ラリアット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェルトン・ベンジャミンによるラリアット(クローズライン)。

ラリアットLariat)は、プロレス技の一種である。ラリアートと表記される場合もある。アメリカ合衆国ではクローズラインClothesline)、メキシコではアンティプラソと呼ばれている。自身の片腕を横方向へと突き出して相手の喉や胸板に目掛けて叩きつける打撃技である。

概要[編集]

1970年代後半にスタン・ハンセンフィニッシュ・ホールドとしてウエスタン・ラリアット(西部式投げ縄打ち)の名称で使用して以降は日本マット界で広く使用されるようになった。海外マットでは同型の技がクローズラインとして普及しているがハンセンは「ラリアットは自身のアメリカンフットボール経験を活かしたオリジナル技であり、激突時の衝撃を吸収する柔軟かつ強靭な下半身が必要」という。1970年代後半にハンセンはラリアットでアントニオ猪木のライバルとなる足がかりを掴み、やがて日本でスーパースターの地位を築いた。それと同時にラリアットはハンセンの代名詞的フィニッシュ・ホールドになる。技を編み出す際の逸話として「ハンセンが全日本プロレスに初来日した際に見たジャイアント馬場の得意技であるランニング・ネックブリーカー・ドロップをヒントにした」という俗説があるが上記の通り、ハンセンは否定している。

アメリカではブラックジャック・マリガンビッグ・ジョン・スタッドマスクド・スーパースターなどが1970年代後半にハンセンと同じテリトリー(WWWFジョージアミッドアトランティックなど)で活動していた大型レスラーもラリアット(クローズライン)を使用することがあった。マスクド・スーパースターは得意技であるフライング・ネックブリーカー・ドロップについて、日本のプロレス雑誌のインタビューにおいて、「1976年頃、ハンセンのウエスタン・ラリアットを見たマネージャーグレート・マレンコのアドバイスで使用するようになった」と語っている[1]

1980年代に入るとハンセン以外のレスラーにも多く使用されるようになる。ハンセンとほぼ同時期に新日本プロレスに来日していたハルク・ホーガンは改良型ラリアットをアックスボンバーという名称で日本マット参戦時のフィニッシュ・ホールドとして使用して(肘の角度と打点にラリアットとの差異がある)。

ジョン・ブラッドショー・レイフィールドクローズライン・フロム・ヘルはフットボールで鍛えたダッシュ力を生かして体ごとぶち当たる勢いで突進して腕を振り抜いて相手の首を叩きつける。レイフィールドは同郷であるスタン・ハンセンを尊敬しており、ハンセンと同様にカウボーイギミックを用いていたこともあるがラリアットに関してはテリー・ゴディの打ち方を参考にしたと語っている。

日本のプロレス界においては1970年代まではフィニッシュ・ホールドやオリジナル・ホールドは他のレスラーは使ってはいけないという暗黙のルールがあったが、猪木がハンセン戦で掟破りの逆ラリアットを決めてみせた。そんな中、長州力はハンセンと何度となく対戦してラリアットによって、ことごとく撃沈されていた。その破壊力を身をもって知った長州はラリアットを自身の必殺技に出来ないものかと工夫した結果、ハンセンが新日本プロレスを離脱後の1982年1月1日の全日本プロレス後楽園ホール大会において、アニマル浜口への試し斬りが成功して以降は自身のフィニッシュ・ホールドとして使用している。しかし、レスラーとしては決して大型ではない長州(身長184cm、体重120kg)が仕掛けるラリアットは相手に低い体勢をとってもらう必要があった。

長州は後に藤波辰爾との抗争で自身がロープの反動で相手に向かって走って行き、相手の喉下に腕を叩きつけると同時にマットに叩きつける技をリキ・ラリアットと呼ばせている。全日本プロレスでは長州同様に上背のない阿修羅・原が同じようにハンセンからラリアットによって倒され続けた後に、これを真似て自身の必殺技とした(ヒットマン・ラリアットと呼ばれた)。その後、日本では様々なレスラーのラリアットにレスラーのリングネームやニックネームに関連した名称が付けられた(ラッシャー木村ラッシング・ラリアットジャンボ鶴田ジャンボ・ラリアットなど)が多くのレスラーがラリアットを使用するようになった1990年代以降は一部の例外を除いて単にラリアットと呼ばれている。

2000年代にはラリアットは強靱な上半身を誇る小橋建太佐々木健介小島聡らがフィニッシュ・ホールドとして使用している他に繋ぎ技として多くのレスラーが使用している。

橋本真也は海外遠征から日本に帰国した頃を除いてラリアットを試合で繰り出すことはなかった。同じく海外遠征をしていた蝶野正洋武藤敬司も試合でラリアットを使うことはほとんど無い(武藤はラリアットを「ただ腕を横に出すだけ」と評している。ただし、武藤の化身であるグレート・ムタは花道で使用する花道ラリアットを得意技としていた)。

ハンセンは多くのレスラーがラリアットを使用していることについて「皆が使いたがるのは、この技がいい技である証拠だ」とコメントしており、不快感を抱いたりはしていない(ただし、1990年6月にハンセンが一時的に新日本プロレスに復帰して長州とタッグを組んだ[2]際に「ラリアット・コンビ」と話題になった時は少なくともストーリー上では不快感を露わにしている)[要出典]。ハンセン自身が相手のラリアットで負けたことも何度かある。

受け方[編集]

ラリアットは食らった相手が倒れる際後頭部に高い衝撃がかかるため、通常は打たれたら後ろ受け身をとる場合がほとんどである。だが、後ろ受け身の他に以下のような受け方をするレスラーもいる。

  • 真正面から受けて倒れずに、挑発して更にラリアットを打つのを促したり、自身がラリアットを打ちにいったりする。パワーファイター同士の対戦では打ち合いになることもある。
  • 回転して(半回転から1回転半)受け身をとる。身体能力が優れていて受け身がうまいレスラーが使用する。後頭部強打を防ぐだけでなく、相手のラリアットの威力を引き立たせる効果がある。パット・タナカニコライ・ボルコフのクローズラインを受けた際、勢いがつき過ぎて腕を軸にして後方一回転する形になったことから多用するようになり、広まった受け方だといわれている(中邑真輔腕ひしぎ逆十字固めへの切り返しもこのパターンの応用)。

受けない場合のバリエーションには次のようなものがある。

  • 上半身を丸くして相手の腕の下をくぐり抜ける。
  • 飛ばされたときにロープをつかんで戻って来ないようにする。
  • こちらもラリアットに行く(アントニオ猪木の有名な逆ラリアット)。
    • ラリアットを得意技とするプロレスラー同士の場合はラリアットをラリアットで迎撃する場合もある。
  • ラリアットに来る腕を取って脇固めに行く。
  • ラリアットに来る腕にカウンターキックを打つ(1984年7月31日に全日本プロレス蔵前国技館大会で行われたPWFヘビー級選手権試合でジャイアント馬場スタン・ハンセンを破ったときに使用していた)。
  • ラリアットに来る腕に袈裟斬りぎみにラリアットを打つ(佐々木健介の対ラリアット迎撃技「かまいたち」、同型のラリアット迎撃法は小島聡も使用している)。
  • ラリアットに来る腕に袈裟斬りチョップを打つ。

技名について[編集]

アメリカではラリアットのことをクローズラインと呼ぶのが一般的である。語源は洗濯物を干す縄が転じて道に糸などを張りオートバイなどで通過する人間の首に引っ掛けるアメリカンフットボールで腕を相手の首に引っ掛けて、倒す反則としても知られる。スタン・ハンセンがフットボーラーだった頃に当時は反則でなかった「腕タックル」としてよく使用していたと著書「魂のラリアット」で述べている。

なお、クローズラインは日本では古くからタッグマッチの連携技としてクロスラインという名称で存在しており、ツープラトンの攻撃として互いの手を繋いでカウンターで相手の首にラリアットと同じ形で攻撃する。1977年3月25日に国際プロレス横浜文化体育館大会で行われた「IWAワールド・タッグ・トーナメント」決勝戦で優勝したビッグ・ジョン・クイン&クルト・フォン・ヘス組がアニマル浜口&寺西勇組に繰り出した試合などがラリアットの普及以前から普通に見られた。

主な使用者と技名称[編集]

バリエーション[編集]

ランニング式[編集]

助走して相手の首にラリアットを叩きつける。相手が立っている場合、相手も自身のほうへと向かって走ってくる場合がある。

ショートレンジ式[編集]

助走しないで至近距離から相手の首にラリアットを叩き込む。相手の頭や肩や腕などを片腕で掴んで逃がさないように固定して放つ場合もある。

カウンター式[編集]

走ってきた相手の首にカウンターでラリアットを叩きつける。多くのレスラーは逆転技として使用するがスタン・ハンセンと小島聡フィニッシュ・ホールドとして使用する場合があり、その場合は相手をハンマースルーでロープに振って返ってきたところを相手の首にカウンターでラリアットを叩きつける。森嶋猛は背後からの攻撃に対して振り向きざまから相手の首にラリアットを叩きつける。

かち上げ式[編集]

助走して相手の首にラリアットを叩きつけると同時に自身の腕を振り上げる。

倒れ込み式[編集]

助走して前のめりに倒れ込みながら相手の首にラリアットを叩きつける。

延髄式(後頭部式)[編集]

助走して相手の延髄、後頭部にラリアットを叩きつける。助走しないで至近距離で相手の延髄、後頭部にラリアットを叩き込む場合もある。

串刺し式(追いかけ式)[編集]

コーナーポストに寄り掛かっている相手の首にラリアットを叩きつける。テリー・ゴディの串刺し式ラリアットは魚雷ラリアットとも呼ばれてコーナーに相手を振り、その直後に自身もコーナーに走り、相手がコーナーのターンバックルに背中を打ち付けた瞬間にラリアットを放つ。衝撃の逃がし場所がないため、相手は体重(ゴディは身長195cm、体重135kg)のたっぷり乗ったラリアットを浴びせられて仰け反ったあと前のめりに倒れ込む。後ろにピッタリ付いてくる姿から背後霊ラリアットとも呼ばれた。

ロコモーション式(起き上がり小法師式)[編集]

向かい合った相手の右腕を左手で掴み、その腕を引っ張ることで相手の体を引き寄せて相手の首に右腕でラリアットを叩き込んだあと相手の腕を引っ張って、相手を無理やり引き起こして再度相手の首に右腕でラリアットを叩き込む。

派生技[編集]

スライディング・ラリアット[編集]

助走してスライディングをするように体を滑らせながら尻餅をついた相手の首にラリアットを叩きつける。

ローリング・ラリアット[編集]

相手と向かい合ったあと右足を軸にして体を左方向へと捻って半身の体勢になったところで軸足を左足に切り替えて更に捻りを加えて相手に背を向けた状態になって体を軽くジャンプしてリズムをとって再び軸足を右足に切り替えて左方向へと捻って左足で踏み込みながら相手の首にラリアットを叩き込む。

フライング・ラリアット[編集]

助走しながらジャンプして相手の首にラリアットを叩きつける。

ダイビング・ラリアット[編集]

コーナー最上段からジャンプして立っている相手の首にラリアットを叩きつける。

ダブルインパクト[編集]

ドゥームズデイ・デバイスとも呼ばれる。ロード・ウォリアーズロード・ウォリアー・アニマル&ロード・ウォリアー・ホーク)のオリジナル合体技。アニマルがコーナーの方を向きながら相手を肩車してコーナー最上段からホークがジャンプして相手の首にラリアット叩き込む。

サンドイッチ・ラリアット[編集]

クロスボンバーとも呼ばれる。タッグマッチにおいて、相手の前後から同時に相手の首にラリアットを叩きつける。漫画『キン肉マン』の登場するネプチューンマンビッグ・ザ・武道のタッグチーム「ヘル・ミッショネルズ」が使用した技として有名だが現在のプロレスでは危険だとして反則技に指定されている。

アックスボンバー[編集]

ハルク・ホーガンのオリジナル技。助走しながら右腕を「く」の字に折り曲げて相手の顔面、喉元、後頭部に折り曲げた腕を叩きつける。

レインメーカー[編集]

オカダ・カズチカのオリジナル技。相手の背後に回り込んで相手の腹部の方に左腕を回し、左手で掴んだ相手の右腕を引っ張った勢いで相手の顔を自身の方に振り向かせて無防備になった相手の胸板目掛けて右腕でアックスボンバー気味にラリアット打ち込み、相手の体をなぎ倒す。

ゴールデンアームボンバー[編集]

輪島大士のオリジナル技。ロープから返ってきた相手の喉を左手で鷲掴みにして後ろに押し倒した相手の後頭部を痛打させる。

レッグ・ラリアット[編集]

ジャンボ鶴田のオリジナル技。一見するとジャンピング・ニー・バットが横に流れた感じで脛(もしくは太もも)を相手の顔面に叩きつける。評判が悪かったようで数回の使用で封印している。

派生技として菊池毅ドロップキックを仕掛けるような感じでジャンプしながら体を左方向へと軽く捻って相手に背中を向けた状態になって振り上げた右足の脹脛あたりで相手の顔を蹴り飛ばして自身は腹這いの状態で着地するのをゼロ戦キックの名称で使用。

稲妻レッグ・ラリアット[編集]

木村健悟のオリジナル技。助走してジャンプしながら体の重心を右方向へと傾けて振り抜いた右足の脛を相手の胸板にラリアット気味に叩きつける。

フライング・レッグ・ラリアット[編集]

ロープから返ってきた相手の顎にジャンプしながら回し蹴りを仕掛ける。漫画『キン肉マン』に登場する「モンゴルマン」の必殺技として知られている。

スカルドロンサンダー[編集]

ザ・コブラのオリジナル技。リングに背を向けた状態でコーナーのトップロープを掴み、ジャンプしてセカンドロープに両足で跳び乗って上半身を左方向へと捻ってリングの方にジャンプして空中で振り抜いた右足の甲でコーナー側にいた相手の胸板を蹴り飛ばす。

ラストインプレッション[編集]

ダグ・バシャムのオリジナル技。助走して相手に正面から近づいて右足を振り上げるようにジャンプして相手の喉元に右足の脹脛のあたりを叩きつけて相手の喉に右足を引っ掛けたまま自身は尻餅をつく形で落下して、その衝撃で後ろにひっくり返った相手の後頭部や背中を痛打させる。

脚注[編集]

  1. ^ 『デラックス・プロレス』1982年5月号の95P「マイ・フェイバリット・ホールド:マスクド・スーパースターのフライング・ネックブリーカー・ドロップ」ベースボール・マガジン社
  2. ^ Riki Choshu and Stan Hansen”. Wrestlingdata.com. 2017年5月23日閲覧。