マイケル・ベネット (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・ベネット
Mike Bennett 2014 Nashville.jpg
2014年
プロフィール
リングネーム マイク・ケネリス
マイケル・ベネット
マイク・ベネット
本名 マイケル・ベネット
ニックネーム ザ・プロディジー
ザ・エピック
ミラクル
身長 180cm[1]
体重 102kg[1]
誕生日 (1985-05-16) 1985年5月16日(32歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州の旗マサチューセッツ州[1]
サウスボストン
所属 WWE
トレーナー ボブ・エバンス
スティーブ・ブラッドリー
デビュー 2002年[1]
テンプレートを表示

マイケル・ベネットMichael Bennett1985年5月16日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーマサチューセッツ州サウスボストン出身[2]。現在はWWEにてマイク・ケネリスMike Kanellis)のリングネームで所属。

妻は、女子プロレスラーマリア・ケネリス

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

2002年、プロレスラーデビューを果たす。

2007年1月5日、ブライス・アンドリュースとのタッグチーム、ザ・メトロ・メンThe Metro Men)を結成。チャンキー・バット・ファンキー(スコット・アシュワース & ソニー・グッドスピード)が保持するTRPタッグチーム王座に挑戦。勝利。ベルトを奪取する。

ROH & 新日本プロレス[編集]

2008年1月11日、ROHに初登場。レット・タイタスと対戦。勝利。

2014年5月17日、ROHと新日本プロレスの合同興行であるWAR OF THE WORLDSにて棚橋弘至と対戦。最後にハイフライフローを決められ敗戦[3]。7月、アダム・コールマット・ハーディーマット・ターバンマリア・ケネリスといったメンバーでキングダムThe Kingdom)なるユニットを結成。8月10日、新日本プロレスのG1 CLIMAX 24にてアダム・コールと組み、セコンドにマリアを従えて出場。獣神サンダー・ライガー & キャプテン・ニュージャパンと対戦。最後に自身がパイルドライバーでキャプテン・ニュージャパンに決めて勝利[4]。10月10日、交際関係にあったマリアと結婚[5]。11月22日、新日本プロレスのWORLD TAG LEAGUEにマット・ターバンとのタッグでエントリー。4勝3敗の戦績で予選落ちとなる。

2015年3月1日、ROHのWinner Takes Allにてジ・アディクション(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン)、カール・アンダーソン[6]3wayマッチで対戦。最後にアンダーソンをフォールして勝利。12月18日、Final Battleにてウォー・マシーン(ハンソン & レイモンド・ロウ)と対戦。敗戦して王座陥落となった。また、この試合を最後にマリアと共にROHから退団。12月29日、マリアと共にTNAと契約を交わたことを発表。ミラクルThe Miracle)なるプロモーションを展開。

TNA[編集]

2016年1月5日、Impact Wrestlingにて登場。

WWE[編集]

2017年4月18日、WWEにマリアと共に契約を交わし入団[7]。6月18日、Money in the Bank 2017にてマリアと共に登場を果たす。マイク・ケネリスMike Kanellis)を名乗り、マリアはWWEに戻ってくるまでに最高のパートナーを見つけたと宣言。接吻を交わした[8]。7月11日、SmackDown Liveにてバックステージでサミ・ゼインに一方的に謝罪を要求し、マリアが花瓶でゼインに殴り因縁をつける[9]。同月18日、サミ・ゼインとの対戦でデビュー戦を行う。終盤にゼインにエクスプロイダーを喰らい窮地に陥るがセコンドのマリアのアシストを受け、最後にサモアンドライバーを決めて勝利した[10]

得意技[編集]

パイルドライバー
パワー・オブ・ラブ
現在のフィニッシャー。サモアン・ドライバー。
TNA時代はミラクル・イン・プログレスの名称で使用。
パイルドライバー
インディー団体活動時のフィニッシャー。
ゴー・バック・トゥー・ジャパン[1]
天山広吉が使用するアナコンダバイスと同型技。
ボックス・オフィス・スマッシュ[1]
ロック・ボトムの体勢から相手の体を持ち上げ、自らは尻餅をつくようにしながら相手をマットに叩きつける。マット・ハーディーが使用するサイド・エフェクトと同型技。
ケビン・スティーンと抗争を繰り広げた時は、断崖式で繰り出したこともある。
フォト・フィニッシュ
ファイヤーマンズキャリーで抱え上げた相手の脚を振り切って、ダイヤモンド・カッターを繰り出す。
ヘルメリー
マット・ターバンとの合体技。ベネットがパイルドライバーの体勢で相手を持ち上げ、ターバンがトップロープから飛びついて決める高角度のハイジャック・パイルドライバー
同タッグとしてはフィニッシュ・ホールドとして用いられている。

獲得タイトル[編集]

NPG(ネオ・レボリューション・グラップリング)
  • NPGヘビー級王座
NEWA(ニュー・イングランド・レスリング・アライアンス)
  • NEWAヘビー級王座
TRP(トップ・ロープ・プロモーションズ)

入場曲[編集]

  • Suffer Unto Me / Avenue F[11]
  • True Love / CFO$ -現在使用中

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g マイケル・ベネット”. 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2015年3月29日閲覧。
  2. ^ Mike Kanellis”. Online World of Wrestling. 2017年7月19日閲覧。
  3. ^ ROH&新日本プロレス「WAR OF THE WORLDS」”. 新日本プロレス公式サイト. 2014年5月17日閲覧。
  4. ^ バディファイトPresents G1 CLIMAX 24 第4試合”. 新日本プロレス公式ウェブサイト. 2014年8月10日閲覧。
  5. ^ 新日マットを連日悩殺!マリアの正体”. 東スポWeb. 2014年12月3日閲覧。
  6. ^ 当初、アンダーソンはドク・ギャローズとのタッグで出場予定だったが、ギャローズが天候不良に見舞われて試合会場に向かうことが出来なくなり、結果としてアンダーソンが一人で試合に出場する事となった。
  7. ^ WWE Rumors: Mike Bennett And Maria Are Headed To WWE”. Inquisitr.com. 2017年4月18日閲覧。
  8. ^ WWE Money in the Bank Results – 6/18/17 (Two MITB ladder matches)”. Wrestleview.com. 2017年6月18日閲覧。
  9. ^ WWE Smackdown Results – 7/11/17 (WWE United States Title fallout)”. Wrestleview.com. 2017年7月11日閲覧。
  10. ^ WWE Smackdown Results – 7/18/17 (Go home for Battleground PPV)”. Wrestleview.com. 2017年7月18日閲覧。
  11. ^ Themes”. CAGEMATCH. 2015年3月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]