井上弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井上 弘(いのうえ ひろし、1940年(昭和15年)1月5日 - )は、株式会社東京放送ホールディングス及び株式会社TBSテレビ代表取締役会長茨城県出身。東京都立両国高等学校東京大学文学部社会学科卒業。

経歴[編集]

  • 1963年(昭和38年)4月:株式会社東京放送入社
  • 1991年(平成3年)12月:株式会社東京放送テレビ営業局長
  • 1993年(平成5年)6月:株式会社東京放送取締役テレビ営業局長
  • 1995年(平成7年)5月:株式会社東京放送取締役テレビ編成局長
  • 1996年(平成8年)6月:株式会社東京放送常務取締役
  • 1997年(平成9年)6月:株式会社東京放送専務取締役
  • 2001年(平成13年)6月:株式会社東京放送代表取締役副社長
  • 2002年(平成14年)6月:株式会社東京放送代表取締役社長
  • 2002年(平成14年)6月:株式会社毎日放送取締役
  • 2003年(平成15年)6月:アール・ケー・ビー毎日放送株式会社監査役
  • 2003年(平成15年)6月:株式会社毎日新聞社取締役
  • 2004年(平成16年)6月:株式会社南日本放送取締役
  • 2004年(平成16年)6月:株式会社アイビーシー岩手放送取締役
  • 2004年(平成16年)10月:株式会社TBSテレビ代表取締役社長
  • 2006年(平成18年)6月:東京エレクトロン株式会社取締役
  • 2009年(平成21年)4月:株式会社東京放送ホールディングス兼株式会社TBSテレビ代表取締役会長[1]
  • 2012年(平成24年)4月:一般社団法人日本民間放送連盟会長

東京放送入社後は主に営業畑や経理畑を歩み、30代のときに税理士試験に合格。坂本堤弁護士一家殺害事件TBSビデオ問題で、報道畑など主流部局の信用が軒並み失墜する中での代表取締役就任となった。現在に至るまで番組制作の経験は一度もない。

その他役職[編集]

  • 財団法人IAAF世界陸上2007大阪大会組織委員会副会長
  • 社団法人日本民間放送連盟会長
  • 社団法人ACジャパン理事
  • 財団法人毎日書道会理事
  • 財団法人サントリー音楽財団理事
  • 財団法人電通育英会評議員
  • 財団法人放送文化基金評議員
  • 「新日本様式」協議会理事

過去の発言[編集]

  • 2007年4月 東京新聞に掲載された発言
    • 「通告と一緒に弾が来た」
  • 2007年12月5日定例記者会見
    • 「今クールは早く終わってくれないかなと思っている。視聴率表を見るのが憂うつ」(TBSが巨額を投じた秋のドラマ番組が全て低視聴率が続いている状況について)
  • 2007年6月6日定例会見
    • 「ばっかじゃないか。非常に腹立たしいし不愉快。(石川遼選手には)申し訳ない」(TBSの情報番組が、ゴルフのアマチュア選手権に出場した石川遼選手のプレー中の声を無断で拾うため、同じ組の選手にマイクの装着を依頼していた件について)
      • なお、この「ばっかじゃないか」発言に関し、7月4日の定例会見で「私自身の発言をおわびしたい」と謝罪している。「これから育っていく人を妨害したことに対する怒りがあった」と釈明するが、マイク装着依頼の際に金銭提供を申し出たかに関しては公表を差し控えると発言。
  • 2007年4月25日定例会見
    • 「TBSをバッシング風に取り上げるのは、おかしいのではないか。あらためて記事の軽重について、判断いただきたい」(TBSの度重なる不祥事に対するコメントとして)
    • 「賞味期限切れのチョコレートを再利用したという根幹部分は信用性が高いと考えている」(2007年1月22日放送のみのもんたの朝ズバッ!内で、不二家平塚工場の自称元従業員の証言をもとに、不二家が賞味期限切れのチョコレートを溶かして再加工したと報じた件について) - 2007年4月27日付J-CASTニュース
    • 「野球でスライディングして捻挫するようなケースもある」(新SASUKEなどのバラエティ番組で、出演者の負傷が相次いでいる件について)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]