ディーン・ムータディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モジョ・ローリー
プロフィール
リングネーム モジョ・ローリー
本名 ディーン・ムータディ
ニックネーム Hype
アイアン・シーク
身長 191cm
体重 141kg
誕生日 1986年7月17日(29歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州アレクサンドリア
所属 WWE NXT
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー NXTスタッフ
デビュー 2012年
テンプレートを表示
ディーン・ムータディ

'  No. 64

ディフェンスライン
生年月日:1986年7月17日(29歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州アレクサンドリア
身長:191cm 体重:141kg
NFLデビュー
2009年グリーンベイ・パッカーズ
経歴
大学:クリストファー・ニューポート大学
NFLドラフト2009年 / 巡目(全体の番目)
 所属チーム:
受賞歴・記録

ディーン・ムータディDean Muhtadi1986年7月17日 - )は、アメリカ合衆国の元アメリカンフットボール選手であり、プロレスラーバージニア州アレクサンドリア出身[1]WWEの傘下団体であるNXTにてモジョ・ローリーMojo Rawley)のリングネームで活動。

来歴[編集]

学生時代よりアメリカンフットボールディフェンシブラインマンとして活動。クリストファー・ニューポート大学在籍時にはACCが奨励しているオールACCアカデミックチームに指名され、ACCのトップ学生アスリートに贈られるジム & パットサッカー大学院奨学金を始めとする様々な賞を授与されるなど活躍した。

NFL[編集]

2009年5月、NFLグリーンベイ・パッカーズドラフト外フリーエージェントで入団[2]。9月3日のテネシー・タイタンズとの試合でNFLデビューするがパッカーズでの出場はこの1試合に終わり、翌4日に解雇となった。2010年1月よりアリゾナ・カージナルスにスカウトされ入団[3]。チームの課題となっていた守備力向上へのキーマンの一人として期待された。時に見せる気まぐれな強さからアイアン・シーク(鋼鉄の救世主)なるニックネームを与えられ、ダーネル・ドケットをトレーニングパートナーに迎えて切磋琢磨していたがトレーニングキャンプで故障し、NFLプレイヤーとしてのキャリアの終焉を余儀なくされた。

WWE[編集]

2012年8月にアメリカのプロレス団体であるWWEとディベロップメント契約を交わして入団[4]。傘下団体であるNXTにてモジョ・ローリーMojo Rawley)のリングネームでトレーニングを開始。

8月30日のハウスショーにてダンテ・ダッシュとのシングルマッチでデビューし、勝利を飾った。以降、ハウスショーやダークマッチでの出場機会が多かったものの、2013年7月10日、NXTにてNXT王座挑戦権バトルロイヤルにてデビューを果たすも目立ったアピールをすることができずに敗退した。

10月2日よりプロモーションが行われ、同月9日にプッシュされる形で登場。ダニー・バーチと対戦して勝利した。以降、タイ・デリンジャースコット・ドーソンから勝利し、2014年1月15日にはNXT王者であるボー・ダラスとノンタイトルマッチを行い、追い詰める場面なども見られたが最後にはボーから丸め込まれてしまい敗戦した。しかし、ボーとの対戦後も連勝街道を進み、CJパーカーエイデン・イングリッシュから勝利した。5月29日、Takeoverではリングにてプロモーションを行っていたルセフにアメリカ国旗を持って挑発し、勢いよくリングインするも捕まってしまい、返り討ちにされてしまった[5]

Takeover後も変わらず連勝を続けていたが7月24日にタイラー・ブリーズとの対戦にて秒殺負けを喫してしまい連勝が止まる。31日に新たな変化を得ようとブル・デンプシーとタッグを組み、ザ・メカニックス(ダッシュ・ワイルダー & スコット・ドーソン)を相手に勝利。8月より開始されたNXTタッグ王座挑戦権獲得トーナメントに出場し、8月14日に行われた一回戦でボードビラインズ(エイデン・イングリッシュ & サイモン・ゴッチ)と対戦してデンプシーにタッチする事が出来ずに敗戦。デンプシーにタッグ解消をされた挙句に襲撃された。この試合をきっかけにデンプシーと抗争を展開。9月11日、Takeover Fatal 4 Wayにてデンプシーと遺恨戦を行うも敗戦した[6]。10月、NXT Liveにて肩の故障を負い長期欠場となる[7]

2015年4月16日、NXT Liveで復帰。タイ・デリンジャーと対戦して勝利[8]。6月10日、WWEから降格してきたザック・ライダーハイプ・ブロス(The Hype Bros)なるハイテンションタッグチームを結成。エリアス・サムソン & マイク・ラリーズと対戦し、合体技であるハイプ・ライダーを披露して勝利した[9]

得意技[編集]

フィニッシャー。ランニング・ヒップドロップ
ザック・ライダーとの合体技。相手を持ち上げたところをライダーがポスト上からラフ・ライダーを決め、同時に自身がスパインバスターを決める。

入場曲[編集]

  • Meat Your Metal
  • Believe The Hype
  • Stay Hype, Bro

脚注[編集]

  1. ^ Mojo Rawley”. Online World of Wrestling. 2015年8月23日閲覧。
  2. ^ Packers sign Maryland DT Dean Muhtadi Journal Sentinel、2010年7月10日閲覧。
  3. ^ Dean Muhtadi working hard for a shot at Arizona Cardinals roster The Washington Post、2010年7月10日閲覧。
  4. ^ All time great officially added to WWE developmental and more NXT news”. PWInsider.com. 2012年8月14日閲覧。
  5. ^ WWE NXT Takeover results”. WWE.com. 2014年5月29日閲覧。
  6. ^ WWE NXT TakeOver: Fatal 4-Way results”. WWE.com. 2014年9月11日閲覧。
  7. ^ WWE News: Mojo Rawley’s Shoulder Injury Is Legit, Upcoming HBK Appearance”. 411mania.com. 2014年10月17日閲覧。
  8. ^ WWE NXT Live Event Results (4/16): Sami Zayn vs. Baron Corbin”. dailyddt.com. 2015年4月16日閲覧。
  9. ^ WWE NXT results - June 10, 2015: Samoa Joe makes his debut, Zack Ryder & Mojo Rawley join forces”. WWE.com. 2015年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]