福留功男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふくとめ のりお
福留 功男
プロフィール
本名 福留 功男(ふくどめ のりお)
愛称 トメさん
出身地 日本の旗 日本高知県香美郡香北町(現:香美市
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1942-01-28) 1942年1月28日(79歳)
血液型 A型
最終学歴 明治大学文学部演劇学科
職歴日本テレビアナウンサー
活動期間 1966年 -
配偶者 あり
出演番組・活動
出演経歴ズームイン!!朝!
アメリカ横断ウルトラクイズ
全国高等学校クイズ選手権
ブロードキャスター
いつみても波瀾万丈』ほか
備考
身長:161cm

福留 功男(ふくとめ のりお[1][2][3]1942年(昭和17年)1月28日 - )は、日本フリーアナウンサータレント司会者ニュースキャスターエグゼクティブ・プロデューサー。元日本テレビアナウンサー

高知県香美郡香北町(現:香美市)出身。血液型はA型。愛称は「トメ」。「トメじじい」と自称したこともある。

来歴[編集]

生い立ち〜日テレ入社[編集]

大阪市立五条小学校大阪市立天王寺中学校卒業。中学生時代の部活は最初は演劇部だったが、後に自分で放送部を作って転部。また、同じ頃アイスホッケーにも力を入れていた[4]

追手門学院高等学校卒業後、医師を目指して大阪大学医学部など何度も医大受験をするも失敗し、2浪の末入った明治大学文学部演劇学科を卒業[5]。大学在学中から日本テレビ報道局でアルバイトを続け(一時は朝日放送東京支社でのアルバイトも掛け持ちしていた)[6]1966年日本テレビ入社。

報道記者を経て、喋りの上手さを買われ1970年アナウンス部へ異動。初めて顔出しで出演した番組は『新春コロムビア歌謡大行進』[7]1971年からスタートした『まんがジョッキー』の出演者として知名度を得る。しかし、「このまま子供向けのキャラクターになってしまうのではないか」と危惧を抱き、降板を申し出たところ、会社命令に背いたという名目で、表舞台での仕事を一切剥奪されるというペナルティーを課され、内勤業務へ回される。なお、この間は矢島正明山田康雄ら有名声優を見習って話術の向上のためのトレーニングと勉強も積んでいたという[8]

人気アナウンサーに[編集]

ペナルティーが解かれてからもレギュラー番組を任せられることはなく、単発スペシャル番組のリポーターやバラエティ番組のナレーション程度しか出番がない状態が続いた。

しかし、1977年、特別番組として『史上最大!アメリカ横断ウルトラクイズ!!』の企画が社内で持ち上がる。収録の日程上、長期間海外出張できる余裕のあるアナウンサーが必要になり、レギュラーを持っていない福留にお鉢が回ってきた。1986年、ウルトラクイズの司会が評価され、第23回ギャラクシー賞・選奨を受賞[9]。ウルトラクイズがレギュラー化した後に、高校生から「アメリカ横断ウルトラクイズに参加したい」という手紙[10] を多くもらい、その手紙に応えて福留が企画・誕生させた番組が『全国高等学校クイズ選手権』(高校生クイズ)である。

アメリカ横断ウルトラクイズ』が年一回のレギュラー番組となり、人気番組に成長するとともに福留の知名度もさらに上昇、先輩である徳光和夫の後を継いで1988年より『ズームイン!!朝!』の第2代総合司会にも就任。自らが災害・事故・事件現場に積極的に赴き、また、番組制作・進行・構成にも深く関与、全国の系列各局との密接な連携などを行った。『ズームイン!!朝!』の視聴率が20%を超えたのも、福留時代だった[11]。日テレアナウンサー時代は、徳光との「トクさん・トメさん」コンビで、バラエティ番組から報道番組選挙特別番組まで数多くの番組に出演。

福留は徳光を目標、そして鑑として見習って来たが、プロデューサーの佐藤孝吉に「無駄な喋りが多い」と指摘され[12]、そこから、軽妙でバラエティ色が強かった徳光に対し福留は、無駄な言葉や放送中の冗長な演出を一切排し、事実だけを伝えていく道を歩み始める[13]。後年語ったところによれば、佐藤は福留を喫茶店に呼び出し、「調子はどうだ?」と問いかけ、やり取りを繰り返した。帰ろうとしたところ、佐藤は足元にちぎられた紙ナプキンを指さし、「これを拾え」と指示。福留が疑問に思って問うと、「おまえが俺(佐藤)との会話で発した無駄な言葉だ。『そして』『しかし』『えーっと』とか言った言葉だ。それだけ無駄な喋りが多いんだ。」と返されたという。1978年12月14日、マーシャル諸島で見つかったゼロ戦を題材とした1時間半の『緊急特報 南の島にゼロ戦15機発見!!』を任された。これはわずかな資料映像をもとにして制作され、本編は福留がカメラに向かって語り続けるというものであった。本番3日前に原稿用紙400枚もの原稿を手渡され、丸暗記して挑んだ。佐藤からは「俺が書いた台本を一字一句間違えずに暗記しろ。そしてそれをお客さんの胸にまっすぐ語り掛けろ。チラッとでも原稿に目を落としたら容赦しない。」とも言われていた。結果ノーミスで乗り切った福留は佐藤から「ぐっと伸びた」と評価される[14]

担当番組の中には生放送中、台本を一切見ないで2時間単独で喋りっぱなしというものが多いが、福留は毎回、台詞を全て完璧に覚えていたという。

フリー転身[編集]

1991年3月31日、日本テレビを退社。クレージーフォーを設立(同事務所は2004年6月30日に解散)。

フリー転身のきっかけは、知り合いの番組制作会社社長から会食に誘われたことである。福留はいつもの二人きりでのざっくばらんな食事の席かと思っていたところ、場違いとも思える座敷に通され中に入ると、既にTBSの役員クラスの人物が二人ほどいたといい、その席で「ブロードキャスター」の司会就任の打診を初めて受けたという[15]

しかし番組開始までもう時間がなく、日本テレビを退社するにもその後の残務整理などを行うには十分な時間がなかったことから、福留は即答できずいったん持ち帰りとし、局に帰って生みの親ともいえる当時日本テレビの取締役であった佐藤に相談したところ、「俺はそっちのほうがいいと思うよ」と背中を押す返事を貰った。そして佐藤は、「ちょっと待ってろ」と福留に告げると急いで局の全役員に連絡をして[16] 福留の退社に関する話を取り付け、最終的に「ズームイン」の出演もフリーの立場で継続することを条件に円満退社が認められる運びとなったという。福留の「ブロードキャスター」初登場が放送開始から半年遅れなのはこのためである。

以後人気総合司会者として数多くの番組を育て上げてきたが、視聴率の低下や自身の高額ギャラがネックとなり2009年2月をもって全て打ち切りとなった[17]。加えて、1991年に腹腔鏡による胆石手術を受けたことや[18]、心臓の持病の悪化(ペースメーカーが入っており、身体障害者1級認定を受けている[19])、顔面の左側がベル麻痺になるなど自身の体調不良が続いたこともあり、一線を退く覚悟を決め、身体の負担が少ない単発の仕事を散発的に行うスタンスへ移行していった。

2011年3月3日全日本空輸(ANA)の国際線25周年とボーイング747-400国際線機材の引退フライト(成田→グアム間)を記念して、サプライズゲストとして機内アナウンスに登場。機内では福留のアナウンスが流れたため、「『アメリカ横断ウルトラクイズ』風の機内ペーパークイズが行われ、ブーブーゲートによる結果発表で敗者になったら、そのまま成田へ強制送還されるのでは?」と、ほとんどの搭乗客は不安がっていたという[20]。実際に福留は、25年前のグアム線初便フライトに搭乗していた[21]

2011年12月ニコニコ生放送への初出演を果たし、東日本大震災の震災孤児の実状に迫る番組を放送した。同じく12月19日の『人生が変わる1分間の深イイ話』では、歴代『ズームイン!!』(『ズームイン!!朝!』『ズームイン!!SUPER』『ZIP!』)総合司会者である徳光・福澤・羽鳥・桝太一と共演した(5人が共演するのはこれが初めて)。

体調面での回復と家族の後押しに、自身の心境の変化から2013年からは再び活動を活発化させつつあり、BS朝日で不定期に放映されていた「日本焼き物紀行」で旅人を務めていたが、2013年4月に「留さんのニッポン焼き物紀行」としてリニューアルされ毎月1回の放送となった。2013年10月から2014年10月まで「ザ・スター」(BSフジ)の司会を担当した。

局アナ時代より多くの発展途上国を取材。その縁で「なんとかしなきゃ!プロジェクト」著名人メンバーでもある。

福島県・高知県との関係[編集]

1990年から東京都福島県猪苗代町で「二地域居住」を実践している。2005年12月に出演の『ザ!情報ツウ』でその暮らしぶりをホームビデオで紹介したほか、2008年には二地域居住の素晴らしさを紹介する番組『活き活き田舎暮らし』の司会を担当した。

福留が故郷の高知県香美市に2001年から続けた寄付をもとに、2009年4月11日、「香北の自然公園」がオープンされ、開園の式典には福留も出席した。市が香美市立やなせたかし記念館(通称「アンパンマンミュージアム」)に隣接して整備したもので、公園には福留のキャラクターが入った記念碑もある。広さは約3ヘクタールで、市花のアジサイなど約70種類1万4000本が植栽されている。歩道の舗装を市が850万円かけて今後行うほかは、用地取得から植栽まで全て福留の寄付金で賄ったが、寄付額は福留本人の意向で非公表である。

このように福島県と高知県になじみ深いことから、福島県のしゃくなげ大使(2009年3月 - )、高知県の観光特使(2009年4月 - )に任命されている。

人物・エピソード[編集]

  • 兄が居る[22]
  • 高知県出身らしく、尊敬する人物は「坂本龍馬以外に居ない」と言う[4]
  • やなせたかしとは同郷で親交があった。なお、福留の実家はアンパンマンミュージアム(香美市立やなせたかし記念館)のすぐ近くとのこと[23]
  • 少年時代から映画好きであり、特に西部劇が好きで、好きな映画に『シェーン』『黄色いリボン』『海賊バラクーダ』『アラビアのロレンス』を挙げている[24]。中でも『シェーン』は8回繰り返し見に行ったほどで、1990年の『第14回アメリカ横断ウルトラクイズ』では、シェーンのロケ地となったグランドテートンに行くことが実現している[25]
  • 明治大学進学を決めた理由には、作家など有名人が教授や講師として来ていること、中学生時代から力を入れていたアイスホッケーが大学日本一になっていたことなどを挙げている。しかしもっと上の大学に進んだ同級生と比べると、劣等感ばかりがしたと述べている[23]。また、報道記者からアナウンサーに転向する時は、最初は「報道記者失格の烙印を押されたようで嫌だった」と言う(福留は報道記者という仕事について「自身の言葉で世の中の動きを伝えられることに男のロマンを感じていた」とする一方、アナウンサーという仕事については「ただ人の書いたものを読むだけの仕事に思えて嫌だった」と、当時の心境を語っている)[26]。後にアナウンサーの立場から報道記者を見るようになって「記者の書く字は汚ねえなあ、読む方の身にもなれよ」と思っていたこともあったという[27]
  • アルバイト時代で悔しかったエピソードとして、新潟地震の取材に同行するように言われ、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地に行ったが飛び立つ直前で「アルバイト学生には墜落した時の補償が無いからやめてくれ」と言われたことを挙げている。この時、早く社員にならなければいけないと思うようになったという[28]
  • 入社した時、社内に通達される社内文書に『福留留吉』と名前が誤って記載されていたことがあった。アルバイト時代から『トメ』と呼ばれていたこともあり「間違って思い込まれていたかも」と本人は振り返っている[29]
  • 初めて顔出し出演した『新春コロムビア歌謡大行進』で、アントニオ古賀の曲紹介の時に『南から来た恋』の曲名を度忘れし、言葉に詰まったことがあった。後に古賀に会った時にも「勘弁してよ、俺は死んだってこの曲は忘れないよ」と突っ込まれたことがあったという[7]
  • 日本テレビの入社試験の際、英語の筆記試験に全く自信がなかったため、当時日本テレビでアルバイトをしていた福留は、出題者である外報部長がトイレの個室に入る度に外から「ヒントを教えてくれませんかね」と、情報を聞き出した[30]
  • 本格的にプロ野球ファン、読売ジャイアンツファンになったのは日本テレビ入社以後のことで、巨人ファンになったきっかけは、取材で一緒になった王貞治の人柄に惚れ込んだなどのことだったという[31]。また一方で「巨人が勝たないと日本テレビの視聴率が下がる」という観点との理由もあったという。なお、「本当は阪神ファンじゃないですか?」と言われたこともあったが、これについては自著『葬らん!』の中で否定している[32]
  • 初めてサインをもらった野球選手は、南海ホークスに在籍していた黒田一博だった。なお、のちに黒田の息子・博樹に会った時に、博樹の母が福留とは同じ中学で同級生だったと言うことを聞いている[33]
  • 福留の娘も、放送人であり日テレの社員である(長女は編成局所属を経て現在は別部署に勤務)。1998年の『今世紀最後! 史上最大!! アメリカ横断ウルトラクイズ』ではスタッフとして父に同行した。娘は他にも1人いるが、今は2人とも独立し、現在は妻と2人暮らしであるという[34]
  • 仕事に対する姿勢は非常に厳しく、特に生放送の番組では一秒のタイムロスも許さなかったという。自身が司会を務めた『ウルトラクイズ』や『ズームイン!!朝!』では企画・製作にも深く関わり、番組のスピーディーな進行に貢献している。先輩の徳光は福留の仕事への姿勢について「アナデューサー(アナウンサー+プロデューサーの造語)」と評している[35]
  • 現在の仕事のスタンスについて、現在のテレビ番組は、「芸人をブッキングするだけでそれ以上は自分達では何も考えていない」として制作手法に嫌悪感を持っており、「今の地上波はやりたくない」と語っている。また、派遣会社から来たADを多用しているような制作チームの一体感のなさについても、「一緒にものを作っている仲間どうしでボーナスの出る・出ないの違いがあるのは可哀想だし、(派遣ADの処遇について)“寝ない、食わない、休ませない、給料安い”ではどこに喜びを感じさせてあげられるのか」と警鐘を鳴らしている。現在はどうしても自身が必要とされる場合を除いて基本的にオファーを断っており、「若い人たちに道を譲るべき。いつまでも自分が続けているような時代じゃない」とも語っている。

出演番組[編集]

日本テレビ系列[編集]

BS日テレ[編集]

  • こじゃんと土佐流シリーズ(2009年12月 - 2011年12月まで11回放送)
  • 福留功男の活き活き田舎暮らし
  • シニアのための楽ラク海外生活(2010年10月、2夜連続)

TBS系列[編集]

BS-TBS[編集]

フジテレビ系列[編集]

テレビ朝日系列[編集]

BS朝日[編集]

BSフジ[編集]

テレビ東京系列[編集]

ニコニコ生放送[編集]

  • 福留功男、震災孤児について考える(2011年12月17日)
  • 福留功男、タイと日本の「被災地」を考える(2012年1月24日)
  • 福留功男、震災と洪水の「これから」を考える(2012年4月10日)

テレビドラマ[編集]

日本テレビ系列[編集]

TBS系列[編集]

テレビアニメ[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

映画[編集]

著書[編集]

  • 私情最大!アメリカ横断ウルトラクイズ(1984年11月、スポーツライフ社
  • 葬らん!(1997年7月、AG出版) ※初の自伝
  • はやい、うまいが僕の味-トメさんの料理ノート(1998年10月、文化出版
  • ウルトラクイズ伝説(2000年1月、日本テレビ) ※編著
  • ニッポンのごはん トメさんスペシャル(2004年10月、ソニーマガジンズ
  • トメさんのこれが旨い!(2005年10月、ソニーマガジンズ)

CD[編集]

  1. めぐり逢う朝(1998年1月、ファンハウス、FHDF-1669)※城之内ミサとのデュエット
    (c/w チョット無理して生きてます。)

脚注[編集]

  1. ^ http://www.a-mtp.co.jp/talents/norio-fukutome.html
  2. ^ https://www.jica.go.jp/publication/j-world/1009/pdf/13.pdf
  3. ^ 右にあるように正式には「フクメ」であり「フクメ」ではないが、いつしか濁らない読み方が周囲で定着したという。
  4. ^ a b 『葬らん!』14ページ
  5. ^ 『葬らん!』17-18ページ
  6. ^ 『葬らん!』45ページ
  7. ^ a b 『葬らん!』59-62ページ
  8. ^ 『葬らん!』68-70ページ
  9. ^ 第23回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2021年7月16日閲覧。
  10. ^ ウルトラクイズ参加規程では高校生は参加できなかった。
  11. ^ 最高視聴率は1996年6月に記録した22.8%である。
  12. ^ 福留はこのことを語る際に「お前、CM30秒でいくらか知ってるか?4000万だぞ。その30秒でお前が無駄な喋りしてみろ、(その4000万円分の時間は)どうなるんだよ」という言われ方をした、というエピソードを多用している。
  13. ^ 『葬らん!』82-84ページ
  14. ^ 24時間テレビ41より。当番組内で佐藤は2010年代以降にみられるリポートスタイルについて「紙をもってリポートするなんてとんでもない。そんなもんはお客さん(視聴者)の胸には届かない。」と苦言を呈している。
  15. ^ 「ブロードキャスター」はTBS出身の三雲孝江嶌信彦をメイン司会とし、TBSと古くから関係の深いホリプロ所属の山瀬まみをサブ司会に迎えることが決まっていた。
  16. ^ 当時の日本テレビの取締役には創業家出身の小林與三次会長及び正力亨取締役も含まれていた。
  17. ^ 最末期の「ブロードキャスター」で福留とともに司会を務めていた久保純子は福留の日テレ時代の元同僚だった久保晴生の長女で、福留とも面識があった。
  18. ^ 『葬らん!』136ページ
  19. ^ http://www.zakzak.co.jp/people/news/20131017/peo1310170741000-n1.htm
  20. ^ 過去に『アメリカ横断ウルトラクイズ』で成田→グアム間で機内ペーパークイズを全日空機で実施した縁で登場。実際はグアムのパーティーの司会を行い、じゃんけん大会をして、勝利者にはANA国際線のチケットがプレゼントされるものだった。
  21. ^ 月刊エアライン 2011年5月号 P86-P87
  22. ^ 『葬らん!』11ページ
  23. ^ a b 『葬らん!』20ページ
  24. ^ 『葬らん!』140ページ
  25. ^ 『QUIZ JAPAN vol.1』(セブンデイズウォー)47ページ
  26. ^ 『葬らん!』49-51ページ
  27. ^ 『葬らん!』57ページ
  28. ^ 『葬らん!』30ページ
  29. ^ 『葬らん!』26ページ
  30. ^ 『葬らん!』41ページ
  31. ^ 王は福岡ダイエーホークス監督就任が決定直後に「ズームイン」にゲスト出演して、マイスタ前でのオープニングで福留と一緒にズームインポーズも披露している。
  32. ^ 『葬らん!』150-151ページ。
  33. ^ 『葬らん!』143-144ページ
  34. ^ 『ウルトラクイズ伝説』186-224ページ
  35. ^ 徳光和夫、福留功男に憎まれ口「とくだん好きではない」”. ORICON STYLE (2014年12月15日). 2016年12月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]