16:50
第2部
月曜 - 金曜
16:50 - 17:53
第3部
月曜 - 金曜
17:53 - 19:00
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 15:50 - 19:00
news every.
制作局
北海道 札幌テレビ(STV) 15:48.30 - 19:00
どさんこワイド179
(18:15 - 19:00
STV NEWS
×
  • 2022年3月から「気になるミダシ」を18:50頃から時差ネット。2020年2月10日から2022年3月までは第3部は▲(番組編成上はローカル情報番組『どさんこワイド』内包番組扱いとなり、「きょうコレ」を18:56頃まで同時ネット)。
  • 第2部は16:50 - 17:20頃までネット。
  • 緊急ニュース時や道内で重大ニュースがあった時などその日の放送されるニュースなどの内容によっては第1部を臨時に△に変更するか、第2部を臨時に◎または○、×に変更する場合がある(前者については概ね「ナゼナニっ?」が終わる16:05頃まで同時ネット。但し、CM部分は道内のニュースに差し替え。後者については○の場合『木原さんのお天気』は道内のニュース・天気予報に差し替え)。
  • 2022年3月までは17時台後半のニュース、または「気になるミダシ」を18:30頃から、18:40頃からのニュース、または17時台のカルチャーを1項目に限り、『きょうコレ』飛び降り後の18:56頃から何れも撮って出しで時差ネットすることがあった。
  • 第2部は2020年4月17日までは通常時16:50 - 17:10頃[注釈 22]、2020年7月6日から7月31日までは16:50 - 17:40頃(「気になるミダシ」終了まで)、2020年8月3日から9月11日までは16:50 - 17:13頃と17:27頃 - 17:38頃、2020年9月14日から9月18日までは16:50 - 17:20頃と17:33頃 - 17:38頃、2020年9月23日から12月までは、16:50 - 17:20頃(『カルスポっ!』コーナー途中まで同時ネット)、2021年5月24日から7月2日までは16:50 - 17:35頃[注釈 23]
  • 2020年4月20日 - 7月3日は、第2部を臨時に○に変更[注釈 24](「木原さんのお天気」は、道内のニュース・天気予報に差し替え)。
青森県 青森放送(RAB) 15:50 - 16:50
1550ニュースレーダーWith
18:15 - 19:00
RABニュースレーダー[注釈 25]
  • 祝日および特番編成等の関係で第1部を臨時に◎に変更する場合がある。
岩手県 テレビ岩手(TVI) 【月曜 - 木曜】
16:50 - 17:53
5きげんテレビ
18:15 - 18:54
ニュースプラス1いわて
【金曜】
15:50 - 17:53
5きげんテレビ
18:15 - 18:54
ニュースプラス1いわて
月曜 - 木曜…◎
金曜…△
×
  • 2022年4月1日から金曜日のみ第1部を△に変更[注釈 26][注釈 27]
  • 第1部は、2014年1月6日から2016年4月1日までは×。2016年4月4日から2021年4月2日までは、月曜 - 木曜のみ△、金曜は×(15:50 - 16:30頃まで放送〈2018年10月頃から「くわしくッ・天気」は県内の天気に差し替える場合があり、編成の都合により短縮する場合がある〉)。
  • 「every. culture&sports(カルスポっ!)」を、スポーツの話題を中心に2項目ほど抽出の上、撮って出しで時差ネットしている。
宮城県 ミヤギテレビ(MMT) 15:50 - 19:00
OH!バンデス
(18:15 - 19:00
ミヤギnews every.
× ×
  • 東北地方の日本テレビ系列局で唯一通常時編成で第1部・第2部がいずれも×となっている。
  • 「every. culture&sports(カルスポっ!)」を撮って出しで時差ネットしている。
  • 2019年12月26日・27日は(年末特別編成に伴い『OH!バンデス』が全面休止となったため)、全編を臨時に○に変更。
秋田県 秋田放送(ABS) 【月曜 - 木曜】
18:15 - 19:00
ABS news every.
【金曜】
15:50 - 16:50
えび☆ステ
18:15 - 19:00
ABS news every.
月曜 - 木曜…◎
金曜…×
  • 2022年4月4日から月曜 - 木曜のみ第1部を◎に変更。
  • 『ABS news every.』内で「きょうコレ」をコーナー途中まで部分ネットしている。
  • 2018年9月28日まで金曜のみ、当時16時台に放送されていたローカル情報番組『エビス堂☆金』の本編に内包される形で第1部のトップニュースを同時ネットしていた。
  • 2020年3月27日は、『エビス堂☆金』終了から『えび☆ステ』開始前によるつなぎ番組扱いで第1部を臨時に◎に変更。
山形県 山形放送(YBC) 16:50 - 17:53
ピヨ卵ワイド
17:53 - 19:00
YBC news every.[注釈 28]
月曜 - 木曜…○
金曜…×
×
  • 2014年3月31日から月曜 - 木曜のみ第1部を○に変更[注釈 29]
  • 第1部の『くわしくッ・天気』は、『YBC社説放送』に差し替え[注釈 30]
  • 第2部は、2014年3月27日まで(当時のパート名呼称は月曜 - 木曜第2部および金曜第1部)は△。
福島県 福島中央テレビ(FCT) 15:50 - 19:00
ゴジてれ Chu !
(18:15 - 19:00
ゴジてれ Chu!news)
×
  • 「every.特集」を時差ネットすることがある[56]
  • 緊急・重大ニュース・災害発生時は第1部を臨時に△に変更する場合がある。
  • 2020年5月4日は第1部を臨時に◎に変更。
山梨県 山梨放送(YBS) 18:15 - 19:00[注釈 31]
YBSワイドニュース
  • 2021年3月22日から第1部を◎に変更。
  • 2021年3月19日までは、緊急・重大ニュース時や一部祝日・お盆等の特定日等で『ててて!TV』を休止する日は第1部を臨時に◎、また、特別編成により、『ててて!TV』が17時台に繰り下げとなった場合は第2部を臨時に×にそれぞれ変更する場合があった。
  • 第1部は、2020年4月3日までは×、2020年4月6日から2021年3月19日まで△(概ね「ナゼナニっ?」が終わる16:05頃まで同時ネット)。
新潟県 テレビ新潟(TeNY) 15:48.30 - 19:00
夕方ワイド新潟一番
(18:15 - 19:00
新潟一番NEWS)
×
  • 第2部の「木原さんのお天気」は、県内の天気に差し替え。
  • 16:20過ぎ - 16:30頃に『夕方ワイド新潟一番』のコーナー扱いで、第1部前半に放送されたニュースの中から1項目を撮って出しで録画ネット。但し、重大ニュース時は第1部を臨時に△に変更。また、16時台後半に不定期ではあるが第1部の「every.×time4」を、一部項目抽出の上撮って出しで時差ネット。
  • 第3部の注目ニュースまたは「まさかの出来事」は同時ネットしているが、日によっては第3部が△になる場合がある。
  • 年末の『夕方ワイド新潟一番』休止期間中は臨時に第1部を◎、第3部を○にそれぞれ変更(ただし、第3部の「木原さんのお天気」部分は県内のニュース・天気に差し替え)。
長野県 テレビ信州(TSB) 15:50 - 17:53
ゆうがたGet!
17:53 -19:00
news every.[注釈 28]
×
  • 2019年4月1日から第3部を▲に変更(「きょうコレ」〈コーナー途中まで〉→ニュース企画→注目ニュースまたは「まさかの出来事」を同時ネットしているが、日によっては第3部が△になる場合がある)。
  • 2019年1月頃から、17:00過ぎ頃に『ゆうがたGet!』のコーナー扱いで、第2部の冒頭約10分間を撮って出しで録画ネット[注釈 32]
  • 『ゆうがたGet!』内で「every.特集」(もしくはニュース企画)を「突撃!Get情報」とコーナー名差し替えの上録画ネット。
  • 年末の『ゆうがたGet!』休止期間中は第1部・第2部を臨時に◎に変更[注釈 33]
  • 第3部は2019年3月29日までは△。
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 16:50 - 17:53
まるごと
18:15 - 19:00
news every.しずおか
  • 2020年10月5日から第3部を△に変更。
  • 18:50頃から、『news every.しずおか』内で「気になるミダシ」を一部項目抽出の上時差ネットしている[注釈 34][注釈 35]
  • 祝日並びに年末年始は、編成が異なる場合があり、『まるごと』が休止の場合は、第2部を臨時に◎に変更する場合がある[注釈 36]
  • 一部祝日・年末年始や重大ニュース時に第2部を臨時に◎とする際、第3部を臨時に▲に変更する場合がある(その場合、『news every.しずおか』内で「きょうコレ」をコーナー途中まで臨時部分ネット)[注釈 37]
  • 第3部は2020年10月2日までは▲(『news every.しずおか』内で「きょうコレ」をネットしていた)。
富山県 北日本放送(KNB) 15:48.30 - 18:55
いっちゃん★KNB
(18:15 - 18:55
KNB news every.
  • 2022年4月4日から第1部を△に変更[注釈 38]
  • 第2部の「木原さんのお天気」は、県内のニュースラインナップ・天気に差し替え。
  • 18:47頃からのニュースをネットしているが、日によっては第3部を臨時に△に変更する場合がある。
石川県 テレビ金沢(KTK) 【月曜 - 木曜】
15:53 - 19:00
となりのテレ金ちゃん
【金曜】
15:53 - 19:00
花のテレ金ちゃん
×
  • 第2部の「木原さんのお天気」は、県内の天気と18時台のニュース予告に差し替え。
  • 『テレ金ちゃん』を休止し本番組を単独番組扱いで放送する場合は、第2部を臨時に◎に変更。
  • 2019年末までは年末の『テレ金ちゃん』休止期間中は第2部を臨時に×に変更し、第3部のネット受け時間を18:40頃まで拡大していた[注釈 39]
  • 2020年4月27日 - 7月17日は、第3部を▲(「きょうコレ」からエンディングまでネット)に、2021年1月4日 - 1月7日は第1部を◎に各々変更。
福井県 福井放送(FBC) 15:50 - 19:00
おじゃまっテレ
ワイド&ニュース
  • 2021年3月29日から第1部、2020年6月中旬から全曜日で第2部を△に各々変更(前者は「ナゼナニっ?」→16:05頃まで、後者は「every. culture&sports(カルスポっ!)」の途中まで各々ネット)。
  • 2020年4月27日から6月中旬までは、新型コロナウイルスの影響で、『おじゃまっテレ - 』16・17時台ローカルパートが縮小・休止となったため、第2部を○に変更(「木原さんのお天気」は通常『おじゃまっテレ - 』17時台ローカルパートで放送しているコーナー「現金獲得!チャンスタイム」に差し替え)。
  • 「きょうコレ」(一時期は注目ニュース)をネットしているが、日によっては第3部は△になる。
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 15:48.30 - 19:00
キャッチ!
×
  • 第2部の「木原さんのお天気」は、『キャッチ!』18時台ローカルパートの予告と「ビシバシ天気予報」(東海3県の天気予報)に差し替え。
  • 各々『キャッチ!』のコーナー扱いで、第1部冒頭のトップニュースと「every.特集」を時差ネットしている(前者は15:51頃から撮って出しで放送)。
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) 16:50 - 19:00
かんさい情報ネットten.
×
  • 2022年4月4日から全曜日で第1部を○に変更[注釈 40]
  • 第1部の「くわしくッ・天気」は関西の天気と『朝生ワイド す・またん!』の告知(2022年4月から)に、「ワンポイント天気」は関西の天気にそれぞれ差し替え[注釈 41]
  • 第1部のリアルタイム字幕放送は読売テレビ独自で送出。関西の天気(差し替え部分)もリアルタイム字幕放送に対応[注釈 42]
  • 「every.特集」を時差ネットしている。
  • 『ten.』は2014年7月16日から2022年3月30日までの水曜のみ15:50から放送。不定期で水曜以外にも臨時で15:50から拡大放送することがある。
  • 重大ニュース時に第2部がNNN枠となり○になる場合は、第1部を臨時に×に変更して『ten.』を放送する場合がある。
  • 第1部は、2021年1月4日から3月26日までと2021年10月4日から2022年4月1日までは水曜を除き○、2021年3月29日から10月1日までは水曜を除き◎[注釈 43]
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 15:50 - 19:00
ニュースevery日本海
  • 2022年3月28日から第1部を○に、第2部を◎に、2022年9月9日から第3部を▲に各々変更[注釈 44][注釈 45]
  • 第1部の「くわしくッ・天気」は、鳥取・島根のニュース・天気及び18時台ローカルパートの予告に差し替え[注釈 46]
  • 『ニュースevery日本海』内で18:50頃に「きょうコレ」を撮って出しでコーナー途中まで部分時差ネットしており[注釈 47]、日によっては18:30頃に「気になる!」を録画ネットしている場合がある。祝日・ゴールデンウィーク期間中・夏のお盆期間中は18:30頃に「every.特集」を録画ネットしている[注釈 48]
  • 第1部は2022年1月7日までは×、1月11日から3月25日までは◎。
  • 第2部は2014年4月4日から2015年3月27日までは金曜のみ○、2015年3月30日から2022年3月25日までは○[注釈 49]
  • 第3部は2021年3月26日までと2022年9月7日は▲[注釈 50]、2021年3月29日から2022年9月6日までと9月8日は△[注釈 51]
  • 2021年12月24日は『ニュースevery日本海 ふるさとこの一年2021』[57][58]放送に伴い第2部[注釈 52]を、2022年7月29日は『こくみん共済coopカップ 第38回全山陰少年サッカー選手権大会』[59]放送に伴い第1部[注釈 53]を臨時に各々×に変更。
広島県 広島テレビ(HTV) 15:48.30 - 18:55
テレビ派[注釈 54]
×
  • 2018年4月2日から全曜日で第1部を○に変更[注釈 55]
  • 第1部の「くわしくッ・天気」は県内のニュース・天気及びこの後の17 - 18時台ローカルパートの予告に差し替え。
  • 「every.特集」を時差ネットすることがある(『テレビ派』が18時台のみの短縮版の場合は同時ネットすることがある)。
  • 第1部は、2015年2月2日から2018年3月29日までは月曜 - 木曜は○、2018年7月9日 - 20日は、平成30年7月豪雨関連報道に伴う『テレビ派』のローカルパート拡大のため、全曜日で×に変更。
  • 2020年4月から5月15日までは新型コロナウイルスの影響で、『テレビ派』17時台ローカルパートが休止となったため、第2部を全曜日で臨時に○に変更。
山口県 山口放送(KRY) 16:50 - 17:53
熱血テレビ
18:15 - 19:00
KRYニュースライブ
  • 2016年4月1日から全曜日で第1部を○に変更。
  • 2018年10月1日からは「くわしくッ・天気」は『先出し熱血テレビ』(県内の天気とこの後の『熱血テレビ』の予告)に差し替えている[注釈 56]
  • 第1部は、2014年3月31日から2016年3月24日までは月曜 - 木曜のみ○。
徳島県 四国放送(JRT) 15:50 - 16:50
JRT news every.とくしま
16:50 - 17:53
ゴジカル!
17:53 - 18:15
JRT news every.とくしま
18:15 - 18:55[注釈 57]
フォーカス徳島
月曜 - 木曜…▲
金曜…△
  • 2016年4月1日から第1部を○に変更(2017年4月3日より第1部・第3部に別タイトルが付けられた)。
  • 祝日並びに年末年始は、編成が異なる場合があり、『ゴジカル!』が休止の場合は、第2部を単独番組扱いで臨時に○に変更する場合がある(「木原さんのお天気」は県内の天気予報に差し替え)。
  • 第1部の「くわしくッ・天気」は、県内のニュース・天気及びこの後のローカル情報番組『ゴジカル!』の予告(祝日は『ゴジカル!』の予告は無し)に差し替え。
香川県・岡山県 西日本放送(RNC) 【月曜 - 木曜】
15:50 - 19:00
RNC news every.
【金曜】
15:50 - 16:43
every.フライデー
16:50 - 19:00
RNC news every.
月曜 - 木曜…○
金曜…×
  • 2017年4月3日から月曜 - 木曜のみ第1部を○に、2020年10月から第3部を△に各々変更[注釈 58]
  • 月曜 - 木曜第1部の「くわしくッ・天気」は香川・岡山のニュース・天気に、第2部の「木原さんのお天気」は香川・岡山の天気「お天気every.」にそれぞれ差し替え。
  • 『RNC news every.』内で18:50頃にニュースを録画ネット[注釈 59]
  • 『every.フライデー』では、「every.特集」と18時台の注目ニュースを録画ネットしており、週内に放送された内容のうち1本を取り上げる。
  • 2020年9月までの第3部は▲(「きょうコレ」をネット)。
愛媛県 南海放送(RNB) 15:50 - 19:00
Ch.4×every.
(News Ch.4)
[注釈 60]
  • 2017年3月27日から全曜日で第1部を◎に変更。
  • 第2部の「木原さんのお天気」は県内のニュースに差し替え。
  • 第1部は2015年9月28日から2017年3月24日までは月曜 - 木曜のみ◎。
  • 2020年5月13日は第3部の飛び降り後のローカルパート放送中に南海放送側のトラブルで音声が出なくなる放送事故が発生したため、急遽臨時で第3部を「every.特集」の途中からネット受けした(「木原さんのお天気」も差し替え無しでそのまま放送した)。
高知県 高知放送(RKC) 15:50 - 16:50
こうちeye 1部
18:15 - 18:55
こうちeye 2部
×
  • 第2部の「木原さんのお天気」は県内のニュース・天気に差し替え。
  • 2022年3月まで『こうちeye』(現在の『こうちeye 2部』)の中で第3部の注目ニュースもしくは「まさかの出来事」を同時ネットしていたが、その日の県内ニュースの量によってはネットしない場合があった。
  • 毎年8月10日・11日のよさこい祭り中継が平日と重なる場合は第2部は臨時に×に変更(荒天による開催中止の場合はネット復帰)[注釈 61]
  • 2019年12月26日・27日は、年末特別編成に伴い『こうちeye』が休止となるため、第3部を臨時に◎に変更。また、2021年12月27日も同様の理由で第3部を臨時に○に変更した(「木原さんのお天気」は県内ニュースに差し替え)。
  • 2020年4月30日、5月1日・7日・8日は、ゴールデンウィークの特別編成により『eye+スーパー』が休止となったため、第1部を臨時に○に変更。
福岡県 福岡放送(FBS) 15:48.30 - 19:00
めんたいワイド
  • 2019年4月1日から第2部を△に変更(16:50 - 17:01頃まで同時ネット)[注釈 62]
  • 2015年3月30日から2019年6月28日まで、平日は新聞の番組欄において、『めんたいワイド』・『every.』・『NEWSめんたいPlus』を一括内包し「15:48 - 19:00『めんたいワイド』」と表記していた。
  • 2020年4月8日から5月22日まで新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、急遽『めんたいワイド』16時台ローカルパートを縮小し、第1部を番組内包扱いで臨時で○または△に変更していた[注釈 63]
長崎県 長崎国際テレビ(NIB) 15:50 - 19:00
news every.長崎
  • 2018年10月1日から第1部を全曜日で◎に、2020年6月頃から第3部を▲(18:47頃から飛び乗り、エンディングまでネット)に各々変更。
  • 第2部の「木原さんのお天気」は、いずれも県内の天気と18時台のニュース予告に差し替え。
  • 自社制作番組を編成する場合は、第1部もしくは第2部を臨時に×に変更する。
  • 2019年以降毎年6月に開催される高校総体長崎県大会の開会式当日は中継番組放送のため、第1部を臨時に×に変更する(雨天中止時はネット復帰)[注釈 64]
  • 毎年10月7日は平日と重なる場合、長崎くんちのダイジェスト版『NIBアナウンサー勢ぞろい 20××くんちスペシャル』放送のため、第2部を臨時に×、第3部を臨時に△にそれぞれ変更する[注釈 65]
  • 第1部は、2018年4月2日から同年9月24日までは月曜のみ○[注釈 66]
  • 2019年8月6日・11月25日・2020年8月6日・2021年8月6日は広島テレビ制作『テレビ派』を17時台のみ臨時同時ネット[注釈 67]のため、第2部を臨時に×に変更。
  • 2022年2月25日は『news every.長崎スペシャル 長崎のあすを、未来をつくる』放送[注釈 68]のため第2部を臨時に×、第3部を臨時に△にそれぞれ変更。
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT) 15:50 - 19:00
てれビタevery.[注釈 69]
(17:30 - 17:53
てれビタNEWS)
×
  • 2017年1月4日から第1部を◎に、2021年3月29日から第3部を▲(18:52頃に飛び乗り、エンディングまでネット)に各々変更[注釈 70]
  • 2018年10月以降、第1部の「くわしくッ・天気」部分は県内の天気及びこの後のローカル情報番組『てれビタ』の予告に差し替えていたが、現在は差し替え無しで放送している[注釈 71]
  • 18:40頃から「every. culture&sports(カルスポっ!)」を撮って出しで時差ネット。
  • 2020年4月27日 - 5月8日の間、新型コロナウイルスによる『てれビタ』の放送時間変更のため、第2部を臨時に○に変更。また、5月4日 ‐ 6日は加えて第3部も臨時に▲に変更(エンディングまでネット。県内ニュース・天気予報は18:15 - 18:45頃に本番組のフォーマットで放送)。
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 【月曜 - 水曜】
15:50 - 18:15
KYT news every.[注釈 72]
【木曜】
16:50 - 18:15
KYT news every.[注釈 72]
【月曜 - 木曜】
18:15 - 18:55
KYT news every.かごしま
【金曜】
15:50 - 19:00
かごピタ
(18:15 - 18:25頃
かごピタ県内ニュース)
月曜 - 水曜…○
木曜・金曜…×
  • 2020年7月6日から月曜 - 水曜のみ第1部を○に変更。
  • 第1部の「くわしくッ・天気」は「かごしま空チェック」(県内の天気)に差し替え。
  • 第2部の「木原さんのお天気」は県内のニュース・天気に差し替え。
  • 2018年4月から金曜も「きょうコレ」のネットを再開。
  • 2012年3月までは全曜日で、2014年10月から2017年9月までは金曜のみローカルニュース内で、「every. culture&sports(カルスポっ!)」を時差ネットしていた。
  • 第3部は、2014年10月3日から2018年3月23日までは金曜のみ△。
  • 2021年6月7日 - 10日は17時台に『news every.かごしまスペシャルウィーク』を放送のため、第2部を臨時に△に変更[注釈 73]

土曜版のネット局

  • 放送時間(東京発)について
    • ○…フルネット
    • △…全国枠のみ(17:00 - 17:18.20)の放送
    • ▲…17:18.20飛び降り後にローカルニュースを放送した後、再び全国の天気「杉江さん 教えて天気!」から飛び乗り
  • 17:18.20 - 17:30はローカルセールス枠のため日本テレビ以外の各局ではその日の都合で臨時に○になったり、17:20になってからも東京発のニュースを1・2個程度伝えてから飛び降りる場合がある。
  • 一部のネット局では平日版と同様に時刻表示を行っているが、番組送出ではなく各局別の送出となっており、一部時間帯に、QRコードをかざして新型コロナの最新情報を確認出来る『暮らしを守る新型コロナ情報』のQRコード付きテロップも番組送出で表示されている[61]
  • 平日版と異なり、沖縄ケーブルネットワークと宮古テレビのコミュニティチャンネルでは放送されていない。
放送対象地域 放送局 番組タイトル 放送時間 備考
17:00 - 17:30
関東広域圏 日本テレビ(NTV) news every.サタデー 制作局
北海道 札幌テレビ(STV)
  • ローカルニュース終了後の17:27.30に再び飛び乗り、エンディングまでネット。
青森県 青森放送(RAB) news every.サタデー
東奥日報ニュース(17:20 - 17:30)
岩手県 テレビ岩手(TVI) news every.サタデー[注釈 74]
宮城県 ミヤギテレビ(MMT) ミヤギテレビnews every.サタデー[注釈 75]
ミヤテレだよん(17:25 - 17:30)
秋田県 秋田放送(ABS) さきがけ・ABSニュース[注釈 75]
ABSヨンチャンなび(17:25 - 17:30)
山形県 山形放送(YBC) YBC news every.サタデー[注釈 75]
YBCお天気情報(17:26 - 17:30)
福島県 福島中央テレビ(FCT) news every.サタデー
山梨県 山梨放送(YBS) news every.サタデー
YBSニュース(17:20 - 17:30)
新潟県 テレビ新潟(TeNY) news every.サタデー
長野県 テレビ信州(TSB) news every.サタデー
天気予報(17:25 - 17:30)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) news every.しずおかサタデー[注釈 75][注釈 76]
富山県 北日本放送(KNB) KNB news every.サタデー
天気予報(17:25 - 17:30)
石川県 テレビ金沢(KTK) テレビ金沢news every.サタデー[注釈 75]
福井県 福井放送(FBC) FBC news every.サタデー[注釈 75]
中京広域圏 中京テレビ(CTV) news every.サタデー
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県・島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY) news every.サタデー
KRYニュース・天気予報(17:20 - 17:30)
徳島県 四国放送(JRT) news every.サタデー
徳島新聞ニュース(17:20 - 17:25)
天気予報(17:25 - 17:30)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC) news every.サタデー[注釈 77]
愛媛県 南海放送(RNB) news every.サタデー
高知県 高知放送(RKC) news every.サタデー
RKCニュース(17:20 - 17:26)
だいいち情報局(17:26 - 17:30)
福岡県 福岡放送(FBS) news every.サタデー[注釈 78]
長崎県 長崎国際テレビ(NIB) news every.サタデー
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT) news every.サタデー
KKT NEWS(17:20 - 17:30)
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) KYT news every.サタデー

年末年始版のネット局

  • 放送時間については後述
  • 番組前半はNNN系列28局ネットで、番組後半はローカルセールス枠
  • 日本テレビ以外のネット局は番組後半の関東ローカルニュースを各地のローカルニュース・天気予報に差し替えている。
  • 一部のネット局では平日版・土曜版と同様に時刻表示を行っているが、番組送出ではなく各局別の送出となっている。また、日本テレビと一部ネット局では平日版と同様にお天気ループも送出している。
  • 年末年始版については、以下の局は平日版と同じ差し替えタイトルで放送される。
    • 日本海テレビ:ニュースevery日本海[62]
    • 四国放送:JRT news every. とくしま[63]
    • 鹿児島読売テレビ:KYT news every.[64]

重大ニュース・特別番組放送時の対応

  • 前述の通り、突発的な大事件・大事故や政局などでの重大な動き、重大な自然災害が発生した際には第1・2部のいずれかもしくは両パートを臨時に全国ネット枠に変更する場合がある。また、極稀に第3部あるいは土曜版の全国ネット枠を拡大する場合もある。
  • オリンピックやサッカー・FIFAワールドカップなどの国際的なスポーツイベントがある期間には、第2部を10分短縮、第3部を10分前拡大(全国ネット枠も10分前拡大)とした上で、第3部の冒頭に特設速報コーナーを放送する。また、2016年までは毎年12月のサッカー・FIFAクラブワールドカップの期間中に特設情報コーナーのため第2部を5分短縮、第3部を5分前拡大(全国ネット枠も5分前拡大)とする措置を取っていたが、2017年以降はそうした措置は行われていない[注釈 79]
  • 毎年1月第2月曜日(成人の日)の全国高等学校サッカー選手権大会決勝戦開催日には、2013年までは臨時に金曜日と同じ放送時間・枠切りとしていた。その後、2014年 - 2019年は第1部を決勝戦中継およびハイライト番組終了後からの繰り下げ・短縮放送(中継が大幅延長となった時は第1部が休止となる場合もあった)としていたが、2020年以降は中継の延長の有無に関わらず第1部を休止している。また、2015年以降毎年1月5日(2022年は1月4日)の準々決勝開催日が平日と重なる場合は、16:00前後まで関東など一部地域で試合中継・ハイライト番組を放送のため、第1部がこれらの番組が終了した後からの時間繰り下げ・短縮放送となっている。
  • 毎年7月の『THE MUSIC DAY』が放送される土曜日[注釈 80]の土曜版は放送休止となり、代替で16:30 - 16:50(第2回までは17時台)に当番組土曜版のキャスターが担当する形で『NNN news』を放送する。
  • 放送時間が17:30 - 18:00であった2012年まで、毎年8月下旬の『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の放送日と重なる土曜日の土曜版は後続の『名探偵コナン』『満天☆青空レストラン』(前者は読売テレビ制作)と共々30分繰り上げ(17:00 - 17:30・全国ネット枠は - 17:20)て放送していた。また、2013年以降も含めて『24時間テレビ』の放送日と重なる日の土曜版では出演者が同番組のオリジナルチャリTシャツを着てニュースを伝えており、番組後半で同番組とのクロストークを展開している。
  • 毎年7月第3月曜日(海の日[注釈 81]は14:55 - 16:20に『海の日特別番組』(中京テレビ制作)を放送のため、2013年までは『news every.海の日スペシャル』と題して33分前拡大(16:20 - 19:00・前拡大パートは関東ローカル)、2014年以降は第1部を30分繰り下げ・短縮としている(前座番組『情報ライブ ミヤネ屋』〈読売テレビ制作〉は14:55までの短縮放送)。ただし、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で『海の日特別番組』の放送が見送られたため、該当日の当番組第1部は通常枠での放送となった(これにより『ミヤネ屋』は通常枠での放送となった)。また、2021年以降は『海の日特別番組』を6月第1土曜日に前倒しして放送されており、2021年は5日、2022年は4日(いずれも土曜日)にそれぞれ放送された[注釈 82]。これにより、本来の海の日の祝日である2021年7月22日(木曜日)の当番組第1部は通常枠での放送、2022年7月18日(月曜日)は第1部を休止した上で日本テレビ制作の代替番組を編成した[注釈 83]
  • 2019年度以降、一部の祝日は第1部を休止としている(第2・3部は通常通り)。その場合、第1部をレギュラーネットしている系列局では日本テレビにおける当番組第1部休止に伴う代替番組を同時ネットするか、自主編成番組を放送して穴埋めする。
    • ただし、毎年2月下旬の祝日(2020年は上旬)には『坂上忍の勝たせてあげたいTV』の競輪中継が同系列28局全国ネットで放送されるため上述の事項には該当しない。
      • 2020年2月11日:15:55 - 16:50 - 『〜読売新聞社杯 全日本選抜競輪2020〜』として放送。
      • 2021年2月23日:15:55 - 16:50 - 『~第36回全日本選抜競輪~』として放送。
      • 2022年2月23日:15:55 - 16:50 - 『~第37回読売新聞杯全日本選抜競輪~』として放送。

年末年始の放送について

  • 毎年、原則12月28日から1月3日までは年末年始は特別編成のため、前述の通り平日については通常の体裁での放送は休止するものの、当番組の短縮版が放送されている[注釈 84]。ちなみに、かつて当該枠で放送されていた『ニュースプラス1』では18:00開始の時代は年末年始の月 - 金曜日と重なる日でも通常の平日版が放送され(ただし日によっては18:30までの30分枠に短縮される場合があった)、当時の平日のメインキャスター(徳光和夫真山勇一ら)が通常通り出演していた。
  • 以前は2020年度までは平日版・土曜版共に全編放送休止となり、当該期間中は代替として『NNN NEWS(当時のタイトル表記)』(NNN冠の付かないローカルセールス枠扱いで放送される場合もあった)もしくは『NNNニュース&スポーツ』を放送していた[注釈 85]
  • 年末年始特番編成による2019年度以降の対応は以下の通り。
    • 2019年度…2019年12月30日 - 2020年1月3日の平日版が全編休止となり、代替として12月30日 - 31日は『NEWS』(一部地域非ネット)、1月1日は『NNN NEWS』、1月2日 - 3日は『NNN NEWS&SPORTS』をそれぞれ放送した。
    • 2020年度…2020年12月28日 - 2021年1月1日の平日版が全編休止となり、当該期間中は代替として『NEWS』(一部地域非ネット、1月1日のみNNN冠付きで全国ネット)を放送した。また、2021年1月2日の土曜版も16:00 - 17:55に『浜田新春爆買いツアー!運が悪けりゃ自腹だSP』(読売テレビ制作)を放送のため休止となり、代替として17:55 - 18:00に『NNN NEWS』を放送した[注釈 86]
    • 2021年度…2021年末は12月27日(土曜版は12月25日)でレギュラー放送を終了。その後、2021年12月28日 - 31日、2022年1月3日は通常の平日版、2022年1月1日は通常の土曜版としての放送を休止。この期間中、藤井・中島・徳島・杉江らは年末年始休暇などのため休演し、代役の出演者で17:30 - 18:00(12月31日のみ17:00 - 17:30)に時間変更・短縮して放送した[注釈 87]。また、2022年1月1日の土曜版は17:00 - 21:00に『ウルトラマンDASH』を放送のため休止し、同時に昼の『ゼロイチ』も年始特別編成に伴い『ストレイトニュース』パートも含め全面休止となったため、14:50 - 15:00に2番組休止による代替の『NNN news』が放送された[注釈 88]

2019年4月以降の主な特別編成の事例

前述以外の特番などによる放送休止・放送時間変更は以下の通り。また、祝日編成による時間変更などの事例は原則、ネットワークセールスの特別番組によるもの(前述の『海の日特別番組』は除く)のみ記載。

  • 2019年4月1日:新元号発表関連報道のため、通常放送とは別に10:25 - 12:55に『NNN news every.特別版「平成」の次は?新元号誕生まですべて見せます』を放送。また、『スッキリ』の時間帯にも藤井・鈴江が当番組のスタジオから出演した。なお、通常放送では同様の理由で第2部を臨時で全国ネット枠に変更した。
  • 2019年4月30日:第125代天皇(現・上皇)退位関連報道および第125代天皇の「退位礼正殿の儀」の生中継のため、第2部を臨時で全国ネット枠に変更。
  • 2019年5月1日:天皇即位関連報道のため、通常放送とは別に10:25 - 11:45に『NNN news every.特別版 新時代「令和」幕開け… すべて見せます』を放送。また、通常放送では天皇即位・改元関連報道のため、第2部を臨時で全国ネット枠に変更した。
  • 2019年7月21日(日曜日):この日、第25回参議院議員通常選挙の投開票が行われ、19:58 - 翌2:10に深夜の報道・情報番組『news zero』をベースとした開票特別番組『NNN参院選特別番組 zero選挙2019 アナタに迫る!新時代の大問題』を放送[注釈 89][注釈 90]。当番組からも藤井・鈴江がキャスターとして参加した。
  • 2019年9月16日 - 10月11日:後述する日を除き、ラグビーワールドカップ2019関連の特設コーナーを放送のため、第2部を10分短縮、第3部を10分前拡大(第1部は9月16日を除き通常通り[注釈 91])。全国ネット枠は17:43 - 18:15。
  • 2019年9月20日:ラグビーワールドカップ2019関連の特設コーナーを放送することと、18:25から『ラグビーワールドカップ2019 開会式&開幕戦「日本×ロシア」』中継を放送のため、第2部を10分短縮、第3部を10分繰り上げ・25分短縮(第1部は通常通り)。全国ネット枠は17:43 - 18:15。
  • 2019年10月4日:ラグビーワールドカップ2019関連の特設コーナーを放送することと、18:30から『ラグビーワールドカップ2019 予選リーグ・プールB「南アフリカ×イタリア」』中継を放送のため、第2部を10分短縮、第3部を10分繰り上げ・20分短縮(第1部は通常通り)。全国ネット枠は17:43 - 18:15。
  • 2019年10月9日:15:50 - 18:10に『ラグビーワールドカップ2019 予選リーグ・プールA「スコットランド×ロシア」』中継を放送のため、第1・2部を休止。第3部のみ17分繰り下げ・短縮(18:10 - 19:00)の上放送し、全編全国ネットで放送した。
  • 2019年9月21日・10月5日の土曜版は『ラグビーワールドカップ2019』中継のため休止となった。
  • 2019年10月12日:この日、関東甲信・東海地方に接近していた令和元年東日本台風(台風19号)により、関東甲信地方の広い範囲や静岡県の一部地域に大雨特別警報が発令されたことを受け、関東など一部地域では土曜版を臨時に18:30まで拡大放送した(全国ネット枠は通常通り17:00 - 17:20)[注釈 92] [注釈 93]。さらに、18:30 - 19:56には『満天☆青空レストラン』と『天才!志村どうぶつ園』を急遽休止し『NNN緊急報道特別番組』を放送[注釈 94]。このため、この日の土曜版は実質的に17:00 - 19:56の大幅拡大放送となった。また、特番終了直前に大雨特別警報が関東地方北部・東北地方南部・新潟県の一部地域に追加発令され、終了間際にその一報を伝えた。当番組のスタジオから平日版メインキャスターの藤井・鈴江と土曜版天気キャスター杉江が出演し、テロップも当番組仕様のものを使用した。
  • 2019年10月22日:天皇の「即位礼正殿の儀」関連報道のため、通常放送とは別に11:55 - 13:55に『NNN news every.特別版 即位礼正殿の儀完全生中継』を放送。また、通常放送では第1部を『NNN news every.特別版 即位礼正殿の儀スペシャル』と題し臨時に全国ネットで放送した。さらに、この日は18:00から『Fun!BASEBALL!! SMBC日本シリーズ2019第3戦「読売ジャイアンツ×福岡ソフトバンクホークス」』中継が組まれていたため第2部を休止、第3部を1時間繰り上げ・3分前拡大とした(全国ネット枠は15:50 - 17:15)。
  • 2019年10月23日:18:00から『Fun!BASEBALL!! SMBC日本シリーズ2019第4戦「読売ジャイアンツ×福岡ソフトバンクホークス」』中継を放送のため、第2部を休止、第3部を1時間繰り上げ・3分前拡大(第1部は通常通り)。全国ネット枠は16:50 - 17:15。
  • 2019年11月10日(日曜日):天皇・皇后の「祝賀御列の儀」の模様を中継[注釈 95]するため、14:50 - 16:00に『NNN news every.特別版 「即位パレード」完全生中継』を放送した。
  • 2020年1月24日:18:40 - 19:00に『東京オリンピックまで半年!民放同時放送 一緒にやろう2020大発表スペシャル』を放送[注釈 96]のため、第3部を20分短縮(第1・2部、全国ネット枠は通常通り)。
  • 2020年3月11日:当日で東日本大震災の発生から9年を迎えることに合わせた特別報道のため、第2部を臨時に全国ネットとした。
  • 2020年4月7日:この日、東京など7都府県に新型コロナウイルス緊急事態宣言が発令されたことによる特別報道やそれに伴う当時内閣総理大臣安倍晋三の記者会見の生中継のため、通常の3部構成に加え19:00 - 20:54に『NNN緊急報道特別番組 news every.特別版』を全国ネットで放送した[注釈 97]。拡大パートは、CS放送及びネット配信チャンネルの日テレNEWS24でもサイマルネットされ、19時台のみBS日テレ及びBS日テレ 4Kでも日テレNEWS24のサイマル放送扱いで臨時ネットされた[注釈 98][注釈 99](3局とも地上波でのCM中はライブカメラ映像を流して対応)。また、この日は当番組に続いて21:00 - 22:54に引き続き新型コロナ緊急事態宣言関連報道のため『NNN緊急報道特別番組 news zero特別版 緊急事態宣言「いまできる3つのコト」』を放送した[注釈 100]
  • 2020年6月19日:17:50から『DRAMATIC BASEBALL2020 プロ野球開幕戦「読売ジャイアンツ×阪神タイガース」』中継[注釈 101]を放送[注釈 102]のため、第2部を休止、第3部を16:50 - 17:50に繰り上げ・短縮(第1部は通常通り)。全国ネット枠は16:50 - 17:15。
  • 2020年8月28日:この日の午後、内閣総理大臣の安倍晋三が辞任の意向を固めたことが報道されたのに伴い、急遽関連ニュースや17:00から行われた安倍の記者会見の生中継のため第2部を臨時に全国ネットとした。
  • 2020年11月4日:アメリカ大統領選挙開票関連報道のため、通常放送とは別に10:25 - 11:30(一部地域は - 11:25)に『NNN news every.特別版 アメリカ大統領選挙2020スペシャル』を放送した(CS放送・日テレNEWS24でも全編サイマルネット)。
  • 2021年3月6日:この日の土曜版は同月11日に東日本大震災の発生から10年を迎えることに合わせた特別報道のため、16:00 - 17:30[注釈 103]にて拡大放送を実施。拡大パートは『news every.特別版 未来へつなぐ~私たちの10年~』の題目で放送され、当番組のスタジオから平日版メインキャスターの藤井・鈴江が出演した。17:00以降は通常の土曜版の出演者・構成で放送(全国ネット枠は通常通り[注釈 104])。
  • 2021年3月11日:この日、東日本大震災の発生から10年となることから、13:55 - 19:00[注釈 105]に本番組と『情報ライブ ミヤネ屋』『news zero』『真相報道 バンキシャ!』の4番組合同によるNNN報道特別番組『NNN未来へのチカラ ミヤネ屋×every.×zero×バンキシャ!特別版』を放送のため、全編休止[注釈 106]。なお、同特番内の17:50頃 - 18:15・18:50頃 - 18:58頃に震災関連以外の当日の一般ニュースが伝えられたほか、18:40頃に木原による天気予報コーナーも放送された。
  • 2021年3月26日:17:50から『DRAMATIC BASEBALL2021 プロ野球開幕戦』中継(日本テレビや大部分の系列局では「読売ジャイアンツ×横浜DeNAベイスターズ」を中継)を放送のため、第2部を休止、第3部を16:50 - 17:45に繰り上げ・短縮(第1部は通常通り)。全国ネット枠は16:50 - 17:15。当初は17:50終了の予定だったが、大半の地域で中継された巨人×DeNA戦が17:45プレーボールとなった[65]ため、急遽5分繰り上げての終了となった(関東地区での番組編成上は17:50まで当番組のまま)[注釈 107]
  • 2021年7月26日 - 8月6日:後述する日を除き、東京オリンピック関連の特設コーナーを放送のため、第2部を10分短縮、第3部を10分前拡大(第1部は通常通り)。全国ネット枠は17:43 - 18:15。
  • 2021年7月27日:9:30 - 23:00に『東京オリンピック2020』中継[注釈 108]を放送のため、全編休止。オリンピック中継の中で代替の『NNN NEWS』を放送した。
  • 2021年7月30日:この日の土曜版は18:30から『東京オリンピック2020』中継を放送することに伴う特別編成のため、30分繰り上げ(16:30 - 17:00・全国ネット枠は16:30 - 16:50)。
  • 2021年8月4日:17:50から『東京オリンピック2020 レスリング』中継を放送するため第2部を休止、第3部を16:50 - 17:50に繰り上げ・短縮(第1部は通常通り)。全国ネット枠は16:50 - 17:25[注釈 109]
  • 2021年8月5日:8:00 - 23:00に『東京オリンピック2020』中継[注釈 108]を放送のため、全編休止。オリンピック中継の中で代替の『NNN NEWS』を放送した。
  • 2021年8月7日:この日の土曜版は6:30 - 23:00に『2020年東京オリンピック』中継[注釈 110][注釈 108]を放送のため、休止。オリンピック中継の中で代替の『NNN NEWS』を放送した。
  • 2021年10月31日(日曜日):第49回衆議院議員総選挙の投開票が行われるこの日、19:58 - 翌2:00に深夜の報道・情報番組『news zero』をベースとした開票特別番組『zero選挙2021』を放送[注釈 111][注釈 90](民放公式無料番組配信サービス・TVerで実施されている「日テレ系ライブ配信」でも同時配信)。当番組からも藤井・中島が開票速報キャスターとして参加した。
  • 2022年2月7日:16:50 - 23:24に『北京オリンピック2022』中継・ハイライトを放送のため、第2・3部を休止(第1部は通常通り)。この日は全編ローカルセールス枠扱いとなり、一部地域では非ネットとなった一方、通常第1部をネットしていない局の一部が第1部を臨時ネットした(ただし、日本テレビ以外のネット局では「くわしくッ・天気」を各局発のローカルニュース・天気予報に差し替えた)。また、この日は放送時間大幅短縮のため藤井・陣内・刈川は休暇を取り休演した(中島・河出・伊藤・木原は通常通り出演)。
  • 2022年2月8日 - 18日:北京オリンピック関連の特設コーナーを放送のため、第2部を10分短縮、第3部を10分前拡大(第1部は通常通り)。全国ネット枠も10分前拡大(17:43 - 18:15)。
  • 2022年2月19日:この日の土曜版は15:30 - 19:00に『北京オリンピック2022 スピードスケート・女子/男子マススタート』中継を放送のため、休止。オリンピック中継の中で代替の『NNN news』を放送した。
  • 2022年2月24日:ロシアのウクライナへの軍事侵攻関連のニュースを放送のため、第2部の全編を臨時で全国ネット枠に変更した[66]
  • 2022年3月25日:18:10から『DRAMATIC BASEBALL2022 プロ野球開幕戦』中継(日本テレビや大部分の系列局では「読売ジャイアンツ×中日ドラゴンズ」を中継)を放送のため、第2部を休止、第3部を16:50 - 18:10に繰り上げ・拡大(第1部は通常通り)。全国ネット枠は16:50 - 17:15[注釈 112][71]
  • 2022年7月8日:安倍晋三銃撃事件のニュースを放送するため、第2部の全編を急遽全国ネット枠に変更した。また、19:00 - 20:54に『NNN news every.特別版』を報道特番扱いで放送[注釈 113][72]
  • 2022年7月10日(日曜日):第26回参議院議員通常選挙の投開票が行われるこの日、19:58 - 翌2:00に深夜の報道・情報番組『news zero』をベースとした開票特別番組『zero選挙2022』を放送[注釈 111][注釈 90]。当番組からも藤井・中島が開票速報キャスターとして参加した。
  • 2022年9月27日:安倍晋三元首相の国葬のニュースを放送するため、13:45 - 15:50に『NNN news every.特別版 半世紀ぶり「国葬」歴史的1日完全中継』を報道特番扱いで放送した。そのため、この日は13:45 - 19:00までの長時間放送となった[73][注釈 114]

使用曲

期間 番組テーマ曲
17時台お天気コーナーBGM
「every. culture&sports」テーマ
18時台お天気コーナーBGM
備考
2010年3月29日 - 2016年11月26日 作曲:MAYUKO[74] 作曲:井筒昭雄 MAYUKOはオープニングのスキャットやタイトルコールも担当[75]
また、当番組と同時期に開始された『Going!Sports&News』のテーマ曲も担当。
2016年11月28日 - 現在 作曲:MAYUKO テーマ曲は先代のものを踏襲したもの。

不祥事

  • 2011年1月8日放送分(土曜版)において、ペット向けサービスを称賛した利用者がサービス会社の社員であることを伝えずに放送を行った[注釈 115]。このため、事実を正確に伝えず、企業の利害から離れて客観的に評価する「ニュースの公正性」が損なわれていたとして、2011年5月31日に放送倫理・番組向上機構(BPO)より放送倫理に違反すると判断された。
  • 2012年4月25日に放送した特集「食と放射能 水道水は今」において水道水の安全性に不安を覚えて飲料水を購入する女性が紹介されたが、放送後に女性が販売会社の経営者の親族であることが判明したため、BPOが「公正な放送とは言えない」として審議対象とすることを決めた[76]。また、このことに関して日本テレビは「指摘を重く受け止め、再発防止に努めると共に、改めて報道の原点に立ち返り、視聴者の皆様の信頼回復に全力で取り組んでまいります。」とコメントした[77]
  • 2015年10月21日放送分において、元税理士ら4人が法人税法違反(脱税)容疑で東京地方検察庁特捜部に逮捕された事件を報じた際、誤って別人の映像を被疑者として放映し、翌日放送分において謝罪した[78]
  • 2016年10月12日放送分において、埼玉県新座市東京電力地下施設での火災の様子を報告中に警察官から注意を受け30秒ほどで報告が中断した[79]

スタッフ

  • ナレーター:伊藤英敏清水秀光木原実屋良有作近藤隆小桜エツコほか
  • 構成:藤田亨
  • 宣伝:細川恵里
  • コーナーデスク:鈴木杏奈
  • 総合デスク:大橋邦世
  • ディレクター:川添香理、植田直也ほか
  • 総合演出:田中裕樹(2021年12月1日 -、 2018年12月3日 - 2019年10月25日はプロデューサー)
  • プロデューサー:中村光宏(2019年10月28日 - )
  • 統括プロデューサー:大野伸(2018年12月3日 - )
  • チーフプロデューサー:納富隆治(2021年12月1日 - )
  • 制作:富永有一(2021年12月1日 -、以前は総合演出→2016年12月1日 - 2017年11月30日までは統括プロデューサー→2017年12月1日 - 2019年5月31日はCP)
  • 製作著作:日テレ

過去のスタッフ

  • 総合演出:高橋雅昭(2016年12月1日 - 2021年11月30日)
  • プロデューサー:藤井潤、下村忠文(下村→2014年5月まで)、斉山嘉伸(2016年6月1日 - 2017年5月31日)、矢野尚子(2014年6月2日 - 2016年5月31日と2017年6月1日 - 2018年11月30日、一時離脱►復帰)、佐野正法(2017年12月1日 - 2019年11月29日)
  • 統括プロデューサー:髙野子賢一(2018年6月1日 - 11月30日、2017年6月1日 - 2018年5月31日まではプロデューサー)
  • チーフプロデューサー:山田克也(2016年5月31日まで)、小谷野俊介(2016年6月1日 - 2017年5月31日)、尾崎浩行(2017年6月1日 - 11月30日、以前は統括プロデューサー)、三浦俊明(2019年10月28日 - 2020年9月30日)、舟津宜史(2019年6月3日 - 2021年11月30日、2018年12月3日 - 2019年5月31日までは統括プロデューサー)

関連項目

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ EPGには『news every.藤井貴彦、陣内貴美子がきょう一日を分かりやすく』(平日版)『news every.サタデー』(土曜版)『news every.』(年末年始版)とそれぞれ記載。
  2. ^ なお、『リアルタイム』時代の陣内のポジションはスポーツキャスターだった。
  3. ^ ただし特別編成で放送される際は『NNN news every.』の表記となり、福井放送のテレビ番組表で土曜は『NNN news every.サタデー』と表記されている。また以前は山形放送のテレビ番組表でも平日・土曜ともに『NNN news every.』の表記となっていた。放送中における例外では、ニュースの内容が第2部と第3部のNNN枠冒頭を跨ぐ場合は、第3部冒頭にキャスターの氏名表示が無い代わりに『NNN』を冠して『news every.』と画面上部に表示される。
  4. ^ a b 日本テレビ(関東ローカル)にて16:30 - 17:00に『それいけ!アンパンマン』が編成されていたため。
  5. ^ なお、丸岡は後年、このことについて2011年3月の東日本大震災の被災地取材をきっかけに湿疹や下痢、不眠などといった体の不調が続くようになり、うつ病の症状を患い満身創痍になっていたと振り返っている。
  6. ^ 開始時点で日本テレビ以外唯一、静岡第一テレビが「新・第1部」を同時ネット。ただし、同局では従前通り月曜日 - 木曜日の第2部を非ネットとした。
  7. ^ 2014年4月からは『ママモコモてれび』は『PON!』内包に変更された(2016年4月からは月 - 木曜日のみ、同番組に内包に変更された)ため、『キユーピー3分クッキング』を除く14時間50分。ただし、2021年3月末から「Oha!4 NEWS LIVE」が30分繰り下げ・短縮(4:30 - 5:50)となったため、現在早朝からの連続生放送時間は14時間30分になっている。
  8. ^ 一部セットを共有している『Oha!4 - 』も同様。なお、土曜版については9月10日から11月26日まで当該期間中の『 - ストレイトニュース』や情報番組内のニュースコーナーと同様、報道フロア内の旧日テレNEWS24専用ブースから放送していた。
  9. ^ この時、藤井は6月5日 - 9日に休暇を取り休演していたが、この小山の謝罪があった7日のみ休暇を返上して冒頭の謝罪部分のみ生出演した。また、この小山の謝罪については、通常第1部をネットしていない一部系列局でも同時もしくは録画で放送した。なお、小山は芸能活動自体も無期限自粛していたが、6月末から芸能活動を再開した。
  10. ^ なお、エリザベスは平日朝にTOKYO FMで放送されていた情報ワイド番組『ONE MORNING』(2019年4月開始)と掛け持ちで担当していたが、2020年9月で降板、同年10月以降は当番組に専念するようになった。
  11. ^ なお、関東地方のNHK総合テレビでも、平日18時台の関東地方向け報道番組『首都圏ネットワーク』から後続の全国向け報道番組『NHKニュース7』へは自局の番組宣伝・広報スポットを挟まずに接続している。
  12. ^ 公式サイトより。日程が調整された場合のみ水曜日にも出演する。また、関東地区以外からの中継の場合、ロケ地のネット局における17・18時台ローカル枠にも出演する。
  13. ^ 2015年までは経済部記者として『今週の”お値段"』担当。
  14. ^ 2019年1月18日放送では同局アナウンサー陣内倫洋が共に出演
  15. ^ 降板後、2021年4月より当番組と同じ時間帯に毎日放送が放送する夕方の報道・情報番組『よんチャンTV』にレギュラー出演[39]
  16. ^ その後、『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日・朝日放送テレビメ~テレ共同制作)、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作)、『かんさい情報ネットten.』(読売テレビで当番組と同じ時間帯に関西ローカルで放送。木曜日コメンテーター)には復帰したが、当番組には復帰していない。しかし、出演自粛後は重大事件発生時などに法律の専門家という立場で、引き続き金曜日に一部時間帯のみ出演してニュースを解説することがある。
  17. ^ 第1部の場合、今コーナーが放送される時間は16時頃であるが、都合により16時40分台に放送となる時は、通常はこのコーナーをネットしていない第1部ネット局も差し替える事なくそのまま放送される。
  18. ^ 編成による第1部休止、もしくは重大ニュース発生時などは行われない。また、2011年の東日本大震災発生直後の一時期(同年3月14日 - 4月15日)も大屋根広場からの中継と子供連れの参加を自粛していた(この期間は着ぐるみそらジローの出演も無く、木原が単独で天気予報を伝えていた)。
  19. ^ 2016年4月よりニュース担当キャスターが中島から鈴江に変更されたが、このコーナーは引き続き中島が担当(2020年9月まで)。
  20. ^ また、2011年10月からは翌日早朝の『Oha!4 NEWS LIVE』でもコーナー名から「everyday」のフレーズを外した上で再放送されていた。
  21. ^ 2014年1月6日から2016年3月25日までは月曜 - 木曜のみ。2016年3月28日からは全曜日。
  22. ^ 同期間に重大ニュースがある場合はネット受け時間を繰り下げ・拡大する場合があった。また、同枠がNNN枠となった場合など、その日のニュースの内容等によっては臨時に◎に変更する場合があった。
  23. ^ 同期間は、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、『どさんこワイド』17時台ローカルパートを縮小させ「木原さんのお天気」を道内ニュースに差し替えた上で同時間帯に同時ネットしていた。
  24. ^ 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、『どさんこワイド』17時台ローカルパートが休止となった事によるもの。
  25. ^ ただし、『ニュースレーダー』のエンディングタイトルは、『news every. RABニュースレーダー』と併記される。プロ野球開幕戦等でローカルニュースが短縮する場合は『RABニュース』として放送(番組表上は単独番組扱いではなく『news every.』に内包)。
  26. ^ 同日から『5きげんテレビ』の放送時間を15:50開始に変更。金曜のみevery1部を内包する形で16:20頃までネット。
  27. ^ ただし、2019年1月からの祝日編成で『5きげんテレビ』が休止となる場合は、第2部を単独番組扱いで臨時に○に変更する場合があり、2012年3月11日から毎年3月11日は第2部を同時ネットする。さらに『ニュースプラス1いわて』も休止となる場合は第3部の「every.特集」が終わる18:35頃、もしくは注目ニュースまたは「まさかの出来事」が終わる18:52頃までネット受け時間を拡大する場合がある(後者の場合は「木原さんのお天気」も差し替え無しでそのまま放送)。飛び降り後は、番組編成上は当番組のままで盛岡のスタジオから県内のニュース・天気を放送するが、稀に県内ニュースを放送せずにエンディングまでネットする場合がある。
  28. ^ a b ただし、実質的な当番組の開始時間はNNN枠明けの18:15であるが、局発行の番組表では、NNN枠を内包番組として表記しているため、17:53開始と表記している。
  29. ^ ただし、祝日並びに年末年始は、編成が異なる場合があり、『ピヨ卵ワイド』が休止となる場合は、第2部を単独番組扱いで臨時に○に変更する場合がある。
  30. ^ ただし、祝日は休止となるため、第1部を臨時に◎に変更する場合がある。
  31. ^ 月曜のみ18:57終了。
  32. ^ ただし、同局の編成の都合や、その日のニュースの内容によっては、第2部を臨時に△に変更する場合がある。
  33. ^ ただし、2018年までは第2部のみ臨時に◎に変更していたが、年内最終放送日は当時18時台に放送されていたローカル報道番組『報道ゲンバ Face』が17:00頃からの拡大放送となるため、第2部の臨時ネットは行われなかった。
  34. ^ 2020年10月5日から同年11月27日までは、18:30 - 18:40に「every. culture&sports(カルスポっ!)」を一部項目抽出の上時差ネットしていた。
  35. ^ ただし、日によっては放送時間の都合上放送されない場合がある。
  36. ^ ただし、2019年末(12月23日 - 27日)は16 - 17時台に別番組を編成したため、第2部の臨時ネットは行われず、第1部も臨時に×に変更した(なお、引き換えに第3部を臨時に◎に変更)。また、2020年末は、『まるごと』を通常通り放送したため第2部の臨時ネットは行われなかった。2021年末(12月28日のみ)は第2部の臨時ネットを実施、第3部は通常編成の為臨時ネットはされなかった。祝日編成でも別番組を編成する日がある。
  37. ^ ただし、2016年年末(12月28日・29日)2017年末・2018年末は第3部を◎に変更していた。
  38. ^ 15:50 - 16:00頃までネット。祝日等で『いっちゃん★KNB 1部』が休止になる場合は臨時で第1部を×に変更。
  39. ^ 2018年末までは18:50頃まで臨時ネットし、2017・2018年末は「木原さんのお天気」もそのまま放送されていた。
  40. ^ ネット開始前の2020年9月28日 - 10月2日(9月30日を除く)にも単独番組扱いで臨時に○に変更した実績がある(「くわしくッ・天気」部分を関西の天気に差し替え。担当は林マオ。名前・LIVEテロップ等は日本テレビと同デザインを使用)。
  41. ^ 2021年1月4日から3月26日も関西の天気に差し替えていた。
  42. ^ なお、読売テレビでは毎年8月の『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』でも関西ローカルへの差し替えが多いため、日本テレビ発の内容を放送している間もリアルタイム字幕放送は読売テレビ独自で送出している(関西ローカルパートでもリアルタイム字幕放送に対応。ただし、深夜帯など一部時間帯は日本テレビ送出の字幕となる)。
  43. ^ ただし、2021年9月までの金曜の月1回はローカル情報番組『a-yan』を放送するため、第1部を臨時に×に変更していた。
  44. ^ ただし、祝日編成・ゴールデンウィーク期間中・夏のお盆期間中は第1部を臨時に◎に変更。
  45. ^ ただし、日によっては第3部を臨時に△に変更する場合がある。
  46. ^ ただし、祝日編成・ゴールデンウィーク期間中・夏のお盆期間中は差し替え無しで放送。なお、2022年3月28日から2022年7月1日までの全曜日と、2022年7月4日から2022年9月29日までの月曜 - 木曜は鳥取・島根の天気及び18時台ローカルパートの予告、2022年7月8日から2022年9月30日までの金曜は鳥取・島根の天気及び18時台ローカルパートの予告にそれぞれ差し替えていた。
  47. ^ 放送内容の関係上ネットしない場合がある。
  48. ^ 中四国NNN共同企画をネットする場合はネットしない場合がある。
  49. ^ ただし、祝日編成・ゴールデンウィーク期間中・夏のお盆期間中は第2部を臨時に◎に変更していた。
  50. ^ 『ニュースevery日本海』内で「きょうコレ」をネットしていたが、2021年3月26日までは日によっては部分ネットまたは△に変更する場合があった。2022年9月7日は「きょうコレ」をコーナー途中まで部分ネット。
  51. ^ 『ニュースevery日本海』内で第2部の「気になるミダシ」を一部項目抽出の上再放送していたが、日によってはネットしない場合があった。
  52. ^ 2020年までは土曜午後に『ふるさとこの一年』として放送していたため、変更はなかった。
  53. ^ 2021年(第37回)までは第1部が通常時×であったため、変更はなかった。
  54. ^ 2016年3月28日より月曜 - 木曜第1部は『テレビ派』内包扱いに変更(この週から『every.』は3部制に移行したが、金曜第1部は2018年3月30日までは自社制作パートに割り当てられていた)。
  55. ^ ただし、『テレビ派』が祝日編成・夏のお盆期間中に18:15開始の短縮版(同様の体裁ながらローカルニュースのみ『テレビ派』名義での別番組扱いとなる)または年末年始で全編休止(『every.』内包番組扱いで本番組のフォーマットで放送)となる場合は、第2部を臨時に○または◎に変更する場合がある。この場合、前者は内包番組扱いで、後者は単独番組扱いとなる。「木原さんのお天気」を県内のニュース・天気に差し替えるか差し替えないかは年度により異なる。また、『広テレ!完全カープ主義』(広島東洋カープ戦中継)を放送する日は第1部を臨時に×に変更され、併せて前枠の『情報ライブ ミヤネ屋』も臨時に14:55以降の部分がネット返上となる。なお、雨天中止時は臨時に単独番組扱いとした上で◎に変更となり、『ミヤネ屋』も通常通りフルネットとなる[60]
  56. ^ 2018年9月28日までは、第1部の「木原さんのおかえり天気」→「木原さんのせいかつ天気」は、山口発の内包ミニ番組『もうすぐ熱血テレビ』(県内の天気と当日の『熱血テレビ』の予告)に差し替えていた。
  57. ^ 金曜のみ18:51終了。
  58. ^ ただし、西日本放送の編成の都合で第1部(金曜を除く)を臨時に×に変更する場合がある。
  59. ^ 第2部の「気になるミダシ」の再放送(一部項目はカットされる)となる。
  60. ^ 2015年9月28日から『every.』と『News Ch.4』をコンプレックス化させ『Ch.4×every.』に改題。
  61. ^ ただし、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でよさこい祭りが中止となったため、8月10日・11日の第2部は通常通り○となった。また、2021年のよさこい祭りも同様の理由により中止が決まったため、同年8月10日・11日の第2部は通常通り○となったが、同月19日の15:50 - 17:53に自社制作のよさこい祭り特番『よさこいのチカラ 2021』を生放送する関係で同日は第2部を臨時に×に変更した。
  62. ^ ただし、編成上は『めんたいワイド』のコーナー扱い。また、1日は第2部全編がNNN枠となった関係で同日のみ臨時で◎に変更。
  63. ^ ただし、一部時間帯は県内ニュースに差し替えていた。
  64. ^ ただし、2020年・2021年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開会式を中止したため、第1部は通常通り◎とした。
  65. ^ ただし、2020年・2021年・2022年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で奉納踊りと神輿行列を中止したため、同年10月7日の第2部は通常通り○、第3部は通常通り▲とした。
  66. ^ 月曜第1部の「木原さんのせいかつ天気(当時のコーナー名)」部分は県内のニュース・天気に差し替えていた。同年10月1日から全曜日で第1部が◎に変更された事に伴い、以降は差し替えを一旦廃止した。
  67. ^ これは、前者で広島・長崎原爆の日関連の特別企画、後者でローマ・フランシスコ教皇の広島・長崎訪問に関する特集がそれぞれ組まれ、長崎国際テレビが制作協力に参加したことによるもの。
    週間番組表・2019年8月6日週間番組表・2019年11月25日週間番組表・2020年8月6日週間番組表・2021年8月6日 ただし、番組表における番組編成は、15:50に『news every.・第1部』、16:50に『76回目の原爆の日〜ヒロシマからナガサキへ〜』、 17:43に『news every.長崎』となる。
  68. ^ 当初は2022年2月24日に放送予定だったが、この日に変更となった。
    週間番組表・2022年2月25日 ただし、番組編成は、15:50に『news every.・第1部』、16:50に『news every.長崎スペシャル 長崎のあすを、未来をつくる・第1部』、17:53に『news every.・第3部』、18:15に『news every.長崎スペシャル 長崎のあすを、未来をつくる・第2部』、 18:54.45に『news every.長崎』となる。
  69. ^ 2018年3月29日までの番組名は『テレビタミン』。
  70. ^ 前者についてはネット開始以前にも平成28年熊本地震関連報道のため、2016年4月15日から5月13日まで報道特番扱いで臨時に第1部を○に変更した実績がある。(「天気予報」は、熊本県のニュース・天気に差し替えていた。)
  71. ^ 2017年1月のレギュラーネット開始から2018年9月までは「木原さんのおかえり天気」→「木原さんのせいかつ天気」部分を熊本県のニュース・天気・『テレビタミン』→『てれビタ』の予告に差し替えていた。
  72. ^ a b 2018年3月30日で「KYT news every.かごしま」(金曜版・かごピタに内包)の放送を終了。
  73. ^ 「カルスポっ!」のスポーツニュース部分が終わる17:20過ぎで飛び降りて、その後そのままステブレレスで鹿児島のスタジオからの放送に切り替えた(なお、この期間EPGや鹿児島読売テレビ公式サイトの番組表の15:50(10日は16:50) - 18:15枠に『KYT news every.【県内ニュースは午後5時20分ごろから!】』とクレジットしていた)。
  74. ^ 2021年より、『news every.県内ニュース』として、ローカルニュースと天気予報を内包する形で放送されている。
  75. ^ a b c d e f 『news every.サタデー』に内包扱いとされている。
  76. ^ 2013年4月以降、エンドタイトルは「news every.SATURDAY END」と表記。
  77. ^ 2018年3月まではまるがめ競艇ウィークエンド情報局・天気予報を放送。ローカルニュースは17時前に『JUST NEWS』を放送していた。
  78. ^ 2012年4月から2015年3月まではNEWS5ちゃん news every.サタデー
  79. ^ ただ、現在も深夜の『NEWS ZERO』→『news zero』や『Going! Sports&News』ではFIFAクラブワールドカップ期間中に特設コーナーを放送することに伴う放送時間拡大の措置を取っている。
  80. ^ 2020年は例年より2か月遅れの9月12日に放送。
  81. ^ 2020年は当初の2020年東京オリンピックの開幕予定前日であった7月23日(木曜日)。また、2021年も延期された東京オリンピックの日程に合わせて7月22日(木曜日)に移動された。
  82. ^ 環境キャンペーン企画「Good For The Planet ウィーク」の一環で放送したため。
  83. ^ なお、2021年7月22日の『ミヤネ屋』は当初通常枠での放送が予定されていたが、東京オリンピック中継延長のため、オリンピック中継終了後からの短縮放送となった。
  84. ^ なお、他局でもテレビ朝日の『スーパーJチャンネル』とTBSテレビの『Nスタ』では年末年始の月 - 金曜日と重なる日は日替わりシフトの局アナ2人と気象予報士1人が出演する25分または30分の短縮版を放送している。
  85. ^ なお、『NNN NEWS&SPORTS』として放送される場合は当番組第3部全国ネット枠のスポンサーが同番組のスポンサーになった。
  86. ^ ちなみに、1月3日(日曜日)は年始特別編成による『真相報道 バンキシャ!』の休止に伴い、17:55 - 18:25に代替の『NNN NEWS』を放送した(『 - バンキシャ!』のネットスポンサーは『NNN NEWS』にスライド提供された)。
  87. ^ 平日のみスポンサーについては第3部全国ネット枠のネットスポンサーのみ短縮版の本番組へスライド提供された。
  88. ^ ちなみに、1月2日(日曜日)は年始特別編成による『真相報道 バンキシャ!』の休止に伴い、18:00 - 18:25に代替の『NNN news』を放送した(『 - バンキシャ!』のネットスポンサーは『NNN news』にスライド提供された)。
  89. ^ 23:30 - 23:50は『Going!Sports&News・短縮版』のため、一時中断。
  90. ^ a b c 通常当番組をネットしていないテレビ大分テレビ宮崎でも、両局の日曜日のゴールデン・プライム帯が日本テレビ系同時ネット枠であることや、最終版全国ニュースが日本テレビ系列からの供給となっていることから全編同時ネットで放送。なお、『news zero』については普段から両局でもネットされている。
  91. ^ なお、9月16日の第1部は14:55 - 16:50に『Fun!BASEBALL!! 読売ジャイアンツ×阪神タイガース』中継を関東など一部地域で放送のため休止。野球中継をネットしなかった局は個別に自主編成番組を放送。
  92. ^ 通常の土曜版に出演の藤田と杉野は17:30まで、17:30以降、『NNNストレイトニュース』に出演の豊田と矢島が担当。気象情報士の杉江は全編出演。
  93. ^ なお、17:30からの拡大パートをネット受けしなかった系列局では当初予定通り『僕のヒーローアカデミア』『名探偵コナン』(いずれも読売テレビ制作)をネット受けした。
  94. ^ なお、この緊急報道特番は通常当番組を非ネットとしているテレビ大分でも放送された(同局の土曜日のゴールデン・プライム帯が日本テレビ系同時ネット枠となっているため)。また、急な番組変更だったため、18:30以降の時間帯では『 - 青空レストラン』と『 - 志村どうぶつ園』のネットスポンサーのCMを消化する措置が取られた(提供クレジットは自粛しPT扱いとなった。これにともない、本来のスポンサーは後日別枠で振り替えられた。)。
  95. ^ なお、当初「祝賀御列の儀」は10月22日の夕方に行われる予定だったが、先述の東日本台風の影響でこの日に延期されていた。
  96. ^ これは、当初東京オリンピックが同年7月24日開幕予定となっていたことにちなんで放送された特番だった(なお、東京五輪はその後新型コロナウイルスの世界的な大規模感染の影響で2021年夏への開催延期が決まった)。
  97. ^ 火曜サプライズ2時間スペシャル』は休止(なお、同月14日の同時間帯に振替放送された)。
  98. ^ BS日テレ 4Kにとっては、開局以来初めて本番組をネットし、また開局以来初のNNN緊急報道特番となった。
  99. ^ BS日テレが当番組を放送するのは、2011年3月の東日本大震災時以来である。発生当日の同月11日はBS日テレでもNNN緊急特番として、日本テレビの報道フロアから放送していたが、17時台から当番組のテロップを使用したことから、事実上当番組をネットしたことになった。また、同月14日 - 18日も日テレNEWS24のサイマル放送扱いで一部分を放送した。
  100. ^ 20:54 - 21:00に関東など一部地域で『news zero速報版』も別途放送。
  101. ^ ただし、札幌テレビは『GO!GO!ファイターズ 埼玉西武ライオンズ×北海道日本ハムファイターズ』中継に、広島テレビは『完全カープ主義 開幕戦SP「横浜DeNAベイスターズ×広島東洋カープ」』中継にそれぞれ差し替え。
  102. ^ 当初、2020年のプロ野球公式戦は3月20日に開幕する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕がこの日に延期されていた。
  103. ^ 16:00 - 16:55・17:00 - 17:30の2部構成で放送。16:55 - 17:00は各局ミニ番組で中断。
  104. ^ このため、拡大パートをネットしなかった局は17:00飛び乗りとなった。また、日本テレビでは拡大パートでは座布団の時刻表示の部分を差し替えて『特別版』と表示した(17:00 - 17:30は通常通り時刻表示を実施)。
  105. ^ 15:50 - 16:50・18:15 - 19:00は一部地域ではローカル番組に差し替え。
  106. ^ なお、同特番は当番組メインキャスターの藤井が総合司会を務め、藤井以外の当番組の一部出演者も参加した。また、スタジオは当番組のスタジオセットを使用したほか、テロップも基本的には当番組のものをアレンジしたものを使用していた。その他、スポンサーも14時台に『ミヤネ屋』のネットスポンサー、18時台序盤に当番組第3部全国ネット枠のスポンサーがそのままスライドで付いたほか、加えて関東地区では15時台後半に『ミヤネ屋』の関東ローカルスポンサー、18時台中盤から終盤に当番組第3部関東ローカル枠のスポンサーがスライド提供された。
  107. ^ なお、一部の地方局でも17:15から放送されていたローカル番組を短縮した上で17:45から野球中継をネット受けした。
  108. ^ a b c 23:00 - 翌2:00に『東京五輪プレミアム』も別途放送。
  109. ^ 16:50 - 17:00頃がオリンピックコーナー、17:00頃からオリンピック関連も含む通常ニュースという構成だった。
  110. ^ なお、厳密には早朝帯で生中継していた女子マラソンが暑さ対策で開始時刻が6:00に繰り上げられたため、5:59から中継していた(編成上は6:30まで『ズームイン!!サタデー・短縮版』のまま)。
  111. ^ a b 23:55 - 翌0:15は『Going!Sports&News・短縮版』のため、一時中断。
  112. ^ ただし、札幌テレビは『GO!GO!ファイターズ 福岡ソフトバンクホークス×北海道日本ハムファイターズ』中継[67]、ミヤギテレビは『DRAMATIC BASEBALL 2022 東北楽天ゴールデンイーグルス×千葉ロッテマリーンズ 読売ジャイアンツ×中日ドラゴンズ 開幕戦』(15:50 - 16:50、17:15 - 18:10にも別途放送、18:10以降は東北楽天ゴールデンイーグルス×千葉ロッテマリーンズと読売ジャイアンツ×中日ドラゴンズの二次元中継を実施)[68]、読売テレビは『プロ野球中継「阪神タイガースvs東京ヤクルトスワローズ京セラドーム大阪[69]、広島テレビは『完全カープ主義 プロ野球中継・開幕戦「横浜DeNAベイスターズ×広島東洋カープ」』中継[70]にそれぞれ差し替え。
  113. ^ この特別版は当番組を非ネットとしているテレビ宮崎でも同時ネットした(同局の金曜日のゴールデン・プライム帯が日本テレビ系の同時ネット枠となっているため)。
  114. ^ この日、15:50以降は全て通常通りの放送となった。
  115. ^ 2011年1月10日放送分の『Oha!4 NEWS LIVE』(日テレNEWS24 (CS) 制作・日本テレビでも同時ネット。)でもこのニュース素材が流用する形で放送された。

出典

  1. ^ a b 日テレ夕方ニュース一新。藤井アナ、陣内・丸岡キャスター体制 日テレNEWS24 - 2010年2月23日
  2. ^ 日テレ系夕方ニュースが新装!! メーンキャスターは藤井貴彦アナ オリコン - 2010年2月23日
  3. ^ 1988年4月4日から2001年3月24日まで
  4. ^ 2001年3月26日から2006年4月1日まで
  5. ^ 2006年4月3日から2010年3月27日まで
  6. ^ それいけ!アンパンマン:初の午前10時台へ放送時間がお引越し 「PON!」 は月~木に 毎日新聞デジタル 2016年2月22日発行、同日閲覧。
  7. ^ UraUnabou_0108のツイート(1535532488461651970)
  8. ^ kento_telop1995のツイート(1535532528794226692)
  9. ^ “開局55周年で記念番組・イベント展開=3年間で30億円投資し新しいものにチャレンジ-読売テ望月社長、今年の経営方針など語る”. 連合通信ドットコム (連合通信社). (2013年1月21日). オリジナルの2013年2月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130204122140/http://rengo-tsushin.com/modules/broadcasting/index.php?page=article&storyid=2654 
  10. ^ “「シューイチ」枠大、土曜にアニメゾーンなど 改編率G14.1%P18.9%全15.6% NTV、4月編成番組決まる”. 連合通信ドットコム (連合通信社). (2013年3月4日). オリジナルの2016年4月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160408234526/http://rengo-tsushin.com/modules/broadcasting/index.php?page=article&storyid=2780 2013年3月11日閲覧。 
  11. ^ news every.[字]- Gガイド.テレビ王国 - ウェイバックマシン(2021年12月21日アーカイブ分)
  12. ^ [1]
  13. ^ [2]
  14. ^ [3]
  15. ^ [4]
  16. ^ [5]
  17. ^ 2013年度第3四半期IR決算説明資料 日本テレビホールディングス 2014年2月15日閲覧。
  18. ^ 第82期中間報告書 日本テレビホールディングス 2014年12月27日閲覧、
  19. ^ “カトパンが仕掛け人?生野アナ「めざまし」から異動のドロドロ舞台裏”. 東スポWeb. (2014年9月17日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/95606 2014年9月17日閲覧。 
  20. ^ TBS「Nスタ」が日テレ「every.」に悲願の勝利 最大の功労者はホラン千秋ではなく‥,デイリー新潮,2019年6月29日
  21. ^ 好調『every.』6日に世帯視聴率18.5%、日テレ5月第1週個人3冠”. マイナビニュース (2020年5月11日). 2020年5月24日閲覧。
  22. ^ 藤井貴彦 - オリコンTV出演情報
  23. ^ 陣内貴美子 - オリコンTV出演情報
  24. ^ 鈴江奈々 - オリコンTV出演情報
  25. ^ 2021年6月から産休・育休に入り、2022年5月5日より復帰。
  26. ^ a b 日テレ徳島アナ 「news every.」木・金担当に 産休・鈴江アナの後任で”. Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2021年6月3日). 2021年6月3日閲覧。
  27. ^ a b 日テレ・鈴江奈々アナ、第2子妊娠を生報告 「every」は産休、後任は徳島えりかアナ”. Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2021年6月2日). 2021年6月2日閲覧。
  28. ^ 渡辺裕太-プロフィール「レギュラー」
  29. ^ gohoukoku”. 木原実オフィシャルブログ「木原実のお弁当と防災と」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2017年11月24日). 2018年3月26日閲覧。
  30. ^ “木原実氏 脊髄損傷から5カ月ぶり「new every.」復帰「夢のよう」小山とハグ、そらジローも喜び”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/26/kiji/20180326s00041000205000c.html 2018年3月26日閲覧。 
  31. ^ 気象予報士・木原実さん、一定期間テレビ出演欠席を報告…同居家族のコロナ陽性で、自身は陰性と発表 - スポーツ報知・2020年12月6日18時03分配信
  32. ^ 気象予報士の木原実氏が復帰 家族が陽性反応で自宅待機「長くお休み頂きました」 - デイリースポーツ・2020年12月18日配信
  33. ^ 高橋 若葉 - 俳協
  34. ^ 伊藤 英敏(いとう ひでとし)|大沢事務所”. 大沢事務所. 2021年9月21日閲覧。
  35. ^ “NEWS小山慶一郎が情報番組で生謝罪/発言全文”. 日刊スポーツ. (2018年6月7日). https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/201806070000540_m.html 2018年6月7日閲覧。 
  36. ^ a b “NEWS小山が「エブリー」降板、藤井アナ手紙代読”. 日刊スポーツ. (2018年12月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812190000458.html 2020年3月9日閲覧。 
  37. ^ NEWS小山「午後4時台の顔に」日テレ夕方ニュースのメーンキャスターに Sponichi Annex 2013年11月20日閲覧。
  38. ^ “小山慶一郎、日テレ『news every.』で生謝罪 出演を当面見合わせ「自分を見つめ直したい」”. ORICON NEWS. (2018年6月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2113110/full/ 2018年6月7日閲覧。 
  39. ^ 小山慶一郎&薮宏太MBS新番組の曜日レギュラーに”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2021年3月22日). 2021年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月23日閲覧。
  40. ^ 2022年2月21日は欠席し、中島芽生が代行。同年2月28日より出演
  41. ^ “懲戒処分の野村修也弁護士、不服申し立ての意向:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://digital.asahi.com/articles/ASL7K4RWVL7KUTIL02V.html 2018年7月19日閲覧。 
  42. ^ 野村修也さんのツイート: "自粛します。… "
  43. ^ 知りたいッ!
  44. ^ お天気キャスター・木原実&そらジローの「こんにちはー!」
  45. ^ ntvsorajiroのツイート(1230035522535342080)
  46. ^ every.16時「トク4」
  47. ^ every.特集
  48. ^ 気になる!
  49. ^ MOTTO
  50. ^ ナゼナニっ?
  51. ^ https://twitter.com/sayakanayan/status/1368891570573828097?s=20 静岡第一テレビの時刻表示
  52. ^ https://twitter.com/1993Tomokun/status/1376426993948889090?s=20 読売テレビの時刻表示
  53. ^ https://twitter.com/takakuratch/status/1286207493840855040?s=20 中京テレビの時刻表示
  54. ^ 日テレ系10番組 | OCN 沖縄ケーブルネットワーク | ケーブルテレビ・インターネット・でんわ” (日本語). 2022年6月5日閲覧。
  55. ^ 10月1日 START | 宮古テレビ9chが楽しくなる! | 日テレ系始まるよ (PDF)” (日本語). 2022年10月5日閲覧。
  56. ^ ゴジてれchu見学&今日はゴジてれ放送”. アメーバブログ (2015年2月12日). 2015年3月1日閲覧。
  57. ^ ふるさとこの一年2021”. 日本海テレビ. 2021年12月23日閲覧。
  58. ^ 番組表”. 日本海テレビ. 2021年12月23日閲覧。
  59. ^ 第38回全山陰少年サッカー選手権大会”. 日本海テレビ. 2022年7月23日閲覧。
  60. ^ news every.藤井貴彦、陣内貴美子がきょう一日を分かりやすく 字”. Gガイド.テレビ王国. SMN. 2022年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月2日閲覧。
  61. ^ https://twitter.com/tamao_pta/status/1127122773963198464?s=20 長崎国際テレビの時刻表示
  62. ^ ニュースevery日本海 - Gガイド.テレビ王国 - ウェイバックマシン
  63. ^ news every.とくしま[字 - Gガイド.テレビ王国 アーカイブコピー] - ウェイバックマシン
  64. ^ KYT news every.[字 - Gガイド.テレビ王国] - ウェイバックマシン
  65. ^ 巨人戦ナイトゲームの試合開始時間変更について 読売巨人軍公式サイト、2021年3月22日配信・閲覧。
  66. ^ NNN news every. 緊迫・・・ウクライナ情勢 ロシア軍”侵攻”は?[字] - Gガイド.テレビ王国 - ウェイバックマシン(2022年2月22日アーカイブ分)
  67. ^ 『GO!GO!ファイターズ 福岡ソフトバンクホークス×北海道日本ハムファイターズ』Gガイド.テレビ王国 - ウェイバックマシン(2022年3月24日アーカイブ分)
  68. ^ DRAMATIC BASEBALL 2022 東北楽天ゴールデンイーグルス×千葉ロッテマリーンズ 巨人×中日ドラゴンズ 開幕戦 Gガイド.テレビ王国 - ウェイバックマシン(2022年3月24日アーカイブ分)
  69. ^ プロ野球中継「阪神タイガースvs東京ヤクルトスワローズ」京セラドーム大阪 Gガイド.テレビ王国 - ウェイバックマシン(2022年3月24日アーカイブ分)
  70. ^ 広テレ!完全カープ主義 プロ野球中継・開幕戦「DeNA×広島」★プレゼント Gガイド.テレビ王国 - ウェイバックマシン(2022年3月24日アーカイブ分)
  71. ^ news every.藤井貴彦、陣内貴美子がきょう一日を分かりやすく[字] - ウェイバックマシン(2022年3月21日アーカイブ分)
  72. ^ 安倍元首相銃撃 TV各局 GP帯に報道特番を緊急編成 レギュラー・特番は延期・休止”. スポーツニッポン (2022年7月8日). 2022年7月9日閲覧。
  73. ^ “安倍元首相の国葬、27日テレビ各局が特番編成 テレ朝は5時間超、“独自路線”テレ東は5分”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2022年9月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/09/21/kiji/20220921s00041000712000c.html 2022年9月22日閲覧。 
  74. ^ mayuko's works 2010
  75. ^ profile
  76. ^ “【BPO】 日本テレビ『news every.』の「飲み水の安全性」企画の“不適切な取材対象者”について、BPOが意見を公表。”. MSN産経ニュース. (2012年7月31日). オリジナルの2012年8月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120801005942/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120731/prl12073115180064-n1.htm 
  77. ^ 【日本テレビ】『news every.』報道に対するBPO放送倫理検証委員会「意見」について 2012年7月31日
  78. ^ “日テレが容疑者と別人の映像を放送、『News every.』で謝罪”. 産経ニュース. (2015年10月23日7時55分). https://www.sankei.com/article/20151023-EMQOIAWVBBKUDMIDAXN4APVE3U/ 2016年1月19日閲覧。 
  79. ^ 日テレ「news every.」取材陣に警察官が怒声 中継が30秒で中断する事態 livedoor NEWS、2016年11月10日閲覧。

外部リンク

日本テレビおよびNNN系列 平日夕方のNNNニュース
前番組 番組名 次番組
news every.
(2010年3月29日 - )
-
日本テレビおよびNNN系列 土曜夕方のNNNニュース
NNN Newsリアルタイム・サタデー
news every.サタデー
(2010年4月3日 - )
-
日本テレビ 月曜 - 木曜15:50 - 16:53枠
イブニングプレス donna
※15:50 - 15:55
ドラばらっ!
※15:55 - 16:53
news every.
(2014年1月6日 - )
-
日本テレビ 月曜 - 木曜16:53 - 17:00枠
Newsリアルタイム
※16:53 - 19:00
news every.
(2010年3月29日 - )
-
日本テレビ 金曜15:50 - 16:50枠
女神のマルシェ
※15:50 - 16:20
それいけ!アンパンマン
※16:20 - 16:50
【それぞれ5時間25分繰り上げて継続】
news every.
(2016年4月1日 - )
-
日本テレビ 金曜16:50 - 17:00枠
それいけ!アンパンマン
※16:30 - 17:00
【10分繰り上げて継続】
news every.
(2013年4月5日 - )
-
日本テレビ 平日17:00 - 19:00枠
Newsリアルタイム
news every.
(2010年3月29日 - )
-
日本テレビ 土曜17:30 - 18:00枠
NNN Newsリアルタイム・サタデー
news every.サタデー
【ここまで日本テレビ制作】
(2010年4月3日 - 2013年3月30日)
宇宙兄弟
【日曜7:00 - 7:30枠より移動】
【ここから読売テレビ制作のアニメ枠
日本テレビ 土曜17:00 - 17:30枠
所さんの目がテン!
【日曜7:00 - 7:30枠に再移動】
news every.サタデー
(2013年4月6日 - )
-