ラリアット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェルトン・ベンジャミンによるラリアット(クローズライン)。

ラリアットLariat)は、プロレス技の一種である。アメリカ合衆国では主にクローズラインClothesline)と呼称される。相手の首元や胸に自分の腕の内側部分を打ち当てる打撃技でありラリアートと表記される場合もある。

概要[編集]

1970年代後半にスタン・ハンセンが自身のフィニッシュ・ホールドウエスタン・ラリアット(西部式投げ縄打ち)」の名称で使い始め、以降は日本マット界で広く使われるようになった。海外マットでは同型の技がクローズラインとして普及しているが、ハンセンは「ラリアットは自身のアメリカンフットボール経験を活かしたオリジナル技であり、激突時の衝撃を吸収する柔軟かつ強靭な下半身が必要」という。1970年代後半、ハンセンは、この技でアントニオ猪木のライバルとなる足がかりを掴み、やがて日本でスーパースターの地位を築いた。それと同時にラリアットは彼の代名詞的な必殺技となる。技を編み出す際の逸話として「ハンセンが全日本プロレスに初来日した際に見たジャイアント馬場の必殺技であるランニング・ネックブリーカー・ドロップをヒントにした」という俗説があるが上記の通りハンセンは否定している。

アメリカ合衆国では、ブラックジャック・マリガンビッグ・ジョン・スタッドマスクド・スーパースターなど、1970年代後半にハンセンと同じテリトリー(WWWFジョージアミッドアトランティックなど)で活動していた大型選手もラリアット(クローズライン)を使用することがあった。マスクド・スーパースターは自身の得意技であるフライング・ネックブリーカー・ドロップについて、日本のプロレス雑誌のインタビューにおいて「1976年頃、ハンセンのウエスタンラリアットを見たマネージャーグレート・マレンコのアドバイスで使用するようになった」と語っている[1]

1980年代に入るとハンセン以外の選手にも多く使用されるようになる。ハンセンとほぼ同時期に新日本プロレスに来日していたハルク・ホーガンは、改良型ラリアットをアックス・ボンバーという名前で日本マット参戦時の必殺技として使い(肘の角度と打点にラリアットとの差異がある。詳しくは「後述」を参照)、ロード・ウォリアーズによるロード・ウォリアー・アニマルが肩車した対戦相手へロード・ウォリアー・ホークがコーナーから飛び込んでラリアットを使う複合技など、アレンジ技も開発されるようになった。

WWE世界チャンピオンのジョン・ブラッドショー・レイフィールドクローズライン・フロム・ヘルはフットボールで鍛えたダッシュ力を生かして体ごとぶち当たる勢いで突進して腕を振り抜いて叩きつける。彼は同郷であるスタン・ハンセンを尊敬しており、かつてはハンセンと同様にカウボーイギミックを用いていたこともあるが、ラリアットに関しては、テリー・ゴディの打ち方を参考にしたと語っている。

日本のプロレス界においては、1970年代まではフィニッシュ・ホールドやオリジナル・ホールドは、他のレスラーは使ってはいけないという暗黙のルールがあったが、猪木がハンセン戦で掟破りの逆ラリアットを決めてみせた。そんな中、長州力はハンセンと何度となく対戦し、ラリアットによってことごとく撃沈されていた。その破壊力を身をもって知った長州は、これを自分の技に出来ないものかと工夫した結果、ハンセンが新日本離脱後の1982年1月1日の後楽園ホール大会で、アニマル浜口への試し斬りが成功して以降は自分のフィニッシュ・ホールドにしてしまう。しかしレスラーとして背の低い「184cm」長州が出すラリアットは相手に低い体勢をとってもらう必要があった。

彼は後に藤波辰爾との抗争で、自らロープに飛んだ反動で相手に向かって走って行き、相手の喉下に腕を叩き込むと同時にマットへ叩きつける技をリキ・ラリアットと呼ばせている。全日本では長州同様に上背のない阿修羅・原が、同じようにハンセンからラリアットによって倒され続けた後、これを真似て自らの必殺技とした(ヒットマン・ラリアットと呼ばれた)。その後、日本では様々な選手のラリアットに、レスラーのリングネームやニックネームに関連した名称が付けられた(ラッシャー木村ラッシング・ラリアットジャンボ鶴田ジャンボ・ラリアットなど)が、多くのレスラーが使うようになった1990年代以降は、一部の例外を除いて(後述の項目を参照)単にラリアットと呼ばれている。

2000年代には、この技は強靱な上半身を誇る小橋建太佐々木健介小島聡らがフィニッシュ・ホールドとして使っている他、繋ぎの技として多くのレスラーが使っている。

橋本真也は海外遠征から帰国した頃を除いてラリアットを試合で繰り出すことはなかった。同じく海外遠征をしていた蝶野正洋武藤敬司も試合でラリアットを使うことはほとんど無い(武藤はラリアットを「ただ腕を横に出すだけ」と評している。ただし武藤の化身であるグレート・ムタ花道ラリアットを得意としていた)。

ハンセンは多くの選手がラリアットを使用していることについて「皆が使いたがるのはこの技がいい技である証拠だ」とコメントしており、不快感を抱いたりはしていない。ハンセン自身が相手のラリアットで負けたことも何度かある。

バリエーション[編集]

ラリアットには様々な使用法がある。なお、使用法を大きくアレンジしたものや別の技にラリアットの要素を加えたものに関しては、後述の「派生技」節を参照のこと。

ランニング式[編集]

基本的なかけ方。助走をつけて、その勢いを利用してラリアットを放つ。相手が立っている場合と、相手もこちらのほうへ向かって走ってきている場合とがあり、後者はカウンターとなるので威力がより高くなるも、狙いを定めにくい。一方、前者は狙いを定めて決めやすい。

また腕の振り方と当て方にも使用者各々の癖や工夫がある。

ショートレンジ式[編集]

通常は離れた位置から助走をつけて決めるラリアットを、至近距離から助走なしでその場で、またはごく短距離の助走で決める技。相手の頭や肩や腕などを片腕で掴んで逃がさないように固定して放つ場合もある。助走がないので、その分、パワー、打点、タイミング、技術などの要素が必要。

主な使用者はスタン・ハンセンジェイク・ロバーツデモリッション・アックスベイダースコット・ノートン阿修羅・原小橋建太荒谷望誉高岩竜一力皇猛宮本和志潮崎豪

カウンター式[編集]

ランニング・ラリアットとショートレンジ・ラリアットを足したような型。通常型(助走型)でも走ってきた相手にカウンターで使用するが、これは走ってきた相手に対し、カウンターで助走なしのラリアットを当てる。多くのレスラーは逆転技として使用するが、スタン・ハンセン小島聡はフィニッシュ・ホールドとして使用する場合がある。その場合は相手をハンマー・スルーでロープに振って、返ってきたところにカウンターで決める。森嶋猛は、背後からの攻撃に対して振り向きざまに見舞うラリアットも得意としている。

延髄式(後頭部式)[編集]

後頭部へのラリアット。助走をつける場合と、ショートレンジ式で放つ場合とがある。

主な使用者はスタン・ハンセン、川田利明

串刺し式(追いかけ式)[編集]

コーナーポストに寄り掛かっている相手へ対してのラリアット。テリー・ゴディの串刺し式ラリアットは、魚雷ラリアットとも呼ばれ、コーナーに相手を振り、その直後自分もコーナーに走り、相手がコーナーのターンバックルに背中を打ち付けた瞬間、ラリアットを打ち込む。衝撃の逃がし場所がないため、相手はもろに体重(ゴディは195cm、135kg)のたっぷり乗ったラリアットを浴びせられて仰け反った後、前のめりに倒れ込む。後ろにピッタリ付いてくる姿から「背後霊」ラリアットとも呼ばれた。後にスーパー・ストロング・マシーンも同様のラリアットを「追っかけラリアット」として使用し、最近では森嶋猛関本大介なども使用している。

ロコモーション式(起き上がり小法師式)[編集]

相手の片腕を自らの片腕で掴んで、もう片方の腕でショートレンジ・ラリアットを放ち、相手が倒れても片腕を離さず、すぐに相手を引き起こしてもう1度ラリアットを放つ。これを数度繰り返す。

主な使用者はテリー・ゴディ、川田利明、田上明

受け方[編集]

ラリアットは食らった相手が倒れる際後頭部に高い衝撃がかかるため、通常は打たれたら後ろ受け身をとる場合がほとんどである。だが、後ろ受け身の他に以下のような受け方をするレスラーもいる。

  • 真正面から受けて倒れずに、挑発して更にラリアットを打つのを促したり、自分がラリアットを打ちにいったりする。パワーファイター同士の対戦では打ち合いになることもある。
  • 回転して(半回転〜1回転半)受け身をとる。身体能力が優れていて受け身がうまいレスラーが使用する。後頭部強打を防ぐだけでなく、相手のラリアットの威力を引き立たせる効果がある。パット・タナカニコライ・ボルコフのクローズラインを受けた際、勢いがつき過ぎて腕を軸にして後方一回転する形になったことから多用するようになり、広まった受け方だといわれている(中邑真輔腕ひしぎ逆十字固めへの切り返しもこのパターンの応用)。

受けない場合のバリエーションには次のようなものがある。

  • 上半身を丸くして相手の腕の下をくぐり抜ける。
  • 飛ばされたときにロープをつかんで戻って来ないようにする。
  • こちらもラリアットに行く(アントニオ猪木の有名な逆ラリアット)。
    • ラリアットを得意とするプロレスラー同士の場合、ラリアットをラリアットで迎撃する場合もある。
  • ラリアットに来る腕を取って脇固めに行く。
  • ラリアットに来る腕にカウンターキックを打つ(1984年7月のPWFヘビー級選手権試合でジャイアント馬場スタン・ハンセンを破ったときに使用していた)。
  • ラリアットに来る腕に袈裟斬りぎみにラリアットを打つ(佐々木健介の対ラリアット迎撃技「かまいたち」、同型のラリアット迎撃法は小島聡も使用している)。
  • ラリアットに来る腕に袈裟斬りチョップを打つ。

技名称について[編集]

アメリカ合衆国ではラリアットのことをクローズラインと呼ぶのが一般的である。語源は、洗濯物を干す縄が転じて、道に糸などを張りオートバイなどで通過する人間の首に引っ掛けるアメリカンフットボールで腕を相手の首に引っ掛けて倒す反則としても知られる。スタン・ハンセンがフットボーラーだった頃に当時は反則でなかった「腕タックル」としてよく使用していた、と著書「魂のラリアット」で述べている。

なお、クローズラインは日本では古くからタッグの連携技としてクロスラインという名称で存在しており、ツープラトンの攻撃として互いの手を繋いでカウンターで相手の首にラリアットと同じ形で攻撃する。1977年国際プロレスIWAワールド・タッグ・トーナメント決勝で優勝したビッグ・ジョン・クイン&クルト・フォン・ヘス組がアニマル浜口&寺西勇組に繰り出した試合など、ラリアット普及以前から普通に見られた。

主な使用者と技名称[編集]

以下、技名はないがラリアット(クローズライン)を使用するプロレスラー。

派生技[編集]

スライディング・ラリアット[編集]

相手が座った状態でスライディングして繰り出すラリアット。

ローリング・ラリアット[編集]

その場で後ろ回りに旋回してから繰り出すショートレンジ・ラリアット。

フライング・ラリアット[編集]

その名のとおり相手にぶつかる寸前にジャンプして全体重をかけるようにするラリアット。これも使い手はたくさんいるがWWEジ・アンダーテイカーは2m越えの巨体からの高い跳躍力の、それを得意とする。三沢光晴は飛びつき式ラリアットを決めるフライング・ラリアットを使用する。この場合、うまく決まった場合には「巻きついた」と独特の表現が、しばしば用いられる。また三沢はラリアットを打ち込んだ後、前受け身を取る形ですばやく立ち上がるという進化系を一時期盛んに見せていたが、晩年は膝に不安を抱えほとんどの飛び道具を封印したためほとんど見せていなかった。この三沢独特のフライング・ラリアットは、きりもみ式もしくはスクリュー式などと呼ばれてAKIRAは横ではなく、縦に回転する飛びつき式のフライング・ラリアットを使用している。1983年にザ・コブラが開発したフライング・ラリアットは仕掛けた自分がぶつかった勢いでバック転半ひねりする独特のもの。

ダイビング・ラリアット[編集]

トップロープ最上段から飛んでラリアットを放つダイビング・ラリアットは、ロード・ウォリアー・ホークが得意としていたがダニー・スパイビーのダイビング・ラリアットは、走り込んできた相手に全体重を浴びせる形でダイブしながらカウンターでラリアットを打ち込む。

ダブル・インパクト[編集]

ロード・ウォリアーズが使い出した合体技でロード・ウォリアー・アニマルが肩車で相手を抱え上げてロード・ウォリアー・ホークがコーナー最上段からダイビング・ラリアットを放つ。ドゥームズデイ・デバイスDoomsday Device)とも呼ばれる。この技が有名なため、肩車で抱え上げてもう一人がコーナーから技をかける合体技を〜インパクトと呼ぶようになった。主に日本国内の多くのタッグチームがこの技を使用してタッグの合体(ツープラトン)技の代名詞的存在となった。

サンドイッチ・ラリアット[編集]

クロス・ボンバーとも呼ばれる。タッグマッチにおいて相手の前後から同時にラリアットを仕掛け挟み撃ちにする技。主に龍原砲クラッシュ・ギャルズNO FEAR大森隆男はアックスボンバーの形)らが使用。相手に避けられて誤爆を招き、逆に自チームがピンチを迎えることもことも少なくない。クロス・ボンバーは漫画『キン肉マン』の登場人物のネプチューンマンビッグ・ザ・武道のタッグチーム「ヘル・ミッショネルズ」の使用したタッグ技として有名だが現在のプロレスでは、この技は危険だとして反則技に指定されている。

アックス・ボンバー[編集]

ハルク・ホーガンのアックス・ボンバーはホーガンがハンセンのラリアットを参考に開発した技で、ハンマー・スルーで相手をロープに飛ばすのと同時に自らも反対側のロープに走り、反動をつけて腕をL字型に立てたまま相手の首から顔面に叩き込むもの。この名称は、それ以前から使っていた、肘を相手の額に当てる技「アックス・ブロー」とラリアットを組み合わせていることに由来しているという。ホーガン自身はプロレス誌のインタビューで「ホーガン・ハンマーと呼んで欲しい」と要望していたが定着しなかった(後にホーガン自身も「アックス・ボンバー」と呼んでいる)。現在は大森隆男川畑輝鎮、稀に丸藤正道が使っている。

ゴールデン・アーム・ボンバー[編集]

輪島大士のオリジナル技。初期型はのど輪をカウンターで、そのまま相手の首にブチ込む形だった。途中から相手を捕まえて前後に揺さぶってから、体重をかけて倒す2段式ネックブリーカーという全く違う技に変わった。

レイン・メーカー[編集]

オカダ・カズチカが考案したショートレンジ・ラリアットの改良型。相手の背後に立ち、相手の腰に片腕を回し、相手の反対側の腕の手首を掴む。そして、掴んだ相手の腕を自身の方向へと引っ張り込むことで、相手をその場で向きを勢いよく反転させて、その勢いで向かい合う形となった瞬間に相手の喉元に自身の相手の手首を掴んでいない方の腕でショートレンジ・ラリアットを決める。

レッグ・ラリアット[編集]

足でのラリアット。ジャンボ鶴田が開発した技。一見すると、ジャンピング・ニー・バットが横に流れた感じで、スネ(もしくは太もも)を相手に当てる。ジャンピング・ニー・パッドと見栄えが変わらないためか、評判が悪かったようで、数回の使用で封印した。

鶴田式とは別のフォームでレッグ・ラリアットも存在している。ジャンプして、ニール・キックのように片足を伸ばして、その太腿の裏やふくらはぎ辺りを顔面や喉元に当てるものである。菊地毅ゼロ戦キックの名称で使用。

稲妻レッグ・ラリアット[編集]

木村健悟が使用していた。レッグ・ラリアットからの派生技。相手をロープに飛ばした後、帰ってくる相手に対しジャンプしながら体を90度方向横に流し、ラリアットの要領でキックを咽から胸板に当てる技。後楽園ホールでの藤波辰爾との対戦では、ニー・パッドに鉄製の凶器を仕込んだ上でこの技を見舞い、フォール勝ちを奪った(直後に凶器を仕込んでいたことが発覚し、木村の反則負けとなる)シーンが有名。新日本プロレスにて木村と幾度となく対戦したコンガ・ザ・バーバリアンもアメリカのマット界で使用していた。木村が第一線を退いた後は、直接の後継者として木村と同郷である垣原賢人が使用していた。木村と垣原は技を繰り出す前に人差し指を掲げて「イナズマ」とコールするが、池田は技を繰り出した後に膝をついて稲妻アピールを行う。

フライング・レッグ・ラリアット[編集]

ロープにふって跳ね返ってきた相手の顎めがけ、ジャンプしながら放つ強烈な回し蹴り。飯伏幸太が使用。漫画キン肉マン』に登場する「モンゴルマン」の必殺技として知られている。

スカルドロン・サンダー[編集]

スコードロン・サンダーとも呼ぶ。ザ・コブラのオリジナル技。コーナーに飛ばされたあと、セカンドロープに飛び乗り、振り返りざまに回し蹴りの要領でスネを相手に打ち付けるレッグ・ラリアット。数回しか使用されていない幻の技。

ラフ・ライダー[編集]

ザック・ライダーの得意技。相手の喉元へのフライング・レッグ・ラリアットで、打撃技ではなくテーズ・プレスのように体重を乗せて相手をマットに叩き付ける事でダメージを与えるのが特徴。空中ギロチン・ドロップのニュアンス。ケニー・オメガは背面からラフ・ライダーと同様のフォームで相手の後頭部を狙い、顔面から叩きつけるコタロー・クラッシャーを使用している(技名は鈴木鼓太郎が使用していたからとの事)。

脚注[編集]

  1. ^ 『デラックス・プロレス』1982年5月号の95P「マイ・フェイバリット・ホールド:マスクド・スーパースターのフライング・ネックブリーカー・ドロップ」ベースボール・マガジン社