朝生ワイド す・またん!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝生ワイド す・またん!
ジャンル ニュース・情報番組
放送時間 月曜 - 金曜 5:20 - 6:30(70分)
放送期間 2010年3月29日 -(2016年2月7日で1500回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 読売テレビ
演出 大坪正季
プロデューサー 喜多毅
野尻仁(CP
出演者 辛坊治郎
森たけし
虎谷温子
諸國沙代子ほか
音声 ステレオ放送(2011年4月より)
オープニング シェリーに口づけミッシェル・ポルナレフ
外部リンク 公式サイト

特記事項:
5:08 - 5:20には、『もうすぐ す・またん!』と題した事前ミニ番組を放送のためフライングスタート扱いとなる。
6:30 - 8:00の『ZIP!』の関西ローカルもこの番組の流れで放送しており、事実上コンプレックス番組である。
テンプレートを表示

朝生ワイド す・またん!』(あさなまワイド す・またん)は、2010年3月29日から読売テレビ(ytv)で、月曜日から金曜日(祝日含む)の5:20 - 6:30に関西ローカルで放送中の朝の情報番組[1]。番組名の「す・またん」(ce matin)は、フランス語で「今朝(けさ)」を意味する。なお、本項では、当番組の出演者が登場する日本テレビ制作・全国ネットの後枠番組(『ズームイン!!SUPER』→『ZIP!』)の関西ローカルパート(7:27頃まで)についても取り上げる。

概要[編集]

読売テレビが平日の朝にローカル情報番組を放送するのは、2006年6月30日まで放送されていた『ゲツキン!』以来3年9か月ぶりで、『ゲツキン!』終了後は『ズームイン!!SUPER』内でローカルコーナーを差し替え放送していた。

読売テレビは一時、早朝の自社制作から撤退し、日本テレビの『ズームイン!!SUPER』を一部差し替えながらフルネットしていたが、差し替えの多さに自社制作再開へと再び舵を切ったことになる。

番組開始時の初代プロデューサーの徂徠雅夫NNNパリ支局長だったことから、番組名にはフランス語で「今朝(けさ)」を意味する「す・またん」(ce matin)と名付けられた。

2011年4月1日より、『ズームイン!!SUPER』に代わって『ZIP!』が開始されたが、当番組は継続することが決まり、『ZIP!』のローカル枠も従来通り、本番組の出演者が担当している[2]。それに伴い、新年度の番宣CMやポスターが制作された。新たに掲げられたキャッチコピーは「朝から全力疾走!!」。また、音声も『ZIP!』本編がステレオ放送のため、本番組もステレオ放送を開始した。なお、『ZIP!』枠内も『す・またん!』と同じスタジオから放送されるが、『ZIP!』枠内では全国版『ZIP!』で使用される雲のロゴがセットに配置される。

視聴率については、月亭八方大平サブローなどが出演していた『ズームイン!!』の関西ローカル枠時代から上昇。2012年3月7日に、放送500回へ到達した。

キャスター[編集]

主なキャスターは、読売テレビが平日の早朝に編成していた生放送番組へのレギュラー出演を経験している。辛坊治郎は、読売テレビの解説委員時代に『元気モンTV』・『あさイチ!』を2001年9月まで担当した後、『ズームイン!!SUPER』で新聞解説を8年6ヶ月担当してきた。読売テレビアナウンサー森たけしは辛坊と共演した『あさイチ!』以来である。またこの2人は『ズームイン!!朝!』の中継キャスターとしてコンビを組んでいた事がある[3]

なお、辛坊は当番組の開始を機に、『ズームイン!!SUPER』を降板。番組開始時の番宣CMやポスターでは、「朝の新習慣!」(「新習慣」の新は、○の中に新が入った表記)というキャッチコピーを掲げるとともに、辛坊と森が水をかけられてずぶ濡れになった姿の映像や写真が使われていた。

その一方で、森・辛坊のサポート役として、読売テレビの女性アナウンサーを代々全編のキャスター(女性キャスター)に起用。川田裕美フリーアナウンサー)は、同局のアナウンサー時代に、『ズーム』ローカルパートからの続投扱いで当番組初期のキャスターを務めていた。かつて辛坊と『ウェークアップ!ぷらす』で共演していた虎谷温子も、『ズーム』時代にキャスターを担当。産前産後休暇などで当番組を一時離れていたが、2016年12月から当番組のキャスターに復帰している。

番組構成[編集]

本編開始前の10分間(5:10 - 5:20)には、女性キャスターとお天気キャスターのみが出演する『もうすぐ す・またん!』(天気予報を中心とした直前番組)を生放送。後座番組『ZIP!』でも、当番組の出演者がローカルパートを担当している。実際には、このパートを「す・またん」の一部とみなすことも多い[注 1]。後座番組の『ZIP!』を新聞番組表では「す・またん!&ZIP!」という形で複合番組(5:20から8:00)で扱っており、実質は5:10から8:00の2時間50分(約3時間)放送されているということになる[注 2]。また、6:30から8:00においても他の日本テレビ系列局と比べローカルパートの割合が極めて高く、実に半分近くが大阪からの中継となっている[注 3]。なお、ローカルパート放送中の6:45頃と7:00に『ZIP!』で表示されるネットセールス枠の提供クレジットは読売テレビ側で同じ仕様のものが出され、「SHOWBIZ24」と「UPDATE」内のCM枠のみ日本テレビに飛び乗っている。

通常は7:25頃に「朝コレ芸能」のコーナーが終了と同時に番組は終了する。「この後は東京からお伝えします」と言って、画面が切り替わり、そのまま8時まで全国版『ZIP!』が放送される。ただしオリンピック開催中、FIFAクラブワールドカップ開催中は当該ニュースをネットするため、7:00ちょうどに終了し、全国版『ZIP!』をネットする。また、日本テレビ系列で行うキャンペーン(7daysTV他)を放送する場合も同様の措置をとることがある。

祝日の放送では「す・またん ラジオ」と題して、視聴者から寄せられたハガキなどを読むコーナーが設けられることがある(祝日に「す・またん ラジオ」のコーナーが無い場合もある)。

特別企画・連動企画[編集]

2010年には、本放送開始前週(3月22日 - 26日)の5:10 - 5:20に事前告知番組『来週す・またん!』、放送前日の3月28日に特別番組『辛坊&森がフランスで奇跡の絶景求めて弾丸珍道中スペシャル!』を放送した。

本放送の開始後は、Twitterと連動。番組開始前の2010年2月24日から、森がつぶやきを行っており[4]、番組開始後も番組公式アカウントや「スポーツ す・またん!」アカウント宛のつぶやきを時々紹介している。なお、公式アカウント宛のつぶやきに対しては、森が自らの一言を加えた上で時折リツイートを行っているが、内容によっては各コーナー担当のアカウント宛に振ることもある。

さらに、森・辛坊を初めとするレギュラー出演者と番組スタッフが「す・またんバンド」を結成。キャスターが交代するたびにメンバーや担当パートを入れ替えながらも、オリジナルCDの発売や東日本大震災復興支援のチャリティコンサートの開催など、番組の枠を越えた活動を随時展開している(詳細後述)。2015年3月29日には、放送5周年記念イベント「す・またん!生誕!5年たったん!ライブ」を松下IMPホールで開催した。2017年には、3月29日で放送開始7周年を迎えたことを記念して、「七回帰(しちかいき)〜す・またん!ベスト7年〜」と称するアルバムユニバーサルミュージックから発売した[5]

なお、2014年度までは年に1回のペースで、当番組の本番終了後に上泉雄一(森と親交が深い毎日放送アナウンサー)がパーソナリティーを務めるMBSラジオの生ワイド番組(主に『上泉雄一のええなぁ!』)へ森やアシスタントが出演[6]。出演日までに両番組で告知するほか、上泉の担当番組の中で特別に「す・またん! ラジオ」を放送したり、当番組のスタッフが撮影した出演中の映像を、翌日のオープニングで紹介したりしていた。

出演者[編集]

現在[編集]

2017年4月以降
担当 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
司会 森たけし
虎谷温子 諸國沙代子 虎谷温子 諸國沙代子
解説 辛坊治郎
お天気 斉藤雪乃 武田訓佳
木島由利香 (随時)
スポーツ 小澤昭博立田恭三尾山憲一本野大輔平松翔馬[注 4](シフト勤務)
芸能 あべかすみ 城下尊之 長谷川まさ子
嵯峨聖子
菊池真由子
駒井千佳子
川内天子
石川敏男
野球解説
「まるトクZIP!」リポーター
辛坊治郎が休暇時の代役
その他
  • 桂吉弥 - 「す・またん!ブイ」うまたんナレーター。ゲストMCやパネラーとして、スタジオに出演することもある。
  • 窪田信(スポーツニッポン文化部デスク) - 芸能(月1回出演)
  • 荒木田範文(週刊女性記者) - 芸能(月1回「裏ネタありMONDAY」に出演)
  • 森若佐紀子 - 虎谷、吉田、中谷が司会を担当できない時に司会を担当(2013年1月頃から不定期)
  • 松尾貴史 - 「関西カレーなる一族」及びスタジオゲスト。
  • 嘉門タツオ - スタジオゲスト

過去[編集]

出演者 期間 担当
川田裕美[注 6] 番組開始 - 2011年12月28日 司会
吉田奈央[注 7] 2011年10月5日 - 2016年12月1日
中谷しのぶ[注 8] 2011年10月5日 - 2016年12月27日
KOHARU亭けいじろう   師匠! お仕事です
笑福亭笑瓶   浪花ふしぎ発犬!!

タイムテーブル[編集]

当番組のタイムテーブルは、生放送を前提に制作しているため、コーナーの開始時間が異なったり、コーナーが前後する場合がある(2016年4月4日現在)。

  •  5:08  CM
  •  5:10  オープニング・関西の天気・トピックス
    • よみうりテレビの玄関前から女性司会と天気キャスターのみで進行。石井竜也「Everyone's Song」にのせて天気を伝えた後、トップニュース・スポーツなどを伝える(ニュースは女性司会、エンタメ・スポーツは天気キャスターが読み上げ)。月曜日のこの時間には、関西球団を中心にJリーグ(J1・J2)の結果も伝える。
  •  5:19頃  今朝の森ちゃん
    • 番組ラインナップを予告して、映像だけ森たけしを呼び出す。この日の出演者やADなどのスタッフと、実質的な内容はショートコントを展開。
  •  5:20  オープニングタイトル
    • 情報カメラをバックにタイトルCGと提供クレジットを流し、すぐにCM。
  •  5:22:15  オープニング
    • ここで、「シェリーに口づけ」が流れる中、出演者の挨拶(辛坊と女性司会だけ、森よりやや長めにお辞儀をする。)と、オープニングトークをする。
  •  5:26  辛坊さんの朝刊早読みニュース
    • 新聞1面紹介とVTRニュース4項目を組み合わせて紹介する。フリートークも多く、用意した項目を全て紹介できないこともある。このコーナーの最後に、関西ローカルフラッシュニュースを2〜3項目伝える(当日のスポーツ担当アナウンサーが原稿を読む)。
  •  5:35  関西の天気
  •  5:38頃  スポーツ す・またん!
  •  5:47頃  エンタメ す・またん!
  •  5:53頃  す・またん! ブイ
    • 企画VTRのコーナー。
  •  5:59頃  関西の天気
  •  5:59.55  ZIP!時報
    • NNN協定により同時ネット「ZIP!」
  •  6:00  NNN NEWS ZIP!
    • EPG番組表ではここを境に第2部に変わる。ビデオリサーチ社の視聴率公表上および編成上は「す・またん!」とは独立した単独番組扱いとなっている[注 10]
  •  6:11  (金曜日のみ、週末プレゼント→)関西の天気→辛坊さんのニュース講座
    • 気になる話題を辛坊と森が紹介。コーナーの最後にローカル枠の予告テロップが流れる。
  •  6:29.50  「ZIP!」オープニング
    • ここで「ZIP!」をフルネットしている局で5:50頃から流れるオープニングを流す。
  •  6:30  ZIP!時報
    • 「ZIP!」と同時ネット。
  •  6:30.05  NEWS 24
  •  6:35頃  SHOWBIZ24(前半・一部)
    • 「SHOWBIZ QUIZ」が出題されるタイミングで大阪のスタジオに切り替わり、「まるトクZIP!」の予告(リポーターもここから登場)。
  •  6:43頃  関西の天気
    • 2012年2月から、その日の天気についての川柳を詠んで締める。
  •  6:45頃  朝コレカルチャー
    • 関西の流行情報・エンタメ情報を紹介。
  •  6:52頃  朝コレスポーツ
    • 「スポーツす・またん!」のつづき。主に阪神タイガースの情報を紹介する。
  •  6:55頃  ZIP!deポン!チャレンジ(2回目)
    • 「ZIP!」と同時ネット。
  •  6:57頃  朝コレトピックス
    • 「辛坊さんのニュース講座」のつづき。
  •  7:10頃  まるとくZIP
    • 他特集企画。「ZIP!」の最高気温UPDOWN(ネットセールスの提供交換)を挟む。
  •  7:22頃  朝コレ芸能
    • 主だった芸能情報をピックアップして紹介する。
  •  7:25頃以降  「ZIP!」
    • 以降8:00まで「ZIP!」と同時ネット[注 11]。飛び乗り時には、右下からワイプ映像で日本テレビの映像に切り替わる。

特別編成について[編集]

  • スポーツ中継(オリンピックFIFAワールドカップFIFAクラブワールドカップ等)放送時には短縮または休止となることがある。
  • 基本的には12月28日で年内の放送を終え、翌年1月4日から新年の放送を開始する。
    • 2011年1月3日・12月29日は当番組の代替で『Oha!6 NEWS LIVE[注 12]をネット受けした(日本テレビ他一部地域を除く地上波系列局も同時ネット)[注 13]
    • 2014年12月29日は当番組の代替で『Oha!4 NEWS LIVE 年末拡大スペシャル』[注 14]の第2部(枠拡大)をネット受けした(日本テレビ他一部地域を除く地上波系列局も一部または全編を同時ネット)。
    • 2015年12月28日は当番組の代替で『Oha!4 NEWS LIVE 中田有紀卒業スペシャル』[注 15]の第2部(枠拡大6:30まで)をネット受けした(日本テレビ他一部地域を除く地上波系列局も一部または全編を同時ネット)。
  • 2011年3月14日は『もうすぐす・またん!』および当番組を休止し、東日本大震災関連のニュースを伝えるため、『Oha!4 NEWS LIVE』[注 16]・『ズームイン!!SUPER』をフルネットした[7]。辛坊はこの日、かつて日本テレビから出演していた後者に臨時出演している。
  • 2014年6月20日は『2014 FIFAワールドカップ日本×ギリシャ』戦および直前SP・直後SP放送に伴う特別編成のため、『もうすぐす・またん!』および当番組を休止し、『Oha!4 NEWS LIVE[注 17]を通常より延長し、第1部を(途中で飛び乗ったあと)最後まで、第2部も読売テレビでは2部制移行後初めて全編放送した。

番組使用曲[編集]

番組テーマ曲
天気予報
  • 時間旅行」/す・またん!バンド[注 18]石井竜也[注 18] (2013年6月6日 - 現在)
  • 「フィーリン!」/マイクロスター (2010年3月29日 - 2013年6月6日)
  • 「晴れほれ」、「曇っちゃうな」、「いやし雨」、「いやし雪」/嘉門タツオ (2017年 - 現在)
現在は森が天気を伝える時(6:12~6:13頃)には嘉門タツオによる晴れ・曇り・雨・雪とそれぞれ今の天気を表す上記テーマ曲が流される。近畿地方に台風が接近・上陸する場合には、別の曲を流す場合がある。なお森以外の場合(斉藤or武田)はこれまで通り「時間旅行」が流れる。

スタッフ[編集]

  • 演出:大坪正季
  • ディレクター:原田朋実、木下友禎、瀧井美貴、近藤裕子、稗田大倫、小林裕紀、山崎英河、高田純一、小林耕太郎、中野允嗣、西祐輔、蓮岡幸樹、土屋洋之、門脇大志、竹中毅、池田健
  • チーフディレクター:馬場伸治、木村寛(スポーツ担当)
  • 編成:吉積伸介
  • 宣伝:熊谷有里子
  • AP:山崎舞子
  • プロデューサー:喜多毅
  • チーフプロデューサー:野尻仁
  • 制作協力:ytv NexTryよしもとブロードエンタテインメント
  • 制作著作:ytv(読売テレビ)
過去のスタッフ
  • 演出:西川義嗣
  • ディレクター:鷲見演博、田中悠司
  • 総合演出:村上雅俊、竹綱裕博
  • 編成:倉本健次
  • プロデューサー:田中雅博
  • チーフプロデューサー:菱田義和、徂徠雅夫(徂徠→以前は、プロデューサー)、宮本典博、伏木崇(伏木→以前は、プロデューサー)、中島恭助
  • 制作協力:ワイズビジョンよしもとビジョン

円卓×す・またん!スタッフ[編集]

  • ディレクター:西田優心
  • AD:井本稔章
  • EED:井上哲郎、岡本尚樹
  • CAM:小島正仁、竹中哲
  • MIX:久保智弘、樫山正寿
  • CA:竹下茜
  • MA:中澤哲矢
  • 音効:副島圭祐
  • プロデューサー:木村尚美、萩原正裕、古島裕己
  • チーフプロデューサー:藤門浩之、野村倫子
  • 制作協力:アッシュ
  • 制作著作:ytv

す・またん!バンド[編集]

す・またん!バンドは、『朝生ワイド す・またん!』の出演者によって結成されたバンドである。

来歴[編集]

司会の森・虎谷・川田、解説の辛坊、お天気担当の吉田・斉藤(いずれも当時)によって結成。2011年3月21日にTWIN21で行われた『す・またん!バンド チャリティーライブ』で、「シェリーに口づけ」と「サライ」を演奏した。

その後、虎谷がボーカルにパート変更となり、番組を卒業した川田に替わって中谷がベースを引き継ぎ、虎谷は広瀬香美、中谷は渡辺敦子からそれぞれ指導を受ける。2012年5月3日にひらかたパークで『朝生ワイド す・またん!ライブ』が行われ、「シェリーに口づけ」「フィーリン!」「ヘビーローテーション」「負ける気せんね」「情熱大陸[注 19]を演奏。さらに『ZIP!』に当時レギュラー出演していたダイスケからコラボの誘いを受け、2012年8月19日にひらかたパークで行われた『ダイスケ「晴れ空のマーチ」発売記念 あなたのマーチ(街)へお邪魔します♪ツアー 超スペシャル野外LIVE 大阪の巻』にアンコールで登場し、ダイスケと「サライ」を演奏した(森は欠席)。

2012年末から、斉藤と中谷によって新たにお天気コーナーの歌を作ろうという企画が始動し、二人が作詞・作曲した「す・またん!めてお」が候補曲として制作された(ユニット名は「とりころ〜る」)[注 20]が、最終的に石井竜也に楽曲制作を依頼し、石井から「時間旅行」が提供される。その後産休に入った虎谷に替わって、武田が加わったす・またん!バンドバージョンのレコーディングが行われ、石井バージョンとともにお天気コーナーで使用されている。なお、当初は石井バージョンのみが音源化されていたが(2013年9月4日に発売された石井のアルバム「WHITE CANVAS」に収録)、2014年1月22日にはユニバーサルミュージックからす・またん!バンドバージョンのCDが発売されている[注 21]。2014年6月15日には「大阪マラソンえ〜とこどり よみファ・ウオーク」のゴール地点・大阪城音楽堂でイベントライブを開催。2014年9月3日発売の石井のアルバム「SHINE」収録の「Everyone's Song」では、す・またん!バンドのメンバーがコーラスで参加した。2017年3月29日には「7回帰〜ce matin best album〜」が発売された。また2017年4月1日には大阪城音楽堂にて「す・またん!春フェス2017」が開催された。

メンバー[編集]

現在
  • 石井竜也 (総合プロデュース)
  • 森たけし (ギター、コーラス)
  • 辛坊治郎 (ドラムス、コーラス)
  • 斉藤雪乃 (ピアノ、ボーカル)
  • 武田訓佳 (タンバリン・トランペット・ベース、ボーカル)
  • 虎谷温子 (木琴、ボーカル)
  • 諸國沙代子 (リコーダー・シンセサイザー・サックス、ボーカル)
過去
  • 川田裕美 (ベース)
  • 吉田奈央 (バイオリン、ボーカル)
  • 中谷しのぶ[注 22](ベース、ボーカル)

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 時間旅行(2014年1月22日発売)[8]

アルバム[編集]

  • 7回帰〜ce matin best album〜(2017年3月29日発売)[9]

読売テレビ歴代のローカル朝番組[編集]

  • お天気ワイドショー(1983年頃)
  • 元気いっぱい6時です(1984年頃)
  • 朝のニュース&スポーツ(1987年 - 1989年)
  • ニュースBOX朝一番!(1989年 - 1991年3月)
  • おはようニュースマガジン(1991年 - 1993年9月)
  • 元気モンTV(1998年3月 - 2000年6月)
  • あさイチ!(2000年7月 - 2005年8月)
  • はやおきNEWS ゲツキン!(2005年9月 - 2006年6月)
  • 朝生ワイド す・またん!(2010年3月 - 現在)

※1993年10月-1998年3月は『ジパングあさ6』、2006年7月-2010年3月は『ズームイン!!SUPER』第1部を同時ネット(一部コーナー差し替えあり)

ズームイン!!SUPER[編集]

2006年6月30日、事実上の自社番組における前身番組の『はやおきNEWS ゲツキン!』が終了し、後番組は『ズームイン!!SUPER』(以下、ズームイン)となった。 『ゲツキン!』の打ち切りの直接的な原因は裏番組であるABCテレビの『おはようコールABC』や『おはよう朝日です』、関西テレビの『めざましテレビ』などに大差をつけて惨敗したことである。この悪影響は6:30飛び乗りで始めていた『ズームイン』にも大きな影響を与えていた。そこで『ズームイン』をフルネットにしたうえで一部を大阪パートに差し替える方式を取り入れることにした。

大阪パートは主に6時台に設けられ、東京からのパートと大阪パートを交互に放送しながら展開された。

ここまでの段階では全国向けレポーターを務める村上順子三浦隆志国木田かっぱ小林杏奈虎谷温子大田良平らが司会を務めていた。

2009年3月30日、『ゲツキン!』のメインだった大平サブローや、浅越ゴエ月亭八方小籔千豊宇都宮まきをレギュラーとして起用、「目覚ましより、あさひより目ぇ覚めるでぇ!」をキャッチフレーズにリニューアルした。

この時期は特に必要最低限のパートしか放送しなかったため、視聴者から苦情が来ていたという。また、お笑い芸人を多く起用した出演陣の構成にも批判・苦情も少なくなかったことから、2009年8月31日から番組がリニューアル。メインキャスターに本野大輔アナが就任することになった。またこのころから『ズームイン』のメインキャスターが来阪しPRすることもあった。
一方で、京都から全編中継するなど、関西地方がメインとなって放送するときはローカルパートを大幅縮小することもあった。

2010年2月、当番組のスタートが発表されて現在に至る。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 或いは『す・またん!』を『ZIP!』扱いすることもある。
  2. ^ ただし『ZIP!』の関西ローカル枠は6:40頃から7:26頃までなので、厳密には2時間10分前後である。
  3. ^ 2013年3月までは6割近くを関西ローカルパートの放送に割いていたが、4月より全国版で6:35頃から6:45頃まで放送される芸能情報をネットすることとなった関係でローカルパートの放送時間が数分ほど縮小した。
  4. ^ ただし公式サイトの出演者紹介には現時点では入っていない。
  5. ^ 『ズームイン!!SUPER』時代は全国枠で関西からの中継リポーターを担当していた読売テレビでは、ローカルパートの拡大に伴いローカルパートと時間帯が重なる部分は日本テレビへ向けての裏送りになっていた。
  6. ^ 月・木・金曜〔番組開始 - 2011年3月31日〕→火・水曜〔2011年4月1日 - 2011年9月27日〕→火曜〔2011年10月4日 - 2011年12月28日〕
  7. ^ 水・木・金曜〔2011年10月5日 - 2016年10月28日〕→水・木曜〔2016年11月2日 - 2016年12月1日〕
  8. ^ 月・火曜〔2011年10月5日 - 2016年3月22日〕→ 火曜〔2016年3月29日 - 2016年12月27日〕
  9. ^ 『負ける気せんね』のカップリング曲
  10. ^ 5:20から6:00が「す・またん!」第1部、6:00から6:08が「NNNニュースZIP!」、6:08から6:30が「す・またん!」第2部となっている。
  11. ^ オリンピックFIFAクラブワールドカップ開催時には7:00・7:10(UPDATEのコーナー)から同時ネットする。
  12. ^ 日テレNEWS24CS)制作。12月29日放送分に限り、制作局である日テレNEWS24(CS)から地上波系列局への裏送りでの放送となった。
  13. ^ 当番組の放送のない日曜日である、2011年1月2日にもこれをネット受けした。
  14. ^ 日テレNEWS24(CS)制作。
  15. ^ 日テレNEWS24(CS)制作。
  16. ^ 日テレNEWS24(CS)制作。読売テレビでの編成上・番組表上の番組名は『NEWS24』。
  17. ^ 日テレNEWS24(CS)制作。第1部について、読売テレビでの編成上・番組表上の番組名は『NEWS24』。
  18. ^ a b もうすぐす・またん!・5:37頃・5:59頃はす・またん!バンドバージョン、6:11.00・6:40頃は石井竜也バージョンを使用。
  19. ^ アンコールで吉田と中谷(同曲のみピアノを担当)が演奏。
  20. ^ す・またん!バンドバージョンの「時間旅行」のCDに、原曲と松ヶ下宏之が編曲を手がけた「すごいよ!松ケ下さんバージョン」がカップリング曲として収録された。
  21. ^ MBSラジオでも、『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』(放送日不詳)および『ヤマヒロのぴかいちラジオ』(2014年1月14日放送分)で放送。森と親しい山本浩之(『ぴかいちラジオ』パーソナリティ)によれば、読売テレビ以外の放送局で最初にCDを流した番組は『こんちわコンちゃんお昼ですょ!』で、『ぴかいちラジオ』で放送したきっかけは「森から番組宛てにCDを送られたから」だったという。
  22. ^ 2016年末当番組降板以降となる2017年4月1日大阪城音楽堂にて開催された「す・またん!春フェス2017」ではゲスト扱いとして参加しており、斉藤雪乃とのユニット「とりころ〜る」として参加している。
  23. ^ 2012年3月16日をもって終了。2012年3月19日からは「Oha!4 NEWS LIVE」第2部(日テレNEWS24〈CS〉制作)の番販ネットに移行。

出典[編集]

外部リンク[編集]

読売テレビ 平日朝のニュース
前番組 番組名 次番組
ズームイン!!SUPER・第1部
(関西ローカルパート)
朝生ワイド す・またん!
-
読売テレビ 歴代早朝のローカル情報番組
朝生ワイド す・またん!
2010年3月29日 - )
-
読売テレビ 月 - 金曜 5:10 - 5:20枠
天気予報
※5:09 - 5:20
(2009年11月30日 - 2010年3月19日
もうすぐ す・またん!
(2010年3月29日 - )
-
読売テレビ 月 - 金曜 5:20 - 6:30枠
ズームイン!!SUPER・第1部
日本テレビ制作
(2006年7月3日 - 2010年3月26日
朝生ワイド す・またん!
(2010年3月29日 - )
-