冬木弘道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
冬木 弘道
プロフィール
リングネーム 冬木 弘道(ふゆき こうどう)
冬木 弘道(ふゆき ひろみち)
サムソン冬木
本名 冬木 弘道
(ふゆき ひろみち)
ニックネーム マッチョバディ
理不尽大王
身長 180cm
体重 128kg
誕生日 1960年5月11日
死亡日 (2003-03-19) 2003年3月19日(満42歳没)
出身地 東京都江東区
トレーナー マイティ井上
天龍源一郎
ハル薗田
デビュー 1980年5月4日
引退 2002年4月14日
テンプレートを表示

冬木 弘道(ふゆき こうどう(本名:ひろみち)、1960年5月11日 - 2003年3月19日)は、日本男性プロレスラー東京都江東区生まれ、神奈川県横浜市育ち。横浜商科大学高等学校出身。身長180cm、体重128kg。

来歴[編集]

横浜商科大学高等学校卒業後、1979年5月6日に国際プロレスに入門[1]。デビュー戦は1980年5月4日北海道紋別市スポーツセンターの米村勉(後の米村天心)戦。国際では高杉正彦・菅原伸義(後のアポロ菅原)とともに「若手三羽烏」と呼ばれた。

1981年8月9日に国際プロレスが解散し、その後全日本プロレスに移籍。天龍源一郎の付き人を務めた。この時期、同じ若手だった三沢光晴とは、一緒に海に遊びに行くなどして仲が良かったという。1983年に行われたルー・テーズ杯争奪リーグ戦にも参加したが、1勝5敗1分の成績に終わる(優勝は越中詩郎)。1984年11月に海外初遠征。テキサス州サンアントニオ地区では川田利明とのタッグチーム「ジャパニーズ・フォース」で活動、若手時代のショーン・マイケルズ&ポール・ダイヤモンドの「アメリカン・フォース」と抗争を展開した[2]

1985年12月、体重を増加させて帰国後、ジャイアント馬場の命名によりサムソン冬木に改名した。海外遠征中には国際プロレスのエース格だったラッシャー木村が全日本に移籍し、鶴見五郎・高杉・菅原と国際崩壊直前に新日本プロレスへ移籍していた剛竜馬も加入した上で「国際血盟軍」を率いていたが、冬木はマイティ井上共々「国際血盟軍」には加入しなかった。国際出身者でジャパンプロレスアニマル浜口寺西勇も海外遠征直前に全日本に移籍していた。「国際血盟軍」や浜口・寺西の元国際所属選手でなおかつ国際時代には格上だった選手ともシングルやタッグで対決し、1986年3月に剛・高杉と共に全日本を整理解雇された菅原の全日本最後の試合の対戦相手も務めている(井上との師弟タッグで鶴見&菅原組と対戦)。

1987年3月に再び海外遠征。プエルトリコ地区では、風貌が似てたため、「リキ・チョーシュー」を名乗った。帰国後、天龍同盟に参加。川田利明とのコンビ「フットルース」を結成。ただ川田は、天龍とのタッグの機会が多くなり、冬木が次第に孤立していく様になった。1989年の第1回あすなろ杯争奪リーグ戦では準優勝している(優勝は川田)。

当時、天龍同盟と対立していた全日本正規軍のジャンボ鶴田は、そんな伸び悩み孤立した冬木に手を差し伸べ握手をするが、冬木は1990年に全日本を離脱しSWSに移籍。再度天龍と共に道場「REVOLUTION」の一員として活動する。1992年にSWS内部で対立が起きた際にも天龍と行動を共にし、その後、天龍が興したWARに参加。ここでリングネームを本名に戻す。

1994年頃から天龍らWAR正規軍と敵対する反体制側に回り、冬木軍として邪道外道とのトリオで活躍した。WARのほか、新日本プロレスIWAジャパンにも参戦し、冬木は理不尽大王を自称し、リング上でコントを披露するなど愛嬌のあるヒールとしてのイメージを定着させる。

1996年10月を最後にWARを離脱。邪道、外道と共に冬木軍プロモーションを設立し、東京プロレスを母体に計画されていたインディペンデント団体の統一機構となる「FFF(ファイティング・フォー・フューチャー)」に参加を表明。しかし、資金難によりFFFが旗揚げ戦すら行えずに崩壊すると、冬木軍として興行を行う一方で、他団体への参戦を模索。1997年4月に岐阜県大垣市で冬木軍としての旗揚げ戦を開催している。同年7月には、長崎NCC&スタジオにおいて日本プロレス史上初となる男子対女子のシングルマッチをライオネス飛鳥と行っている(邪道・外道の加勢を受けた冬木が勝利)。またこの頃、リングネームの読みを「こうどう」に変えた[3]

その後はFMWに参戦し、活躍。ミスター雁之助金村キンタローらとTNR(チーム・ノー・リスペクト)を結成し、大仁田厚をFMWから追放することに成功。その後もハヤブサら正規軍を苦しめる反面、ユニット「ブリーフブラザーズ」を結成し、白のバスローブにブリーフ姿(BADBOY非道だけ、彦根観光ホテル・現:コンフォートホテル彦根の浴衣を着用)でコントを披露(実際は冬木は黄金のブリーフ争奪戦に参加しただけで、コントは邪道、外道、金村キンタロー、ミスター雁之助、BADBOY非道が行った)した。TNR解散後も井上京子チョコボール向井らとECW JAPAN軍を率いて活躍、またFMWのコミッショナーに就任するなど、リング内外で団体を牛耳るパフォーマンスは、リング上に留まらない新世代のヒールスタイルとも言われた。

1995年11月には早稲田大学「早稲田祭」で、「プロレス研究会“爆烈”」主催の「冬木軍理不尽道」と題する講演会に邪道、外道とともに出演した。自身の娘の小学校の講演会にも出席し「意外だと思うけど、体育と給食が大嫌いだった」とカミングアウトしている。なお、その際に沢山の児童に囲まれて「大仁田になった気分だよ」と発言している(ヒールなので大仁田のようにファンに囲まれるような機会が無かったため)。

2001年10月27日、川田とシングルで対戦し敗北。その後全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦に天龍と組んで出場。2002年2月のFMWの経営破綻後、3月に自ら主催する団体としてWEWを設立。

2002年4月7日プロレスリング・ノア有明コロシアム大会で15年ぶりに三沢光晴とシングル戦を行い、正統派のプロレスでも改めて高い技術を見せて冬木健在を誇示する。だが、その2日後、冬木軍主催興行の試合後に大腸癌[4]を理由に引退表明を行う。試合前に一報と病状を電話で受けた三沢は、WEWがまだ立ち上がっていない冬木のために、ディファ有明のたまたま開いていた4月14日をすぐさま確保、冬木の引退興行を開催することを発表。ノアは6日間で興行実施の手筈を整え、ノア及び三沢の全面協力を受けて、冬木はリングで引退試合を行った。

なお「ガンによる引退」という引退発表は、冬木軍主催興行試合後の控室でのインタビューで唐突に本人が発したもので、それまでの冬木が演じてきた理不尽ギミックもあって、「アングルではないか?」という疑問視をする者が少なからず存在していたが、インタビュー控室に『引退』からの安易な『復帰』というアングルを極端に嫌うことで知られていた三沢光晴がおり、冬木のための引退興行を急遽組んだとの会見が行われたことから、引退が真実であることや冬木の病状の深刻さを多くのファンも察することになった。この引退試合のためにノアはファンに向けて黄色の紙テープを持参するように協力を依頼し、試合開始前の「冬木弘道」コール後、無数の紙テープが飛んだ(なお10カウントはWEW川崎球場大会で行う為、この日は行われなかった)。興行の収益金は全て冬木に贈られた。また、引退興行にはノアの内外から多くのレスラーが協力しており、さらに会場には、新日本の永田裕志、FMWで袂を分かっていた邪道、外道、さらには天龍までもが現れた。

その後、5月5日川崎球場でWEWの旗揚げ戦を行い、WEWではプロデューサーとして活躍。だが、ガンは肝臓などにも転移しており、2003年3月19日、横浜市民病院でがん性腹膜炎のため死去、42歳没。葬儀の場では、GOEMON、アングル上ほとんど敵対関係であったハヤブサまでもが号泣していた。冬木の没後、WEWは再び「冬木軍プロモーション」を名乗り、冬木の妻・薫が社長を務めた。

冬木は2003年5月5日の川崎球場で一夜のみ復帰、橋本真也と電流爆破マッチを行う予定だった。亡くなる8日前の3月11日、病院から外出許可をもらい、橋本に直談判をして対戦許可をもらっていた。なお大会では、橋本は金村キンタローと電流爆破マッチを行ったが、橋本は試合前に対戦の約束を果たすかのように、冬木の遺骨を抱え、自ら電流爆破に身を投じた。

人物[編集]

  • 国際プロレス入門時は特に格闘技経験はなく、一ファンとして国際の試合が開催されていた後楽園ホール吉原功代表に押しかけ同然で行き、吉原に「体つきを見て運動経験がない」とスポーツ経験がないことを見破られ入門が危ぶまれたものの、嘆願して入門を果たした[5]。入門後はマイティ井上阿修羅・原に鍛えられ、入門前に30回も出来なかったプッシュアップも徐々にこなすようになっていった。
  • 国際崩壊後に新日本プロレスへの合流に反対していた井上は、冬木と菅原伸義(後のアポロ菅原)に対して「プロレス続けたいか?」と問いただし、2人は「プロレスを続けたいです」と回答した上で、井上に同調して全日本プロレスへ移籍した[6]。冬木は井上共々国際血盟軍に加入しなかったため、全日本正規軍であったために全日本に残留できた冬木と、国際血盟軍のメンバーとなり後に全日本を整理解雇されなおかつ二度と全日本のリングに上がることはなかった菅原とで明暗が分かれることになった。天龍同盟入り以前は井上との師弟タッグをよく組んでいた。
  • 後にマッチョバディと呼ばれるようになる太った体格となったのは、国際プロレス時代に練習中に足を負傷し、休んでいる間にクリームパンばかりを食べ続けたため急に太りだしたという[7]
  • リング上の理不尽キャラとは裏腹に面倒見のよい性格であり、リング外ではプロレス界の常識人としての一面も持っており、彼を慕う人間は多かったという。
  • ヒール扱いを受ける契機となったのは、SWS移籍前後の週刊プロレスの記事での扱いである。移籍前に、天龍同盟が再構築されることが既定路線化した際、その原因の一つに天龍と冬木の不仲がある、と取り上げられたり、SWSへの移籍を「条件(金)が良かったから」と語ったと書かれたことにより、全日ファンだけでなく、天龍ファンの多くからも反感を持たれ、SWS旗揚当初から、冬木の試合ではブーイングの嵐となった。この流れは、原の復帰により薄まりはしたが、その後のSWS崩壊→WAR設立以降も、正統派のファイトを続けている間は反感として持続していた。
  • 国際プロレス時代は、後の理不尽キャラとは対照的に、どもる癖がありなおかつほとんど無口だったという[7]。全日本へ移籍する際、マイティ井上らと共にジャイアント馬場に挨拶をしたが、冬木は馬場の前で黙って頭を下げただけで一言もしゃべることはなかったという。馬場は「入団してから2、3か月ぐらい冬木のしゃべっている声を聞いたことがなかった」という程、寡黙な男であったとされている[8]
  • ライオネス飛鳥は1997年の冬木とのシングルマッチに関し、男子とは全く違う全日本女子プロレス流のプロレス作法を用い、また体格差ゆえ使用できる技が限られてしまう自らを冬木が巧みにリードしてくれたおかげで成立した試合であったと振り返っており、「冬木さんは本当に凄いプロレスラーだった」と語っている[9]
  • 彼には娘が2人いるが、いずれも「理」を頭文字にしている。冬木は「女の子は結婚したら姓が変わるから、自分の娘だという証拠を残せ」と、親交のあった友人に娘が産まれた時にアドバイスした。ちなみに元プロ野球選手・監督の王貞治も、同様の理由で娘の名に「理」の字をつけている。しかしながら、王貞治の「理」が「王家は里」の意味の命名であるのに対し、冬木が名付けた「理」は「理不尽大王」の理である。

獲得タイトル[編集]

得意技[編集]

ラフ&パワーのイメージが強いが、盟友の技を盗む、既存の技にアレンジを加えるなど独自のファイトスタイルを築いていた。

地団駄ラリアット
相手が劣勢になった時にコーナーにもたれ掛かりながら両手を差し上げ、「ハァーハァー」という奇声を発し小刻みに地団太を踏んだ後、走り込んで相手にぶちこむ冬木のフィニッシュ・ホールド。若手時代に「ホッホッホッ」と声を上げつつその場で「助走」をしてから走り出し、相手に攻撃を仕掛けるというムーブを行っていたが、それが変化した物だと思われる。
サムソンス・トライカー
キン肉バスターの体勢からブレーンバスター式に後ろへ投げ落とす。メキシコからの持ち帰りで、使い始めたのは漫画『キン肉マン』でこの技が有名になる前である。
冬木スペシャル
川田利明のストレッチ・プラムとほぼ同形。初めてこの技を使った試合後のインタビューで、記者に「かっての盟友へのメッセージですか」と問われた冬木は、「指一本分角度が違えば、もう違う技なんだよ。よく見ろ!」、「あんなしょっぱいヤツに負けてたまるか」と吠えた。ヒールではあるが、公の媒体で他人の悪口を言ったことが無い冬木の突然の変貌に、彼の性格を知っていた記者達は驚いたと言う。この試合の後から、冬木は不人気な中堅レスラーから「理不尽大王」のキャラクターで大いに名を売り始める。
冬木スペシャル2
逆片エビ固めの体勢で、自分の太腿を支点にして足首を極める技。
サムソンクラッチ(冬木スペシャル3)
背後をとられた際にクラッチを解いて、仰向けに倒れ込みながら両足を相手の脇の下に入れ、相手の体を前方回転させてフォールの体勢に入る。
マッチョバディ・ボム
アトミック・ドロップ抱え式バックドロップの要領で持ち上げた相手を180°反転させ、そのままマットに叩き付ける。投げ捨て式のブルー・サンダーとも言える技だがマットに叩き付けた後、パワーボムのようにエビ固めに捉える場合もあった。
フィッシャーマン・バスター
バックドロップ
ジャーマン・スープレックス
バック・スピン・キック
三沢光晴が使用するものと同型。アンコ型の体型にも関わらず、その的確さと切れ味には定評があった。
奇声ストンピング
奇声を発しながら踏み付ける。時折菊タローが試合中に物真似している。

CD[編集]

出演[編集]

映像[編集]

  • 『冬木軍ロード 〜理不尽編〜』(EMIミュージック・ジャパン、1997年)

著書[編集]

  • 『理不尽大王の高笑い:Fighting for myself』(フットワーク出版、1998年)ISBN 4876892695
  • 『鎮魂歌:FMWはなぜ倒産したのか』(碧天社、2003年)ISBN 4883461890

関連書籍[編集]

  • 冬木薫著『マミー、そばにいて』(日之出出版、2004年)ISBN 489198113X

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国際プロレス「'79ビッグ・サマー・シリーズ」パンフレットより
  2. ^ Wrestler Profiles: Toshiaki Kawada”. Online World of Wrestling. 2012年8月19日閲覧。
  3. ^ 週刊プロレス」(ベースボール・マガジン社)が毎年年頭に掲載される「プロレスラー写真名鑑」では、1997年1月の段階でのリングネームの読み方は「ふゆき ひろみち」、翌1998年1月の段階では「ふゆき こうどう」となっている。
  4. ^ のちに直腸ガンと判明する。
  5. ^ 週刊プロレス』1987年3月17日号「吉原学校卒業生」 ベースボール・マガジン社
  6. ^ 『忘れじの国際プロレス』P13
  7. ^ a b 『忘れじの国際プロレス』 P112
  8. ^ 「プロレス虚泡団体の真実」P103 竹内宏介(1998年、日本スポーツ出版社
  9. ^ 柳澤健『1985年のクラッシュ・ギャルズ』2014年 文藝春秋 ISBN 9784167900625

参考文献[編集]