鈴木浩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
鈴木 浩子
すずき ひろこ
生年月日 (1975-02-14) 1975年2月14日(42歳)
出生地 千葉県船橋市
出身校 明治大学文学部英米文学科
前職 アナウンサー
ディーヴァ
所属政党 無所属
配偶者 鈴木健三
公式サイト 鈴木ひろ子 船橋市

当選回数 1回
在任期間 2015年5月1日 - 現職
テンプレートを表示

鈴木 浩子(すずき ひろこ、1975年2月14日 - )は、日本の元アナウンサー、元WWEディーヴァ、政治家。本名;同じ、旧姓:水野千葉県船橋市議会議員(1期)。元レプロエンタテインメント所属。

来歴[編集]

千葉県船橋市出身。クリーニング店を経営する両親のもとに生まれる。船橋市立中野木小学校船橋市立前原中学校國學院高等学校卒業[1]明治大学文学部に入学。明大時代からラグビー雑誌(ラグビーマガジン)の契約記者となり、同窓のラグビー部員・鈴木健想(鈴木健三)と知り合う。

アナウンサー時代[編集]

1998年に大学卒業後、福島中央テレビに入社。当時は「水野弘子」の名前で『ゴジてれシャトル』や『FCTニュースダッシュ』などを担当する。2000年に同社を退社、以後フリーアナウンサーとして活動する。2006年3月6日、夫・鈴木健想とともに『ゴジてれシャトル』に出演した。

プロレスラーの妻 そしてアメリカへ[編集]

2003年鈴木健想と結婚。彼は就職先を退社し、新日本プロレスプロレスラーに転じた。WJプロレスを経て2004年WWE入りした健想と共にアメリカへ渡り、日本人として初めてWWEとディーヴァとしての契約を結ぶ。

当初は健想のみの契約の予定であり、健想はリングネーム「ヒロヒト」での登場が予定され、予告ビデオも作成された。この一連の扱いは日本昭和天皇に対してあまりにも失礼である、とWWE上層部に浩子が抗議したところ、一転彼女がビンス・マクマホンらWWE上層部に注目されるようになり、健想のギミック修正だけではなく、本人も予想もしていなかった「鈴木浩子自身のディーヴァ契約」に至った。

当初はWWEから働かないかと持ちかけられ、「イエス」と答えていたがそれは裏方としての仕事として認識していた。また会場で他のスタッフから芸者についてやたらと訊かれ、それについて調べ作成したファイルを重役に渡したところ、そのファイルを一瞥されただけで「あなたは出来るのか?」と質問され、そこで初めてディーヴァとしての契約だったことに気付いた。そこで健想が「イエス」と答えてしまった、という裏話がある。

自身もプロレスへ[編集]

リングでの鈴木浩子

WWEでは白塗りの「ゲイシャガール」のギミックで登場し、主に健想をサポートするマネージャー役を演じていた。実際問題として、英語が堪能な彼女が通訳としてついた方が楽だったと言うこともあった。また健想自身も英語が殆どしゃべれない、という日本人レスラーの伝統的なギミックを演じていた。この役の勧誘をWWE側から受け、あまりの馬鹿馬鹿しさに怒り当然断ることを夫の健想に告げると、「何?おまえはWWEに認められたんだぞ!おまえはなんてラッキーなんだ!」と大喜びされ、断りきれずなし崩し的にゲイシャガールデビューしてしまったと語っている。

格闘技のバックグラウンドは殆どないが、2005年2月にさいたまスーパーアリーナで行われた『スマックダウン』の収録において、実際にトリー・ウィルソンと試合を行っている。2005年7月に健想がWWEから解雇されたのに伴う形でWWEとの契約を打ち切られた。その後は散発的にではあるが、健想とともにアメリカのインディ団体に出場し、時に試合を行った。

なおWWE在籍時代、格闘技のバックグラウンド皆無だったのを見兼ねたジ・アンダーテイカーがトレーナーに名乗りを挙げ、技術を教えた。

2005年11月3日ハッスルマニアにて、健想が日本マットに復帰した(和泉元彌との対戦)。2006年1月1日より3月12日までハッスルの3代目ゼネラルマネージャー(GM)を務めた[2]が、1年で健想と離脱する(給料未払い等)。

2006年、健想が参戦したユニオンプロレスにて、拉致され自身「メカ浩子」となる。

2007年、健想と再び海外へ。健想はCMLLAAAと長期参戦のためメキシコに滞在。

2010年、帰国。健想(現:KENSO)が全日本プロレスへ参戦後、正式入団。

政治家へ[編集]

2015年、千葉県船橋市議会議員選挙(第18回統一地方選挙後半戦4月26日投開票)に立候補して、4,220票を獲得して初当選した[3]。5月1日に就任[4]

著書[編集]

  • 『ゲイシャ・ガール、リングに上がる』 集英社インターナショナル、2006年2月。ISBN 978-4-797-67144-5

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自己紹介 of 鈴木ひろ子 船橋市
  2. ^ ハッスル | ハッスルNOW | 2006年
  3. ^ 平成27年船橋市議会議員一般選挙 開票結果”. 船橋市. 2015年4月28日閲覧。
  4. ^ 選挙の種類|船橋市公式ホームページ

外部リンク[編集]