未来創造堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
未来創造堂
ジャンル バラエティ番組
演出 村上和彦(P兼務)
内山雄人(総合演出)
出演者 木梨憲武とんねるず
西尾由佳理(日本テレビアナウンサー
ほか
オープニング 久石譲「夢の星空」
製作
プロデューサー 大澤弘子
鈴江秀樹CP
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2006年4月7日 - 2009年9月25日
放送時間 金曜日 23:00 - 23:30
放送分 30分
回数 180
未来創造堂 - 日テレ

特記事項:
ナレーション:冨永みーな ほか

未来創造堂』(みらいそうぞうどう)は、2006年4月7日から2009年9月25日の3年半、日本テレビ系列(NNN加盟局)で毎週金曜日の23:00 - 23:30(JST、遅延の場合あり)に放送されたバラエティ番組で、ドキュメンタリー番組でもあった(字幕放送)。

概要[編集]

スタジオの司会は、とんねるず木梨憲武と、当時日本テレビアナウンサー・西尾由佳理、ナレーションは冨永みーなおよび山寺宏一、日本テレビアナウンサー・蛯原哲で毎週、1-2人(組)のゲストを招いた。

番組構成は、前半はゲストがこだわっているものをテーマにトークを繰り広げるコーナー「コダワリのトーク」。後半は、毎週、現代の身近にあるものがどのように発明されたか、また、その発明者の苦難の歴史を本格的なドラマ仕立てのVTRで紹介する「コダワリのVTR[1]。エンディングは木梨お気に入りのちょっとしたアイデア商品などをゲストに紹介する「コダワリのオススメ」で、ここでスタッフクレジットが表示されて次回予告が流れ、番組終了となる。

地上デジタルでは、トーク、VTRともに標準画質での収録(両端には一部地域を除いてタイトルロゴが描かれたサイドパネルが貼られている)となっていたが、2009年3月27日放送よりハイビジョン制作になった。

番組最高平均視聴率2009年7月17日の13.0%(関東地方ビデオリサーチ社調べ)。

放送内容一覧[編集]

初回から第55回までは、タレントが演じる再現ドラマで商品開発等を紹介していた。画面には「これは実在する資料をもとに構成されたフィクションです」と表示された。

第56回以降は、商品開発をした当時の建物や人物写真などの資料そのものを映し、再現ドラマの映像を一部加えて商品開発を紹介する(ナレーターは山寺宏一)。

放映ネット局[編集]

同時ネット
NNN30局、毎週金曜 23:00 - 23:30(特番・スポーツ中継等で遅延あり)。またテレビ大分ではクロスネットの都合上、直前のフジテレビ系列の編成によっては他の29局よりも放送時間が遅くなる場合がある。
時差ネット
沖縄テレビ(フジテレビ系列)、毎週土曜 15:55 - 16:25、原則として約17時間遅れ[2]

番組単行本[編集]

  • 未来創造堂 未来を切り拓いたモノづくり(日テレBOOKS 2008年6月 ISBN 4-8203-0019-9

スタッフ[編集]

  • テーマ音楽:久石譲
  • 構成:松井尚、クリタヤスシ、田代裕、矢野了平
  • TM (テクニカルマネージャー) :高木冬夫
  • SW (スイッチャー) :村上新郷
  • CAM (カメラマン) :田代義昭
  • VE (ビデオエンジニア) :塩原和益
  • 照明:大矢晃
  • MIXER (ミキサー) :太田黒健至
  • 美術プロデューサー:林健一
  • 美術デザイン:道勧英樹
  • グラフィックデザイン:栗原順子
  • 装置:四之宮克成
  • 電飾:糸数青祥
  • 装飾:伊沢英樹
  • 持道具:高橋由美
  • 衣裳:原嶋正男
  • 造園:花香恭子
  • 結髪:松本多香子
  • メイク:中西樹里
  • CG・アニメーション:黒木毅志
  • イラストレーション:五十嵐晃
  • VTR編集:松田和茂
  • MA:小田崇
  • 選曲効果:小堀博孝
  • TK (タイムキーパー) :阿部直子
  • 編成:糸井聖一、田中裕樹
  • 広報:斎藤織恵
  • デスク:木村真弓
  • リサーチ:金井真紀、カメヨ
  • FD (フロアディレクター) :鬼頭明
  • AD (アシスタントディレクター) :高野亮
  • 制作プロデューサー:千葉昭人
  • VTR演出:松川さやか
  • 総合演出:内山雄人
  • プロデューサー:大澤弘子(以前は、編成)、杉田浩光、大野聰介(以前は、ディレクター)、菅原康洋、鈴木美江子、尾崎充
  • 演出・プロデューサー:村上和彦
  • チーフプロデューサー:鈴江秀樹
  • 技術協力:IMAGICA
  • 美術協力:日テレアート
  • 制作協力:テレビマンユニオン

過去のスタッフ[編集]

  • TM (テクニカルマネージャー) :勝見明久
  • 企画:三瓶篤樹
  • 編成:松井昌治、小山正、中村博行、土谷幸弘、中川学、瀬戸口正克、服部一孝、寺内壮、田中秀雄
  • 広報:笹木奈緒美
  • 助監督:森宏治
  • 制作プロデューサー:河東奈月、河北穣
  • AP (アシスタントプロデューサー) :横田崇
  • プロデューサー:田仲芳幸
  • チーフプロデューサー:政橋雅人→染井将吾

スポンサー[編集]

HONDA一社提供番組である。また、提供クレジットには同社のASIMOも登場し、「『未来創造堂』はThe Power of Dreams. HONDAの提供でお送りします(しました)」と読み上げる。番組開始から2008年3月までは1体のみだったが、同年4月以降は2体となって同時に提供読みをおこなっている。

2008年以降、ASIMOが司会となり、HONDAの様々な「こだわり」をVTR(ナレーターは冨永みーな)で紹介する『HONDA創造堂』(60秒のCM扱い)が不定期で放送される。これまでの放送内容はHONDAの番組公式ホームページにて確認できる。

提供クレジット
  • 放送開始〜2008年3月
    • 開始時 - ASIMOがセットの右方からHONDAロゴが入った紙芝居を運んできて、カメラが上側から正面に寄ったところで提供読み。
    • 終了時 - セットの前でASIMOが両手を振りながら提供読み(立ち位置は左に紙芝居、右にASIMO)。
      • 提供読み上げは構成変更の第55回までは冒頭部分が「この番組は〜」であった。
  • 2008年4月〜番組終了
    • 開始時 - 2体のASIMOがセットのテーブルに座っており、奥に置いてあるHONDAロゴの紙芝居をバックに提供読み。
    • 終了時 - セットの前で2体のASIMOが両手を振りながら提供読み(立ち位置は中央に紙芝居、両端にASIMO)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 開始から第55回までは「シアター創造堂」という名称であったが、現在の番組公式ホームページでは「コダワリのVTR」に統一されており「シアター創造堂」の名称は使用されていない。
  2. ^ 第113回は岩手・宮城内陸地震FNN報道特番で休止されたため、6月21日 13:00 - 13:30に振替放送された。また、その日は通常の枠で第114回が放送された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 金曜23時台前半枠
(本番組のみHONDA一社提供
前番組 番組名 次番組
未来創造堂
アナザースカイ
(※30分繰り上げ)