木村安兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村安兵衛(きむら やすべえ、文化14年6月20日1817年8月2日) - 明治22年(1889年7月26日)は、日本武士実業家株式会社木村屋總本店の創業者。

来歴[編集]

父は長岡又兵衛で次男。妻は川原代村(茨城県龍ケ崎市)の木村安衛門の長女“ぶん”で、木村家の婿養子となる。常陸国河内郡田宮(たくう)村(茨城県牛久市)に生まれる。木村家の養子となった後、叔父を頼り江戸へ出て、番役などを務める。

明治には、新政府の東京府職業授産所の事務職となる。授産所で長崎オランダ人宅のコックを務めた梅吉と出会い、明治2年(1869年)、東京の芝区日陰(港区新橋駅付近)に、木村屋の前身となる文英堂を創業、文英堂の名前の由来は妻の文と息子の英三郎から。資金はなかったが、文の蓄えで開業。この年の火災で店を焼失し、翌年には京橋区尾張町(中央区銀座)に移り、屋号を木村屋に改める。

焼き残ったのは石で出来た石釜だけだったが、次男の英三郎や、パン職人の武藤勝蔵の協力で営業を再開し、明治5年(1872年)には、軍隊食として洋食を取り入れていた芝新銭座(現・浜松町)の攻玉社海軍兵学校への予備校的存在)の御用達となる。9月に新橋・横浜間に鉄道が開通すると駅構内に販売店を出し、また脚気の治療食として効果があるという風聞の助けもあり、商売は繁盛する。明治6年(1873年2月には再び大火で店を焼失する。

銀座が煉瓦街として再開発される最中、仮店舗での営業中には日本人に受け入れられるパンの研究を行い、饅頭にあんが入っていたことからヒントを経て、あんと入れるパンを作る事にする。小豆餡をパン生地でくるみ、外は西洋で中は和風、発酵に酒種酵母を使用した「あんパン(酒種あんぱん)」を開発する。

明治7年(1874年)に販売を開始すると反響を呼び、翌・明治8年(1875年)には、縁のあった旧幕臣で侍従を務めていた山岡鉄舟の仲介で、同年4月4日に隅田川花見で明治天皇が向島の旧水戸藩下屋敷訪問の際に、木村屋のあんパンが茶菓子として献上された。このあんパンは中央に桜の花びらの塩漬けをあしらったもので、天皇夫妻、特に皇后から気に入られ、宮中御用達となった。あんパンを食べた明治天皇は「ひきつづき納めるように」と伝えられている。

山岡鉄舟との縁で、あんパンを静岡で隠居生活をしていた徳川慶喜にも献上していた。

外部リンク[編集]