コンテンツにスキップ

ディーヴァ (プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ディーヴァDIVA)は、かつてアメリカプロレス団体、「WWE」に登場する女性プロレスラーの意として2016年迄使われていた総称。直訳は歌姫であり、これはWWEディーヴァの一人、リリアン・ガルシアらが試合前に国歌を歌っていたことにちなむ。なお、J SPORTSの字幕や週刊プロレスなどのメディアにおいては「ディーバ」と表記される。

日本国内では「試合介入もする女性のセコンド」の意味で使用されている。

歴史[編集]

アメリカのプロレス史において女子プロレスは男子プロレスに対して長らく添え物であり、区別のために呼称された[1]。元々はマネージャー役として試合を行わない者を指していたが、プロレスラーとして試合を行う選手も合わせて「ディーヴァ」と呼び、2008年には歴史を重ねてきたWWE女子王座と並ぶ形でWWEディーヴァズ王座も新設され、各々レスリングの基礎的なトレーニングを積んでいる(ただしセコンドまでに留まり、まったく試合に関わらないものもいる)。

アングル上、男子レスラーとの恋人であったり、結婚していたりなど、男女関係に関わるストーリーを盛り上げる上で欠かせない存在となっていた。

しかし、2015年8月にステファニー・マクマホンNXTの3選手を昇格させたと同時に「ディーヴァ革命」を宣言。それ以降はASUKAベッキー・リンチサーシャ・バンクスなどといった日本マット界経験者や日本のプロレスに憧れる選手が増加し、元UFC世界王者であるロンダ・ラウジーが登場するなどして、選手や試合のレベルが上昇する。「ディーヴァ革命」以降、ステファニー・マクマホンは「近い将来、女子の選手数が男子の選手数と同じぐらいになってもいい」と発言している[1]

最終的に、2016年にはWWEディーヴァズ王座がWWE女子王座に変わったことで自然消滅。女子レスラーも男子同様スーパースターと呼称されるようになり[1]、2021年にはディーヴァという言葉自体がWWEで使用出来なくなったとされている[2]

試合[編集]

WWEではディーヴァ同士の試合をするが、時にはマネージャーなどとして随伴してきたディーヴァがスーパースター同士の試合にアングル上巻き込まれることもあった。

初期のトリー・ウィルソンステイシー・キーブラーがモデル転向組だったことで出自をモデルとするものが多いが、レスリングや総合格闘技などの格闘技から転向した本格的なディーヴァがパワーファイトを見せることもあり、「ディーヴァ革命」以降は卓越したスキルを見せる選手が大幅に増加し、ヘル・イン・ア・セルなどの男子選手でも過酷とされている試合形式を行うようになる。

日本のあべみほはレスリングの基礎こそ無いが、セクシーパフォーマンスを筆頭にビンタやキックなど積極的に試合に介入"させられて"おり、2016年スーパーJカップの舞台においては 獣神サンダー・ライガーを激怒させ、タイチvsKUSHIDA戦においてはトップロープから飛ぶKUSHIDAの盾となってタイチをガードしたり、タイチ独特のヒールファイトに習いパイプ椅子を入れ込んでの参戦を魅せた。

セクシー[編集]

ディーヴァには単にレスリングの上手さのみならず、セクシーさも要求される。

かつてはビキニマッチ、下着マッチ、PPVタブー・チューズデイ』にて行われたコスプレマッチなどのセクシーさが売りとなる試合も多く組まれていた。ディーヴァを扱ったプロモーションビデオにおいても同様の傾向がある。多くディーヴァの前職はグラビアモデルポルノ女優ボディビルダーなど、スタイルがよく水着、もしくは下着になることを厭わないような職業であることが多い。

ただし、ファミリー路線となって以降は、このような過剰にセクシーさを売りにした試合や演出はほとんど行われなくなり、「ディーヴァ革命」以降に極度にセクシーな写真を自身の有料SNS上に投稿した選手が解雇されたケースもある[3]

ディーヴァ王座[編集]

ディーヴァを対象にしていた王座は「WWE女子王座」である。この王座は元々はWWEの3つのテレビ番組のうち、『RAW』が管理する王座である。もう一つの番組『スマックダウン』にはディーヴァを対象にした王座は存在しなかったが、2008年にWWE女子王座のsmackDown!版、「WWEディーヴァズ王座」が創設された。

その後、王者が入れ替わりに移籍したため女子王座をスマックダウン、ディーヴァズ王座をRAWが管理していたが、統一ディーヴァズ王座として王座が統一された。

2016年にWWE女子王座(現・WWE・ロウ女子王座)に入れ替わり消滅。これをもってWWE管理の王座からディーヴァの呼称が撤廃された。

日本におけるディーヴァ[編集]

WWEで活躍したTAJIRIが帰国後に旗揚げした団体「SMASH」では女子を対象として王座を「ディーバ王座」と名づけたことがある。

これ以外では「試合介入する女性のセコンド」という意味で使用されており、マイケル・ベネットに対するマリア・ケネリスBULLET CLUBに対するアンバー・ギャローズ、CMLL選手に対する下田美馬の例がある。またWWEでディーヴァを務めた鈴木浩子がハッスルでも引き続き、ゲイシャガールとしてディーヴァの役割を務めた。

日本マットでは、新日本プロレスのタイチ鈴木軍時代にテレビ番組を観ていた際に出演していた同郷のグラビアアイドルでもあるあべみほへラブコールして、2015年から従えていたが2022年末にその関係を解消した。

主なディーヴァ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 第23回『フミ、かく語りき』:WWEによる本気の女子革命・前編”. www.sportingnews.com. 2018年9月29日閲覧。
  2. ^ Updated List Of Vince McMahon's Banned Words At WWE” (英語). TheSportster (2021年9月13日). 2023年6月6日閲覧。
  3. ^ 【WWE】「妖艶女王」マンディ・ローズ電撃解雇 セクシー写真の有料SNS掲載原因か - プロレス : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]